風街角

sion920.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 16日

怖かった!!

12日は、山ガイドの日 前回下見した川苔山の登山イベントです。
天気予報が前々日まで☂マークがとれなかったけど、前日には☁となったので決行となりました。
当日、朝4時に起床してみると、予報に反して、なんと東の空がオレンジ色に!!
やがてピッカピカの朝日が昇ってきました。綺麗です!今日は上天気と思って家を出ます。
奥多摩駅に着く頃には、空は真っ青のすがすがしい夏空になりました。

今日は44名のお客様、ガイド4名、総勢48名の大所帯、歩行距離は13キロ余りのロングコースです。
百尋の滝までの登山道は渓谷沿いを辿る緑陰の道です。次々と滝が現れ、高架になった橋を渡り返しながら登ります。
清々しい川風にキラキラと木漏れ日が零れ、オオルリやミソサザイの美声を聞きつつ登る楽しい道なので
お客様たちも、滝が現れる度に歓声を上げながら、夏の山旅を満喫されていました。
やがて木立の奥に百尋の滝が現れ、その滝つぼでしばし冷たい水と戯れれば夏の暑さも吹き飛びます。

ところがです、ここまでは上天気だったのですが、川苔山を目指して急な登山道を詰めていき、
右手に急峻な足蹴岩が見え始めるころ、何となく、どんよりとした空模様になって来ました。
川苔山は、いくつもの沢があるせいか、意外と午後になるとガスがかかりやすい山域のように感じます。
過去のわたしの登頂時も、良いお天気なのに急に霧がかかり、道を間違えそうになったこともありました。
最初は、やっぱり今回も同様かなと思っていましたが、昼食を取り始めた沢で、上空に目をやると、
少し離れた場所に気になる黒い雲がありました。
そのうち、大気がぶつかり合う、ドーンという鈍い音が聞こえます。遠く、雷鳴も聞こえ始めました。
『なんだか嫌な予感だね。雷雨が来なければいいけれど…』ガイド間でそんな言葉が交わされました。

早めに昼食を切り上げ歩き始めましたが、次第に雷の音が上空へとやってきました。
数回、稲妻の後に直ぐにドーンと大きな音、するとバラバラという音が森の中からこちらへ向かってきます。
「これは雨の音だわ。」北八や、尾瀬、雲取山でもかつて経験した音でした。
「雨が来ますね。レインウェアを着用しましょう。」言い終わらないうちに、大粒の雨がやってきました。
みなさん慌てて、レインウェアを着用しました。それからが滝のような雨と、激しい雷鳴が轟く中の登山となりました。

山頂辺りが一番ひどく、雷が落ちるのではないかとひやひやものでした。
下山路はあっという間に川となっていて、すぐに登山靴も浸水しました。長い下山路を雷と共に下り、
林道が近くなる頃になって、やっと雨が上がりました。予定よりも1時間ほどオーバーで無事下山しました。
いやはや、大変なイベントとなってしまいました。
お客様たちは、みなさん、ずぶ濡れになりながらも、貴重な経験をしたと笑顔で帰って行かれましたが、
わたしたちガイドは、いろいろ反省点を踏まえながら話し合いました。

まず、気候の急変を予測されるようなデータは、登山催行を決める前日の天気予報には無かったこと、
当日も、雷雨寸前まで予想が難しかった事などがあがりました。
今回、雷雨に遭遇したのが、山頂間近い場所であり、全行程のほぼ半分ぐらいの場所でした。
登って来たコースは、岩場や狭くなった場所、高架の木橋などがたくさんあり下りには不向きのコースでした。
まして、豪雨の中の下山は大変危険です。引き返すと言う選択肢はありませんでした。
川苔山には複数のルートがありますが、どれも現在の場所からは険しく長く、この時使えるような
エスケープルートはありませんでした。
また、コース全般、山頂付近にも避難小屋などは無く、予想以上に激しく長い雷雨だったので、
どこかで雷をやり過ごすという選択肢もなかったのです。
50人近い大所帯で、雷雨の中、歩き続けるしかなかったと思いますが、疲れで遅れがちになる人、
足がつる人、つまずいて転ぶ人、川と化した登山道の路肩を踏み外した人などがありました。
また、今回は、幸いにも落雷は免れましたが、自然災害との遭遇と言うものは紙一重の感があります。

このような事を考え合わせると、危険回避のためのガイドの判断の責任というものを痛感しました。
今後、登山チームのガイド間で、もっと話し合う必要ありと言うのが、担当ガイドの共通意見となりました。

個人登山では、ここまで感じた事のない山の怖さを痛感した山行でした。

(ガイド本番であり、緊急事態のため今回は写真はありません。)


[PR]

# by kazematikado | 2017-07-16 00:01 | 山と森 | Comments(2)
2017年 07月 10日

誰そ彼の時 

誰そ彼の時は、黄昏時の語源だそうです。
夕暮れ時になって人の顔が見えにくくなり判別しずらくなって「誰そ彼?」(たれそか?)と聞くと
いう意味らしいです。読み方は、誰そ彼の時で「たれそかのとき」となり、江戸時代ごろ「たそがれどき」となったようです。
同じように、夜明けの事を、「彼は誰ぞ?」という事で「かわたれどき」と言う語源になったとか。
面白いですね。

わたしは、誰そ彼の時が、何となく彼の人を想って物思いに耽っているようで好きです。

今日は焼けそうな予感がして、近所の田圃に空色号を走らせました。
ちょっと遅かったけれど何とか見れました。



b0246693_23584422.jpg


奥多摩の山並みの上の空が、優しい色合いに染まって、


b0246693_23593062.jpg


やがて暮れて行きました。


b0246693_00021315.jpg


b0246693_00001772.jpg


凪いだ水面に映りこむ世界


b0246693_00003200.jpg


b0246693_00010852.jpg


用水路に降りた、七夕の夕月

b0246693_00013576.jpg


ほぼ満月の明るい月でした。

b0246693_00011391.jpg



誰そ彼の時、そして、青が澄む時


b0246693_00014271.jpg




[PR]

# by kazematikado | 2017-07-10 00:12 | 里山 | Comments(4)
2017年 07月 09日

小暑の頃

7月初めの横沢入は、すっかり草深くなりました。


b0246693_11244379.jpg


ハルジオンに代わって、ヒメジョオンが勢いを増してきました。
ヒメジョオンの花は、背高のっぽになります。


b0246693_11255853.jpg


似ていますけれど、春先に咲くのがハルジオン、6月末頃からな夏中咲いているのがヒメジョオン
花びらも、糸のように細いハルジオンに比べ、少し幅が広くなり、蕾も上を向いて付きます。


b0246693_11260452.jpg


合歓の木の様子が気になって訪れましたが、まだ、固い蕾でした。


b0246693_11251646.jpg


たった一輪だけ、開きかけていましたよ。ほわほわのピンクの花びらがほんの少しだけ…


b0246693_11252308.jpg


5月に美しく咲いていた桐の花は、鈴なりの実を結びました。


b0246693_11245181.jpg


ミズキの白い花は散りましたけれど、クマのミズキが咲き始めました。


b0246693_11270979.jpg


b0246693_11353871.jpg

露を含んだ草の葉が足元を濡らします。おや?草の葉でじっとしているのは、アマガエル
オタマジャクシから、カエルになったばかりでしょうか?尻尾の名残もあるみたい。


b0246693_11253122.jpg


蝶たちも、翅の乾くのを待っているようです。かわいいベニシジミ


b0246693_11264116.jpg


ヒメジャノメでしょうか?



b0246693_11263612.jpg


葉っぱの裏に隠れんぼ?どんなに上手に隠れても、水玉模様が見えてるよ(笑)


b0246693_11273987.jpg


だんだんだれーか、見つかった♪  ホタルガさんでした。



b0246693_11274652.jpg

青いトンボは、シオカラトンボ


b0246693_11343689.jpg

もう、アキノタムラソウが咲き始めていました。


b0246693_11353182.jpg


モンシロチョウが吸蜜中です。


b0246693_11352095.jpg



池の中を覗いたら、タニシの歩いた跡が…夜中に、こんな風に動き回っているのかな?



b0246693_11271546.jpg


森影にはオカトラノオの白い花が咲き始めてました。


b0246693_11283639.jpg

アカツメクサも、やっぱり撮ってしまいます。

b0246693_11280932.jpg


夏草生う季節


b0246693_11283976.jpg


稲も少し大きくなりましたね。


b0246693_11291149.jpg


緑の谷津田は、草の伸びるスピードの方が速そうです。


b0246693_11291887.jpg
 

ちいさく区切られたかわいらしい田圃が並んでいます。棚田ではないけれど、棚田風です。


b0246693_11294245.jpg



合歓の木のある風景、あの合歓の木にピンクの花が咲いた姿を見てみたいのです。



b0246693_11310989.jpg
 

ここは、里山保全地区なので、本職の農家さんが作っている田圃ではないようです。


b0246693_11303385.jpg


小学校の子どもたちが作っている田圃とか、保育園の子どもたちが作っている田圃とか。
こんな、かわいらしい看板もありましたよ(*^_^*)


b0246693_11312662.jpg


常連のおじいさんが、『向こうの池に、オシドリのヒナがいますよ』と教えてくれました。


b0246693_11311545.jpg



「わぁ!ヒナたち、無事に大きくなっていたんですね!!」
『杭の上にメスが止まってるでしょう。その下の草むらにあと2羽いるよ。』


b0246693_11314837.jpg


「あっ!出てきましたね。オスのヒナですね!!」
まだ、羽根は不ぞろいのようです。これから、あの美しいオシドリへと成長していくのですね。


b0246693_11315396.jpg


b0246693_11354795.jpg

『ほら、もう一羽出てきたよ。今度はメスだね。』


b0246693_11332355.jpg

「この子は、ここがお気に入りなのかしら?かわいいですね!」


b0246693_11321216.jpg


あら!もう一羽、幼顔がかわいくて夢中で撮りました。


b0246693_11333926.jpg


今度は、お父さんと一緒に歩いてきました。


b0246693_11335057.jpg


いたいた、隣の田圃に、お母さんオシドリとヒナたちがたくさん!!



b0246693_11342479.jpg


数えたらヒナたちは9羽いました。全部のヒナが無事に育ったようです。
大家族ですね~♪ ずっとこの横沢入で暮らすのでしょうか?
それとも巣立ったら、どこか他の場所へ行くのでしょうか?
このまま、この場所で見守れたら嬉しいと思いました。
教えてくださったおじいさんの他にも、数人の方がヒナたちを見守っていました。
7月の谷津田で、オシドリを見守る人々の交流は、とても、心温まる風景でした。


b0246693_11342070.jpg



b0246693_11344120.jpg





[PR]

# by kazematikado | 2017-07-09 11:01 | 里山 | Comments(0)
2017年 07月 08日

昭和の街 青梅慕情

モノクロが似合う街 青梅
ちょっと目先を変えて何回かシリーズに分けてご紹介します。

まずは昭和レトロな青梅駅から



ホームの風景

b0246693_10285684.jpg

b0246693_10284652.jpg


地下通路の映画看板、ここから昭和にタイムスリップ。


b0246693_10290497.jpg

b0246693_11021193.jpg

青梅駅前


b0246693_10291852.jpg


b0246693_10292868.jpg
 

祭日運行の都バス

b0246693_10295894.jpg



青梅駅駅舎

b0246693_10300515.jpg


駅前の商店


b0246693_10302227.jpg


b0246693_10304316.jpg


b0246693_10301323.jpg


b0246693_10303163.jpg


b0246693_10305148.jpg

路地裏 カフェ


b0246693_10305959.jpg


b0246693_10310772.jpg


b0246693_10311956.jpg



路地裏小路


b0246693_10313141.jpg



b0246693_10313915.jpg



b0246693_10325555.jpg


b0246693_10314497.jpg


b0246693_10320442.jpg

b0246693_10321419.jpg

b0246693_10330076.jpg
 

街の風景


b0246693_10370794.jpg


b0246693_10330765.jpg


映画看板の街


b0246693_10331577.jpg
 

街の名所だった、このお店はもう無い…


b0246693_10323910.jpg



昭和の名建築 津雲邸


b0246693_10333458.jpg


b0246693_10334101.jpg


b0246693_10335097.jpg


b0246693_10340464.jpg


b0246693_10341430.jpg


b0246693_10342608.jpg


b0246693_10350168.jpg


b0246693_10351011.jpg


b0246693_10352665.jpg


素晴らしい建築も、貴重な展示物も、掘り下げた詳しい解説も素晴らしい


b0246693_10354176.jpg


夏簾越しの風景


b0246693_10355447.jpg

b0246693_10360034.jpg


b0246693_10361110.jpg


奥ゆかしい茶房


b0246693_10361591.jpg


b0246693_10362270.jpg


b0246693_10363569.jpg


b0246693_10364214.jpg


b0246693_10365400.jpg


b0246693_10370188.jpg


[PR]

# by kazematikado | 2017-07-08 11:06 | | Comments(2)
2017年 07月 06日

川苔山 考

川苔山は奥多摩の山域において、とても人気のある山の一つです。
その人気の理由として多彩な登山ルートを取れるという事が 挙げられると思います。
また、コースによっては渓谷や滝を有し変化に富んでいて春夏秋冬楽しめる山でもあります。
スミレをはじめ、花の種類が多く、それも魅力の一つです。
展望はあまり無く、どのルート取りをしてもロングコースになりキツイ山でもあるのですが
やはり訪れる人が絶えない山なのです(*^_^*)


b0246693_10474388.jpg



わたしは、とくに百尋の滝を絡めたコースが好きで、いままでに7~8回登っています。
最近では頂上に登らず、百尋の滝の往復で満足している事が多いです。
今回はガイドのイベントの下見ですので、ちゃんと頂上を踏みましたよ。
日原側の川乗橋バス停から、林道を詰め細倉橋から登るこのコースは、登山道の崩落などで
しばらく通行止めになっていましたが、修復され、昨年の秋から通行可能になりました。
このコースの魅力は、畦畔沿いの登山道を高巻きに歩くので、いくつもの小滝や、青々とした釜などを
眺め、また時々、沢に降りて澄んだ流れやせせらぎの音を聞きながら登れることだと思います。
特に今の時季は、眩しいほどの新緑に、全てが緑色に染まるかのようです。



水辺の緑も美しい

b0246693_10473941.jpg



最初に現れる大きな滝は、足場も悪く撮ることが出来ませんでしたが、
大変迫力のある大きな滝です。
次に現れるのが、この長滝と呼ばれる滝です。
水流でえぐられた空洞になった大きな岩盤を一気に流れ落ちます。
丁度、木漏れ日が射しこんで、虹が生まれていて美しかったです。


b0246693_08252419.jpg


高巻きに辿る登山道はところどころに木の橋が架けてあります。
特にこの木橋は、小滝の真上を渡っていて、ここを渡る登山者を入れると絵になります。
この日は下見登山なので歩きながら撮る写真なので、じっくり考える暇も無く…
奥の光の当たる部分が飛んでしまいました。あ~あ、露出を失敗しています^_^;
その瞬間に、ビシッと露出を決められるようにならなくてはダメですね。


b0246693_10474956.jpg




橋の上から釜になった流れの深い碧を撮りました。新緑の映り込みも美しいです。


b0246693_10475764.jpg




倒木が苔生して、緑の谷に同化している。きっと何十年もの年月を経ている事だろう。


b0246693_10491627.jpg




大分高度を増し、谷が低く眼下に眺められるようになる。
木の間越しに、いくつもの小滝が連続していることが判る。


b0246693_10492030.jpg


渓流からは、絶え間ない瀬音に乗って、ミソサザイの高らかな囀りが聴こえてきます。
頭上からは、カラ類に混じって、時折、オオルリの囀りも聴こえてきて6月の森は賑やかです。


b0246693_10492871.jpg



時々、スポットライトのように、初夏の強い光が射してきます。
右の岩の上にある木の葉が光って綺麗だったのですが、
望遠レンズを持っていなかったので、こんな感じにしか撮れませんでした。
良い被写体だと思ったのですが…構図とかも考える暇も無く残念です。

b0246693_10493472.jpg




いったん、川に降りて、流れの岩に渡された木橋を渡ります。
台風などで増水すると、この橋が流されてしまったのを時々目にします。
この谷は、楓も多くて、秋はさぞ綺麗だろうと思うのですが、そう言えば
春と初夏と晩秋と厳冬期には来ていますが、秋に来たことがないことに気付きました。
今度は錦秋にも訪れてみたいです。


b0246693_10493897.jpg



苔生した沢沿いには決まってウワバミソウも群生しています。


b0246693_10494272.jpg




ここから、いったん沢を離れ登り返して山中を巻いて行きます。


b0246693_08255940.jpg





しばらくは静かな山道ですが、だんだんと滝の瀑音が聞こえて来て、やがて
目の前の木の間越しに百尋の滝が見えてきます。



b0246693_10495525.jpg





いったん登山道から離れ、滝壺に下りて行きます。


b0246693_10500444.jpg



b0246693_10501186.jpg

b0246693_10501795.jpg


いくつもの水流が岩を駆け落ち、飛沫を飛ばしています。
あたりはマイナスイオンがいっぱいです。



b0246693_10503224.jpg



滝壺の水面をもう少し入れて撮りたかったです^_^;

この滝は以前は、この下部にもう一段の滝があり、二段の優美な滝でしたが
1997年3月側面で大崩落があり、滝の下段部分が完全に土砂で埋まってしまいました。
わたしは、その崩落の2年前の5月に小4年生だった次女を連れて初めてこの滝を訪れました。

うろ覚えなのですが、当時は、下段の滝側から上段の滝まで登れるルートがあったように思います。
そして、下段の滝は、滝の裏側に入り込んで滝を見ることが出来たように思います。
当時は写真を撮っていませんでしたので、おぼろげな記録だけですが…

新聞に大きく写真入りで載った崩落のニュースを知って、とても驚きました。
あの美しい滝が無残にも土砂に埋もれていて残念でたまりませんでした。
その後、崩落の危険性が無くなったとして、百尋の滝からの登山道が再開した時、
真っ先に、見に行きましたが、滝への降り口にはトラロープが張られ立ち入り禁止になっていました。
自己責任で、滝が良く見える場所まで降りてみましたが、左手の崖が崩落したらしく
おびただしい土砂や大岩が下滝を完全に押しつぶし、上滝の滝壺まで埋まっている感じで、
木々の緑も消え失せあの美しい百尋の滝は見る影も無くて、悲しくなりました。
荒涼寂寞と化した姿に自然の猛威というものを垣間見た思いで、とても恐ろしく思いました。

その時は、もう、元には戻らないだろうと思いましたが、数年後に訪れると、なんと
降り積もった土砂がだいぶ流されて、大岩は残っているものの滝壺と流れが戻っていました。
まだまだ、微かな流れでしたが、自然の偉大さにただただ感動しました。
20年の年月が経ち木々の緑も蘇り、今、上滝は元のままの美しさを取り戻しています。
下滝の流れも、これから気の遠くなるような年月を過ごしたら蘇るのかも知れませんね。
自然て、やはり偉大です。わたしはもう見れないと思いますが下滝が蘇って欲しいと願っています。



b0246693_10504330.jpg




百尋の滝を後にして、急峻な道を登り上げて行くと、火打ち石谷に出ます。
緑濃い谷、まるで緑のシャワーを浴びているかのようでした。


b0246693_10504892.jpg



水面に映りこんだ緑

b0246693_10505339.jpg



ホウの大きな白い花が揺れ、サラサドウダンの可愛いらしい紅色の花が零れてる
見上げればハウチワカエデの葉が、緑の濃淡を見せて揺れる結葉の季節。
広々とした防火帯の急登を登れば、やがて川苔山山頂です。


b0246693_08264078.jpg



生憎、霞がかかったように、雲が厚くあまり展望は望めませんでした。


b0246693_10511215.jpg




ヤマボウシの花も清楚に咲いていました。


b0246693_10512401.jpg


b0246693_10514267.jpg

鳩ノ巣へと下る山道は、展望のない植林帯が続きますが、時々、林床を埋めるように
見事なコアジサイの群落が現れます。


b0246693_10522096.jpg





淡い紫色のちいさな花の集合体、控えめで美しいお花です。


b0246693_10522510.jpg




これだけ咲いていると、辺りはコアジサイの上品で柔らかな香りに包まれます。



b0246693_10523744.jpg





モミジイチゴのオレンジ色の実もたくさん



b0246693_10524058.jpg





クサイチゴの実も赤く結実して、実りある山旅を結んでくれました。


b0246693_10524479.jpg

[PR]

# by kazematikado | 2017-07-06 01:25 | 山と森 | Comments(2)