風街角

sion920.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 25日

黄昏の街散歩

街が一番素敵に見える時間っていつかなぁ…なんて思いつつ、今日は黄昏時の街の姿を撮ってみたいと思いました。




b0246693_11195642.jpg







仕事帰りの午後2時、空色号を走らせて青梅へと向かいます。お腹ペコペコです。
今日は、最近ずっと気になっていたあのお店に向かいます。始めましてのお店です(^^)



b0246693_11384495.jpg


ごはんや ケンちゃん というお店です。昨年できたばかり、ようやく一周年だそうです。
若いマスターが迎えてくれました。お昼時を外しちゃったのでお客はわたしひとりです^_^;


b0246693_11390781.jpg

了解をいただいて、お店の写真とか撮らせていただきました。
こじんまりとした空間が何だか居心地良いお店です。


b0246693_11391316.jpg

b0246693_11391647.jpg

メニューを拝見すると定食屋さんみたいですね。どれもリーズナブルなお値段です~♪



b0246693_11395390.jpg



わたしは、"大人気"と書かれていた、これ!エビフライ定食をオーダーしました。

わぁ~♪大きなエビフライが三本!!ぷりぷりで美味しかったです。
それに、煮物や漬物などの小鉢が付いて、850円はリーズナブルですね(^^)



b0246693_11393891.jpg

とてもさわやかで感じのいいオーナーさんでした。
今度は金曜日限定の海鮮丼をたべてみたいなぁ~(^^)
ご馳走様でした。また伺います~♪

さあ、お腹はいっぱいになった事だし、空色号で向かった先は、ここです。


b0246693_12124364.jpg

メサテコイヤやカツラの樹があるあの公園です。ハナネコ女子会のみなさんはよーくご存知ですよね。
メサテコイヤはまだ全然ですが、カツラの樹は色付きはじめていました。


b0246693_12125610.jpg

メサテコイヤが綺麗なピンクゴールドの黄葉になるまで、待ち遠しいです。
今日は、郷土博物館で、青梅線開通120周年と銘打って特別展が開催されてます。



b0246693_12144637.jpg


ローカル線テツコのわたくし、見逃せません(笑)

当時は、青梅電気鉄道という会社だったのですね。

b0246693_12221507.jpg


初代青梅駅です。ノスタルジーの世界です。


b0246693_12214748.jpg


第一号の蒸気機関車、英国製の機関車です。
力強いデゴイチとは違った瀟洒な感じがいかにも英国製と言う感じですね。


b0246693_12215151.jpg


建設中の御嶽駅です。現代の駅は、当時の面影を良く残しています。


b0246693_12223752.jpg


御岳渓谷、沢井の楓橋と寒山寺です。
この寒山寺は、書家の田口米舫が明治17年に中国の姑蘇城外の寒山寺を訪れた時に、
主僧の祖信師より釈迦仏木1体を託され、帰国してから澤の井酒造の小澤太平氏の協力の元
多摩川の清らかな流れを望む沢井の地に建立したそうです。
この写真は、開山の際、招かれ来日した中国の僧侶が橋を渡っている所だそうです。




b0246693_12225209.jpg



このレンガ造りの鉄橋は。川井駅の大正橋ですね。今も現役です。



b0246693_12225774.jpg



これは、日向和田あたりの沿線でしょうね。今は、プラムボックスウィルスnのために
梅郷全域の梅の木は全て伐採されてしまいました。



b0246693_12230027.jpg


当時のポスター。ノスタルジックですね。



b0246693_12222426.jpg


この踏切はどの辺りかなぁ?



b0246693_12234576.jpg


二代目青梅駅。これが現在使われている駅舎ですね。


b0246693_12230886.jpg



この頃の青梅駅前。今とはだいぶ違います。



b0246693_12232352.jpg


青梅駅のホームです。



b0246693_12232029.jpg



こちらは東青梅駅、面影ありますね!!



b0246693_12234112.jpg


河辺駅、34年前、わたしがこちらに引っ越してきた頃、
こんな感じの三角屋根の駅舎だったような気もするけれど、記憶違いでもっと昔の姿かもしれません。
今は、当時の面影は全くありません。近代的な駅になりました。
駅前には、東急デパートや梅の湯なんかも出来ましたし、すっかり様変わりです。


b0246693_12235119.jpg


小作駅です。やはり随分と変わりましたね。


b0246693_12234841.jpg



沢井駅が無人駅になる前の最後の日の風景だそうです。



b0246693_12235741.jpg


昔は濃い小豆色や、オレンジ色の車両が走っていた青梅線です。
その頃にしばしタイムスリップしながら展示物を眺めました。


郷土博物館を後にして、今日はお休みですがティールームに行ってみました。
カツラの樹が、薄っすらと色づいて、あの芳しい香りが漂っていました。


b0246693_00501883.jpg

ひっそりと落ち着いた秋の午後でした。

b0246693_00502796.jpg


夏椿のオレンジ色、綺麗な色になりましたね。


b0246693_00514992.jpg

コンギクが咲いています。

b0246693_00511489.jpg


週末には、このパラソルの下で憩う人々が後を絶ちません。
もう少しするとシンボルツリーの欅の葉がハラハラと散り敷いて、
そんな落葉を眺めながらのティータイムも素敵!


b0246693_00525247.jpg


涼やかに、ひっそりと、今日は秋風があのパラソルの下にいそうです。


b0246693_00522040.jpg


メキシカンセージのベルベットのような花穂の先にも、まどろむ様な秋の陽射し


b0246693_00525649.jpg

ティールームを後にして、ちょっと遠回りをして戻りましょう。
いつもとは違う、調布橋の橋の上から


b0246693_00533521.jpg

入日が、川岸の森を染めます。高い樹の上に数十羽のサギたちが憩っていました。
あの樹の中に、白鷺たちのコロニーがあるのでしょう。


b0246693_00533985.jpg

さて、ぐるっと回って青梅の町に戻ってきました。


b0246693_00535835.jpg

古い商店街の中にある昭和レトロ博物館と赤塚不二夫館


b0246693_00540259.jpg


こんな裏木戸が、何だか私は好きです。その奥の世界が見たくなるんです。
子どもの頃から、こんな裏木戸をすり抜けるのが好きだったなぁ
もしかしたら、少し前の昭和に戻って行けそうなきがします…

b0246693_00540535.jpg


映画看板と、古いお店が続く駅前商店街です。
左の端っこに、空色号があるの、判りますか?


b0246693_00544149.jpg

ここは、昭和幻燈館
ここのジオラマは必見です。


b0246693_00541268.jpg

三丁目の夕日的な交差点


b0246693_00551596.jpg

かの有名なとんかつやさん、ほとんど営業してないみたいだけれど、たまに夕方提灯に灯が点ります。


b0246693_00544549.jpg


街を夕日が染めて行きます。

b0246693_00551881.jpg


b0246693_00553259.jpg


線路も夕焼け、単線の線路ってやっぱりいいな。
向こうの踏切を渡って行く人や車が長閑です。


b0246693_00553817.jpg



b0246693_00561221.jpg


ちょっと繭蔵の前も通ってみました。


b0246693_00565684.jpg


石造りの蔵を改造した創作料理のお店です。こちらもとってもいいムードのお店です。


b0246693_00572032.jpg


奥多摩の山並みに夕陽が沈んで行きます。



b0246693_00564423.jpg

人々の影法師も長くなる、黄昏時
こんな時間帯の街は、不思議な温もりを醸し出して、やっぱり素敵な時間ですね。

次回は、日が落ちた後の一瞬青に染まる時間、青が澄む時間をご紹介しましょうね。


b0246693_00563132.jpg




[PR]

by kazematikado | 2014-10-25 01:40 | | Comments(2)
Commented by きさら at 2014-10-30 10:42 x
黄昏時の街の写真がステキ!
空色号といつも一緒なんだね♫
レトロな雰囲気もある青梅の街。私も行ってみたくなりました!
ちょっとお疲れモードの私ですが^^;
11月は四季桜を見に出掛けたいと思っています。^^
Commented by kazematikado at 2014-10-30 21:29
きさらちゃん、こちらにもありがとう(^_-)
青梅は古い町で、その佇まいを散策しているとタイムスリップしてしまいそうな気がします。
わたしは古民家好きなので、ついつい思い入れが深くなってしまいます。
いつか、きさらちゃんもご案内したいですね(^_-)


<< 風の谷へ (遡行記)      花野道 >>