風街角

sion920.exblog.jp
ブログトップ
2015年 11月 10日

秋の美術館巡りと渓谷散策

恒例の秋のハナネコ女子会の開催です。
今回は紅葉には少しフライング気味の8日と15日に決まりました。
まずは1回目のハナネコ女子会、行き先は、梅郷にある吉川英治記念館と沢井の櫛かんざし美術館
御岳の玉堂美術館を巡るコースで、途中に澤乃井の酒蔵見学とランチ、渓谷散策を盛り込みました。
当日は、自称晴れ女のわたしと自他ともに認める最強晴れ女のハンちゃんがいるので、晴れを信じて
いたのですが、あいにくの雨でした…(>_<)

b0246693_13463307.jpg

奥多摩の山並みは霧雨に滲んで、まるで玉堂の墨絵の世界です。
しっとりと優しい雨…なんだか、こころも潤んでくるようです。
山際のちいさな無人駅、石神前の駅に降りたのはハナネコ女子会のメンバーだけでした。

b0246693_12281847.jpg
人ひとりが通れる小さな踏切の雨に濡れて…

b0246693_12283350.jpg

古い民家の庭先の畑には、秋の野花が咲き乱れてさながら花野です…


b0246693_13452404.jpg

ピンク色の菊の花…咲き乱れて咲き敷しいて

b0246693_13455617.jpg

ノコンギクの青紫は、やっぱり秋の色、秋の花

b0246693_13460763.jpg

カシワバアジサイの葉っぱが…燃えていました。


b0246693_13461706.jpg

ビオラの花は、花びらに雫をいっぱい乗せていました。これから春先まで咲き続くんですね。


b0246693_13461017.jpg

さざんかさざんか咲いた道~♪って口づさみたくなりますね。

b0246693_13460386.jpg
可愛らしいピンクのさざんか(*^_^*)

b0246693_13454342.jpg

人と自転車しか通れない小さな橋が多摩川に架かっています。それがこの好文橋です。


b0246693_13541737.jpg

ここからの景色をお見せしたくて、このコースを選びましたが、紅葉は時期尚早でした。


b0246693_13542660.jpg

でも、みなさんは『わぁ~♪綺麗~♪』って喜んでくださいました(*^_^*)
お天気が良ければ水面のコバルトブルーが美しいんですが、ちょっぴり残念。


b0246693_13542252.jpg

まずは、花のお寺即清寺へ。
このお寺は平安時代に智証大師円珍が、諸国巡錫のおりに草庵を結んだのが始まりだそうです。
その後、鎌倉時代に源頼朝が畠山重忠に命じて、現在地に伽藍を造営して開山した由緒あるお寺です。
明治の大火で、当時の伽藍、本堂などすべての建物が焼失してしまったけれど本尊をはじめ仏像は
被災を免れたそうです。関東八十八ヶ所霊場の一つです。



b0246693_13544198.jpg

山門の多聞天、持国天は、古そうな仏像で立派です。金網越しなのがちょっぴり残念です。


b0246693_13544706.jpg

門前の古木の幹にはシノブが奇麗に黄葉していました。


b0246693_13544420.jpg

ここから、最初の美術館と言うか文学館と言った方がいいですね、吉川英治記念館へ向かいます。
記念館の前の楓の木がだいぶ色づいてました。もっと真っ赤になるんですけれどね。


b0246693_14264474.jpg

門を入ると手入れの行き届いた庭園へ続きます。


b0246693_14272791.jpg

草思堂と吉川英治が名付けた母屋の佇まいはいつみても素敵です。
英治は戦前戦後を通じて9年間この地に住み続けました。
戦後一時執筆活動を断念した英治は、畑仕事や俳句を教えたり公民館作りなどに奔走します。

青梅の土地とそこに住む人々との交流に癒され、2年後執筆活動を再開し、大作、新・清家物語は
青梅で生まれました。青梅は英治の小説家としての再生の地になったのだそうです。



b0246693_14273825.jpg
石仏もひっそりと。

b0246693_14274332.jpg


菊花展も開催されていました。


b0246693_14285545.jpg

玄関の窓ガラスにお庭の紅葉が映り込みました。


b0246693_14290185.jpg


アートフェスティバルの一環として、母屋の中も不思議な創作物で飾られています。
テーマは『感性を磨く』だそうです。

b0246693_14293221.jpg


純和風な建物の中に敷き詰められたカラフルな人形、何だか不思議な空間です。


b0246693_14292665.jpg

霧に霞む山々を借景にして…いい感じです。


b0246693_14300897.jpg


縁側に並べられた菊の鉢、美しいです。

b0246693_14302041.jpg



b0246693_14302785.jpg



b0246693_14314053.jpg


吉川英治の書斎は洋風建築で和室から渡り廊下で続いています。
書斎の前に敷かれたタイルがとても美しいです。

b0246693_14365564.jpg


やはりアートフェスティバルの一環としての造形物が、芝生の上にも並んでいました。


b0246693_14370782.jpg


何とも不思議な造形ですよね。


b0246693_14371480.jpg


吉川英治が愛した二本の椎の木の巨樹です。草思堂を見守り続けているかのように佇んでます。


b0246693_14371838.jpg


とても美しい枝ぶりの楓の木です。


b0246693_14313675.jpg


裏側からはこんな感じ、ごつごつとした幹もしっかりと張った根も良いですね。


b0246693_16345401.jpg

緑とのコントラストも見事です。


b0246693_16350480.jpg

書籍や原稿、絵や詩歌、書簡などの展示物を興味深く閲覧した後、吉川英治記念館を後にして
バスにて沢井へ移動です。みなさん朝が早かったので早めのランチにしました(*^_^*)

澤乃井さんが経営するレストランの豆らくと言うお店です。豆腐料理はお隣のままごとやさんが
懐石料理で有名ですが、こちらもリーズナブルで美味しくてなかなかです。


b0246693_16434498.jpg

大きく開いた窓辺からの景色がまた格別で、みなさんにとても喜んでいただきました。
ここから見えている建物はどれもままごとやさんです。


b0246693_16435040.jpg


こちらは多摩川に架かった吊り橋、楓橋です。この場所を知ったのは、かれこれ30年前でした。
楓橋からの景色は春夏秋冬、いつも素晴らしいです。


b0246693_16435432.jpg

せっかくですから、しぼりたての生酒をご賞味(笑)


b0246693_16440827.jpg


b0246693_16440433.jpg


お料理も美味しかったです(*^_^*)


b0246693_16442423.jpg

灯りも素敵ですね。


b0246693_16443105.jpg

お腹もいっぱいになったので、楓橋を渡って対岸にある櫛かんざし美術館を訪れました。
江戸時代のものを中心とした膨大なコレクションがあり、年4回展示品を入れ替えているそうです。
べっこう細工に金蒔絵のかんざしなど、美術工芸品と言えますね。素晴らしいです。
鼈甲って、この亀の甲羅だって知ってますか?


b0246693_17002371.jpg


そして、この美術館の素晴らしさはロケーションの良さです。


b0246693_17004903.jpg

この広いロビーに入った途端、みなさん思わず感嘆の声をあげられました。
眼下を流れる多摩川の流れ、楓橋が向こうに見えています。雨なのが本当に残念でした。


b0246693_17005698.jpg

庭園もあります。『自然を生かした感じで作られた庭園って感じですごく良いね。』
みなさんもそんなふうに言ってました。

b0246693_17010080.jpg

お天気なら庭園を散歩できるようになっています。


b0246693_17010474.jpg

櫛かんざし美術館の次はお楽しみの酒蔵見学&利き酒(*^_^*)
売店から地下通路を抜けて向かい側の酒蔵へと通り抜けできます。


b0246693_17103399.jpg

茅葺屋根の古民家もいい感じです。


b0246693_17084784.jpg

苔玉を見つけました(*^_^*)


b0246693_17085190.jpg

なかなか楽しい酒蔵見学でした。


b0246693_17094624.jpg

酒蔵見学の後、利き酒も楽しんで、次は渓谷散策です。


b0246693_17095101.jpg

御岳渓谷はケヤキとカエデが多いです。
特にケヤキは黄色からオレンジ、キャメル、赤とさまざまな色合いに染まり美しくて好きです。
ちょっとまだ早かったですね。カエデもまだまだこれからです。


b0246693_17104771.jpg

対岸の欅の巨木も、あと少しですね。

b0246693_17105246.jpg

遊歩道沿いにあるカヌー小屋の佇まいが素敵です。

b0246693_17114841.jpg

コムラサキの実がかわいいです。

b0246693_17114693.jpg

まだ、ホトトギスが咲いています。

b0246693_17142559.jpg

カエデの一葉、秋色を見つけました。

b0246693_17115162.jpg

純白のさざんかは、清楚で好きです。

b0246693_17114284.jpg

色付く渓谷は、雨に煙り風情があります。


b0246693_17150670.jpg

サワガニの親子が遊歩道を歩いていました。
『自然がいっぱいなのね~♪』『宮沢賢治の世界ね!!』とみなさん嬉しそうです。


b0246693_17151136.jpg
ハナノキかしら?綺麗な彩りでした。

b0246693_17151402.jpg

玉堂美術館前の大銀杏の輝くような黄葉は、まだまだ先ですね。

b0246693_17163715.jpg

この銀杏がハラハラと散り敷いて、一面レモンイエローになる日が待ち遠しい気もします。

b0246693_17151983.jpg

御岳小橋を渡ります。

b0246693_17172019.jpg

雨でも、みなさん笑顔で、心から楽しんでくださっているのが嬉しいです(^^)

b0246693_17172684.jpg

最後の美術館は玉堂美術館です。日本画の巨匠、川合玉堂の作品が展示されています。
四季折々にちなんだ作品が飾られます。

b0246693_17173435.jpg

中庭は美しい石庭になっていて、その風情は京都の侘び寂びにも通じるような気がします。

b0246693_17175754.jpg

大銀杏は、この中庭の借景でもあります。


b0246693_17180304.jpg

また対岸の旅館の古い建物も、借景の一つだと思います。

b0246693_17175923.jpg

毎年、この楓が真っ赤に色ずくと石庭の白砂に映えて美しいです。

b0246693_17180945.jpg

離れには復元された玉堂の画室があります。

b0246693_17182674.jpg


美術館を後にした帰り道、さざんかの花が美しく咲いていました。


b0246693_17184022.jpg


b0246693_17184968.jpg

b0246693_17185485.jpg

そして最後はやはりティールームへ。。。

b0246693_17190214.jpg

でもなんとこの日は臨時休業だそうで、とても残念でした、
ウッドデッキの上にる積もる落ち葉の風情が素敵です。

b0246693_17190861.jpg


b0246693_17191539.jpg

舞い降りたレンガ色のケヤキの葉です。



b0246693_17190601.jpg

珈琲とケーキを求めて、カフェころんにお邪魔しました。

b0246693_17194660.jpg

ツリーハウスはしっとりと雨に濡れていました。裸電球の灯がノスタルジーの世界です。

b0246693_17195765.jpg
この日の出店は、“選挙cafe” でした。
若者が頑張っている青梅は、これからもますます魅力的な良い街になって行くのだろうなと思います。

b0246693_17202848.jpg

シフォンと珈琲をいただきました。なんだか落ち着くなぁと思っていたら、そこにてつさん登場。
そしてマッキーさんも柴崎さんも丘人さんも登場!!
わぁ~!!嬉しい♪♪ツリーハウスのお手伝いをするために毎週通っていた日々が懐かしいです。


b0246693_17203932.jpg



やっぱり、カフェころんは夕方が良く似合う気がします。
そう、青が澄む時間が…

これで、第一回目の女子会レポはお終いです。長い記事を読んでくださってありがとうございました。
来週は、ハナネコ女子会の二時回をします(笑)

b0246693_17204637.jpg


[PR]

by kazematikado | 2015-11-10 22:10 | 女子会 | Comments(2)
Commented by ejichan555 at 2015-11-11 07:31
おはよう。
北海道にはない光景にみとれますね。
そして、しずくのついた花がやっぱりいいなと。
ランチもなかなかです。
こういうところで、骨休めしたいですわ。
Commented by kazematikado at 2015-11-11 08:36
えじちゃん、おはようございます(*^_^*)いつも一番にみてくださってありがとう♪
コメントも嬉しいです。見ていてくださる方がいると、記事を書くのも張り合いになりますよ!!
また、頑張ってアップしたいなぁって(*^_^*)
このところ、雨の日の記事が続いちゃって、暗めの写真ばかりでごめんなさいね。
晴れ女なので、そのうち、スカッと晴れた日の写真をアップしたいです(笑)


<< 丹波天平(たばでんでいろ)      狭山丘陵里山ワークショップ >>