風街角

sion920.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 26日

いがり先生の写真教室(机上)

b0246693_16484094.jpg
                              早春の使者


1月17日に府中ルミエールで開催された植物写真家いがりまさし先生の写真教室に参加させていただきました。
いがり先生のフィールドワークの写真教室は何度か参加させていただいていますが、
今回のような机上の勉強会は初めての参加です。
フィールドで、実際に写真を撮りながらアドバイスしていただいてきたことを、
じっくりと勉強し、自分のものにできたらと思い参加させていただきました。

午前中はスライドを使用した大変判りやすい講座で、日ごろ疑問に思っていたことや、
フィールドワークでは聞き逃してしまったことなど、理解することが出来ました。
お昼を挟んで午後は、自分が選んできた写真を20点持参し先生に講評いただくという
とってもドキドキですが、めったにないチャンスの有意義な時間でした。

まずは、午前中の講座の覚書です。

一眼レフ

1、絞り優先モードを使いこなす。
絞り・シャッター速度・ISO感度の関係を、お風呂に水を汲むということに例えて
絞り→蛇口の口径 シャッタースピード→お風呂がいっぱいになるまでの時間
ISO感度→お風呂の容積 と教えていただきました。これ、判りやすいですね!!

①絞りの設定
*背景をぼかしたい時=望遠側で撮る F4~F5
*背景を描きたい時=広角側で撮る F11(これ以上絞るとシャッタースピードが遅くなる)

②シャッタースピードの設定
レンズの長さ分の1以上が目安
*100mmレンズ=1/100秒以上
*200mmレンズ=1/200秒以上
風が吹いて絶えず被写体が揺れているとき=1/250秒以上(1/500秒でも遅い時がある)

③ISO感度の設定
ISO100がベスト ISO200でも良い
暗い時はシャッタースピードが落ちるのでISO感度を上げて対応する。
ISOの値が大きくなるとシャッタースピードは速くなるが画質が荒くなる。

三脚が使えるときはISO感度を自分で決めてもいいが、手持ちの時はオートにしておく
カメラに自動でシャッタースピードを決めてもらい自動でそれに適したISO感度になる。

④ホワイトバランスの設定
ほとんどの場合「太陽光モード」で大丈夫
被写体が日影にあって青味がかった写真になってしまう時に「日影モード」を使うこともある。
「日影モード」にすると、暖かみのある色を強調するため全体に黄色または赤色になるので注意が必要。

2、マスターしたい二つの撮影方法
①バックライト・ポートレート・テレ(逆光・肖像・望遠)
*光線状態の良い被写体を選ぶ(逆光の被写体を選ぶ)
*レンズは望遠100mm~200mm
*被写体を水平に捉えるアングルで撮る
*バックが均一になるような暗い場所を選ぶ(遠くの木々や森影の暗い部分)
*露出補正はマイナスが必須(バックが暗いとカメラが自動で明るくなるように描写してしまう)
②インセクト・アングル・ワイド(昆虫・画角・広角)
*バックが開けた被写体を選ぶ(曇り空は絶好の光源)
*レンズは広角10mm~18mm
*被写体を思い切りローアングルで撮る
*空をバックに撮る(太陽を入れる場合は絞りをF11以上にすると太陽のノビが映って面白い)
*露出補正は大幅なプラス補正が必須(+1.7~+3は必要)

コンパクトカメラ(TDK)

1、被写体の倍率によって撮るモードを選ぶ
①たんぽぽの花ぐらいの大きさの被写体 → 「P」または「A」モード   ストロボはオフ
*ほとんどの場合、Pモードで良い。たくさん絞りたい時はA(絞り優先)モードで
②スミレの花ぐらいの大きさの被写体 → 「顕微鏡」モード   ストロボはオン
*LEDライトガイド併用も有力
③ハコベの花ぐらいの大きさの被写体 → 「顕微鏡」モード   ストロボはオン
*ストロボを使用すると被写界深度が深くなる。マクロフードも使用すると良い。
2、ストロボの使用方法
*バックの色調を生かして雰囲気のある写真を撮る場合 → ストロボオフ
*バックを暗く落として、被写体を強調する場合 → ストロボオン
3、一般撮影
*バックまでしっかり撮る → 広角系
*バックをぼかして撮る → 望遠系
*撮影した写真が色が飛ぶ → 露出を下げる。ISO感度を上げる。
 バックが輝いて飛ぶのは、意図して、良い場合もある。
*群落の写真を撮る場合、広角でピントは画面の1/3ぐらいの所にピントを合わせると良い。

こんな感じでしょうか。本当はもっと盛りだくさんだったのですが、わたしが理解できたのはこの位でした。
講習会の内容は、フィールドワークの撮影会の時に、そのシーンごとに先生がいつもアドバイスしてくださっている事でした。
フィールドでのシーンを思い浮かべつつ、こうして掘り下げて教えていただくとさらに理解が進み、復習にもなりました。
プロジェクターを使用したとても判りやすく意義のある素晴らしい講習会でした。
この日、教えていただいた事をフィールドでも活かして行きたいと思います。いがり先生ありがとうございました。





ちなみに、20年ぶりに作成された先生の写真集のお知らせです。
とっても美しい世界にうっとりです。フェイスブックならシェアと行きたいところですが、
ブログなのでリンクさせていただきます。
あまりに素晴らしい いがりワールド、ちょこっと宣伝させていただきます。

-----------------------------------------------
2.写真集&CDアルバム同時リリース2/10
-----------------------------------------------
まずはこのPV動画をご覧下さい。
https://youtu.be/n5VcDh1GxdA

*********************
写真集「草と木の組曲」
*********************
いがりまさし20年ぶりの書籍作品集です。図鑑や技術解説ではない、いがりまさしの植物写真の世界を心ゆくまでお楽しみください。
※記念ポストカードも発行されます。

*********************
CD「名もなき旋律」
*********************
大好評だった「ネーチャーフォークの響き」から2年。待望の演奏曲集です。今回の目玉は、フケーナの音色。
全15曲入り。
※譜面集も4月に刊行予定です。

詳細は↓
http://www.plantsindex.com/dvdcd/2016set/
特別セット価格でご予約を承っています。

いがり まさしさんの写真








そして、午後の部は、キャンセル待ちで、前日に潜りこんだ「講評・アドバイス講座」です。
自分の写真を20点ほど持ち寄って、それをプロジェクターで映しながら、先生に講評していただくというもの。
わたしにとっては、初めての経験でワクワクドキドキなのでした。まず、写真を探さなくっちゃ!!!
過去の写真を振り返りつつ、自分にとってのベストショットを選んでいくのですが、100枚ぐらいになっちゃって(汗)
いい写真というのではなく、どれも、どんぐりの背比べで迷います…ああ、選ぶのが大変(笑)
30枚ぐらいに絞り込んだところで夜も遅くなってしまったので、その写真をUSBメモリーに入れて持参しました。

午前の部の後、ランチを、六道山の写真教室でご一緒だった方とご一緒していただき、午後の講座に臨みます。
果たして、自分の撮った写真が、こんな大画面での鑑賞に堪え得るものなのかどうか???
いつもパソコンの画面の大きさでしか見たことがないので、凄く心配で自分の番が来るまで、ドキドキでした。
でも、映し出された画像を見て、「あっ、大丈夫なんだ。」パソコンで見ているのと変わらない画像だったのでホッとしました。

最初に映し出されたのは、はじめて訪れた秋の会津駒ケ岳で迎えた夜明けの写真でした。

b0246693_10460664.jpg


開口一番、『綺麗ですね~これはどこですか?』と、先生が聞いてくださいました。
「会津駒ケ岳です。」と、おずおずと答えます。

『水面に微かなさざ波が立っているんですね。そこに、朝焼けの空が映り込んで、まるで雲海のように見えますね。』
さすが、先生です。その時の情景を表現してくださいました。

他のみなさんも、『わぁ~!綺麗!』と、誉めてくださり、わたしは、嬉しいやら恥ずかしいやらで高揚してしまいました。
わたしにとって、憧れの先生に誉めていただいてこんなに嬉しい事はありません。


そして、次に『これも良いですね。』と言っていただいたのがこの写真です。


b0246693_10463915.jpg




この写真は、いままで誰からも誉めていただいた事は無いのですが、自分ではとても好きな写真なのでした。
早春のやわらかな陽光に照らしだされた苔の瑞々しさと、水温む季節の光を内包したとろりと澄んだ流れを撮りたいと思いました。
果たして良いのかどうか判らないのだけれど、好きだから候補に入れていたんです。
『岩のシャドー部分が、全体を引き締めていい写真ですよ。』思いがけず、先生が誉めてくださいました。
わぁ~!!わたしの写真が認められてるなんて夢見たいです!





b0246693_10465367.jpg

『これも良いですね。クローバーの葉をしっかり描写したことで、たんぽぽの綿毛の小ささを強調してくれますね。』
ふわっと舞い降りた綿毛が、また風に乗って旅立とうとしている瞬間でした。





b0246693_10464683.jpg


『うん、これもなかなかいいですよ。』 ほんとですか?わぁ。嬉しい…って心の中でつぶやきました。
枯れ葉の中から、空色の綺麗な花を咲かせたフデリンドウ、春を告げるお花です。






b0246693_16491335.jpg

『これも、なかなか良いですよ。』と先生。思わず「ヒナスミレが大好きなんです」なんて答えていました。
海沢の渓流沿いのカツラの木の根元に、守られるように咲いていた薄紅色の桜貝のようなヒナスミレ
スミレの魅力に目覚めた頃。まっさきに覚えたスミレでした。




b0246693_10471376.jpg

『雫もとても綺麗ですけれど、蕊のホルムが素敵ですね。』雨上がりの栗平、草生す土手に咲いた彼岸花でした。




b0246693_10495751.jpg

『これもいいですね。根元の小さな葉っぱまで、描いたところが良いですね。』
早春の奥多摩の渓谷に真っ先に目覚めるハナネコノメに毎年逢うのが楽しみなんです。


b0246693_10494538.jpg

渓流をバックに撮ってみました。春に歌っているようです。




b0246693_10494002.jpg


『これは、もう少し撮り方に工夫できれば、さらに良くなると思いますよ。』
ハナネコノメの群生、難しいですね。今年も再挑戦して、もう少し工夫して撮ってみたいです。






b0246693_10491791.jpg


『これも、なかなかいいと思いますよ。』
奥多摩むかし道でのひとコマです(^^) 緋色に色づく木々の葉と、白い波が砕けては散りました。



b0246693_10491193.jpg

『これもおもしろいですね。』 何だかうれしいです、


b0246693_10500832.jpg


『この前ボケは絶妙ですね。神さまのボケですね(^^)とてもいいと思いますよ。』
前ボケを入れて撮りたいと思って撮った写真でしたので、すごく嬉しかったです。



b0246693_10502044.jpg


『いいですね、とても美しいです。』 と言っていただきました。  これは昨年撮った白丸湖の写真です。




b0246693_10503783.jpg


b0246693_10504122.jpg

『これは、凄いなぁ!!落ち葉が散っているんですよね。光線の加減がとても良いですね。』と言っていただきました。
空一面に舞う枯れ葉、千載一遇のチャンスだと思って、ただ夢中で撮った写真です。





b0246693_10484716.jpg

『このリンドウもお洒落な撮り方ですね。』    この写真も好きな写真でしたから嬉しかったです。





b0246693_10470352.jpg


『これも何気ないけれど、なかなか良いですね。』  嬉しいです。奥多摩金袋山の深い森です。


アドバイス講座で、先生は、良い所を見つけながら誉めてくださいました。
先生は、誉めて伸ばす 教え方ですね(^^) いままでこんな風にアドバイスしていただいたことがなかったからとても貴重な
体験となりました。なんだか自分の心の赴くままに撮っていていいんだと、少し自信が持てました。
これからも、先生のお写真をお手本にしながら、“原っぱの錬金術師”を目指します。
いがり先生、ありがとうございました。

そして、今回、この写真教室をきっかけに、素敵なお友だちが出来ました。
この春は、ご一緒に奥多摩や青梅を散策していただけそうです。とっても楽しみです(*^_^*)



残りの写真ですが、貼っておきます。


b0246693_10480223.jpg

御岳渓谷で出逢った、ジョビ子です。




b0246693_10474850.jpg


b0246693_16454421.jpg

初夏の頃に咲く大好きな合歓の花、名栗川沿いで撮りました。毎年、花の時季はそわそわします。





b0246693_16455387.jpg


ムラサキシキブの実がなぜか好きです。冬枯れの森でわずかに残った実に出逢うとハッとします。






b0246693_16465773.jpg


奥多摩のむかし道に、路傍にひっそりと残る馬頭観音。賑やかだった昔の往来が偲ばれます。




b0246693_16471741.jpg



b0246693_16472644.jpg


奥多摩むかし道の山の家、丁寧に積まれた薪に、素朴な山の暮らしが見えて、なんだかしっとりと心が満たされてきます。






b0246693_16461868.jpg



落ち葉を撮るのが好きです。



b0246693_16475120.jpg





b0246693_16482610.jpg

雪のようなセツブンソウの群落、両神にある節分草園で撮りました。



b0246693_16484094.jpg

小さな春の妖精です。




b0246693_16483459.jpg


陽光に輝き出したアブラチャン、早春の森でいち早く咲き出す花だと思います。



b0246693_16484921.jpg

満開の山桜の花、奥多摩海沢渓谷の春です。




b0246693_16490251.jpg


大好きな樹、カツラの若葉です。ハート形の小さな葉がいっせいに芽吹くこの季節が愛おしいです。
カツラの枝越しに、山桜の花を入れてみました。





b0246693_10485609.jpg

スミレを探していて、林の奥に、思いがけず見つけたニリンソウの群生地、ここは秘密の花園のようでした。



b0246693_16485766.jpg

かんざしのようなキブシの花、愛らしいこの花があるから早春のこの時期にだけ、わたしはキブシという樹を認識できます。




b0246693_16490899.jpg


アケビの花って、シックで好きです。バックに山桜を入れて撮りました。




b0246693_16485203.jpg

ケヤキの芽吹きです。若葉が萌え出した頃の、この萌葱色が何とも言えず好きです。



b0246693_16500514.jpg


ハウチワカエデの花です。柔らかで美しい色合いで本当に綺麗です。




b0246693_16492317.jpg

午後の光に金色に輝き出した若葉の森、奥多摩海沢渓谷で…





b0246693_16444596.jpg



そして最後は、会津駒ケ岳の美しいご来光です。この朝はとても美しくて、いつまでも観ていたい光景でした。


今回、アドバイス講座に参加させていただいたお蔭で、自分の写真の中のベストショットを選び出すというチャンスをいただき、
今までの自分を振り返る事も出来ました。せっかく選んだので記念に載せてみました。手前味噌ですみません^_^;




[PR]

by kazematikado | 2016-01-26 18:41 | 写真&写真教室 | Comments(6)
Commented by kitaironoyama at 2016-01-27 12:23
sizuku写真集(^^)
素敵❗
写真のノウハウ、goodですよね。
先生の教えって、素晴らしい❗
Commented by kazematikado at 2016-01-27 22:02
宮王さん、早速ご覧いただきコメントもありがとうございます<m(__)m>
なんだか嬉しかったので、つい~^_^;
そんなふうに言ってくださって嬉しいです(*^_^*)
Commented by ejichan555 at 2016-01-28 21:22
すごいですね。
写真というより芸術ですね。
本出しても不思議でないくらい。
出したら、真っ先に買います。
Commented by ikedahisa at 2016-01-28 23:12
自分の作品を人に褒めてもらうのは 嬉しいのはもちろん つぎのエネルギーになりますね。
まして 達人のいがり先生からいただく褒め言葉は 千金に値しますよね(*´ω`*)
Commented by kazematikado at 2016-01-30 13:05
エジちゃん、そんなことは全然ないんですよ^_^;
ただ、先生に「なかなか良いですよ」って言っていただけたので嬉しくてつい。

でも、エジちゃんは、いつも、どんな時も『いいね!!』って言い続けてくださって嬉しいです(*^_^*)
エジちゃんにわたしの写真で良ければプレゼントしたいくらいです~(*^_^*)
Commented by kazematikado at 2016-01-30 13:12
こいちゃん、ありがとうございます(*^_^*)
こいちゃんもいつも応援してくださいますよね。ありがたいことです<m(__)m>
誉めて伸ばすっていいますが、本当ですね。やる気がむくむく(笑)
そしてなにより嬉しいのは、自分の写真をじっくりと見てくださったと言う事です。
こいちゃんもいつもちゃんと見ていてくださってありがとうございます。


<< LOVE Ice      出来ました~♪ >>