風街角

sion920.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 20日

倉沢谷の春

わたしのブログは時が止まっていて…またまた、三月の記事になります。山々は新緑が輝くばかりの季節だというのに




時候の挨拶では、光の春は4月ということになっていますけれど、わたしは3月が相応しいと感じています。
まだまだ、森は枯れ色ですが、少しづつ、なんというか樺色になってきて微妙なグラデーションが日に日に
濃くなってきて、もうすぐ芽吹きが始まる予感に満ち満ちてきます。

渓流の流れはもっと顕著で、たくさんの空気を内包して命を宿し始めます。
光を浮かべ、群青色や翡翠色、あるいは明るい空色に染まりながら流れていきます。
ぽこぽこ、さらさら、瀬音の調べは絶え間なく、春の音色を奏でます。
野に山に、渓流のほとりに、待ち焦がれたちいさな花の命が芽生え始めると、もう心は羽のように軽くなって、
ふんわりと春風に誘われてどこにでも行けそうです。そんなわたしの春を写真で綴ります。

デジブック 「倉沢谷の春」を作りました。よろしければご覧ください。







Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2016-05-20 18:27 | デジブック | Comments(0)


<< 奥多摩分校 春のプチ遠足      幻の白花ハナネコノメを訪ねて >>