風街角

sion920.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 13日

アンティークとフレンチを楽しむっていいでしょ?

“紫陽花とアンティークとフレンチを楽しむ写真女子会” 
この長ったらしい名前の女子会の最初の“紫陽花”を堪能したので、次なる目的のアンティークの前に
美味しいフェレンチでランチをしましょうと、ちゃんちき堂の秘密工場に寄り道した後、バス停へと向かいます。
予定のバスの時刻の数分前にバス停に着きました…が!!
なんとそのバスは、青梅には行かずに河辺に戻ってしまう循環バスでした。
しまった。。。誤算でした。本当は住吉神社までバスで行く予定でしたが東青梅で途中下車でした。

住吉神社へと向かって歩いていたらタッチの差で長渕方面へ向かうバスが行ってしまいました~((+_+))
でも、そこにタクシーが通りかかりましたので、すぐさま手を上げて乗り込みました。
これがかえって良かったようで、スムーズに今日のランチの場所に着く事が出来ました。(やった!)

上長淵にある“縁 Enisi”さんというこのお店、若い爽やかなご夫婦がオーナーさんです。
前に2度ほど伺いましたが、お料理が美味しくて、見た目もとても美しいのです。
雰囲気もお洒落だし、女性好みかな。駅から離れた場所にポツンと建つ隠れ家的な感じがまた素敵です。

お店の外観とか店内の写真は撮り忘れましたが、お料理は撮りましたよ!
前菜のワンプレート、これだけでもとても美味しくて満足なのです。

b0246693_01032475.jpg
お料理をとても上手に撮るまめちゃんを真似して撮ってみますが、どうもイマイチ(笑)

b0246693_01032878.jpg
b0246693_01440124.jpg
焦し玉ねぎのスープ、温かいスープが濃厚で絶妙なお味でした。

b0246693_01442355.jpg

メインディッシュのお魚料理、真鯛がぷりぷりでカラッとソテーされていてとっても美味しい♪
そして、付け合せの野菜たちがどれも新鮮でとっても美味しいのです。地場の採れたて野菜かもですね(^^)
みんなで、お料理を撮りっこしたり、おしゃべりに花を咲かせたり!女子会ってこれが楽しみの一つなんですよね(^^)
b0246693_01442723.jpg
まめちゃんのお肉料理も、とらねこさんの魚介のパエリアもとっても美味しかったって満足してもらえて良かったです。
さて、今度はしっかりバスに乗り長淵5丁目で降ります。一時間に1本のバスですから乗り遅れたら大変です。

藍染工房の前を通ります。レンガ造りの素敵な建物で、庭には大きな壺や、染められた衣服が干されていたりしていい雰囲気なのです。
いつか、こちらの体験コースを女子会でやってみたいなぁと思うのでありました。

b0246693_12360550.jpg

b0246693_12363556.jpg

b0246693_12370601.jpg

いくつかの細い路地裏を歩いて、いよいよ目指すは本日のメインのアンティークショップです。

b0246693_12382409.jpg
青梅には今もあちこちに残るノコギリ屋根の工場がありますが、そちらを利用された素敵な佇まいの店舗です。
そばには小さな小川が流れていて緑がいっぱい。この入口が何とも癒される空間です。

“rendez-vous de brocante” ランデヴー・ブロカントさんです。
https://youtu.be/xMZEN9TlRHs


ここの看板犬のマンボくん、パグと言う犬種の何とも愛嬌あるお顔が可愛いです。

b0246693_12383170.jpg

マンボ君専用のソファーに座って、ご主人をじっと見つめる仕草が可愛いです。

b0246693_12383887.jpg

ブロカントって、骨董品っていうような意味合いだそうです。
要するにフランスの骨董品が、ノコギリ屋根の工場跡の店舗の中に素敵にディスプレイされています。
ドアやフェンス、テーブルや椅子、シャンデリアなどの大物から、食器や、時計などの小物、
鍵とか瓶とか、切手や印鑑や自転車や車のプレートなどなどの日用雑貨まで、多種多様な古いものが
あちこちに眠っているのです。それを一つ一つ、見つけ出して行く楽しさ(^^)
なんかこう、古い時代の異国の物たちが、光と影の室内にうずくまってる感じです。
時折り、いぶし銀のような光沢を放ち、神秘的な香りを醸し出していたり…
オーナーさん曰く、ナポレオン三世時代のものもたくさんあるそうです。
さて、素敵なフレンチ・アンティークの世界、写真がいっぱいなので、コメントは短めに控えますね。
さらっとご覧いただければ嬉しいです。


ノコギリ屋根の明かり取りが、何ともよい雰囲気です。

b0246693_12424389.jpg


b0246693_12384201.jpg


b0246693_12385938.jpg
わたしは、この古い空き瓶が気に入ってしまいました。

b0246693_12390972.jpg

窓辺の緑に映えて素敵!!、これと同じ瓶を購入しました(^^)

b0246693_12385042.jpg
b0246693_12391605.jpg

b0246693_12392136.jpg

b0246693_12393365.jpg

b0246693_12394623.jpg
オレンジ色の灯がノスタルジック

b0246693_12394972.jpg

この光と影が、堪りません!!


b0246693_12395813.jpg
古い鏡に映り込む庭の緑…この鏡は昔、どんな人を映したのだろう?

b0246693_12400485.jpg

b0246693_12401774.jpg
しっとりとした光を放つ灯りや、煌びやかなシャンデリアも。

b0246693_12403115.jpg

このシャンデリアの雫型のパーツを一つ購入しました。
ステンドグラスと組み合わせてサンキャッチャーを作るつもり(^^)

b0246693_12430715.jpg


b0246693_12403899.jpg

古い扉や門扉などなど。どんなお家に付いていたのでしょう。


b0246693_12404559.jpg

b0246693_12404238.jpg


b0246693_12405881.jpg

b0246693_12405122.jpg
b0246693_12430074.jpg

b0246693_12431755.jpg

室内に出来る暗がりと、庭の緑とのコントラストが素敵です。


b0246693_12403480.jpg

この女性はどんな生き方をしたのだろう?と、ふと目が合ってドキッとして見入ってしまった。

b0246693_12410312.jpg

b0246693_12411105.jpg

b0246693_12411574.jpg
なんと、ドアのノブもいっぱい。

b0246693_12412639.jpg

b0246693_12413886.jpg

フランスの自転車のナンバープレートですって。わたしの空色号に付けようと赤いプレートを買いました。

b0246693_12413092.jpg

b0246693_12414191.jpg

空き缶の絵柄に魅かれました。


b0246693_12415342.jpg


b0246693_12421826.jpg


b0246693_12422696.jpg

b0246693_12423090.jpg
弦のないバイオリンさえ並んでいます。これはこれで魅力がありますね。

b0246693_12423489.jpg
面白くていつまでも見ていたいのですが、そろそろお暇しましょう。
オーナーさんは本当に親切で優しい方で、「今度いらっしゃる時は、お電話下されば青梅の駅までお迎えに行きますよ。」なんて言ってくださいました。

まめちゃんもとらねこさんも、とても喜んでくださいました。
ここに来たかったはなはなちゃん、なみちゃん、今度、必ずご案内しますね(^^)

b0246693_12432225.jpg
アンティークショップを後にして、小高い山際の住宅街を歩いて行きます。
次の目的地は、釜の渕にあるティールームさんです。
こちら側から歩いたことがなかったので、前日に下見で歩いてみました。
約1キロあまりありますが、変化があってとても面白いコースでした。
今までとは違った目線で発見もいっぱいあって、当日、ご案内するのが楽しみだったコースです。
さて、どんなことになりますか?長くなりましたので、続きは、次回に綴ります。

[PR]

by kazematikado | 2016-07-13 11:24 | 女子会 | Comments(0)


<< 改名:紫陽花とアンティークとフ...      紫陽花とアンティークとフレンチ... >>