風街角

sion920.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 08日

雨にも負けず ―君にに逢いたくてー

ちょっと日にちが過ぎてしまいましたが、今年もハナネコ女子会でレンゲショウマに逢いに行って来ました。
台風(何号だったか忘れましたけど)が近づいているので、天気予報は一日“雨”です。
しかも、朝のうち“弱雨” 10時頃からずっと“強雨”  (/_;)
普通なら「今日は残念ながら中止です。」となるところ、ハナネコ女子会は、雨だけど決行します。となります。
参加メンバーも心得ていて、誰も「今日は中止ですか?」とは聞いてきません。
それどころか、『雨だけど行きます。きっと雨には雨の良さがありますから!!』とメールが来ました。
う~ん!!判ってらっしゃる!!さすがハナネコ女子会のメンバーです。
そうですよ。きっと何か素敵な発見があるはずです。雨の日限定の、いい思い出が出来ますよ。
それに、晴れ女のわたし、きっと晴れにして見せます。と、根拠のない思い込み。
でも、あれれ、御岳に着く頃はさらに雨足が強くなりました^_^;

時間になってみなさん次々に改札を出て来られましたが、一様に笑顔(*^_^*)
ありがとうございます。今日は雨にも負けずのレンゲショウマ女子会です。

今日は来れなかったけれど、はなはなちゃんが名付けた清らかな“薄紫の君”に…

b0246693_16315342.jpg
b0246693_16333617.jpg
b0246693_16353774.jpg

b0246693_16345141.jpg








b0246693_16463515.jpg

ケーブルカーで御岳山山頂駅に着きました。
さて、レンゲショウマ群生地に行きましょうかと歩き出したらお土産もの屋さんから歓声が聞こえます。
折しも、オリンピックの真最中です。『確か、陸上400m決勝じゃなかったっけ?』
『あの歓声はもしや。優勝?』と、しばし窓の外から観戦(笑)
まめちゃんが、堪らずお店の人に聞きに行きました。『なんと、銀ですって!!!』
『わぁ~!!!凄い!!!』と、わたしたちも歓声を上げたのでした。

b0246693_16462428.jpg

そして、群生地の入り口に着いて、びっくり(@_@;)
展望台までの登山道が、なんと泥水の川になっているではありませんか。
普段、山歩きをしていないみなさんですが、果敢にも登山道を登り始めました。
それほどまでに、レンゲショウマに逢いたくてしかたないみなさんなのです。

b0246693_16592651.jpg

b0246693_16594489.jpg

靴が濡れて雨水が沁み込み、Gパンの裾もぐっしょり濡れてしまいました。
それでも1時間余り、写真を撮りつつ頂上の展望台へ着きました。
雨宿りを兼ねて、2Fでやっていたレンゲショウマの写真展を見せていただきましたが
一向に雨は止む気配がありません。山道を降りるのはちょっと危なそうと判断して
リフトで降りることにしました。

濡れたリフトの椅子にはビニールシートを敷いてくださり、ビニールシートのひざ掛けも貸していただきました。
『リフトのおじさんが、親切だったと言ってくださいよ。』なんて冗談を飛ばしつつ、本当に親切な係員さんでした。
ほんの数分間の空中散歩ですが、リフトの斜面には薄紫のツルボが群生していたり、なかなか楽しいです。
みなさんも喜んでくださいました。(写真、間違って削除してしまいありません)

せっかくなので御嶽神社まで参拝しましょう!と言う事で歩き始めます。
まだ、12時を回ったばかりなのに、昼なお暗い杉の参道は、まるで夜のような暗さです。

b0246693_17165460.jpg

嘘でしょう? って思われるでしょうけれど本当なんです。
ところが、こんなに暗かったのですが、急にお天気が回復してきました。

b0246693_17182482.jpg

宿坊が立ち並ぶ辺りに来たら、にわかに明るくなってきました。不思議です。


b0246693_17193292.jpg

b0246693_17195751.jpg

夏休みの御岳山では、宿坊で剣道や合気道などの合宿が行われています。
かわいいまめ剣士たちがたくさんいました。

b0246693_17181708.jpg

b0246693_17182902.jpg

秋海棠の花がたくさん咲いています。こんな蕾も可愛いです。


b0246693_17184713.jpg

メンバーのakkoさんが大好きなタマアジサイも今が旬でした。

b0246693_17190272.jpg

小さな目立たないお花です。雑草と呼ばれ、ハキダメギクなんて可哀そうな名も付いています。
でもよーく見てみるとこんなにかわいい花なんですよ。
ギザギザの真っ白な花びらは、生え始めたばかりのあかちゃんの乳歯みたいじゃない?


b0246693_17191008.jpg
こちらは、ジイソブ(ツルニンジン)かわいいお花ですよ。

b0246693_17222292.jpg
神社の前はお土産物屋さんや食堂が並ぶ商店街、昔からずーっと変わっていないような気がします。

b0246693_17201390.jpg

b0246693_17204094.jpg

b0246693_17210029.jpg

置かれたおみやげも、ずーと、ここにあるような、そしてこれからもずっとあり続けるような気がします。

b0246693_17204403.jpg

御岳山までは結構長い石段を上ります。
以前は青梅石のすり減った石段でしたが修復されて新しくなりました。
階段にはところどころに「隅鬼」がいますよ。

b0246693_17214667.jpg
ほら、狭い石段から飛びだそうとしていますよ。

b0246693_17234190.jpg

御岳山にいらっしゃったら探してみてくださいネ。

b0246693_17234976.jpg

階段わきと、社殿の裏にある本宮の境内には、レンゲショウマのちょっとした群生地があります。


b0246693_17212817.jpg

今が盛りと咲いていてくれました。森の中の群生地は雨のため上手く撮れませんでしたから
ここで咲いていてくれて嬉しいです。みなさん、改めて撮影会となりました。


b0246693_17251682.jpg

b0246693_17253227.jpg

b0246693_17260075.jpg

ツリガネニンジンの青紫の花が、雨に濡れて透き通っています。


b0246693_17265083.jpg

まるで小さなベルのようで可愛いお花です。

b0246693_17263248.jpg

この奥宮には、御岳山の山頂の碑がありますが知ってる人はあまりいないかなぁ?


b0246693_17282116.jpg

彫刻も立派な奥宮、ここは御嶽神社の守護神の大口真神を祀っています。

b0246693_17283139.jpg
御嶽山の神様は、狼なのだそうです。
昔々、日本武尊(やまとたけるのみこと)が関東討伐の折、白い鹿に化けた魔物が行く手を阻んだので
退治しました。すると突然、辺りに白い霧が立ち込め道を失いました。その時、どこからともなく、
白狼と黒狼が現れ道案内をし難を逃れました。日本武尊はその狼に、この地に留まり末長く人間を守れと命じ、その後守り神になったという言い伝えがあるそうです。

狼=犬で、御嶽山は犬の神様でもあるのだそうです。
境内にはいろんな狛犬がいます。


b0246693_17285670.jpg

b0246693_17293070.jpg

御嶽山の神事を行う祭場
毎年、1月3日に、鹿の肩甲骨を焼き、そのヒビの形でその年の農耕の収穫を占う神事だそうです。

b0246693_17290347.jpg

そして、最奥にはパワースポットでもある場所があります。
その場所に立つと御嶽山の奥の院が眺められる場所なのですが、今日はガスっていて何も見えません。
ところがなんと、わたしたちがその場所に立った途端、ガスの中から太陽の光が差し込んできたのです。

b0246693_17280396.jpg

そして、見る間に霧が晴れて行き、奥の院の姿がくっきりと浮かびました。
何だか神がかり的な展開です。
「す、すごい!!」 「これはご利益化も!!」

b0246693_17284230.jpg

これは、もしや、伝説の大口の真神さまが晴れさせてくださったのでしょうか?
その後、お天気はどんどん回復して青空も!!あんなに降っていたのにびっくりです。

b0246693_17301545.jpg

差し込む陽射しに全てが輝き出しました。


b0246693_17315925.jpg

最古の犬神さまも笑っているみたい(^^)
ありがとうございます。


b0246693_17294632.jpg

そして、わたしたちが遅めの昼食を取っていたら、またまたバケツをひっくり返すような雨



b0246693_17324199.jpg

本当に目まぐるしいお天気の1日でした。みなさんお疲れ様でした。
それでも口々に『中身が濃くて、とっても楽しい1日でした。』と喜んでくださいました。
みなさん、ずいぶん雨に濡れになってしまってごめんなさいね<m(__)m>
でも、こんな雨の日でも一緒に楽しんでくださるハナネコ女子会ってやっぱり素敵な仲間です。
秋には、良いお天気の中歩ける事を願っています。次回をお楽しみに~♪

デジブックにしてみました。よろしければどうぞ(*^_^*)



Published by デジブック


雨ニモ負ケズ ←デジブック。こちらをクリックしていただいてもOKです。


[PR]

by kazematikado | 2016-09-08 16:14 | 女子会 | Comments(8)
Commented by at 2016-09-08 23:51 x
こんばんは。
さすが女子会ですね、男は優柔不断です。
プロの先生は雨の日は雨の日でないと撮れない写真が撮れますとやはり言いますね。
レンズが交換できないのが辛いところですね。
デジブックも拝見しました。
花だけでなく色々組み合わせると旅行記になっていい思い出になりますね。
楽しく拝見しました。
Commented by まめ吉 at 2016-09-09 01:11 x
ついにUPされましたね!毎日、楽しみに待ってました!(←プレッシャー?(笑))
どれも本当にウットリする写真ばかりです。
どれもが見たままに美しく、また見た以上に美しく、夢中になって拝見しました。

デジブックのほうも拝見しました。
ツリガネニンジンの花びらの、あちら側にピントを合わせているのには腰を抜かしました。
狛犬たちの可愛らしいこと。雨に濡れた背中がけな気で思わずホロリと。。。

それにしても、あの日、
しずくさんは持って行ったお茶もまったく飲めないほど
みんなのガイドで忙しくしていたのに
こんなに素敵な写真をいつの間に撮っていたのか、まったくわかりません。
狙いを定めてピピッと撮ってしまう、、、すでにプロの領域ですよね。

同じときに見た光景をこんなふうに
素敵に写真やデジブックにしてくださって
私にとっても記念になりました。ありがとうございました!

Commented by ejichan555 at 2016-09-09 08:47
おはよう。
雨のなかをおつかれさま。
デジブックいいですね。
ボクもそろそろ更新したいのですが、題材がなくて。
Commented by kazematikado at 2016-09-10 22:02
Nさん、ご覧くださり早速コメントをいただきありがとうございました。
お返事遅くなり申し訳ありません。
女子は無鉄砲でしょうか?(笑)
レンズが変えられないのと、やはり暗いのとで良い写真は無いですね。腕が伴わないのです。
デジブックもご覧くださりありがとうございました。
Commented by kazematikado at 2016-09-11 00:08
まめちゃん、首を長くして待っていてくださってありがとう。
大変長らくお待たせしました^_^;
その割に出来が悪くてすみません。デジブックもご覧頂き嬉しいです。
狙いを定めてピピっといけたらいいけれど、全然ダメですよ。
プロなんてとんでもないです(@_@;)
10月のWS、楽しみなような、プレッシャーなような、
まめちゃん、WSの前に二人で下見に行きませんか?
Commented by kazematikado at 2016-09-11 00:12
エジちゃん、いつもありがとうございます(*^_^*)
デジブックも見てくださって嬉しいです。
わたしもなかなかデジブックまでこぎつけません。
頑張らねば…
エジちゃんも頑張ってくださいネ(*^_^*)
Commented by toraneko-nyao at 2016-09-13 10:20
 あの雨で行けたのかな~と思っていたけれど、まめちゃんのブログで行けたと知り、さらに、誰からも中止の問い合わせがなかったとは、さすが、ハナネコ女子会です。
 レンゲショウマの散ったあとやハキダメギクもよーくみるとこんなかわいらしい花びらだったり、一つ一つ、sizukuさんのいとおしさに包まれててます。デジブックも写真はもちろん、きれいな日本語で散りばめられていて、いつも、こんな日本語あったなと思います。         とらねこ
 
Commented by kazematikado at 2016-09-15 22:47
とらねこさん、コメントありがとうございます(^^)
そうなんです。あの大雨でも行ったんです(笑)
しかもみなさん、『雨で嫌だ!』って思う人はいらっしゃらなくて、それどころかすごく嬉しそうなんです。
ホストとしては、こんなありがたいことはないですよね。
靴やズボンが濡れてもへっちゃらなsizukuスタイルがみなさんに伝染したのかもですね。
でもね、雨だからこそのあの晴れ間の美しさを知ることが出来るのです。
一瞬、七色に輝いた雨粒や透き通るようなレンゲショウマは、普段ではなかなか見れない美しさでした。
みなさんの笑顔もキラキラでした。
きっととらねこさんがいらっしゃったら同じように喜んでくださっただろうなと思います。
次回はぜひ、お越しくださいネ(^^)
DBもご覧くださりありがとうございました。


<< 薄紫の君      いがり先生の写真セミナーその後... >>