風街角

sion920.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 16日

夏を見送って

毎年、必ず駆け付ける2日間、奥武蔵下名栗諏訪神社の獅子舞はわたしのライフワークです。
初めて訪れたのは2006年の夏でした。早朝、緑陰の鎮守の森から流れてきた獅子舞の笛の音色に
魅かれて覗いてみたのがきっかけでした。
その素晴らしさに釘付けになり、遠い昔に知っていた懐かしさに思わず涙が零れました。
最初はだれも知り合いがいなかった下名栗の人々と回を重ねる度に親しくしていただけるようになりました。
それは、HPにアップした獅子舞の物語 獅子舞の夏 ー夏の終わりにー を読んでくださった
下名栗の獅子舞役者のお一人とHPのBBSでの交流が持てた事。
お友だちのこいちゃんが、この物語を本にして下名栗の獅子舞保存会のみなさんに届けてくださった事。
下名栗の笛のスペシャリストであり指導者でもあるmoriさんとお知り合いに慣れた事。
そして、誰よりも熱心に獅子舞を応援している獅子舞役者さんの奥さんのマロンさんと仲良くなれた事。
こんなことが重なって、いつの間にか少しづつ下名栗の獅子舞保存会のみなさんに受け入れていただきました。
今では、下名栗諏訪神社の獅子舞応援団を名乗るまでに(笑)→下名栗諏訪神社の獅子舞

あれから10年目の獅子舞、初めて行った頃、小学校入学前だった少女が高校1年生、美しいささらになりました。
あどけないささらの少女は、今はりっぱな笛方となりました。
今年、獅子舞役者を引退されたお二人のベテラン役者さんがいらっしゃいました。
毎年、獅子舞には、それぞれの素晴らしいドラマがあり、たくさんの感動をいただきます。
そして、獅子舞が終ると夏も行ってしまったなぁと思うのでした。
時間はかかりますが、今年も獅子舞のDBを残そうと思っています。

まだ、全く写真整理できていませんが、真剣を持って舞い、獅子頭の羽根を切るという
最後の芝、白刃のシーンから。

b0246693_02155259.jpg

真剣を持った太刀使いに、獅子は刀が欲しいと追いすがります。


b0246693_02160413.jpg

きびきびとした所作に、大きな掛け声、思わず引き込まれます。


b0246693_02161877.jpg

目にもとまらぬスピードで庭場をかける獅子と太刀使い


b0246693_02164575.jpg

ぴったりと意気が合っていないと大変な事になります。


b0246693_02171615.jpg


b0246693_02175076.jpg

太刀が刀を高く上げた懐に獅子が飛び込み、その頭上を刀がかすめます。


b0246693_02195686.jpg


その瞬間、獅子頭の羽根が切られ、宙を舞います。観客席からは大きなどよめきが上がります。



b0246693_02201027.jpg


b0246693_02202979.jpg

千秋楽を迎えます。

b0246693_02224829.jpg


先輩役者は、ガッツリと握手を交わします。


b0246693_02205447.jpg


良く頑張ったなぁ!!と、後輩の獅子をねぎらいます。
思わず抱き合って涙した姿にジーンときました。


b0246693_02212758.jpg

全てを終えて、みなさん、達成感と満足の笑顔です。


b0246693_02215588.jpg


獅子舞笛女子カルテット、若い女性が白刃の親笛を見事に演奏しました。


b0246693_02220003.jpg




[PR]

by kazematikado | 2016-09-16 00:38 | 獅子舞 | Comments(4)
Commented by まめ吉 at 2016-09-16 09:15 x
これはすごい!
こんな素晴らしい獅子舞に、ある日、笛の音に引き寄せられるように出会ったのですね。
躍動感や、人々の真剣さ、尊敬、友情、子どもたちの憧れ……
写真や文章から様子が伝わってきました。

リンクされていた2006年、2010年も拝見しました。
お伽噺のような、ドキュメンタリーのような語り口に引き込まれ、夢中で読ませてもらいました。

これだけのことをやるには年中日々の練習も熱のこもったものでしょうね。
写真に写り込む観衆の方々の心からの笑顔に自分を投影して、感動して泪が……
(とくに笑顔のおばあちゃまに)
見ているほうも、全員が息をするのも忘れて夢中になっている、そんなこの場の雰囲気が見てとれました。

本当に、みんなにも知ってほしいような、でも観光客がバーっと集まっては違うものになってしまうような、というお気持ちに共感です。
素晴らしかったです。
Commented by yatoyama at 2016-09-16 10:49 x
夏はこれだ!
Commented by kazematikado at 2016-09-18 08:44
まめちゃん、長い獅子舞の物語を読んでいただきありがとうございます。
感想もたくさん寄せていただき、共感していただき嬉しいです。
まめちゃんも笛を演奏されるので、きっとここ下名栗の笛を聴いたら、導かれるように獅子舞の神社に辿り着いてしまうこと請け合いです(^^)
一年に一度、この二日間だけはどっぷりと、朝から晩までこの獅子舞に浸かっています。
そして毎年、毎年、感動をいただいています。このお礼にせめて良い写真を残したいのだけれど、なかなか形にならないのです。困ったものですね^_^;
Commented by kazematikado at 2016-09-18 08:47
yatoyamaさん、夏はこれです!!
でも、夏はこれってものが多すぎるわたし。
何しろ一番好きな夏ですから(^^)


<< 工房&カフェ巡り1 カヌー工房      薄紫の君 >>