風街角

sion920.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 19日

会津駒慕情 その2

駒の小屋での楽しみの一つは、満天の星空です。
真夜中に起き出して小屋の外に出れば、漆黒の夜空に無数の星が散りばめられています。
山頂から眺める星空は天空から自分の足下の大地の遙か下まで大パノラマで広がっているのです。
じっと見上げ、そして見下ろしていると無窮の天空が弧を描いているように感じます。
吸い込まれるような星明りは、瞬きながら、チラチラとさんざめく…
無音のはずなのに、星々のささやく声が聞こえるような気がするんです。

時おり長い尾を引いて流星が流れていきます。
“あっ…” 思わず吐息のようにつぶやいてしあわせな気持ちが胸いっぱいに広がります。
星降る夜に願いを込めて…闘病中の友がどうか、どうか、回復しますように。



b0246693_11350973.jpg

この星空を見ていると、いつもこの歌を口づさみたくなるんです。

https://youtu.be/he6uTLQQkFc

冬の星座

木枯らし途絶えて さゆる空より
地上に降り敷く くすしき光よ
ものみないこえる しじまの中に
きらめき揺れつつ 星座はめぐる

ほのぼの明かりて 流るる銀河
オリオン舞いたち スバルはさざめく
無窮をゆびさす 北斗の針と
きらめき揺れつつ 星座はめぐる


https://youtu.be/HHNEhT2Ckck

星めぐりの歌

あかいめだまの さそり
ひろげた鷲の  つばさ
あをいめだまの 小いぬ、
ひかりのへびの とぐろ。

オリオンは高く うたひ
つゆとしもとを おとす、
アンドロメダの くもは
さかなのくちの かたち。

大ぐまのあしを きたに
五つのばした  ところ。
小熊のひたいの うへは
そらのめぐりの めあて。





夕暮れ時に霧は晴れましたが、雲が暑く夕焼けは望めませんでした。
今夜の星空はどうだろう?と思っていると、駒の兄さまが、夜遅くに晴れそうだと言います。
『真夜中に、誰かがトイレに起きたら、きっと星が綺麗だよと言うから、そしたら外に出ればいいよ。』と、
秋田から来たという女性二人に話してました。『なるほど~♪』と彼女たちがうなづきます。
駒の兄さまは、ほんと、楽しい人です(^_-)
夏ならば外で夕飯の支度をするのですが、結構冷え込んでいるので今日は小屋の中で調理します。
一緒に居合わせた人たちと楽しい夕餉を囲み、語り合いました。

b0246693_11332514.jpg
今夜の私たちのメニューは、昨年、かなちゃんが考えてくれた“餃子鍋”と”チーズフォンデュ”
かなちゃん、ありがとうね。オシャレなメニューに、みなさん、驚いていました。
今回、食材はみんなはるかちゃんが調達して、刻んでおいてくれました。
はるかちゃん、ありがとうね。ほんと、美味しかった~!!

b0246693_11304431.jpg

お腹いっぱい食べて、ちょっぴりお酒も飲んで、楽しい語らいの内に山小屋の夜は更けていきます。
一緒に楽しんでくださる駒の姉さま、兄さまのおもてなしの心が、みんなを惹きつけてやまないのだと思います。
おふたりの真心は、この山小屋に灯るランプの明かりのようでもありました。



b0246693_11333417.jpg

さて、真夜中に目を覚ましたのはわたしでした。今夜は女子部屋は満席です。
部屋の中は漆黒の闇、ライトを付けるのもはばかられるし、でも誰かの頭を踏んづけたら大変です。
迷っていたら、『姉ちゃま、こっちだよ。』とはるかちゃんを起こしてしまいました。
そして、外へ出てみたら満点の星☆、部屋に戻って「星が綺麗だよ!!」と言ったら、
みなさんむくっと起き出しました。ほんとだ、兄さまの言葉通りでした(笑)


b0246693_11354645.jpg


みなさん、空を見上げて歓声をあげます。『あっ!星が流れた!!』
『あっ!またひとつ!!』 『すごい!7つ目だよ!!』
そう、空のあちらこちらで流れ星が見れました。

星空撮影は、夕食の時、ひだまりちゃんに教えてもらいました。
三脚もないのに、上手に石ころを置いて撮る方法も教えてくれました。
ありがとう、ひだまりちゃん!!お蔭でわたしにも駒の大池に映る星影が撮れました。

天の川(最初の写真)も、オリオンのベルト(☆☆☆)も撮れました(*^_^*)


b0246693_11360276.jpg


そして、また、布団にもぐりこんで、再び、起き出しました。
東の空がだいぶ明るんできました。



b0246693_11370241.jpg


たなびく雲が、柔らかな、柔らかな色合いに…水面にも微かなさざ波が立ちました。


b0246693_11375782.jpg


東の空が茜色に染まり、そろそろ、生まれたての金色の太陽が顔を出しそうになった頃


b0246693_11380798.jpg


にわかに雲が厚くなり、深い霧が出てきました。



b0246693_11381689.jpg


b0246693_11392847.jpg


雲海の上にも厚く垂れこめた雲があります。


b0246693_11393409.jpg



『う~ん。。。今日は日の出は無理だな。』居合わせた人たちは小屋に戻っていかれました。


b0246693_11400692.jpg



諦めきれなくてと言うか、この甘い色合いの霧の朝も好きだなぁと眺めていました。
こんな色の夜明けは、いつか尾瀬で見たことがありました。
あれは確か残雪の尾瀬ヶ原、光の川のように流れる下の大堀川の傍らで、燧ケ岳の肩から昇る朝日を見ていました。
尾瀬ヶ原を包む霧の粒子に暖かな太陽の光が取り込まれ内包したように淡く柔らかなバラ色に染まりました。

下の大堀川に並ぶ白樺も、清らかな流れの中で咲き始めた水芭蕉もまどろんでいるようだったことを、
不意に思い出したくらい、やさしい夜明けでした。



b0246693_11400169.jpg
なんと、紫がかったバラ色の霧が、見る見るうちに一面の茜色になりました。
そして、おお~!!霧の中に太陽が昇り始めました。


b0246693_11422090.jpg


やがて、真ん丸になって、今度は上からかけて、見えなくなりました。
それは、とてもドラマチックで幻想的な光景でした。


b0246693_11425807.jpg


霧が深いけれど、晴れてくれることを期待して、わたしたちは中門岳へと向かいました。
夜露に濡れた木道が滑ります。会津駒ヶ岳の巻道を進みますがますます霧が深くなっていきます。




b0246693_11450285.jpg


ようやく中門岳への分岐まで辿り着きましたが、数メートル先も見えないほど深い霧


b0246693_11440863.jpg



『これは、ホワイトアウトだね。』 『戻ろうか。』
わたしたちは、中門岳へと向かう稜線の方向をしばらく眺めて引き返しました。
「中門岳よ、さようなら。また来年、その先の風景を見に来ます。」
瞼を閉じれば、青く澄んだ水をたたえた中門池の水面が、斜めに傾いた中門岳の道標が浮かぶのでした。



b0246693_11441287.jpg


振り向いた会津駒ヶ岳への稜線もミルク色の霧が漂うばかり…


b0246693_11443559.jpg


わたしたちは、滑る木道を辿りつつ下山しました。登りより更に滑る!!気を付けなくちゃ。



b0246693_11444833.jpg

やっと、平らな場所に降りてきて、ホッとしました。


b0246693_11453411.jpg

わたしたちは、朝霧漂よう草紅葉を撮りつつ歩きます。
朝日に輝く草紅葉も撮りたかったけれど、夢幻の海原を航海しているような霧の海もいいなぁ。


b0246693_11453926.jpg



b0246693_11460640.jpg

『まだ、ピンクの実を付けたイワショウブがあるよ。』と、しょうこちゃんが見付けました。


b0246693_11461047.jpg


霧に霞む光景が、いいなぁ。


b0246693_11461538.jpg


岩の上の緑の苔が、ハッとするくらい瑞々しい。


b0246693_11463519.jpg


昨日から何度も撮る木道、その先の光景が見たい。


b0246693_11465909.jpg


駒の大池もぼんやりと、


b0246693_11471974.jpg


さぁ、小屋に戻って朝食を作りましょう。
サンドイッチに、クリームチーズとアボガドのサラダ、温かいポタージュスープ。
そして、〆は、駒の姉さまが淹れてくれた、美味しい珈琲とお菓子をいただきました。
下界で待っている娘たちに、かわいい駒の小屋グッツのお土産を選びました。
ひだまり工房の、羊毛フェルトの小物たち、本当にかわいくて癒されます。


b0246693_11472371.jpg


枯れてすがれた姿も味わい深いです。
この頃、歳のせいでしょうか?こういうのが妙に、心にしっくりくるのです^_^;


b0246693_11475600.jpg


枯れてもなお、色を残すエゾリンドウ…大好きな花です。


b0246693_11480273.jpg


少し霧が晴れ始め、若者たちが会津駒ケ岳を目指して登って行きました。



b0246693_11482552.jpg


雲海も美しく見えて来ましたよ。


b0246693_11483305.jpg

会津駒ケ岳がすっかり顔を見せました。
まるで、わたしたちを見送ってくれているかのようでした。



b0246693_11490280.jpg



駒の小屋で働いていた民ちゃん作のテルテル坊主は、コザクラちゃん。かわいい~(*^_^*)


b0246693_11492743.jpg


ホシガラスさん、さようなら。



b0246693_11494170.jpg


クマさん、またね。



b0246693_11494608.jpg

さぁ、名残惜しいけれど、兄さま、姉さまともお別れの時が来ました。
駒の姉さまとギュッとハグをして、記念写真を撮っていざ出発です。
何度も何度も振り返れば、姉さまも兄さまも、いつまでも手を振ってくれました。


b0246693_12463364.jpg


降りていくと青く燧ケ岳が見えてきます。昨日も今日も逢えて良かったです。
キリンテへ続く稜線を眺め、来年はあの稜線を辿ってみたいと話します。
とても気持ちの良い道だそうです。来年こそは必ずね。燧ケ岳よさようなら。



b0246693_12470123.jpg



b0246693_12472726.jpg


エゾリンドウよ、さようなら、


b0246693_12474505.jpg

あっ、若草みたいだね。6人が寄り添っているよ。


b0246693_12480819.jpg


駒の小屋もここで見納めです。わたしは大きく手を振りました。


b0246693_12481679.jpg



b0246693_12483584.jpg



b0246693_12483838.jpg


ダケカンバの白い幹が美しい。



b0246693_12485635.jpg



b0246693_12490517.jpg

色とりどりの紅葉が、この山肌を染める日も近いでしょう。


b0246693_12492133.jpg



b0246693_12491080.jpg



逞しい幹も、とても美しいです。



b0246693_12493121.jpg


大きく張った根元もまた美しい。



b0246693_12493985.jpg


水場に着いた辺り、ポツポツ降っていた雨は本降りになりました。


b0246693_12495314.jpg

美しいブナです。


b0246693_12495997.jpg


b0246693_12501012.jpg

オオカメノキの赤い実


b0246693_11500619.jpg


綺麗な紅葉でした。



b0246693_11595984.jpg


やはり、マイヅルソウには立ち止まってしまいました。


b0246693_12000507.jpg

ツクバネソウの漆黒の実にも立ち止まりました。


b0246693_12001351.jpg

ミネカエデ、昨日は輝いていたね。


b0246693_12002675.jpg



b0246693_12003634.jpg


ドクツルタケ、真っ白で綺麗なんだけれどね。


b0246693_12004246.jpg

真っ赤なキノコも可愛かったです。


b0246693_12005107.jpg

この後、わたしたちはレインウェアを着て、カメラはザックに仕舞い下山に専念しました。
そして、滝沢登山口に着いた時は、お互い無事に登山を終えたことを喜び合いました。
山の神様、ありがとうございます。

燧の湯で、汗を流し、ひだまりちゃんが予約しておいてくれたやまびこ山荘さんへ。
とっても素敵なお父さんとお母さんが営む民宿です。
昨年の夏まで、民宿と昼間はお食事処として営業されていましたが、お客さまへのこころの籠ったサービスを目指して
昼のお食事処を締められました。わたしたちは昨年、その最後の営業日にお邪魔したのでした。
早朝到着のお客様のためにお布団を用意してあげたり、おもてなしの心は素晴らしいものでした。

今回、ひだまりちゃんがお願いしてくださって、特別にお昼を用意してくださいました。
山菜の天ぷらや、きのこ尽くしの煮物、とびきりおいしい裁ち蕎麦に、ハットウ、そしてきのこの炊き込みご飯
ひとつひとつ丁寧に調理されたお料理は、ほんのりと心が温まるようで、最高に美味しかったです。

やまびこ山荘さんご馳走様でした。


b0246693_12005783.jpg


b0246693_12013435.jpg


b0246693_12011185.jpg

帰りにひだまりちゃんの家に寄り、はるかちゃんの車に乗せていただいて家路に着いたのでした。
お別れは、いつもさみしいもの、二日間行動を共にした分、寂しいです。

でも、また逢えるよね。今回の会津駒ケ岳登山も忘れられない大切な宝物となりました。
ひだまりちゃん、はるかちゃん、お世話になりました。本当にどうもありがとう(^^)



駒から帰って日が経つにつれ、あの山旅が懐かしくなっています。

後ろ髪引かれる思いで、でも、もう振り返らずに最後の草原を越えたね。
友の後姿を映したこの写真を見ていたら会津駒慕情と言う言葉が浮かびました。

会津駒ケ岳は、わたしのこころの山です。


b0246693_12483087.jpg

[PR]

by kazematikado | 2016-11-19 22:50 | 女子会 | Comments(10)
Commented by ejichan555 at 2016-11-20 20:39
これがオーロラになったら最高の夜です。
きれいだなあ。
Commented by はるか at 2016-11-21 00:00 x
しいちゃん、会津駒ケ岳の2日間は今思い起こしても、どの瞬間も愛おしいね。

青空の中の登り、水場に着いた時のほっとしたひと時、長い石段が終わり稜線に出た時の風、
駒の姉さま・兄様との語らい、星降る夜・・・・中門に行けなかったことも、
そして駒の小屋に振り返ることを止めて草原を越えていったね。

前を歩くわたしの中途半端な格好が、ちょっとなあ・・リュックは斜めだし、ウェストバックも曲がっているし、
スパッツは左右長さが違うし。。。

次回はもっときっちりと決めたいね(*´∀`*)

本当に本当に心から感動した会津駒ケ岳、駒詣でしたね。
Commented by kazematikado at 2016-11-22 01:32
エジちゃん、いつもありがとう(*^_^*)
オーロラ、本当ですね~♪
一緒に行ったお友だちは、数年前アラスカ一人旅でオーロラを見てきた人なんですよ(^^)
わたしも、アラスカのオーロラは永遠の夢です。
Commented by kazematikado at 2016-11-22 01:39
はるかちゃん、コメントありがとう(^^)
うん、時が経つほどに思い出されるね。やっぱり駒は最高のお山だね。
そう、中門に行けなかった事も、不思議と残念だったとか悔やまれませんね。
あの時の二人の後姿の写真、なんか、いいなぁと思ってる。
わたしたちには、きっとあの時の想いが見えるのかもね。

はるかちゃんの後姿、いけてると思うけど!!
ちょっと曲がって立って、そこがいいと思うけど。
何もかもバッチリのモデル歩きじゃつまんないよ(笑)
最高のモデルだったよ(^^)v

Commented by まめ吉 at 2016-11-22 23:23 x
素晴らしい景色と仲間たち、
なつかしい方との再会、
あぁ、なんてうらやましい贅沢な人生!
写真教室の提出でみた景色の何枚かは
ここで撮られたものだったのですね。

うっそうとした山道ではなく
こんなふうに開けた景色を見ながら歩けるんですね。
途中、鏡のような池もあって。
私には行けない高度な場所だけど
しずくさんの写真を見てすこしだけ
実際に行けたような夢をみられました(#^.^#)

山でみる空は、朝も夜も
晴れも雨も、どれも素敵なのだなぁと
改めて感動しました。

Commented by kazematikado at 2016-11-26 01:32
まめちゃん、長いレポをご覧くださってありがとうございます。
お返事がまったくもって遅くてごめんなさいね。
この所、数日、珍しく眠さに勝てずの日々でした^_^;
ていねいなコメント嬉しかったです。
会津駒ケ岳は本当に良いお山です。そして素敵な小屋番さんのいるお山です。
みなさん、リピーターになって、何に何度も登って行きたくなるので、いわゆる駒中(駒の小屋中毒)と言ってます(笑)
わたしは、年に一回だけだから駒中とは言えないですが、毎年行きたいお山です。
山の夜の静けさ、山で迎える夜明けの荘厳さ、風のささやき、花々の輝き、霧の朝の憂い、みんな素敵です。
まめちゃんと、そんな中で写真を撮ってみたいです。
いつか行きましょう!楽に行けるお山に~♪(探しておくよ)
Commented by きさら at 2016-12-05 22:46 x
しずくさん。こんばんは^^
会津駒の報告。読ませて頂きましたよ。
仲間と登るお気に入りの山は、それだけでも満たされそう♫
オマケに、星空、真っ赤な日の出、美味しい食事。
山はいいね~~!!
Commented by kazematikado at 2016-12-07 19:38
きさらちゃん、こんばんは(^^)
本当にご無沙汰しています、お元気でしたか?
ブログも更新するのが、やっとの日々です。
でも、こうして忘れずに見に来てくださる方がいらっしゃるのですもの、頑張らなくてはと思います。
きさらちゃん、見に来てくれて足あともありがとうございました。
そうそう、上のコメントをくれたまめ吉さんは、偶然、きさらちゃんのブログを見て、素敵な写真に感動されてお気に入りに入れていたのだそうですよ。
そしたら、前回、同じ記事にコメントをして、きさらちゃんがわたしのお友だちだった事に気づき嬉しかったと言ってくださいました。
不思議な巡り合わせ!!今回も同じ記事へのコメントで一緒でした(^^)v
Commented by きさら at 2016-12-07 22:07 x
しずくさん。
ご訪問・コメントありがとうございました。
私も嬉しくなってこちらにお邪魔したら、
まめ吉さんがお気に入りに入れてくださっていたというお知らせが待っていて、
さらに嬉しくなりました♫
見てくださる方が居るって、とっても嬉しいコトです。
先ほど、まめ吉さんのところへお邪魔してきたのですが、
どこにコメントを残していいかわからないので、^^;
よろしくお伝えくださいね。
Commented by しずく at 2016-12-09 09:19 x
きさらちゃん、まめ吉さんの所へお立ち寄りくださったのですね!!ありがとう!(^^)!
彼女は、ほぼ毎日、ブログを更新されていて、内容も楽しくてとっても惹きつけられます。
わたしのお友達たちもファンになられて、毎日楽しみに伺っているそうです。
きさらちゃんの伝言、彼女に伝えておきますね!(^^)!
彼女のブログのどこかに、メールアドレスが載っているので、もし、ならそちらに感想を送ってくださったら更に喜ぶと思います。
きさらちゃんもブログに書いていらしたけれど、わたしも、昔は書きたくて、毎日のように更新していた頃もありましたが、この頃はなかなか書けません。
書きたいことはたくさんあるんですけれどね。


<< 過ぎし日の秋に (アケボノソウ)      会津駒慕情 その1 >>