風街角

sion920.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 03日

横沢入りの春

また少し、季節が戻ってしまいますが、アップしていなかった、4月~5月の記事を載せちゃいます。
お付き合いください<m(__)m>



長閑な山間の踏切を渡ると


b0246693_16262102.jpg




桜の花で有名な古刹が現れる 大悲願寺というお寺


b0246693_16290923.jpg




ミツバツツジも見頃を迎えている。


b0246693_16292539.jpg




穏やかな石仏の顏に陽射しが零れる


b0246693_16293192.jpg




山門をくぐれば、長閑な里道が続いている。


b0246693_16293937.jpg




そして、畑の中の古びた石の道標を目印に、小さな野道の曲がり角。


b0246693_16063045.jpg




緩やかに辿れば、ほどなくして山々に囲まれた里山に辿り着く。
ここが、横沢入り、かつて谷戸の農耕地だった場所だ。


b0246693_16082725.jpg





周囲の森は芽吹きの季節。若葉萌え山桜咲く。



b0246693_16080328.jpg






山桜の花明かり、葉明かり




b0246693_16150335.jpg



水田の名残りの湿地にはヤナギが芽吹く。



b0246693_16085213.jpg



ヤナギを見ると啄木の短歌を思い出す。

やわらかに 柳青める北上の 岸辺目に見ゆ 泣けとごとくに

この柳はタチヤナギ?またはマルバヤナギだろうか?



b0246693_16090965.jpg





小さな小川が流れ、ネコノメソウが咲いていた。



b0246693_16124810.jpg





本当に綺麗な流れだった。


b0246693_16092686.jpg




こんな丸木の橋も架かって、幼い頃の野原と小川とを思い出して懐かしくなる。

春の小川はさらさら行くよ…そんな世界観だっらなぁ。
小川の土手を歩けば、ぽちゃん、ぽちゃんとアマガエルが飛び込んだ。
草笛を吹いたり、笹舟を流したり、そんな幸せな子供時代だった。



b0246693_16093389.jpg





タンポポもナズナも、カラスノエンドウもみんなおままごとの道具だった。



b0246693_16100950.jpg





b0246693_16103677.jpg



b0246693_16570591.jpg





一面のレンゲ畑も懐かしくって…花冠に、花の首飾り


b0246693_16123434.jpg





スイバ、すかんぽと呼んでいたよね。


b0246693_16124080.jpg





ミツバツチグリ


b0246693_16140253.jpg


ハルジオン

ハルジオンとヒメジョオンの見分け方。

❤ ハルジオン   花期4月~5月 花びら糸のように細い 蕾が垂れ下がる 茎が空洞
❤ ヒメジオン   花期5月~6月 花びら少し幅がある。 蕾は上を向く  茎は芯がある



b0246693_16141398.jpg



タチツボスミレ、桜の木の根っこで輝いていた。


b0246693_16183175.jpg




スギナ
まるまるぼううずのすぎやまは いつでもみんなの笑いもの
これこれスギの子おきなさい (笑)


b0246693_16192495.jpg




タンポポが一面に、何だかそこだけ暖かくなる。


b0246693_16171940.jpg




植林帯の山桜は、白く美しく輝いているみたい


b0246693_16164783.jpg




キブシの花を見つけると嬉しくなる



b0246693_16113214.jpg




このふわふわ、もこもこは何の花かな?



b0246693_16112162.jpg




イロハカエデの若葉が開き始めた。


b0246693_16162785.jpg




この花も判らない?クロモジ?でもなさそうだし?



b0246693_16154438.jpg




こちらは咲き残ったアブラチャンかな?



b0246693_16155572.jpg




こちらは、葉が展開し始めたミズキですね。たぶん?



b0246693_16194086.jpg




ヤナギが午後の陽射しに金色に輝く。


b0246693_16201050.jpg


b0246693_16205024.jpg




山桜も輝きだす。


b0246693_16212853.jpg





やがて暮色に染まって行くのだろうか、それとも谷戸には夕日は届かないのかも...



b0246693_16215937.jpg



越冬明けのルリタテハが翅を休めに舞い降りた。



b0246693_16240054.jpg



高い枝に舞い降りたのはモズ吉、しっぽを振子のように振るからすぐに判ったよ。
これからは恋の季節、冬の間中孤高を守った縄張りを解くのかな?



b0246693_16225154.jpg




カルガモのツガイも仲良くねぐらに帰るところ。


b0246693_16530645.jpg





横沢入りは、眠りにつこうとしていた。次回は5月の横沢入りWSです。


b0246693_16535425.jpg

[PR]

by kazematikado | 2017-06-03 18:25 | 里山 | Comments(2)
Commented by はるか at 2017-06-03 21:47 x
これ、これ、siuku さんのこういうのが大好き。

山桜はいいね。
きぶしもとても素敵。里山が好きなんだなあ。全部いい。
Commented by kazematikado at 2017-06-04 00:00
はるかちゃん、コメントありがとう。そうなの?
わたしにはこういうのが似合ってるのかな?
そう言ってもらい嬉しいです。
原っぱの錬金術師になるのが夢です、まだまだだけど^_^;


<< いがり先生の里山WS 横沢入り      稲村尾根より鷹巣山、峰谷へ >>