風街角

sion920.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 11日

潤む森

一年を通して森歩きが好きです。
五月の森歩き、初夏の鼓動が聞こえてくるような、緑の木漏れ日に染まる森も良いけれど
しっとりと霧雨降るこんな森も良いなあと思います。森の中だと、そんなに濡れずに済むのです。
昔、霧降高原という名前に憧れたことがありました。霧が降るって素敵な表現だと思いました。
わたしは風が一番好きだけれど、霧も雨も嫌いじゃありません。
とくに、何もかもが柔らかく、優しく、滲むように潤んでいく… こんな日が好きです。 



b0246693_00070882.jpg


b0246693_00042849.jpg





日の出山(902m)から、白岩の滝までを歩きました。視界は0ですけれど(^_^;)


b0246693_00163748.jpg




標高800mぐらいの森、木々は若葉に包まれています。


b0246693_00144603.jpg





日の出山から金毘羅尾根への分岐を分けて、麻生山に足を延ばします。



b0246693_00130783.jpg




植林帯の森は良く手入れされていて、まっすぐな木々の間を霧が縫うように流れていきます。



b0246693_00121698.jpg



広葉樹の森は霧雨でも、どこか明るいです。若葉の緑に包まれているからかしら。


b0246693_00112608.jpg

ロープみたいなフジの幹


b0246693_00104761.jpg


b0246693_00101435.jpg




麻生山、山頂は伐採されて開けていますが、何にも見えません。


b0246693_00152437.jpg




伐採された森には、たくさんの植物が芽吹いていました。



ニガイチゴ


b0246693_00032167.jpg



 


ゼンマイ


b0246693_00030124.jpg





コスミレに見えるけど、時期が違うからね。
やっぱりあなたはオカスミレだよね。



b0246693_00024514.jpg




オカスミレ


b0246693_23595903.jpg




オカスミレ


b0246693_23592510.jpg





クサイチゴ


b0246693_00015071.jpg




チゴユリがたくさん♪


b0246693_00005381.jpg


ヤマツツジはまだ蕾でした。
ポツンポツンと、オレンジ色の豆電球が燈っているような気がしませんか?


b0246693_00053457.jpg


潤む森…


b0246693_00061681.jpg



ここも伐採地ですが、5m先は視界0です。




b0246693_23564849.jpg



b0246693_23564151.jpg





なぜかしら?濃霧に閉ざされた谷川岳の道標を思い出しました。



b0246693_23555655.jpg




霧に浮かぶヤマブキが目を引きます。
なんだかふわふわと波に漂うように風に揺れていました。



b0246693_23573090.jpg





綺麗な植林帯、その奥の空が曇り空なのに、何故か明るく見えるのは白い霧のせい?



b0246693_23534319.jpg


緑の森影で真っ白なお花が咲いていました。コンロンソウだと思ったのですが…たぶん。
白い花びらに水色や薄いピンク色の蕊がかわいかったです(^^)
もう少し、葉っぱも判るように撮れば良かったですね。


b0246693_23523756.jpg




どこから落ちて来たのだろう?大岩がゴロンと。



b0246693_23520223.jpg


ホウチャクソウは、葉っぱの影にひっそりと。


b0246693_23502445.jpg


やっぱり、雫を撮ってしまいますね。


b0246693_23492197.jpg

b0246693_23483302.jpg




この藻みたいなのは何でしょう?サルオガセでしょうか?



b0246693_23472697.jpg





流れの岩場の緑は目に染みるくらい綺麗です。


b0246693_23455896.jpg


いくつかの小滝が現れて、いよいよ白岩の滝が近づきました。


b0246693_23443736.jpg



b0246693_23423767.jpg


岩を這うような白い流れは、絹のようでもあり


b0246693_23414626.jpg





薄いベールのようなガラス細工のようでもあり



b0246693_23464037.jpg





流れの中の岩にはヒメレンゲの黄色い花



b0246693_23420134.jpg





深い森に遊んだ日、いつまでも美しい思い出


b0246693_23403102.jpg




瀬音は絶え間なく、


b0246693_23404842.jpg




苔生した渓谷に流れるのでした。


b0246693_23395473.jpg


葉影隠れるように咲いた紫深いラショウモンカズラ


b0246693_23365032.jpg





膝まづかないと、見過ごしてしまいそうな
フモトスミレの白い一花に優しさを
忘れていた
若い日々の純な情熱を思い出しました。



五月が去るとてなにを悲しむ
この胸に真白きバラを押しつけて
進もうと誓いしは 
この五月の時ではなかったのか
<矢沢宰 詩集・光砂漠より>

b0246693_23364156.jpg





[PR]

by kazematikado | 2017-06-11 18:13 | 山と森 | Comments(4)
Commented by toraneko-nyao at 2017-06-12 10:46
 大変、ご無沙汰しています。
ハナネコ以来、都市部の緑に触れてばかりで、
自然の緑から遠ざかっています。
 山はどうしても雨や霧を避けがちだけど、
それも自然の一部として受け入れるsizukuさんの懐の深さを
感じます。そして青梅の自然を熟知しているからこそなんだなぁと思いました。sizukuさんは一人で山や森を歩かれますよね。私はまだ一人で山に行った事がありません。御岳山で一緒に行った友達が足を痛めていて、レンゲショウマを見て休んでいる間に一人で、歩いたのですが、ここで足を踏み外したらもう誰にもわからないなんて、思い始めたら怖くなってしまいました。そう思わないくらい自分に自信が持てないとなかなか一人ではいけないですね。でも、思い立って、ふと一人でも行けるようなりたいです。
 なんか、長々とすみません~
 
Commented by ejichan555 at 2017-06-12 21:53
いつもながら、癒されます。ありがと。
Commented by kazematikado at 2017-06-13 23:01
とらねこさん、コメントありがとうございます。
そうですね、晴れた山は気持ちも良く楽しいです。
でも、しっとりと小雨程度の日なら、山歩きで無く森や野原を歩いても発見がありますよ。
ただ、カメラを構えるのも大変ですけれどね^_^;

一人歩きの山はやはりお勧めできません。
ある程度のリスクを伴いますし、危険を回避する心がけも常に必要ですよね。
でも、道標がしっかりしている御岳山などの山なら時間管理をシッカリ頭に置いて余裕を持って行動すれば問題ないのではないでしょうか?
とらねこさんなら足を踏み外すと言うようなこともなさそうですよ(^_-)
ハナネコ女子会では山歩きはあまりないかと思いますが、自然を楽しむ会ですからまたご都合が合いましたら参加してくださいネ(*^_^*)
Commented by kazematikado at 2017-06-13 23:03
エジちゃん、こちらこそいつもありがとう(*^_^*)
励みになります~♪


<< 緑の森の小さな美術館      5月の憧れ >>