風街角

sion920.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 22日

合歓の花咲く頃

合歓の花が、ふわふわと夢見るように咲く頃の横沢入りに行こうとずっと思ってました。
ところが、前回はフライング、そして、なかなか時間が取れなくてやっと出かけたら、ちょっと遅かったです。
咲いたばかりの一番花ではなかったけれど、花盛りに行けたので良しとしましょう(^^)

b0246693_11542236.jpg


いつもの、里道の曲がり角を曲がれば、あの奥に見えるこんもりとした樹が目に飛び込んできます。


b0246693_11493978.jpg


そして、その他にも、たくさんのねむの木があるなぁと思っていましたが、ここにも咲いていました。




b0246693_11500917.jpg


青空に、ほわほわと映える合歓の花は、綿菓子色です。


b0246693_11503903.jpg



里山の林辺にはオカトラノオの白い花房が揺れています。そろそろ終わりですね。
虎の尾というより、子猫のしっぽのように愛らしくて、風と戯れていましたよ(^^)



b0246693_11511000.jpg


すっかり草深くなった横沢入りです。小さな畑に植えられているのは茄子かしら?


b0246693_11523568.jpg



ヒメジオンとヤブカンゾウ、草生う土手、夏の定番ですね。



b0246693_11522453.jpg

大分、育った稲に、風が波を作ります。

b0246693_11520014.jpg

時おり、サァーとうねりを見せて、風の道が生まれます。
田の縁に咲いたノカンゾウが、夏の象徴のように輝いて見えるのはわたしだけでしょうか?


b0246693_11532332.jpg


あの大きな合歓の木が薄ピンクの花で覆われるのを見たいと思っていましたが
合歓の花って、意外と面積の多い緑の葉に埋もれてしまうようでした。
ちょっと予想が外れたけれど、美しいです。それに萱を吹き抜ける風が美しいです。



b0246693_11513657.jpg


ふわり、ふわりと灯る花明かり


b0246693_11535626.jpg


まるで紅筆のようだなぁって思います。



b0246693_11540690.jpg


夢見る少女のあどけなさと、どことなく大人びた妖艶さも併せ持つ、そんな不思議な合歓の花でした。


b0246693_11542879.jpg


風にそよぐ姿は本当に愛らしいですね。


b0246693_11541446.jpg




b0246693_11585410.jpg



合歓の花ばかり撮っていたら、ふっとコウゾの赤い実が、自己主張してました。
たったひと粒なのに、残りし実は健気ですね。


b0246693_11590131.jpg

トンボの池があるけれど、わたしが見付けられたのは、ブルーのシオカラトンボさんだけでした。


b0246693_11544516.jpg

そして、定番のベニシジミさん。


b0246693_11551546.jpg


あら、田んぼの中にアオサギがいるって、カメラを向けたら、直ぐに察知されました^_^;
飛び去る姿を、何とかパチリ、キミって、どうしてそんなに用心深いのかしら?何にもしないのになぁ…



b0246693_11545972.jpg


そして、オシドリの池を覗いたら、いました!!随分大人顔になったオシドリのヒナたち。
でも、今日は女の子ばかりです。男の子たちはどこに行ったんでしょうね?4


b0246693_11554155.jpg


つぶらな黒い瞳が愛らしいです。どの子もみんな美人さんです。


b0246693_11561180.jpg


b0246693_11563372.jpg


b0246693_11563749.jpg

どういう訳かいつも団体行動(*^_^*) 一列に並んだ姿がかわいくて❤


b0246693_11570432.jpg

b0246693_11581219.jpg

水から上がっても、一列によちよち、くっついて歩いて行くのがかわい過ぎ~(*^_^*)


b0246693_11580244.jpg


次に逢う時には、きっと大人になっているんだろうね。また、逢えるといいなぁ。


b0246693_11575665.jpg



ちょっと後ろ髪引かれつつ、夏の雲湧く、横沢入りに別れを告げました。



b0246693_11583585.jpg

[PR]

by kazematikado | 2017-07-22 12:53 | 里山 | Comments(0)


<< 神戸岩憧憬      怖かった!! >>