風街角

sion920.exblog.jp
ブログトップ

2017年 03月 06日 ( 1 )


2017年 03月 06日

我が家のお雛様

今更なんですけれど、3月は一日置きにイベントが入っていてなかなか更新できませんでしたので載せちゃいます。
2月中に飾ろうと思っていたひな人形が忙しくて飾れずじまいでした。3月1日は、登山研修がありましたが、
帰ってきたら必ず飾ろうと心に決めていましたが、想像以上にハードな研修となり、疲れ果てて飾れず…
翌、2日こそ!と心に誓うも、翌日のWSで秩父の奥地まで行かなければならない事を考えて早めに就寝。
そして、3月3日、秩父から帰ってから意を決して(大袈裟)お雛様を飾りました!!

b0246693_12200235.jpg


わたしの手がやっと届く高い棚にしまってあった、お雛様の入った段ボール箱を下します。
箱の埃を綺麗に払ってから、段ボール箱を開きます。おびただしい和紙の緩衝材に包まれたひな人形たちが並んでいます。
「お雛様、遅くなってごめんなさいね。」と独り言を言いながら、和紙の包を解いて、お顔を覆った和紙をそっと外せば、
ほんのりと微笑んだ女雛のお顔が覗きます。そして、その途端に、まるで息をし始めたような気がしました。
わたしは、心の中で会話しながら、ときめきながら、全てのひな人形を箱の外に出しました。




b0246693_12210352.jpg

本当は段飾りのお雛様だけれど、場所を取るので近年は、床の間に緋毛氈を敷き、簡易的にお人形だけを飾っています。
それでも、質素な床の間がぱっと華やぎ、桜の花が描かれたぼんぼりに灯りを点せば春の息吹を感じます。
ああ、もっと早く飾ってあげれば良かったと、いつも後悔するのです。
「やっと、飾ったから見においで!」とラインに写真を送ったら、娘たちから『いつみても綺麗なお雛様だね』と返事がきました。




b0246693_12211831.jpg



我が家のお雛様は、亡くなった父母が、孫の誕生を祝って、初節句に贈ってくれたのでした。
お顔のやさしいお雛様を求めて、あちこち探し歩いてくれたのだそうです。
このお雛様を眺める度に、デパートのひな人形を見て歩いている亡き父母の姿が目に浮かびます。
どんなに月日が流れても、慈しみ育ててくれた父母の面影を忘れることはありません。
孫たちを、こころから愛おしんでくれた父母でした。
わたしもそんな母であり、祖母でありたいと思うのでした。


b0246693_12212703.jpg


b0246693_12213707.jpg



b0246693_12214481.jpg



お雛様って、やっぱりいいなぁと心から思うのでした。
もう、娘たちは二人ともお嫁に行ったので、お雛様をしまうのはもう少し先に延ばしましょう。(笑)




b0246693_12201063.jpg

[PR]

by kazematikado | 2017-03-06 18:15 | 日々の事 | Comments(4)