風街角

sion920.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:デジブック( 55 )


2017年 08月 15日

女獅子隠し 後半


b0246693_11553102.jpg


女獅子隠しの後半は、大太夫と小太夫の喧嘩場で始まります。
女獅子の心情と、雄獅子たちの恋の駆け引きを丁寧に描いた前半とは、一転して激しく渡り合う雄獅子たち
そのスピード感と躍動感は一気に盛り上がり、笛方のリード、ささらの力強い摺りざさらの音色と舞い、この芝の見せ場が集中します。


b0246693_11554766.jpg


b0246693_11555821.jpg


b0246693_11560956.jpg


b0246693_11572992.jpg

最後のチラシでは、花笠から飛び出した女獅子も加わり、狂いと呼ばれる息の合った舞は、胸が透くようです。
観客の中にはそれぞれの家族も見守っています。見つめる眼差しに感動し、そんな姿も撮らせていただきました。



b0246693_11574627.jpg


b0246693_11580832.jpg


b0246693_11582200.jpg

b0246693_11582804.jpg


b0246693_11585329.jpg


拙いカメラワークですが、魅せられながら必死で追いかけました。
よろしければDBもご覧いただけると嬉しいです。(下記のURL,または画像からどうぞ)

http://www.digibook.net/d/e0c4a3f3a18abfdc784096607451317c/?viewerMode=fullWindow





Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2017-08-15 11:53 | デジブック | Comments(0)
2017年 08月 12日

女獅子隠し


下名栗諏訪神社の獅子舞、今年も8月26日(土)27日(日)に執り行なわれます。

いよいよ2週間前となりました。下名栗では、例大祭に向けて笛方やささらの小中学生を交えての

全体練習も8月1日から始まったそうです。

獅子舞役者のみなさんは半年以上前から、例大祭に向けての練習を積んできて佳境に入った事でしょう。





b0246693_08084769.jpg


応援隊のわたしとしても、ワクワクドキドキしながら、例大祭を迎えたいところですが、その前に!!

すっかり遅くなってしまったけれど、昨年の獅子舞のDBを完成させなければいけません^_^;

もっと早くに仕上げられれば良かったのですが、切羽詰まらないと出来ないタイプ。。。

ここにきて追込みちゅうです。やっと女獅子隠しまで来ました。





b0246693_08085267.jpg




下名栗の獅子舞の中でも一番の長丁場の芝の女獅子隠しは、2時間の演目です。

お昼を挟んでの、午後一番の芝は真夏の最も暑い時間帯の芝です。

一番キツイ芝(どの芝もキツイと思いますが)と言っても過言ではないくらい過酷な芝です。

当然、写真を撮っているわたしとしても、ダントツに枚数が増えてしまいます。

たくさんの写真の中から、100枚が限度のデジブックに収めるのは至難の業というもの…

そこで、2部に分けて作ることにしました。まずは前半が出来上りましたのでアップしたいと思います。



いつの世も尽きぬ、恋の物語、女獅子隠し前半は、女獅子を奪い合う二匹の雄獅子の恋の駆け引きと、

揺れ動く女獅子の心模様を丁寧に描いた芝です。長いDBですが、よろしければご覧ください。





b0246693_08094472.jpg




b0246693_08095594.jpg


b0246693_08100467.jpg




b0246693_08101372.jpg




b0246693_08102562.jpg




b0246693_08103700.jpg


b0246693_08105964.jpg




b0246693_08131787.jpg


b0246693_08135188.jpg




下記URLからどうぞ



http://www.digibook.net/d/d785a7b3b18f9dd8e4849e74d659f17c/?viewerMode=fullWindow








Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2017-08-12 08:20 | デジブック | Comments(4)
2017年 05月 05日

早春賦

水温む季節、三月中旬の渓谷に春を探しに行きました。
まだ、ハナネコノメは固い蕾だったけれど、光を取りこんだ渓谷の水面は美しく輝いていました。
ほんの少し前まで氷に閉ざされていた水面は、春の訪れを敏感に伝えてくれているような気がします。

ちょっと時期を遡りますが、この連休の最後に海沢渓谷に行く予定なのでアップしてみました。
日一日と、緑が濃くなっていく山萌える季節、新緑の渓を訪ねるのが楽しみです。
時季外れなDBですが、よろしかったらどうぞ




Published by デジブック

[PR]

by kazematikado | 2017-05-05 02:29 | デジブック | Comments(2)
2017年 01月 13日

冬の森

やっぱり、凛とした冬の森がいい
ザクザクと凍った雪を踏み
遠く煙るような薄青い山並みを眺めながら登って行く
吸い込む空気は、キーンと冷え込んで、胸の中を清浄にしてくれる
生き物のように裸樹が枝を空へと伸ばし、梢の奥でふと垣間見る孤高の鳥影が生の証し...
冷たい冬の陽射しが射しこめば、微かな音を立ててキラキラと輝きながら粉雪が舞い落ちる
そんな尾根を分け入り、神のようなブナの巨樹に逢いに行った。
風神のブナ、また、あなたに逢いに行きたい…


http://www.digibook.net/d/b615a7df811aa199f4ea84d00c4b702e/?viewerMode=fullWindow




Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2017-01-13 00:55 | デジブック | Comments(4)
2017年 01月 12日

白刃 例大祭 下名栗諏訪神社の獅子舞 2014

一昨年の獅子舞の最後の芝、白刃のDBを作りました。
大変遅い仕上がりですが、下名栗諏訪神社の獅子舞役者の中でもベテランの役者たちが舞った素晴らしい芝でした。

毎年、最後の芝は、途中から夕暮れとなり、スピード感溢れる獅子舞役者の動きを追うのが難しくなります。
シャッター速度を稼ぐためIOS感度を上げて撮りますので画質があまり良くありません。
また、長いですが、よろしければどうぞ(^^)

http://www.digibook.net/d/03c5855ba049bd9072c41662be4ab06c/?viewerMode=fullWindow


Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2017-01-12 00:51 | デジブック | Comments(2)
2017年 01月 05日

千年檜 (奥多摩 倉沢の檜)


昨年の暮れも押し迫った頃、ふと思い立って奥多摩倉沢の檜を訪ねました。
今から10年ほど前、わたしは奥多摩にはたくさんの巨樹がひっそりと息づいている
ことを知りました。
もともと、巨樹への憧れがありました。最初は、社寺にある巨樹を訪ね歩きました。
まだ、ネット上で詳しく紹介されていたわけでなく、大まかな場所が書き込まれた
絵地図のようなものを頼りに捜し歩きました。

やがて、社寺で守られてきた巨樹よりも、自然の中で逞しく生き残ってきた巨樹に
逢いたいと思うようになりました。
その頃、最初に逢いに行ったのがこの倉沢の檜でした。『自分の足で見つける』
をモットーに、ネット検索はあえてせずに、『倉沢渓谷のどこかの尾根』というのを
キーワードに何度も倉沢渓谷へと足を運びました。
しかし、どこにも見当たらないのです。どうしてだろう・・・?と考えていたある日、
あっけなく倉沢檜への案内板を見つけてしまったのでした。

それは、わたしの探していた渓谷沿いの林道ではなく、山を少し登り上げた尾根に
立っていたのでした。
『なんだ、ここだったの』巨樹への道が伸びる山道を少し興ざめしながら登り始めました。
でも、その千年檜を目にした途端、今、感じたわたしのふとどきな思いを恥じる気持ちになりました。

かつてこの倉沢に集落があり、人々の暮らしがあった頃、この巨樹は人々の心の拠り所であり、
信仰の対象であり、先人たちを見守り続けた偉大な樹、神だったのです。
倉沢大権現の千年檜と呼ばれ、静かにこの地に生き続けて来たのです。
人の一生と樹の一生はサイクルが違います。幾星霜、どれだけの時間を生きて来たのか・・・
思いを巡らせば、気の遠くなるような歳月が流れたことを、黙して語らない巨樹は、
わたしの深層深く語りかけてくれたような気がしました。

それからというもの、奥多摩日原に息づく巨樹に出会う旅が始まりました。
そんなわたしの姿を見つけた人がいました。彼は行き当たりばったりのわたしの行動に不安を覚え、
日原森林館を起点に活動している巨樹探しの仲間に誘ってくれたのでした。
わたしは彼のお陰で、日原の山奥に生き続けるたくさんの素晴らしい巨樹に出逢わせていただきました。

ここ数年は忙しさにかまけて、すっかり日原の山から遠ざかってしまいましたが、
まだまだ出会うべくたくさんの神々が残されているのでした。
でも、もう、この巨樹探しの旅は、ひとつの終わりを迎えることになりました。
わたしを森の巨人たちへと導いてくれた、水先案内人のような森の人は、生まれ故郷へと
帰られる事になったのです。

人にはそれぞれの歩むべき道があり、思いがけない出来事も起こりうることを、
わたしは忘れていました。
いままでの友情に感謝しつつ、友の第二の門出を祝おうと思います。
そんなことがあり、久しぶりに倉沢檜を訪ねたのでした。
千年檜は、わたしのちっぽけな感傷に、やさしく寄り添ってくれました。
また、少しづつ、森の神に逢いに行こうとそう思いました。
ありがとう・・・また、逢う日まで

デジブックにしてみました、よろしければどうぞ。

http://www.digibook.net/d/a994af5f914bbf90f2e21466924a707c/?viewerMode=fullWindow


Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2017-01-05 20:19 | デジブック | Comments(2)
2016年 12月 31日

秋色の湖に遊ぶ ハナネコ女子会2016 後編

前編からの続きです。

白丸の集落を半周ほどして、わたしたちは湖へと降りて行きました。
湖では、カヌーを楽しむ人たちがたくさんいましたが、奥へと進むうちにカヌーの人影は減っていき
静かな湖となりました。わたしたちは秋色に染まる湖面を愛でながら散策を続けました。

このまま、湖面の景色を堪能し、白丸湖へと戻り、電車で鳩ノ巣駅へと移動してランチを取り、次の目的地
青梅へと移動する予定でした。
それが何とした事でしょうか、まさかの体調不良を起こし途中リタイアすると言う顛末となってしまいました。

それは何の前触れもなく突然やって来ました。
「この先に黄金色の綺麗な楓がありますので、そこまで行って戻りましょう。」そう言いながら後ろを振り向いた時
いままで体験したことがないような目まいを感じました。貧血で目まいを起した事がありますがそれとも違う感じでした。
目の前がゆっくりと歪んで行き、まっすぐ立っていられないような気がしました。
歩こうとすると、まるで雲の上でも歩いているような感じで、手すりを掴んでいないと倒れてしまいそうになるのです。
やっとの思いで、黄金色の楓の樹まで辿り着き、少し休憩を取りました。お腹が空いたせいかと思い、食べ物を口にし、
飲み物を呑んでみますが、一向に治まりそうもありません。ふらつきながらなんとか来た道を戻りましたが、
目まいが酷く、吐き気にも襲われ、とうとう鳩ノ巣の駅で途中離脱することになってしまいました。

みなさん、遠くから集まって来てくださっているのに、案内役のわたしがダウンするなんて本当に申し訳なさでいっぱいでした。
けれども、みなさんは、わたしの体調を気遣ってくださり、口々に労わってくださいました。
そして、『大丈夫です。青梅は何度も案内していただいて判っていますから、自分たちで散策出来ますよ。』
と、慰めてくださるのでした。
その言葉どおり、みなさんは、青梅でころんに立ち寄り、楽しい時間を過ごしてくださったのだそうです。
このまま解散になってしまったら、sizukuさんが気にかけてしまうだろう…
きっと、そんな風に考えてくださったのだと思います。
みなさんから、こころの籠ったお見舞いメールもたくさん頂戴し、ありがたかったです。

後日、病院で診察してもらい、結局、わたしの目まいは、脱水症から来るものだと診断されました。
散策を始める前までは、水分を取っていましたので、まさかの脱水症にびっくりしました。
同時に、脱水症って侮れないなぁと実感したのでした。山で同様の状態になったら大変な事になります。
ガイド中であれば、さらに危険な状態になり、多くの人に多大な迷惑をかけてしまいます。
今回の事はとても良い教訓となりました。

そして、まめちゃんがくださったメールに心打たれました。
『ころんでのこと、わたしたちはそれぞれ、sizukuさんとの出逢いを話していました。
だからsizukuさんはあの後も、ずっと私たちといてくれたのだと思います。
みなさん、sizukuさんのことを心配しながらも憶測で話す人は一人もいませんでした。
ハナネコ女子会の方たちは、本当に素晴らしい仲間だと実感しました。』

ハナネコ女子会のみなさんの暖かさが胸に染みて、じーんと熱いものがこみ上げました。
本当に素敵な皆さんと知り合えて、しあわせなことだと思います。

後日、まめちゃんがアップしたハナネコ女子会の記事には、わたしが体調を崩した事は一行も書かれていませんでした。
そんな気遣いがありがたかったです。まめちゃん、ハナネコ女子会のみなさん、ありがとうございました(^^)
(まめちゃん、せっかく内緒にしてくれたのに、ブログに書いてしまってごめんなさいね)^_^;

まめ吉のよしなし心な毎日 まめちゃんの楽しい記事をどうぞ。








そして、わたしのデジブックもよろしければご覧いただけると嬉しいです。

http://www.digibook.net/d/e7848133a0cdbfd4fea79652725a707c/?viewerMode=fullWindow


Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2016-12-31 01:40 | デジブック | Comments(2)
2016年 12月 28日

初雪の奥多摩白丸 ハナネコ女子会2016 前編

今年もハナネコ女子会の秋の遠足に行って来ました。
最初に、わたしのブログに載せたハナネコノメの写真を見て集まってくださった4名で
早春の風の谷へと行ったのが始まりでした。かれこれ6年目になります。
早春のハナネコノメ、初夏の花菖蒲と紫陽花、晩夏のレンゲショウマ、そして晩秋の紅葉
そんなコンセプトでお誘いするうちに、だんだんとお仲間が増え、今年は総勢11名の女子会となりました。

女子会ですが、こころ優しい男子も特別会員で参加してくださっています。
今回は2名のナイトが参加されました。これからもよろしくお願いします。

秋の女子会、やっぱりエメラルド湖の紅葉が見たいと、リクエストも寄せていただきましたので、
奥多摩白丸駅に集合し、まずは昔懐かしい石畳の小路が残る白丸の集落を散策することにしました。
今回は前々日に初雪も降り、紅葉と雪とのコラボも少しだけ見ることも出来ました。
当日、雨予報でしたが、雨でも集まるハナネコ女子会、みなさん全員参加です。
そんな心意気に、お天気も味方したのか予報に反して晴れ間も覗くまずまずのお天気になりました。

白丸は日本画の巨匠、川合玉堂が戦時中に疎開し、その風光を愛した村だそうです。
玉堂が毎日散策した石畳の道を辿り、地元の人々が奥多摩槍と名付けた天地山を眺めます。
そして、村内の一番小高い場所から、白丸湖を俯瞰するのが目的です。
元栖神社の銀杏の巨樹の黄葉や、タイムスリップしたような集落の佇まいをみなさんも喜んでくださいました。


ご一緒してくださったまめ吉さんもブログに書いてくださっています。
独特の楽しい語り口、彼女の新鮮な眼差しと素晴らしい感性で撮られた写真も素晴らしいです。
ぜひ、ご覧くださいね。
まめ吉のよしなしごころな毎日 



わたしも、遅ればせながらデジブックにしてみました。よろしければご覧くださいね。

http://www.digibook.net/d/b1058f37b1cbb79d7ee71cd23a5af16a/?viewerMode=fullWindow


Published by デジブック


[PR]

by kazematikado | 2016-12-28 11:41 | デジブック | Comments(0)
2016年 12月 20日

翡翠色の湖に

奥多摩に、とっても美しい青い湖があります。
エメラルド湖とも、オーロラ湖とも呼ばれています。
もちろん、わたしの散策仲間のみなさんが付けた名前です(^_-)
毎年、みなさんとご一緒に秋の一日を散策しています。
今年も訪れましたが、今年の写真をアップする前に、今までで一番透き通っていた日の湖をデジブックにしてみました。

早朝の一時、まるで合わせ鏡のように、もう一つの世界が湖の中にありました。
何だかそのまま降りて行けそうでした。よろしければごらんください



Published by デジブック

http://www.digibook.net/d/5405eb93a10bbdd8fe841e46f84bf03a/?viewerMode=fullWindow

[PR]

by kazematikado | 2016-12-20 02:47 | デジブック | Comments(2)
2016年 12月 18日

奥多摩むかし道

奥多摩の山奥にひっそりと息づくむかし道
丁寧な山里の暮らしを垣間見て、忘れていた何かを思い出しました。
あっという間に錦秋の時は過ぎましたが、美しい時を心に刻みました。
デジブックにしましたのでよろしければご覧ください。




Published by デジブック


http://www.digibook.net/d/2614a95381cb9ddd72469cd6e253317a/?viewerMode=fullWindow

[PR]

by kazematikado | 2016-12-18 01:16 | デジブック | Comments(0)