風街角

sion920.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:デジブック( 53 )


2016年 11月 07日

青梅宿  レトロな街角と津雲邸


Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2016-11-07 22:22 | デジブック | Comments(0)
2016年 09月 09日

薄紫の君

昨年のレンゲショウマです。毎年撮っていますが、同じ年はありません。その時々で、違って撮れるから
、惹かれるのかも知れませんね。よろしければご覧ください。






Published by デジブック


薄紫の君  ←こちらからもご覧になれます。
[PR]

by kazematikado | 2016-09-09 20:46 | デジブック | Comments(2)
2016年 06月 21日

風待月の憧憬

風待月(かぜまちづき)とは、6月の異称です。

風という言葉が好きなわたしは、“風を待つ月”って、美しい呼び名だと思っています。

それから、良く知られている水無月(みなつき)の、無は“ない”という意味ではなくて、“の”という助詞を現します。

だから“水の月”という意味で、とても好きな呼び名です。

もう一つ、6月には涼暮月(すずくれつき)という異称もあるのですって、こちらも素敵ですね。

日本の言の葉の美しさを改めて感じます。





里輪の小径



b0246693_01084883.jpg


夏色の風が吹く



b0246693_01075611.jpg


オカトラノオの花房がしなやかに



b0246693_01084502.jpg


森影のムラサキシキブ



b0246693_01083732.jpg


木洩れ日に咲く



b0246693_01080576.jpg


かくれんぼ



b0246693_01082758.jpg


アカツメクサの調べ

b0246693_01103473.jpg


デジブックにしましたので、下記URLから、よろしければご覧ください。↓
http://www.digibook.net/d/a7c4eb33a18d9fc9f4e106f0a048b17e/?viewerMode=fullWindow



Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2016-06-21 09:35 | デジブック | Comments(2)
2016年 06月 14日

初夏の旅


一昨年前の今頃、中学、高校を共に過ごした親友と五日市の南澤あじさい山に行きました。
友人とのんびりと花と森を楽しんだ後、五日市でも有名なお店に向かいました。


b0246693_23400658.jpg

こんもりと緑深い森の中にそのお店はありました。
築250年の庄屋を移築したそうですが、その佇まいはまるで時が泊まったようでした。
母屋、土産物店、喫茶室など、いくつかの建物が緑濃い初夏の森の中に点在していました。


b0246693_23401647.jpg
苔生す屋根も庭も、聳える巨木も、庭園内でこっとん、こっとんと回る水車も、絶え間ない川音も
全てが懐かしい時代の流れの中に佇んでいるかのようでした。
ふと、涼影の庵(すずかげのいおり)という言葉が浮かびました。

b0246693_23401081.jpg


わたしたちは通された、旅情溢れる部屋で、美味しいお料理に舌鼓を打ちながら、懐かしい話に
花を咲かせたのでした。遠い昔、二人で旅した初夏の東北の旅に想いを馳せたりしました。
何もかもが輝いていた若かった遠い日々、笑い転げていた夏の日々を…



b0246693_23403414.jpg
もう、あの頃のように、何もかもが未知数ではなくなったけれど、過ぎた日々を懐かしむ心になったねと。
ふたりの人生の中で共に寄り添った時間は、もしかしたら奇跡だったのかも知れないねと。
たまに会う、こんな時間を大切にして、これからもお互いに、心のどこかで寄り添っていこうと思ったのでした。

b0246693_23405329.jpg
優しい時間をデジブックにしてみました。よろしければ、ご覧ください。

http://www.digibook.net/d/19d5af33b18a9fcdf86686407849703e/?viewerMode=fullWindow



Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2016-06-14 23:39 | デジブック | Comments(2)
2016年 05月 24日

バラ色の庭

ずっと、三月の写真が続きましたけれど、リアルタイムの画像をお届けしたいと思いました。
お友だちのなみちゃんのお宅は、5月になると素晴らしい薔薇が咲きます。
それは、花が終った後から、熱い夏も、秋も、寒い冬の間もずっと、愛情を込めてお世話して、
この美しい5月の庭があるのだと思います。

5月17日、なみちゃんのご厚意でオープンガーデンにお邪魔させていただきました。
あいにくの雨降りの一日になってしまいましたけれど、雨には雨の美しさがありました。
たくさん撮った写真をまとめ、デジブックにさせていただきました。

このデジブックを、なみちゃんに贈らせていただきます。
なみちゃん、今年もどうもありがとうございました。




Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2016-05-24 11:58 | デジブック | Comments(11)
2016年 05月 24日

奥多摩分校 春のプチ遠足


またまた、遅い春の記事でスミマセン<m(__)m>
ホームページ時代に、“尾瀬”がご縁でお知り合いになったみなさんと、尾瀬がシーズンoffとなる
11月~4月までの期間に、奥多摩分校の秋と春の遠足と称してoFF会を開催するのが恒例となっていました。
回を重ねて、昨年は春のみの開催でしたが10周年を迎えました。
今年は、平日開催で、みなさんのご参加が叶わなかったので、プチ遠足としました。
一口に10周年といっても、いろいろと変化もあり以前のような遠足も難しくなってきましたが
それでも、このご縁を大切に、細く長く続けて行けたならと思っています。

今年は、新しいお友達も加わっていただき、7名でのプチ遠足でした。
前の週に下見に行った倉沢渓谷をご一緒に散策しました。
まだまだ浅い春ですが、数日間で菫の花も咲きだして、季節はほんの少し進んだような気がしました。

前回のデジブックと同じ場所で代わり映えしませんが、奥多摩分校の春の遠足のデジブックを
作ってみましたので、よろしければ、ご覧いただけると嬉しいです。




Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2016-05-24 00:48 | デジブック | Comments(0)
2016年 05月 20日

倉沢谷の春

わたしのブログは時が止まっていて…またまた、三月の記事になります。山々は新緑が輝くばかりの季節だというのに




時候の挨拶では、光の春は4月ということになっていますけれど、わたしは3月が相応しいと感じています。
まだまだ、森は枯れ色ですが、少しづつ、なんというか樺色になってきて微妙なグラデーションが日に日に
濃くなってきて、もうすぐ芽吹きが始まる予感に満ち満ちてきます。

渓流の流れはもっと顕著で、たくさんの空気を内包して命を宿し始めます。
光を浮かべ、群青色や翡翠色、あるいは明るい空色に染まりながら流れていきます。
ぽこぽこ、さらさら、瀬音の調べは絶え間なく、春の音色を奏でます。
野に山に、渓流のほとりに、待ち焦がれたちいさな花の命が芽生え始めると、もう心は羽のように軽くなって、
ふんわりと春風に誘われてどこにでも行けそうです。そんなわたしの春を写真で綴ります。

デジブック 「倉沢谷の春」を作りました。よろしければご覧ください。







Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2016-05-20 18:27 | デジブック | Comments(0)
2016年 02月 01日

冬の風物詩 奥秩父三十槌

氷繋がりで…

秩父電鉄終点の“三峰口”の駅は、ローカルな駅舎とSLの終着駅としても有名だけど
昔からずーっと変わらない駅です。ノスタルジックで長閑で、大好きな駅。
学生の頃から、この駅に降り立ち、バスに乗って良く山に行きました。
三峰山から白岩山を経て、雲取山にも何度も登りました。

雨模様の日、霧藻ヶ峰から奥の院、太陽寺経由で下山した事もあった。
あの頃から結構、一人歩きしていたなぁって感慨深くなる。

その三峰口の駅から三峰山に行く途中にある三十槌の氷柱
岩肌から染み出る清水が、氷点下の気候で繊細な氷柱となるのです。
川原に降りて初めて目にした日は、その美しさに釘付けになりました。

今年も逢いに行きたいけれど…時間が取れないなぁと思いつつ、思い出の中のあの光景を
もう一度、再現して見たくなりました。

よろしければご覧ください。






Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2016-02-01 00:30 | デジブック | Comments(0)
2016年 01月 30日

LOVE Ice

このところの冷え込みで、奥多摩の滝は氷結しただろうかと気になっていました。
海沢の滝、百尋の滝、奥倉沢の滝…
数年前なら、氷瀑を求めて山を歩いていた頃だなぁと…

最近すっかり寒がりになっちゃったものです。
でも、本当は逢いに行きたい。

LOVE Ice と名付けて愛してやまなかった冬の山、渓流の氷たち

昔のデジブックを引っぱり出して眺めています。



Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2016-01-30 17:57 | デジブック | Comments(2)
2016年 01月 05日

郷愁のモノクローム

昨年、新春の青梅宿を散策した時の写真でデジブックを作ってみました。
この時、青梅にはモノクロが似合うと思ったのでした。
昨年、ツリーハウスプロジェクトで出逢った写真家、高山さんも、モノクロで青梅を撮り続けていらっしゃり、
高山さんの御写真は、青梅の町と人とを愛する素晴らしい写真で心を打たれました。

拙い写真ですが、わたしもいつか、高山さんのように青梅の良さを写し撮っていけたらなと思います。
よろしければご覧ください。




Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2016-01-05 01:52 | デジブック | Comments(2)