風街角

sion920.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:デジブック( 53 )


2014年 09月 07日

2013年 夏の記憶3

やはり、2013年度版の白刃の芝です。
奇跡的に雨が上がった庭場で最後の芝、白刃を執り行なうことが出来ました。
夕方から始まるこの芝は、光源が乏しいので庭場での撮影は難しくなります。でも、それだけに杉木立の杜での
幽玄さ、神聖さが増し、真剣を使って舞われる緊迫感とが相まって迫力満点の素晴らしい芝です。
2013年度は、下名栗きっての精鋭たちが痩身の舞を魅せてくれました。
今年、このメンバーで10月12日に横浜中区で行われる"ハロー横浜"に出演し、白刃の舞を演じてくれます。

拙い写真ですが、よろしければご覧ください。




Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2014-09-07 17:26 | デジブック | Comments(0)
2014年 09月 07日

2013年 夏の記憶2

2013年版、女獅子隠しの芝です。
途中から雨になってしまい社務所内で舞われましたが、獅子舞役者も、ささらも、気持ちを新たに精一杯魅せてくれました。笛方は、雨の屋外の両サイドからステレオ効果の演奏で盛り上げました。目の前で繰り広げられる熱のこもった素晴らしい演技に拍手を贈りたいです。

女獅子を演じるのは、2009年に獅子舞役者としてデビューした獅子歴5年目の若者です。
とてもしなやかな天性の感性の持ち主で、とても努力家でもあります。将来がとても楽しみな新参獅子役者です。
彼の繊細で優美な女獅子をご覧いただけると嬉しいです。
長いDBですが、よろしければご覧ください。




Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2014-09-07 17:20 | デジブック | Comments(0)
2014年 09月 07日

2013年度版 夏の記憶1

もう、過ぎた夏の記憶をいまさらですが、アップします。
2013年度版の下名栗の獅子舞の残りの3芝のなかの棹懸りという芝です。
棹懸りは、残暑厳しい晩夏の午後1番に舞われる芝で、ずっと中腰で舞い続けなければならない過酷な芝でもあります。
獅子舞を初めて3年目の者が舞う芝でもあり、新参の若獅子2名が素晴らしい舞を披露してくれました。
先輩獅子舞役者の指導の元、成長し続ける頼もしい新人たちの舞をよろしければご覧ください。



Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2014-09-07 17:11 | デジブック | Comments(2)
2014年 07月 26日

三拍子 例大祭

獅子舞シリーズ、第三弾は三拍子です。

この芝の見所は、三匹の獅子と、4人のささらが、最初から最後まで同じ動作で舞います。
その構成の美しさと、中盤にある獅子が居眠りをする静の場面がありますが、静と動との対照など
見所はたくさんあります。また、他の芝には無いささらの躍動美溢れる演技も見所です。

今年は、この芝を獅子舞歴36年・27年・23年の超ベテラン役者が舞いました。
長年培われた阿吽の呼吸と、燻し銀のような重厚な演技は、観客を魅了しました。

また、仲良し中学生4人組のささらっこの痩身の演技も素晴らしいです。
この芝でのささらの力強い演技は、獅子舞役者に負けずとも劣りません。
一生懸命練習した彼女たちの頑張る姿も合わせてご覧いただけると嬉しいです。

獅子舞に花を添えるささらの写真も多くなりましたので長めのデジブックですが、よろしければご覧ください。



Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2014-07-26 10:15 | デジブック | Comments(4)
2014年 07月 24日

獅子舞 花懸り

獅子舞シリーズ、第2弾は、花懸りの芝です。
御幣懸りの時降っていた雨が奇跡的に上がり、庭場で舞うことが出来ました。

今年デビューの小学2年生のささらっこちゃんが2人、憧れのお姉さんたちと一緒に頑張ります。
嬉しそうなささらっこちゃんの笑顔と、真剣な眼差しと、頑張りをご覧いただけると嬉しいです。

そして、今年獅子舞役者デビューした若者が二人。
下名栗の獅子舞では、毎年新人役者がデビューしています。
若い力がとっても頼もしいです。
彼らが、これから数年かけて、最後の芝、白刃の太刀を経て、一人前の役者になる日まで
すっと見守って行けたら嬉しいなと思いつつ、デジブックを作りました。
よろしければご覧ください。



Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2014-07-24 11:34 | デジブック | Comments(0)
2014年 07月 22日

獅子舞の夏 2014

やっと関東地方も梅雨明けですね。
いよいよ夏も本番となりました。

今年も獅子舞の夏がやって来ました。
奥多摩・秩父・青梅・五日市・飯能と各地には伝統芸能の獅子舞が数多く残され、今も継承されています。
特に、7月8月は、獅子舞月刊と言っても過言ではなく、毎週、どこかの神社の杜では獅子舞が執り行われています。

一時期、衰退した時期もありましたが、脈々と培われてきた獅子舞は、地域の人々の熱い想いに支えられ
現在も、各地で素晴らしい舞を伝承し続けています。
その中で、埼玉県飯能市下名栗諏訪神社の獅子舞は、わたしにとって格別な思い入れのある獅子舞です。

2006年に、初めて訪れて以来、毎年通い詰めています。
(その時のHPの記事 奥武蔵 獅子舞の夏 夏の終わりに
そして、2010年より、山仲間であり獅子舞仲間でもある一葉さんと下名栗諏訪神社の獅子舞応援サイト
を立ち上げ、自称、下名栗の獅子舞サポーターを名乗っています。

今年の下名栗諏訪神社の獅子舞は、8月23日(揃い)24日(例大祭)です。
諏訪神社の杜では、お祭りに向け猛練習が行われているそうです。
今年の獅子舞に思いを馳せ、獅子舞・命の獅子舞役者さんたちや、笛方さんたちや、ささらっこたち。
この獅子舞に携わる地域の方や下名栗諏訪神社獅子舞保存会のみなさんにエールを贈るつもりで、
遅ればせながら昨年の獅子舞の例大祭のデジブックを作り始めました。

お祭りまで、あと一ヵ月、間に合うかどうか微妙ですが、「頑張る」と宣言しないと出来ないと思うので、
ここで宣言し、有言実行で行きます(笑)
獅子舞役者さんたちに見ていただくために作るので長めですが、もしよろしければご覧いただけると嬉しいです。

そして、よろしければ、獅子舞にも足を運んでいただけると嬉しいです。
近くなりましたら、またブログで、ご案内いたしますが、下名栗諏訪神社の応援サイトの方も合わせてご覧ください。

☆獅子舞応援サイト 下名栗諏訪神社の獅子舞


Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2014-07-22 20:55 | デジブック | Comments(0)
2014年 07月 21日

朱夏の水辺 2014

長閑な田園と山々に抱かれた、秩父荒川の花蓮園は夏が似合っています。
朱夏…この言葉が好きで、花蓮を見ると、やはりこのタイトルしか浮かびません。
相変わらずの画像かもしれませんが、美しい水辺の夏を感じていただけたら幸いです。

よろしければ、ご覧ください。




Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2014-07-21 01:41 | デジブック | Comments(4)
2014年 07月 19日

森羅万象 夏

蓮のデジブックの前に、明ヶ指(みょうがざす)のカツラのデジブックを作ってみました。
題名を決める時、どうしても"森羅万象"しか浮かんで来ませんでした。
森羅万象は昨年の春に作ったデジブックのタイトルですが、苦し紛れに"夏"をくっつけてみました。
これで、春と夏の森羅万象が出来ました。
あと、秋と冬バージョンも、作りたくなりました。
よろしければどうぞご覧ください(*^_^*)




Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2014-07-19 16:23 | デジブック | Comments(2)
2014年 07月 18日

朱夏の水辺

2011年の夏に訪れた秩父荒川蓮園のデジブックです。
今年の蓮でもデジブックを作りたいなと思いつつ、古いデジブックを探してみました。
この年は、とても美しく蓮が咲いていた年でした。なかなか、最盛期に訪れるのが難しく、
その後、これほど咲いている時に出逢えたことがありません。

この時、真っ白なハスの花に出逢い、とても心惹かれました。もう終わりの頃でしたので、
次の年から、咲き始めの純白の花に逢いたくて通っていますが、まだ、出逢えていないのです。
今年こそ、もう一度、清らかな白い蓮の花に出逢いたいものです。

古いDBですが、よろしければご覧くださいね(*^_^*)



Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2014-07-18 11:20 | デジブック | Comments(0)
2014年 06月 12日

薔薇色の庭

5月20日、お友達のなみちゃんのお宅のオープンガーデンにお邪魔しました。

なみちゃんは、ハナネコ女子会のお仲間で、園芸家として素晴らしいお庭造りをされています。
広いお庭の中には、それはたくさんの薔薇たちが咲き競い、美しさの共演をしています。

本当に、個人でこれだけのお庭を維持されるのには、どれほどの愛情と熱意を注がれていることか。
なみちゃんの薔薇やお花に対する愛情の結晶を垣間見させていただきました。

気品あるバラの香りに包まれて、ひととき夢の世界でした。
なみちゃん、お忙しい中ご案内いただき本当にありがとうございました。
遅くなりましたが、デジブックにさせていただきました。




Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2014-06-12 00:40 | デジブック | Comments(4)