風街角

sion920.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:デジブック( 53 )


2014年 06月 11日

春愁ライブ5 ただ春は往く

春愁ライブ 5作目になりました。

次々と咲いて散りゆく花たち、芽吹き、萌え出し、いつの間にか輝く新緑に包まれた山々
風光る季節から、風薫る季節へ、そして、水色の風が吹く季節へと・・・
ただ、春は往く、そんな想いをDBにしてみました。

よろしければ、また、ご覧いただけると嬉しいです。




Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2014-06-11 10:50 | デジブック | Comments(2)
2014年 06月 09日

春愁ライブ 4  ニリンソウの森

春愁ライブ 4 は、スミレ散策の途中で偶然見つけたニリンソウの群生地
登山道からは少し離れた場所、ぽっかりと森の木立ちが切れて、明るく見えました。
何となくスミレが咲いていそう…そう思って、ザクザクと落ち葉を踏んで歩いて行きました。

そして、覗いてびっくりしました。急な斜面が切れ落ちる辺りに、一面に咲き続く
ニリンソウの真っ白な花の絨毯でした。
群落の真ん中に、細々と道が出来ていましたから、きっとどなたかの大切な場所かもしれません。
わたしは、その踏み後を辿りながら、ため息交じりにカメラを向けたのでした。

ふと、秩父の山奥にある、福寿草の群生地、あの秘密の花園を思い出していました。
この場所も、なんとなく似ていました。
秘密の花園は、いつまでもこのままで、秘密の花園のままでいて欲しいと心に思いました。

良かったら、ご覧いただけると嬉しいです(^^)



Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2014-06-09 00:25 | デジブック | Comments(4)
2014年 06月 03日

春愁ライブ3

春は訪れ、そして去って往く・・・
(こうせつさんの、僕の胸でおやすみという曲のフレーズ。素敵な曲で、昔から好きでした)

花は、咲きはじめが美しい、ほころんだばかりの瑞々しい花びら、清々しい花芯、
だれでも、そう、愛でるでしょう
でも、少し痛んだ花びらも、しおれた花芯も、はらりと散り始めた姿も…
役目を終えて散ってゆく、終焉さえ、美しいと思うのです。

そんな花たちの姿も載せてみました。
また、来年、巡り合いましょう…

さようなら
さようなら

終わって往く美しい季節に
たんぽぽの穂綿をそっと飛ばそう…



Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2014-06-03 13:03 | デジブック | Comments(8)
2014年 05月 31日

春愁ライブ2

春愁ライブ2は、風の谷に咲くシロヤシオです。
奥多摩仲間のこいちゃんから、風の谷のシロヤシオが満開ですよ!!の情報をいただいて駆けつけました。
雨上がりの10時からの遅い出発でしたけれど、先に出発していたこいちゃんと合流して風の谷に向かいます。

風の谷は、8年ほど前、まだ若いわたしが(笑)イワウチワを探していて偶然見つけた渓谷です。
わたしにとっては秘密基地のようなフィールドですが、最近はなかなか出かけられません。
こいちゃんは、春夏秋冬足繁く、風の谷にと通い詰め、今では風の谷の主のようなお方です。

こいちゃんのお陰で、居ながらにして風の谷の情報をいただいてありがたいです(^^)
最近、こいちゃんは、この谷の持ち主でもあるFさんとの共同制作で、奥多摩の花の絵葉書を制作されました。
この風の谷に咲く、四季折々の花がメインだそうです。
試作品を先行で拝見させていただきましたが素晴らしい絵葉書でした。


早春の花、ハナネコノメ、イワウチワ、アオイスミレが終ったあとの風の谷には、純白のシロヤシオが咲きます。
春の名残りの五月初旬、ちょっと険しい山道を辿って逢いに行ってきました。
風の谷を巡る山肌には、杉木立の森の中に、広葉樹の森が、まるで若草色の仔馬の形に見えました。
北アルプスの白馬岳には、残雪期に馬の形の雪形が現れます。
代かき馬といって、信州安曇野の里人たちは先祖代々の教えで、田植えの目安にするそうです。

風の谷に現れる緑の仔馬は、さながら、シロヤシオ咲く目安でしょうか?
あなたにも、この仔馬が見えたらうれしいなぁ~♪
よろしかったら、DBでご覧いただけると嬉しいです(^^)v


Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2014-05-31 10:25 | デジブック | Comments(8)
2014年 05月 26日

春愁ライブ1

気が付けば、もうじき、5月も終わろうとしています。
4月から、スミレや野草を追いかけて、いつのまにか写真はいっぱい…
でも、なかなかブログにアップ出来ず仕舞いでした。

美しく咲いていてくれた花たち。毎年、写真に撮るけれど、今年は今年の美しさがありました。
拙い写真ですが、せっかく撮ったのですもの、形にしたいと思いデジブックにすることにしました。

題して春愁ライブです。
過ぎて行く季節に、優しい花たちに、愛を込めて…贈ります。

よろしければ、ご覧いただけると嬉しいです。

まずは、昨年、お友達のkeykunから譲っていただいた桜草。
安曇野さんが一生懸命お世話して、今年も美しく咲いてくれました。
桜草の詩、一番目の春愁ライブをどうぞ♪




Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2014-05-26 16:47 | デジブック | Comments(4)
2014年 05月 13日

春には春の風吹く 2 中之条スミレワークショップ2日目


どうぞ、二日目のワークショップもよろしければご覧になってください。
中之条は素晴らしい所ですヽ(^。^)ノ


Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2014-05-13 16:44 | デジブック | Comments(2)
2014年 05月 13日

春には春の風吹く1 中之条スミレワークショップ1日目


たくさんのスミレとたくさんの人の優しさに触れました。
よろしければ、ご覧になってください


Published by デジブック

[PR]

by kazematikado | 2014-05-13 16:40 | デジブック | Comments(0)
2014年 05月 09日

花の山旅(デジブック)

若草女子会、新潟花の山旅のデジブックを作りました。よろしければご覧ください(^^)



Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2014-05-09 15:54 | デジブック | Comments(2)
2014年 04月 21日

ハナネコ女子会Ⅱ(デジブック)

ハナネコ女子会バートⅡを、デジブックにしました。 少し長いですが、よろしければどうぞご覧ください(^_-)

[PR]

by kazematikado | 2014-04-21 00:21 | デジブック | Comments(4)
2014年 04月 16日

惜別の春

今年3月末日をもって、吉野梅郷・梅の公園の梅の木が全て伐採されました。
4月3日、電車の車窓から見ると、梅の公園のあった山の斜面の半分以上が何もなくなっていました。
思わず、電車を降りて梅の公園に向かいました。
公園に近づくとチェーンソウの音が響き胸が締め付けられる気がしました。
遠くから見ると、何代ものトラックの荷台には、花が咲いたまま細かく切られた梅の枝が山積みになっていました。

テレビの中継車が来てカメラが回り、近所の人々が何人かその様子を無言で眺めていました。
伐採は、あっという間に進んでいるようでした。先人たちが植えた50年の歳月は散りじりに空へと還って行きました。
さようなら、いままでありがとう。そう、心の中で叫んだけれど、
「やっぱり辛い、見るんじゃなかった…」そう思って、わたしはすぐにその場を立ち去りました。

帰り道、ずっとチェーンソーの音が背中から付いてきました。
つい先日の美しかった梅の苑の姿が目に浮かんで涙がでましたが、
見届けることが出来て良かったと、数日が経って思えるようになりました。

美しいまま旅立った、吉野梅郷の梅の姿と梅の木たちから貰ったメッセージをデジブックにしました。

拙い写真ですが、吉野梅郷・梅の公園の精一杯の最後の姿を
どうぞ、ご覧になってください<m(__)m>

  
[PR]

by kazematikado | 2014-04-16 15:01 | デジブック | Comments(13)