風街角

sion920.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:女子会( 36 )


2016年 07月 01日

紫陽花とアンティークとフレンチを楽しむ写真女子会

ハナネコ女子会のメンバーで出かけた恒例の花菖蒲女子会(6月5日)に参加できなかったメンバーに声かけして、
6月25日に、紫陽花とアンティークとフレンチを楽しむ写真女子会(長い!!)を計画しました(^^)
題名が長いことでもお分かりのように、青梅のお勧め箇所盛りだくさんの欲張りコースを企画したワケでおのずと距離も長くなります。

今回参加してくださったのは、まめちゃんととらねこさん(^^)
青梅が大好きと言ってくださるお二人です。河辺駅で待ち合わせ、予定の電車で到着され笑顔で改札口を出て来られました。
『数日前から嬉しくて、週末には青梅に行けると思うと頑張れちゃうんですよ。夕べはワクワクしながら休みました~♪』 
『電車が青梅に近づいてくると、緑が多くなって何だかほっとするんです。降りてみたらやっぱり空気が違うなぁ~と思いました!!』と、嬉しい事を言ってくださいます。
「今日は今までの女子会ではご案内した事のない場所に行きますよ。移動範囲が広いので、後半の疲れを避けるためにバスを利用します。」と、まずは塩船観音を目指して駅前からバスに乗車しました。

塩船観音には数年前の女子会で、吹上菖蒲園と組ませて歩いているのですが、今回は菖蒲が終ってしまいましたので紫陽花を堪能することにします。

b0246693_11203017.jpg

ここ、潮船観音寺は、つつじで有名なお寺ですが今はひっそりしています。
でも、この時期お寺の庭はもちろんのこと、裏山や隣接する霞丘陵森の中には紫陽花の花がたくさん咲きます。
国の重要文化財に指定されたかやぶき屋根の山門(室町時代作)をくぐると真っ白なアナベルが迎えてくれます。
掃き清められた石段や、ご神木の杉の巨木、草が生う茅葺屋根の本堂(国指定重要文化財)には、ご本尊の千手観音像〈鎌倉時代作)が美しく鎮座しています。
とても良く手入れされた森の中に、自然な感じで点在する紫陽花はなかなか風情があるものです。


b0246693_11204140.jpg
奥に見えるのは薬師堂(青梅市有形文化財)
木造・寄棟作り・茅葺の趣ある小仏堂で、桃山時代の建物と推定されています。
ボケ封じの仏様とのことで、わたしはいつもお参りしています(笑)

b0246693_11205737.jpg
本堂・厨子(国指定重要文化財・室町時代建立)

木造・寄棟作り・茅葺きで、特に内陣中央の本尊を安置する厨子は極めて精巧な作りで、扉内側には普賢菩薩・文殊菩薩が描かれています。本堂の屋根は奥多摩の虎葺きと呼ばれる茅と杉皮の交ぜ葺きです。

b0246693_11210260.jpg

もう、萩が咲いていました。秋の七草ではあるけれど、夏の花なんですよね。


b0246693_11210666.jpg
カシワバアジサイの大きな白い花房が重たげに首を垂れています。
その下には結ばれた白いおみくじ…奥には朱色の絵馬がかかっています。
そよそよと6月の風が渡って、ほんのりとまどろむ様な夢の香りがしました。
なんでもない光景なんだけれど、なんだか立ち止まってしまいます。
この想いを上手く表したいんだけれど、わたしの腕では無理でした。

b0246693_11211408.jpg
ほの暗い灯りの燈った堂内にはご本尊様の千手観音様や、28部衆の姿が見受けられます。

大化年間(645~650)に若狭の国の八百比丘尼が紫金の観音像を安置したことに始まり、
周囲の地形が小丘に囲まれあたかも小船のような形状であることから、仏が衆生を救おうと願う『弘誓の舟』になぞらえて、天平年間に僧、行基が『塩船』と名づけたと伝えられています。(塩船観音のHPより)

b0246693_11211826.jpg
色とりどりのアジサイが自然な感じに咲き競う様が、茅葺屋根としっくりとコラボしています。

b0246693_11212787.jpg
まめちゃんが見たいと言っていた八重咲きのドクダミ、探しておきましたよ(^^)
木下闇となった狐狸の裏手にひっそりと咲いていました。

b0246693_11212337.jpg
『この楓は何て言う名前なんですか?高尾山にもありました。』ととらねこさん。
「天狗の団扇みたいでしょ。ハウチワカエデと言います。秋には目が覚めるような緋色に色付きますよ。」
深緑の楓を青紅葉と称します。わたしたちは三人とも見上げてうっとりしました。
『青紅葉も良いわね~♪』瑞々しい葉が重なり合って結葉が美しいですね。

b0246693_11213733.jpg
わたしたちの背丈よりも大きなカシワバアジサイが咲き続く小道です。

b0246693_11213413.jpg
向いの森の斜面にはあちらこちらに紫陽花の群落がみられます。

b0246693_11222697.jpg
足元にはアザミの花も花盛りでした。

b0246693_11232429.jpg

今朝がたまで降っていた雨の名残りが花びらに…

b0246693_11232898.jpg

クモの巣に、透明な水玉がキラキラと揺れています。

b0246693_11233572.jpg

花の中にも水滴が…それにしても淡い紫が美しいです。

b0246693_11240787.jpg

空色のアジサイの花びらに残った一滴、もうすぐ天に昇るのでしょう。
隠れるように開いた小さな花の蕊が可愛いですね。

b0246693_11234018.jpg

ガクアジサイの周りの花はガクで、中央の小花が本当のお花


b0246693_11235391.jpg

毎回、こういうアングルで撮ってしまいますが、見たままの美しさに撮れません。

b0246693_11241405.jpg
シックな花色にハッとしました。大人色のお花…

b0246693_11235849.jpg

緑の野辺に咲く姿が一番美しいと思う。

b0246693_11240290.jpg


b0246693_11251478.jpg
透き通るような花色に思わず心を奪われました。

b0246693_11225816.jpg

b0246693_11250852.jpg


b0246693_11244726.jpg
大好きな水色のアジサイ

b0246693_11250190.jpg

ほんのりと色を染め初む、生成りのアジサイが一番好きかも知れません。

b0246693_11245316.jpg
ふわふわと、手を触れなば揺れる真白き花房

b0246693_11243843.jpg
羊歯の緑も美しいです

b0246693_11252373.jpg
楚々とドクダミが咲き続く池

b0246693_11252865.jpg
ずっと昔から、ドクダミの花は好きだった。十薬と父母は呼んでいたっけ

b0246693_11255109.jpg
手招きするように…

b0246693_11253553.jpg


b0246693_11253703.jpg
青紅葉揺れる

b0246693_11255316.jpg
ああ、風待月の風が見える

b0246693_11260604.jpg
ほんのりと紅を差したようなヤマアジサイ

b0246693_11265227.jpg
稚児のような、あどけなさが好き

b0246693_11272363.jpg

目に鮮やかな紅い紫陽花

b0246693_11270162.jpg
深い瑠璃色

b0246693_11265614.jpg
アカマツの森に咲く

b0246693_11271950.jpg
林床の緑も鮮やか

b0246693_11275652.jpg
純白の睡蓮を慕うように、しなやかに手を伸ばすような楓の枝葉


b0246693_11273580.jpg

緑陰の小路


b0246693_11280022.jpg

ツタに目が行きました。

b0246693_11280665.jpg
竹垣って風情がありますね。

b0246693_11281558.jpg
ムラサキカタバミが、美しくて…

b0246693_11282014.jpg
ミソハギも咲き始めました。

b0246693_00265762.jpg

何となく意識して撮った一枚、でも失敗^_^;

b0246693_11282530.jpg
竹林も美しいなと感じます。

b0246693_11283886.jpg
塩船観音を後にして民家の路地を歩きます。
「面白い所にちょっと寄り道していきましょう!!」
『え!!どこですか?面白い所?楽しみ!!』とお二人(^_-)

スカシユリ
b0246693_11284721.jpg

ハルシャギク

b0246693_11284341.jpg
花びら

b0246693_11285290.jpg
目ざとく、ちゃんちき堂の秘密の入り口を見つけたまめちゃん。
『しずくさん、もしかしてTVに出ていたあのお店?嬉しい!!』

b0246693_11291848.jpg
b0246693_11290157.jpg
『秘密の指示書って面白いわ!!』

b0246693_11291322.jpg

b0246693_11285533.jpg
その指示書に書かれている、宝島の場所を示す秘密の暗号みたいな文章に
みなさんテンションあがります。

指示書に書かれていた梅畑を抜けました。

b0246693_11292521.jpg
そして、『ああ!(^^)!あった~~!!超面白い!!』
『これを考えた人、最高ですね!!』とお二人とも楽しんでくださいました。


b0246693_11293286.jpg

b0246693_11293700.jpg
カウベルを鳴らすと『はーい!!』と可愛いかおりちゃん登場です。

b0246693_00263723.jpg

早々とおみやげにシフォンケーキを買いました。
特に新作のブルベリーシフォン、美味しかったです(^_-)


b0246693_11301484.jpg
あら?二年前のこの日、同じ塩観音の記事をアップしていました。

モリアオガエルが気になって

この時は、雨の日でした。
やっぱり紫陽花には雨がお似合いですね。森の中の池に住む主も写っています。
そして、雨上りの吹上菖蒲園の夕景が綺麗でした!
よろしければ、ご覧ください(^_-)

長くなりましたので、続きは、また今度(^_-)


[PR]

by kazematikado | 2016-07-01 11:18 | 女子会 | Comments(9)
2016年 06月 12日

青梅散策(女子会こぼれ話2)


青梅散策の様子をちょこっと(^^)

まずは、お洒落な繭蔵さんでランチ
石蔵をリノベーションした素敵なお店で、青梅でも先駆的なお店です。
2階では常時、ギャラリーが併設されていてこの日は素敵なブティックでした。

b0246693_09371153.jpg


b0246693_09372813.jpg

b0246693_09370903.jpg

大勢でも、プライベートでも、こんな素敵な空間で美味しいお料理を楽しめたら言う事なしですね。
こちらでは、時々ライブもやっていたりします。

b0246693_09365591.jpg

ほんとうにお洒落な空間です。創作料理もとっても美味しいです!!
みなさんには、満足していただいたみたいです。

b0246693_09373106.jpg
緑が覗く。
蔵の窓がまた涼やか!心地よい風も吹き抜けます。

b0246693_09543605.jpg

緑の木陰のお庭も素敵ですね(^^)


b0246693_09543954.jpg

さて、ランチの後は、青梅宿をぶらり堪能。


b0246693_09373312.jpg

昭和生活館には、古い映画看板がずらり。

b0246693_09552755.jpg
ギョ!!^_^;カッパのミイラなるものもありましたよ!!
ハンちゃんが、固まってます(笑)

b0246693_09551483.jpg

b0246693_09551212.jpg
懐かしい生活用品が飾られていて、「あっ!わたしこの筆箱使ってたわ!」なんて会話も弾みます。

b0246693_09550262.jpg

古い雑誌、これは知らないかも?

b0246693_09550921.jpg
懐かしい駄菓子屋さんの店先も再現されていて、郷愁の世界です。

b0246693_09550640.jpg

b0246693_09550443.jpg


そして、昭和幻燈館へ。
こちらは精密に作られたジオラマが郷愁を誘い。ネコをモチーフにしたパロデイ看板など笑えます。


b0246693_09542927.jpg

b0246693_09542763.jpg

b0246693_09371986.jpg

b0246693_09371655.jpg

b0246693_09372583.jpg

青梅七福神のお寺を2つ巡って、花菖蒲女子会は終了しました。
参加のみなさん、お疲れ様でした(^^)v


エナガが数十羽やってきた、コウヤマキの巨木です。写真の中に一羽写ってるけど判るかしら?

b0246693_09544983.jpg

b0246693_09545352.jpg

白いホタルブクロが綺麗でした(^^)

b0246693_09544584.jpg

次回は、レンゲショウマ女子会かなぁ?
その前に、今回参加できなかったみなさんと、花とアンティークな青梅散策を計画中です。


[PR]

by kazematikado | 2016-06-12 10:11 | 女子会 | Comments(0)
2016年 06月 10日

水色の風

先日、6月5日にハナネコ女子会のメンバーと恒例の“花菖蒲女子会”を開催しました。

b0246693_10141814.jpg


今年は季節の進み方が少し早く感じられるので、きっと花菖蒲の見頃も早いのでは?と思い
5月末頃から、下見に行き様子を伺っていましたが、天気予報も良さそうですし、5日決行と決めました。
なかなか、メンバー全員が都合がつくというのは難しく、今回も7名の方が参加できませんでした

いつものように東青梅駅に集合し、吹上菖蒲園へと向かいます。
そして、勝沼城址後を歩き、お友だちの利ちゃんが個人で管理されている杣保菖蒲園を見せて頂きます。
今年は、少し早目だったので早生の菖蒲とが花の盛りで、中生の菖蒲の咲き初めを楽しむことが出来ました。


b0246693_1015757.jpg




特につんつんとした菖蒲の蕾が、雨上がりの水色の空へ向かって伸び、ほんのりと色が染まりだした光景や
固く巻いた蕾が膨らみ柔らかくほどけていく様や、谷戸を吹き抜ける風に開いたばかりの透き通った花びらを
たおやかに揺らす姿など、何年も通いながら初めて目にしたような感動を貰いました。


b0246693_10161231.jpg


また、緑の谷戸の奥深く、早苗の向こうにひっそりと咲く、利ちゃんの菖蒲園はことのほか静かで美しく
流れる水の音や、吹く風の匂い、すいと飛ぶトンボの羽音まで聞こえてきそうです。
遠くの森で無く鶯の声やホトトギスの囀りに耳を澄ませながら愛でる菖蒲の姿は素晴らしかったです。

ハナネコ女子会のみなさんも、本当に癒されるねと、思い思いに花菖蒲を愛でていました。

b0246693_10172699.jpg



女子会ではこの後、繭蔵で美味しい昼食に舌鼓、青梅の町を散策し解散となりました。
参加のみなさん、良く歩きましたね!お疲れ様でした。また次回青梅でお目にかかりましょう。

デジブックを作りましたのでご覧いただけると嬉しいです(*^_^*)

http://www.digibook.net/d/ab94a973a04895c8706406d08e533138/?viewerMode=fullWindow



Published by デジブック

[PR]

by kazematikado | 2016-06-10 10:17 | 女子会 | Comments(2)
2016年 04月 21日

早春のハナネコ女子会2016 その2 “Tea room”

b0246693_12090370.jpg
三月の記事の続きです。

青梅駅へと移動して、駅前の坂道を降りていきます。
途中、毎年綺麗に西洋桜草を咲かせているお宅の前を通ります。
ちょっと奥を覗いたらご主人さまがいらっしゃいます。
この桜草は、がっちりした体格の、でも、とっても人懐っこい眼をしたご主人さまが育てていると
何年か前にこのお宅の奥さまに伺っていましたので、「こんにちは~!」と声をかけてみました。
案の定ご主人は、ハナネコ女子会メンバーと楽しいトーク交えて桜草のお話しを聞かせてくださいました。



b0246693_12033346.jpg
街の方とのこんな触れ合いが、わたしはとっても好きです。
青梅の町の人たちはみなさん、フレンドリーにお話ししてくださいます。
この間も、おばあちゃまとお話ししてたら、のらぼう菜をいただいてしまいました。
秋川原産の青菜で、青梅や秋川で盛んに作られています。
御浸しで、おかかをかけていただくのが最高に美味しいですけれど、さっと炒めるのも美味しいです。

話がそれましたけれど、おじさんの桜草は春をささやいているようで本当に綺麗でした。


b0246693_12061843.jpg

b0246693_12060142.jpg


川に向かう途中、住宅街の片隅に小さな祠があります。
傍に植えられた椿の樹が、紅い花をたくさんつけていました。何だか、懐かしい光景です。


b0246693_12033755.jpg


そして、多摩川の河畔に建つ、素敵なカフェ“Tea room” へ
ハナネコ女子会のみなさんは、こちらのお店がとってもお気に入りなんです。
緑溢れる多摩川の岸辺、絶え間なく聞こえる瀬音、春は対岸の桜並木、秋は金色に色付く銀杏並木
そして“Tea room”のお庭は季節の花でいつも美しく彩られています。
オーナーさんのセンスが息づいていて、心地よくくつろげる空間で迎えてくださり訪れる度に癒されます。


b0246693_12034245.jpg



b0246693_12063101.jpg


ビオラの寄せ植えは、色合いが本当に上品で素敵です。


b0246693_12065697.jpg

すみれ色って、大好きです。


b0246693_12065076.jpg

真っ白なビオラは清楚で、まるで白い蝶が飛んでいるようです。

b0246693_12064023.jpg


b0246693_12064571.jpg

真紅と青のアネモネ、まだ、開花する一歩手前のようです。今にも開きそうな花びらが美しいです。


b0246693_12070034.jpg

ちいさくってかわいらしい❤名前は知らないのですけれど。。。


b0246693_12070789.jpg


b0246693_12071783.jpg

ヒナゲシでいいのでしょうか?ベビーピンクが愛らしいです。そして花影に隠れているのは?



b0246693_12072138.jpg

深緑とワインレッド、真っ白な天使、なんともお洒落な演出ですね。



b0246693_12072795.jpg

“Tea room”初めてのまめちゃんも一生懸命に撮影してくれました。わたしも嬉しいです(*^_^*)



b0246693_12074354.jpg

b0246693_12095412.jpg



b0246693_12075078.jpg

グラスに映る光が綺麗で、思わず何枚も撮ってしまいました。


b0246693_12075707.jpg

おしぼりに添えられた生花は、おんなごころをくすぐりますね。


b0246693_12083200.jpg


b0246693_12080918.jpg



b0246693_12034785.jpg


春色のストロベリーケーキと、アーモンドパイという紅茶、とっても香りがいいんです。


b0246693_12090370.jpg


b0246693_12085133.jpg

アップルケーキのアイスクリーム添え、こちらも美味しそうです。


b0246693_12091265.jpg


錆び色の葉っぱが、とってもシック。

b0246693_12092153.jpg

クリスマスローズもまだ咲いていました。


b0246693_12093090.jpg


黄色いミニ水仙は、何だかいつも元気をもらいます。



b0246693_12092582.jpg

パステルカラーが優しいストック。



b0246693_12093654.jpg


カツラの根元に寄り添うプリムラの花。とっても可愛いです。



b0246693_12094701.jpg

本当はもう少しゆっくりしていただきたいのですが、帰りの時間が近づきました。
楽しかった女子会もそろそろお別れの時間です。
みなさん、遠い所、今年も青梅までお越しくださりありがとうございました。
今日一日、楽しく過ごしていただけたでしょうか?
また次回、花菖蒲の咲く頃に、またお逢いできると嬉しいです。


b0246693_12095944.jpg

             ☆おみやげのアップルケーキです(^^)/


b0246693_12035221.jpg

[PR]

by kazematikado | 2016-04-21 00:53 | 女子会 | Comments(6)
2016年 04月 19日

早春のハナネコ女子会2016 その1

4月14日、熊本でマグニチュード7の大きな地震が起きました。
その後、頻発する余震が続く中、16日未明にマグニチュード7.3の大きな揺れを観測。
気象庁は、14日に起きた地震は「前震」で、16日に起きた地震が「本震」と発表しました。
その後も、震度6強の地震が、次々と頻発して、熊本、阿蘇、大分と大きな被害が出ました。
阪神大震災や5年前の東日本大震災を彷彿とさせるような大地震に、不安になると共に、
この地震でお亡くなりになった方々のご冥福をお祈りいたします。
怪我をされた方々、避難を余儀なくされている方々、眠れぬ不安な夜を過ごしていらっしゃる
多くのみなさんに心からお見舞い申し上げます。

大分には主人の妹夫婦の家族が暮らしており、熊本にはFBのお友だちも暮らしておられます。
みなさんの無事を祈りつつ、早く今回の地震が収束することを願っています。
同じ日本の中で大変な事が起こって、たくさんの人が大変な想いをされているというのに、
こちらでは何事もなく、毎日と変わらない日常が過ぎていきます。
思っていても何も出来ない…そんなことが心苦しく感じます。
熊本に住むFBのお友だちは、被害を受けながらもなんとか暮らしを維持していけるようです。
彼女は、避難所のボランティアに協力することにしたそうです。
『自分にできることをできるだけ』そんな彼女の言葉に勇気を貰いました。
わたしも自分に出来ることをやって行こうと思います。

どうか一日も早くこの地震が収束し、安心して夜も眠れるようになりますようにお祈りしています。




もう、すっかり前の記事になってしまいましたが、途中まで書きかけにしておりましたので
アップさせていただきます。ひと月以上前の記事ですがよろしければお付き合いくださいネ。


今年もハナネコノメの花が、ひそやかに渓流で咲き始めました。
数日前の3月8日に訪ねてみると3分咲きぐらいでした。この日はとっても暖かな春の一日でこれなら13日はばっちり♪
と喜んだのですが、気まぐれな春のお天気は急降下…寒い雨の日が続きハナネコ女子会の当日は花曇りとなりました。
それでも、山梨・群馬・千葉・横浜・相模原・東京都下の各地からハナネコ女子会のメンバーが集まってくれました。
予定の電車から降り立った、古里駅の裏山や御岳山や奥多摩方面の山々はなんと雪景色でした。


b0246693_18251328.jpg


今日のメンバーは、始めましてのお友だちも2名加えて総勢12名、ハナネコ女子会史上最多人数でした(*^_^*)
ハナネコ女子会初回から、もう何度もこの駅に降り立っているメンバーも含め、皆さん古里駅の佇まいに癒されます。
それでは出発です。なぜか懐かしい気持ちにさせられる里山風景の小道を歩きます。

b0246693_23481020.jpg



More よろしければ、続きをどうぞ
[PR]

by kazematikado | 2016-04-19 11:17 | 女子会 | Comments(2)
2016年 03月 05日

ちょっとワイルドな花旅(笑)

少し前の記事になります。
数日春のような陽気が続いたと思ったら、真冬のような寒い日に逆戻り。
三寒四温というけれど、今年はあまりに極端です。そんなジェットコースターのような日々の中、
わたしたちが選んだ2月16日は、雨上がりの快晴の青空が広がりました。

青梅の駅で待ち合わせして久しぶりの再会を喜び合って、石神前の駅に向かいました。
前日の雨は青梅駅より奥多摩寄りでは雪になったらしく、車窓からは薄っすらと雪化粧した山々が見渡せます。
石神駅で降りると紅梅が見事に咲き誇っていましたが、その花びら一枚一枚が氷花と化して朝日にキラキラ輝いていました。

b0246693_11133056.jpg

全体の写真では、氷花って感じがありませんが、本当は逆光で見ると氷がキラキラして綺麗だったのですが上手く撮れませんでした。
仕方ないので花をアップにしてみました。あちこちに氷の塊が付いているのが判りますか?




b0246693_11133768.jpg

落ちた花びらも氷雫です。


b0246693_11134299.jpg


地面も霜柱と淡雪で真っ白


b0246693_11145888.jpg


パンジーの花も咲いたまま、氷の花になっていました。
触ったらパキっと折れてしまうんじゃないかと思われて痛々しく感じ触るのもはばかられましたが、
午後、この駅に戻ってみたら解凍された花は少しも痛んだ様子もなく健やかに綺麗に咲いていました。
自然って見た目よりもずっと強いんだなぁと感心したのでした。


b0246693_11141447.jpg


b0246693_11141897.jpg


落ち葉も、馬酔木も、忍冬の葉っぱも凍てついてます。


b0246693_11142231.jpg

b0246693_11142778.jpg


b0246693_11144741.jpg

民家の屋根も、駅名の看板も、凍てついてます。


b0246693_11145438.jpg

b0246693_11140699.jpg

石神神社の銀杏の巨樹も、ベンチも、楓の木も凍てついてました。


b0246693_11240819.jpg

b0246693_11242183.jpg

楓の枝先が、氷の雫でキラキラ輝いているんですが、うまく撮れません。望遠レンズを付けておけば良かったのだけれど…


b0246693_11250914.jpg

青空を映した浅い川を傍らに眺めながら、わたしたちは林道を詰めていきます。
本当は、何ってことはなく、たやすく尾根に出るはずだったのですが…

b0246693_11251584.jpg
はるかちゃんと、あっちゃんは楽しそうにおしゃべりしてしながら歩いています(*^_^*)

b0246693_11251869.jpg


More よろしければ続きをどうぞ!(^^)!
[PR]

by kazematikado | 2016-03-05 18:06 | 女子会 | Comments(6)
2015年 12月 06日

青梅アートフェスティバル2015 その2

アップしようと思っているうちに、時が経ってしまいましたが、青梅の街を挙げての年に一度のイベントですから
そして、ハナネコ女子会の、秋のイベントでもありますから、やっぱりアップしておきますね!!
大量に撮った写真を中心にアップしますので、よろしかったらご覧くださいね(*^_^*)

高山さんの写真に魅せられて、ほっと一息のコーヒーブレイクのあと、素敵なカフェ「夏への扉」を後にします。
青梅シネマ通りの坂道を降りて行けば、ガチャマン商会さんの広場に出ます。去年も見覚えあるシンボルタワーはマッキーさん作です。


b0246693_00155241.jpg
わいわい、がやがや、たくさんの人が行き交う広場は、とってもいいものがいっぱいありそうな手作り市が立ち並びます。
わたしは手紬糸のお店で、ニット帽を買いました。
毛糸はラム・ウールで草木染めなんだそうです。手に取るとふわっと軽くて柔らかいんです。
大地に育った草木からいただいた色は、茶系統のアースカラー、一目で気に入ってしまいました。

他にも不思議なものが並ぶお店もあって、のぞいて歩くのも楽しいです。


b0246693_00173470.jpg


それでは、ガチャマン商會さんに入ってみましょう。こちらのお店は、いつも開いているとは限らないんです。
夢のある素敵な外観に中はどうなっているのだろう?と、最初にこの街角で出会った時からなにやら不思議な予感に惹かれました。
まだ、この空地には、「ねこかいぐり公園」というのがあって、みたま屋さんは、歴史を感じさせるようなお店でしたね。
ガチャマンさんの前にある『銀嶺』さんにも、一度だけ入りました。常連の優しいおじさんがいて、『お酒が飲めないのに、
寄ってくれるなんて嬉しいねぇ!!』と喜んでくれました。お店には、昔、昔の青梅駅の写真や、古い鉄道グッツなんかも飾られていて
時が止まったようだったなぁ。おかみさんは、『また、おいで』と言ってくれたっけ…

話がそれたけれど、去年のアートフェスティバルの時、初めて入ることが出来て感動しました。
憧れだったオーナーのみゆきさんにもお逢い出来て、お話しさせていただけてしあわせでした。
ちょうど一年前の事です。去年の私がそうだったように、みなさんも興味津々です。



b0246693_00172849.jpg



More 面白いものや素敵なお店が続きます。よろしければ、続きをどうぞ(*^_^*)
[PR]

by kazematikado | 2015-12-06 01:24 | 女子会 | Comments(0)
2015年 11月 24日

青梅アートフェスティバル2015  その1

ハナネコ女子会2回目は、「青梅アートフェスティバルを楽しむ街歩き」でした。
先週行った「青梅秋の美術館巡り」に参加できなかった方たちが集まってくださいました。
アートフェスティバルは、街の中いたるところが、アートギャラリーであり、ステージであり、
アートと音楽とパフォーマンスと手作り市とが、融合した楽しいイベントです。
青梅駅を中心とする4町内の商店街振興イベントで今年で15回目の開催になるそうです。
商店街の人々や協力団体や有志の方々の手作りのお祭りと言った感じのあったかいイベントなのです。


b0246693_10065544.jpg

b0246693_10080717.jpg

14日と15日の二日間で、初日の昨日は一日中冷たい雨が降る日でした。わたしは仕事でしたが
一日中、空を見上げては気を揉んでました。主催者側のみなさまも大変だった事でしょう。
2日目は、朝の内小雨が残っていましたが、わたしは奥多摩の山並みが霧の中に浮かんで見えていたので
今日は、雨が上がると確信していました。
きっと、イベントを企画運営されている皆さんの祈りが通じたのでしょう、イベント開始の10時頃には
雨も上がり、何と青空が覗いてきました。生まれたばかりのように透き通った水色の空でした。

b0246693_10074012.jpg


やったぁ~♪って感じです。駅前の街頭を飾る三角フッラッグも元気を取り戻しました。
この可愛らしい三角フラッグ、minamoのオーナーさん始め、若者たちでお仕事後にせっせと作ったそうです。
裏方仕事にも誇りと使命感をもって努力を惜しまない。これって、青梅への愛だと思います。
そんな愛情がいっぱい詰まった小旗が青梅の街角を彩っていました~(*^_^*)


b0246693_10075353.jpg


今日ご参加のみなさんが全員(5名)集合したので、まったりと街へと繰り出しました。


b0246693_11185400.jpg


More よろしければ続きをどうぞ!(^^)!
[PR]

by kazematikado | 2015-11-24 14:52 | 女子会 | Comments(2)
2015年 11月 10日

秋の美術館巡りと渓谷散策

恒例の秋のハナネコ女子会の開催です。
今回は紅葉には少しフライング気味の8日と15日に決まりました。
まずは1回目のハナネコ女子会、行き先は、梅郷にある吉川英治記念館と沢井の櫛かんざし美術館
御岳の玉堂美術館を巡るコースで、途中に澤乃井の酒蔵見学とランチ、渓谷散策を盛り込みました。
当日は、自称晴れ女のわたしと自他ともに認める最強晴れ女のハンちゃんがいるので、晴れを信じて
いたのですが、あいにくの雨でした…(>_<)

b0246693_13463307.jpg

奥多摩の山並みは霧雨に滲んで、まるで玉堂の墨絵の世界です。
しっとりと優しい雨…なんだか、こころも潤んでくるようです。
山際のちいさな無人駅、石神前の駅に降りたのはハナネコ女子会のメンバーだけでした。

b0246693_12281847.jpg
人ひとりが通れる小さな踏切の雨に濡れて…

b0246693_12283350.jpg

古い民家の庭先の畑には、秋の野花が咲き乱れてさながら花野です…


b0246693_13452404.jpg

ピンク色の菊の花…咲き乱れて咲き敷しいて

b0246693_13455617.jpg

ノコンギクの青紫は、やっぱり秋の色、秋の花

b0246693_13460763.jpg

カシワバアジサイの葉っぱが…燃えていました。


b0246693_13461706.jpg

ビオラの花は、花びらに雫をいっぱい乗せていました。これから春先まで咲き続くんですね。


b0246693_13461017.jpg

さざんかさざんか咲いた道~♪って口づさみたくなりますね。

b0246693_13460386.jpg
可愛らしいピンクのさざんか(*^_^*)

b0246693_13454342.jpg

人と自転車しか通れない小さな橋が多摩川に架かっています。それがこの好文橋です。


b0246693_13541737.jpg

ここからの景色をお見せしたくて、このコースを選びましたが、紅葉は時期尚早でした。


b0246693_13542660.jpg

でも、みなさんは『わぁ~♪綺麗~♪』って喜んでくださいました(*^_^*)
お天気が良ければ水面のコバルトブルーが美しいんですが、ちょっぴり残念。


b0246693_13542252.jpg

まずは、花のお寺即清寺へ。
このお寺は平安時代に智証大師円珍が、諸国巡錫のおりに草庵を結んだのが始まりだそうです。
その後、鎌倉時代に源頼朝が畠山重忠に命じて、現在地に伽藍を造営して開山した由緒あるお寺です。
明治の大火で、当時の伽藍、本堂などすべての建物が焼失してしまったけれど本尊をはじめ仏像は
被災を免れたそうです。関東八十八ヶ所霊場の一つです。



b0246693_13544198.jpg

山門の多聞天、持国天は、古そうな仏像で立派です。金網越しなのがちょっぴり残念です。


b0246693_13544706.jpg

門前の古木の幹にはシノブが奇麗に黄葉していました。


b0246693_13544420.jpg

ここから、最初の美術館と言うか文学館と言った方がいいですね、吉川英治記念館へ向かいます。
記念館の前の楓の木がだいぶ色づいてました。もっと真っ赤になるんですけれどね。


b0246693_14264474.jpg

門を入ると手入れの行き届いた庭園へ続きます。


b0246693_14272791.jpg

草思堂と吉川英治が名付けた母屋の佇まいはいつみても素敵です。
英治は戦前戦後を通じて9年間この地に住み続けました。
戦後一時執筆活動を断念した英治は、畑仕事や俳句を教えたり公民館作りなどに奔走します。

青梅の土地とそこに住む人々との交流に癒され、2年後執筆活動を再開し、大作、新・清家物語は
青梅で生まれました。青梅は英治の小説家としての再生の地になったのだそうです。



b0246693_14273825.jpg
石仏もひっそりと。

b0246693_14274332.jpg


菊花展も開催されていました。


b0246693_14285545.jpg

玄関の窓ガラスにお庭の紅葉が映り込みました。


b0246693_14290185.jpg


アートフェスティバルの一環として、母屋の中も不思議な創作物で飾られています。
テーマは『感性を磨く』だそうです。

b0246693_14293221.jpg


純和風な建物の中に敷き詰められたカラフルな人形、何だか不思議な空間です。


b0246693_14292665.jpg

霧に霞む山々を借景にして…いい感じです。


b0246693_14300897.jpg


縁側に並べられた菊の鉢、美しいです。

b0246693_14302041.jpg



b0246693_14302785.jpg



b0246693_14314053.jpg


吉川英治の書斎は洋風建築で和室から渡り廊下で続いています。
書斎の前に敷かれたタイルがとても美しいです。

b0246693_14365564.jpg


やはりアートフェスティバルの一環としての造形物が、芝生の上にも並んでいました。


b0246693_14370782.jpg


何とも不思議な造形ですよね。


b0246693_14371480.jpg


吉川英治が愛した二本の椎の木の巨樹です。草思堂を見守り続けているかのように佇んでます。


b0246693_14371838.jpg


とても美しい枝ぶりの楓の木です。


b0246693_14313675.jpg


裏側からはこんな感じ、ごつごつとした幹もしっかりと張った根も良いですね。


b0246693_16345401.jpg

緑とのコントラストも見事です。


b0246693_16350480.jpg

書籍や原稿、絵や詩歌、書簡などの展示物を興味深く閲覧した後、吉川英治記念館を後にして
バスにて沢井へ移動です。みなさん朝が早かったので早めのランチにしました(*^_^*)

澤乃井さんが経営するレストランの豆らくと言うお店です。豆腐料理はお隣のままごとやさんが
懐石料理で有名ですが、こちらもリーズナブルで美味しくてなかなかです。


b0246693_16434498.jpg

大きく開いた窓辺からの景色がまた格別で、みなさんにとても喜んでいただきました。
ここから見えている建物はどれもままごとやさんです。


b0246693_16435040.jpg


こちらは多摩川に架かった吊り橋、楓橋です。この場所を知ったのは、かれこれ30年前でした。
楓橋からの景色は春夏秋冬、いつも素晴らしいです。


b0246693_16435432.jpg

せっかくですから、しぼりたての生酒をご賞味(笑)


b0246693_16440827.jpg


b0246693_16440433.jpg


お料理も美味しかったです(*^_^*)


b0246693_16442423.jpg

灯りも素敵ですね。


b0246693_16443105.jpg

お腹もいっぱいになったので、楓橋を渡って対岸にある櫛かんざし美術館を訪れました。
江戸時代のものを中心とした膨大なコレクションがあり、年4回展示品を入れ替えているそうです。
べっこう細工に金蒔絵のかんざしなど、美術工芸品と言えますね。素晴らしいです。
鼈甲って、この亀の甲羅だって知ってますか?


b0246693_17002371.jpg


そして、この美術館の素晴らしさはロケーションの良さです。


b0246693_17004903.jpg

この広いロビーに入った途端、みなさん思わず感嘆の声をあげられました。
眼下を流れる多摩川の流れ、楓橋が向こうに見えています。雨なのが本当に残念でした。


b0246693_17005698.jpg

庭園もあります。『自然を生かした感じで作られた庭園って感じですごく良いね。』
みなさんもそんなふうに言ってました。

b0246693_17010080.jpg

お天気なら庭園を散歩できるようになっています。


b0246693_17010474.jpg

櫛かんざし美術館の次はお楽しみの酒蔵見学&利き酒(*^_^*)
売店から地下通路を抜けて向かい側の酒蔵へと通り抜けできます。


b0246693_17103399.jpg

茅葺屋根の古民家もいい感じです。


b0246693_17084784.jpg

苔玉を見つけました(*^_^*)


b0246693_17085190.jpg

なかなか楽しい酒蔵見学でした。


b0246693_17094624.jpg

酒蔵見学の後、利き酒も楽しんで、次は渓谷散策です。


b0246693_17095101.jpg

御岳渓谷はケヤキとカエデが多いです。
特にケヤキは黄色からオレンジ、キャメル、赤とさまざまな色合いに染まり美しくて好きです。
ちょっとまだ早かったですね。カエデもまだまだこれからです。


b0246693_17104771.jpg

対岸の欅の巨木も、あと少しですね。

b0246693_17105246.jpg

遊歩道沿いにあるカヌー小屋の佇まいが素敵です。

b0246693_17114841.jpg

コムラサキの実がかわいいです。

b0246693_17114693.jpg

まだ、ホトトギスが咲いています。

b0246693_17142559.jpg

カエデの一葉、秋色を見つけました。

b0246693_17115162.jpg

純白のさざんかは、清楚で好きです。

b0246693_17114284.jpg

色付く渓谷は、雨に煙り風情があります。


b0246693_17150670.jpg

サワガニの親子が遊歩道を歩いていました。
『自然がいっぱいなのね~♪』『宮沢賢治の世界ね!!』とみなさん嬉しそうです。


b0246693_17151136.jpg
ハナノキかしら?綺麗な彩りでした。

b0246693_17151402.jpg

玉堂美術館前の大銀杏の輝くような黄葉は、まだまだ先ですね。

b0246693_17163715.jpg

この銀杏がハラハラと散り敷いて、一面レモンイエローになる日が待ち遠しい気もします。

b0246693_17151983.jpg

御岳小橋を渡ります。

b0246693_17172019.jpg

雨でも、みなさん笑顔で、心から楽しんでくださっているのが嬉しいです(^^)

b0246693_17172684.jpg

最後の美術館は玉堂美術館です。日本画の巨匠、川合玉堂の作品が展示されています。
四季折々にちなんだ作品が飾られます。

b0246693_17173435.jpg

中庭は美しい石庭になっていて、その風情は京都の侘び寂びにも通じるような気がします。

b0246693_17175754.jpg

大銀杏は、この中庭の借景でもあります。


b0246693_17180304.jpg

また対岸の旅館の古い建物も、借景の一つだと思います。

b0246693_17175923.jpg

毎年、この楓が真っ赤に色ずくと石庭の白砂に映えて美しいです。

b0246693_17180945.jpg

離れには復元された玉堂の画室があります。

b0246693_17182674.jpg


美術館を後にした帰り道、さざんかの花が美しく咲いていました。


b0246693_17184022.jpg


b0246693_17184968.jpg

b0246693_17185485.jpg

そして最後はやはりティールームへ。。。

b0246693_17190214.jpg

でもなんとこの日は臨時休業だそうで、とても残念でした、
ウッドデッキの上にる積もる落ち葉の風情が素敵です。

b0246693_17190861.jpg


b0246693_17191539.jpg

舞い降りたレンガ色のケヤキの葉です。



b0246693_17190601.jpg

珈琲とケーキを求めて、カフェころんにお邪魔しました。

b0246693_17194660.jpg

ツリーハウスはしっとりと雨に濡れていました。裸電球の灯がノスタルジーの世界です。

b0246693_17195765.jpg
この日の出店は、“選挙cafe” でした。
若者が頑張っている青梅は、これからもますます魅力的な良い街になって行くのだろうなと思います。

b0246693_17202848.jpg

シフォンと珈琲をいただきました。なんだか落ち着くなぁと思っていたら、そこにてつさん登場。
そしてマッキーさんも柴崎さんも丘人さんも登場!!
わぁ~!!嬉しい♪♪ツリーハウスのお手伝いをするために毎週通っていた日々が懐かしいです。


b0246693_17203932.jpg



やっぱり、カフェころんは夕方が良く似合う気がします。
そう、青が澄む時間が…

これで、第一回目の女子会レポはお終いです。長い記事を読んでくださってありがとうございました。
来週は、ハナネコ女子会の二時回をします(笑)

b0246693_17204637.jpg


[PR]

by kazematikado | 2015-11-10 22:10 | 女子会 | Comments(2)
2015年 08月 31日

幽玄の森へ

8月28日、お友達のモナスマさんと、ふたり女子会をしてきました。
毎年、御岳山に咲くレンゲショウマを愛でに、ハナネコ女子会で集まるのですが
今年は前半があまりに暑く、後半はわたしの休日が土日に取れず、平日の開催となってしまい
みなさんのご都合がつきませんでした。

みなさんには申し訳ありませんでしたが、モナスマさんとふたり、心ゆくまで〝薄紫の君〟との逢瀬を楽しんできました。
今回来られなかったハナネコ女子会のみなさんに見ていただきたくて、取り急ぎアップいたします。




b0246693_21155704.jpg


More よろしければ続きをどうぞ
[PR]

by kazematikado | 2015-08-31 23:40 | 女子会 | Comments(4)