「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:公園( 5 )


2015年 12月 08日

オアシス

ここは、ほんと、オアシスだと思う。大都会新宿の中心にありながら自然をたっぷり満喫できる。
なんだか、ドラえもんのどこでもドア~♪で、いきなり別世界に迷い込んだような気がします。


b0246693_00024899.jpg

11月27日、南会津から、ひだまりちゃんが上京してくるのに合わせて、みんなで集まろうとよしころんちゃんが『新宿御苑カメラ散策』を企画してくれました。
だけど、その計画があまりにアバウト。決め事は13時に正門に集合してみんなでランチに行くという1点だけ。
集合も解散も各自自由にとのこと。ムムム、これは?もしや?と思ってよしころん隊長に聞いてみたら。
『わたし、お得意の放置プレーよ!』とお返事が帰って来ました。
なるほどね。細かく決めてみたって、どーせ、みんな思い思いに写真撮って、好きなだけ時間をかけて結局予定通りに進まないのだから決めてもしょーがない。
わたしたちには『野放し』が丁度いいって悟ったのだそう(笑)
本当のよしころん隊長は、とっても几帳面で完璧な計画を立てるしっかり者の隊長なんですけれどね(^_-)
まぁ、今日は都会の公園カメラ散策で、山じゃないのでネ(^^)

ということで、わたしは10時着を目指して新宿へ向かいました。結局園内で写真を撮っているうちに
何処かでバッタリ往き合うはず、こういう集まり方もおもしろいですね。
わたしの今日の目的は、ひだまりちゃんに逢う事と、落羽松と巨木たちに逢う事でした。
正門を入ると、数人のメンバーから日本庭園辺りにいるとのメールが入ってました。
わたしは、母と子の森で落羽松を見てから日本庭園方面に向かうと返信して早速、銀杏の巨木を見上げながら深い森の方へと入って行きました。

b0246693_00122952.jpg



More よろしければ、続きをどうぞ(^^)
[PR]

by kazematikado | 2015-12-08 16:41 | 公園 | Comments(6)
2015年 06月 06日

新宿御苑 バラ園


新宿御苑の最後は、フランス式整形庭園の薔薇園で締めくくりです。
少し時季は遅めでしたけれど、今年も薔薇を楽しめました。


b0246693_13190338.jpg


b0246693_13200049.jpg


真紅の薔薇はやっぱり情熱的ですね。


b0246693_13232918.jpg


b0246693_13212242.jpg


斑入りもまた美しいです。


b0246693_13213941.jpg


b0246693_13214708.jpg

b0246693_13221883.jpg

b0246693_13224199.jpg


プリンセス愛子と言う名の薔薇がありました。
ビビットで愛らしい薔薇でした。


b0246693_13243234.jpg


b0246693_13244141.jpg


b0246693_13250148.jpg


b0246693_13253514.jpg


b0246693_13253947.jpg


オレンジ色の薔薇って、すごく綺麗


b0246693_13261134.jpg


b0246693_13261404.jpg


b0246693_13263476.jpg


b0246693_13264751.jpg


b0246693_13275518.jpg



b0246693_13223042.jpg



b0246693_13280099.jpg


b0246693_13280575.jpg

b0246693_13284048.jpg


b0246693_13283743.jpg



b0246693_13290488.jpg


b0246693_13290897.jpg



b0246693_13300001.jpg


b0246693_13300951.jpg


b0246693_13310675.jpg


b0246693_13304427.jpg



b0246693_13313964.jpg



b0246693_13313791.jpg


b0246693_13314159.jpg



b0246693_13315240.jpg




b0246693_11335808.jpg


雑な写真ばかりですみません。また、いつかじっくりと写真撮影に訪れてみたい公園でした。おしまい。



[PR]

by kazematikado | 2015-06-06 13:46 | 公園 | Comments(2)
2015年 06月 06日

新宿御苑 大温室

新宿御苑の温室は、明治8年に新宿御苑の前身の内務省内藤新宿試験場に
ガラス張りの温室が建てられた事に始まるそうです。


b0246693_11495285.jpg


明治26年に加温式洋風温室が建てられ、洋ラン・熱帯、亜熱帯の植物などが
栽培され我が国の温室園芸の先駆的なっ存在でした。
第二次世界大戦中に空襲を受け建物と植物の大部分を失いましたが、
その後、復興し、昭和26年から一般公開されました。(パンフレットより)

現在の建物は、平成24年に建て替えられたものだそうです。
温室の閉館時間まで30分しかありませんでしたが、写真だけ撮って来ました。
アングルも考えず、パシャパシャ手当たり次第に撮った写真ですがアップして見ます。
もちろん名前も判りませんのでご了承くださいませ<m(__)m>


b0246693_11503274.jpg


食中植物かしら?


b0246693_11504887.jpg

b0246693_11511373.jpg

ツルラン、この名前は覚えました(^^)


b0246693_11511670.jpg


これも不思議な花です。顔があるみたい(^^)



b0246693_11512544.jpg



b0246693_11514766.jpg



b0246693_11520454.jpg



b0246693_11523643.jpg


真っ白なハイビスカスかな?


b0246693_11551776.jpg



b0246693_11553598.jpg



b0246693_11555145.jpg


b0246693_11555508.jpg

b0246693_11563192.jpg

色といい、形といい、なんか、かわいいお花です。


b0246693_11564517.jpg

不思議な模様。見れば見るほど、不思議???


b0246693_11564898.jpg


b0246693_11571160.jpg


カトレアみたい。綺麗です~♪


b0246693_11570878.jpg

b0246693_11572134.jpg


b0246693_11571569.jpg


b0246693_11573993.jpg


雫が奇麗で、つい夢中になりました。


b0246693_11573627.jpg




b0246693_11575341.jpg



b0246693_11574245.jpg



b0246693_12001161.jpg




b0246693_12001580.jpg


顔があるみたい。不思議の国のアリスに出て来そうなお花。

b0246693_12003507.jpg



b0246693_12010648.jpg

白い蝶が飛んでいるみたい。可憐なお花です。


b0246693_12005763.jpg

お馴染みのハイビスカスかな?でも、とっても大きい花でした。

b0246693_12013142.jpg

大きな大きな花房が目を引きました。


b0246693_12013529.jpg

凄く綺麗な観葉植物ですね。深い緑に、白のラインが素敵です。


b0246693_12022486.jpg


ミッキーマウスの木と書かれていました。可愛い実ですね。


b0246693_12030739.jpg

エキゾチックな葉っぱ!!


b0246693_12032063.jpg

花はベゴニアですね。

b0246693_12072210.jpg


大きな、大きなサボテンでした。花が咲いたら見事でしょうね。


b0246693_12034939.jpg


b0246693_12043317.jpg


羊歯もたくさんの種類がうっそうと茂っています。緑が綺麗ですね。


b0246693_12040566.jpg

アジアンタム、好きな観葉植物です。

b0246693_12040811.jpg


b0246693_12041923.jpg

セントポーリアって、一時室内で栽培するのが流行りましたね。

b0246693_12043627.jpg


b0246693_12034541.jpg

熱帯ジャングルを連想させますね。


b0246693_12020667.jpg

蛍の光が流れ、大温室を後にしました。ほんと、駆け足(笑)

b0246693_12015755.jpg

[PR]

by kazematikado | 2015-06-06 12:24 | 公園 | Comments(0)
2015年 06月 06日

新宿御苑 庭園散策

新宿御苑は、徳川家康の家臣、内藤氏の江戸屋敷の一部がそのルーツと言われています。
明治に入り農業試験所を経て、明治39年に皇室の庭園となり、戦後昭和24年に国民公園として
一般公開されました。園内には、フランス式整形庭園、イギリス風形式庭園、そして日本庭園が
巧みにデザインされ、明治を代表する近代西洋庭園と言われています。(パンフレットより)


とても広くて全部を回る時間も無かったので、駆け足で見て歩きました。
まずは日本庭園から。

ヒマラヤスギの立ち並ぶ広場を抜けて


b0246693_00441044.jpg


瑞々しい葉を広げるトチノキの下をくぐり抜けると


b0246693_00442787.jpg


日本庭園が現れました。この橋を渡って池の周りを一周できます。


b0246693_00443968.jpg



水面を過る風も涼やかな五月
b0246693_00444698.jpg



滴るような緑が、深山にいるような錯覚に落ちます。

b0246693_00445922.jpg



森の奥からは鳥の声が聞こえてきます。

b0246693_00451309.jpg



日本庭園には定番の灯篭と松かな?

b0246693_00452329.jpg


語りかけるように、揺れる柳の下を~♪

b0246693_00453076.jpg



庭園を散策するのは、外国人が多いです。

b0246693_11261647.jpg



キショウブ越しの風景

b0246693_00511698.jpg




藤棚もさつきも、もう終盤だけれど花の時季はさぞ美しいことでしょう。



b0246693_00500141.jpg


水面の映り込みも、きっと計算された造園なんだろうな。美しいです。

b0246693_00510296.jpg



b0246693_00510830.jpg


水辺の涼を楽しむという、旧御涼亭、こちらにも外国人カップル


b0246693_00521571.jpg


あら?どこからともなくシャボン玉が飛んできたと思ったら…
木陰でくつろぐ家族連れ、真っ白なドレスの赤ちゃんが可愛いなぁ。


b0246693_00523363.jpg



微笑ましい家族の光景です。



b0246693_00524302.jpg



緑の木陰に目の覚めるような、楓の翼果の紅色、綺麗だなぁと思って…


b0246693_00530367.jpg


ユリノキ(百合の木)の巨木です。一度見たら忘れられない好きな樹です。ちょうど花も咲いていました。
学名はチュ―リップツリーで、チューリップのようなユリの(花の)木の意味でこの樹にピッタリの名前です。

b0246693_00541408.jpg

黄色にオレンジ色の帯が入ったカップのような、チュウリップのような、かわいいお花です。


b0246693_00561724.jpg


葉っぱも、変わった形で、半纏に似るから、ハンテンボク。奴凧に似るからヤッコダコノキ。
軍配に似るから、グンパイノキと別名も豊富です。秋には見事に黄葉します。


b0246693_00551508.jpg

原っぱの道をどんどん歩いていくと、とっても見事な銀杏の巨樹に出逢います。


b0246693_00565179.jpg

健やかに大きく枝を広げた銀杏の巨樹。
山では他の木々の影響で、こんなふうにな均整のとれた樹形にはならないかもしれません。


b0246693_09504501.jpg


丸花壇が美しいです。この辺りから、イギリス風形式庭園のエリアに入るようです。



b0246693_00571631.jpg



b0246693_00574747.jpg



b0246693_00575231.jpg



木陰で写生を楽しむ人々の姿も。 こういう楽しみ方も良いですね。



b0246693_00585604.jpg


b0246693_00583317.jpg



クロアゲハが、花から花へとひらひら舞います。昆虫の楽園でもあるのですね。


b0246693_00591175.jpg



緑の森影に咲く、ドクダミの花を美しいと思います。



b0246693_00570523.jpg


水辺の姿も美しいです。


b0246693_10525002.jpg


たぶん、あの樹はハルニレでしょうか?エルムの樹…傍まで行けなかったけれど、行ってみたかったな。



b0246693_00593338.jpg


芝生を駆け回って遊ぶ親子。いい感じ(*^_^*)


b0246693_01013492.jpg


何だか、外国の公園のような気がします。NTTのビルも一役買っていますね!!素敵な眺めです。



b0246693_11285212.jpg



メサテコイヤの並木、どこかにラクウショウがあったようですが、見つけられませんでした。


b0246693_23440502.jpg

ケヤキの巨木の森に光が射します。



b0246693_11015696.jpg


なかなか、思うように撮れません。難しいなぁ。。。


b0246693_11014337.jpg


長くなりましたので、フランス式整形庭園と、大温室は、別の記事で綴ります。

[PR]

by kazematikado | 2015-06-06 11:06 | 公園 | Comments(0)
2015年 06月 06日

新宿御苑 回想編

友人の写真展の帰りに新宿御苑を散策しました。
園内はとっても広く、静寂そのもの。緑に溢れていました。巨樹もたくさんあります。
副都心新宿、都会の真ん中に、こんなに自然が色濃く残っているのが不思議です。


b0246693_11341480.jpg

                        銀杏の巨樹



b0246693_23433523.jpg

                      ヒマラヤスギの巨樹
  

              
新宿御苑は、ずーっと昔、18歳の時、1度だけ来たことがあります。
高校時代の同級生のM君に誘われての、初めてのデート、季節は冬でした。
スズカケの木の下を通りながら、
『スズカケの木って、ほら、実が鈴を懸けたみたいになっているでしょう』

「ほんとうだ、鈴みたい、2つづつ、下がっていてかわいいね~。」

『前に読んだ本の中に、鈴懸の木の下で、少女が橋に腰かけて、流れに足を浸している…って場面があってね。
それで名前を覚えたんだ。鈴懸の木ってどんな木かなぁって思ってね。』

「M君って、詩人なんだね。すごく素敵な場面が目に浮かぶね!」

『それで、最初にここに来た時、鈴懸の木を探したら、ああ、この樹かぁって。
でも、夏だったから実は無かったんだ。秋に来てやっと鈴懸の意味が分かったんだよ。』



b0246693_11323259.jpg

           プラタナスの並木道、あの時歩いたのはここだったのだろうか?
               
b0246693_11330277.jpg



高校3年生の時のクラスメートで、わたしの前の席に座っていたM君。
ちょっとひょうきんな感じで、ビートルズみたいなマッシュルームカット。いつも友達と楽しげに話していたな。
わたしは、その頃、弓道一直線(笑)で、周りが全然見えてなくて、クラスメートとはあまり関わりを持っていませんでした。
授業が終わると、まっすぐに弓道場に直行していたし…弓道三昧な日々でした。
そのわりにひ弱で、時々、体調を崩して学校を休むことがありました。
高3の冬、急性胃炎で、5日ほど休んで登校すると、M君が、ノートを貸してくれました。
『休んでいたから、ノートとっておいたよ。』と、さりげなく。
わたしは、びっくりして、でもありがたく貸して貰いました。判りやすい綺麗な字だったな...


b0246693_11330833.jpg


b0246693_11321719.jpg

                  スズカケノキ(プラタナス)


新宿御苑を歩いて、そのあと当時流行だったJAZZ喫茶へ、新宿ルノワールでお茶したんだったなぁ。
ちょっと背伸びした二人。間違って2階の同伴席に入っちゃって、どぎまぎして慌てて出てきたっけ。
そんな甘酸っぱい記憶を辿ってみても、どの辺りを歩いたのかさえ、さっぱり思い出せませんでした。
ただ、覚えているのは、鈴懸の木と、室生犀星の詩の話。M君はやっぱり詩人だったのでしょう。
その後、一度も逢っていないけれど、今頃、どうしているのでしょうか?
古いアルバムを開いても、消息を知る由もありません。

それっきり、訪れることもなかった新宿御苑は、都会の中のオアシスみたいな場所でした。
古い、どーでもいいようなお話でしたね。すみません^_^; お後は、写真で綴ることにします。



b0246693_11263653.jpg

  
      モミジバスズカケノキ、たぶん、あの日見上げたのはこの樹だったと思います。






滴り止まぬ 陽の光

うつうつまわる 水車

青空に 越後の山も見ゆるぞ

一日 野に出でで もの言わず

今は はや しんに寂しいぞ


この詩を好きだと言っていたね。なぜかいまでも空で言えます。






[PR]

by kazematikado | 2015-06-06 00:26 | 公園 | Comments(2)