カテゴリ:ステンドグラス( 1 )


2016年 01月 23日

出来ました~♪

まだ、前日の雪がいっぱい残っていてツルツル滑る街角を注意しながら歩きます。
電車は青梅~奥多摩間は、倒木のため不通となっていました。
わたしは青梅で降りるので、何とか待ち合わせに間に合いました。
今日は、ステンドグラスのレッスン日ですが、その前によう子ちゃんとランチの約束です(*^_^*)
cafeころんに行くと、今日はココカラcafe「体質改善カフェ」の日だそうです。

暖かなペレットストーブが赤々と燃える店内は、なんとも和みます。
裏庭はどうなってるのかな?と、早速覗きに行きました。
雪かきも綺麗にされていて、久しぶりのツリーハウスは明るい陽射しに照らされて気持ち良さそうな空間でした。




b0246693_02244309.jpg



青空に高くそびえるシンボルツリーのさわらの樹とツリーハウスです。



b0246693_02244785.jpg

 
吊り橋も健在。
そうか~!ツリーハウスに登ってみれば良かったなぁ…
きっと雪の山並みとか、街の様子とか見れたんだろうけれど。
 


b0246693_02245493.jpg

よう子ちゃんと逢うのは暮の忘年会以来でした。
娘ほど年の違うよう子ちゃんですが、こんな雪の日に、逢いに来てくださって本当に嬉しいなぁ(*^_^*)
去年、初めてお逢いしたのは、五月の事。ツリーハウスで使う木を成木の森へ切りだしに行く朝でした。

その時、意気投合して、その後、一緒に倉沢谷を散策したことが懐かしく思い出されて、お互い話が弾みました。
この日、アロマでその日の体調を調べて健康のアドバイスをしてくれる、アロマセラピストさんがいらっしゃいましたので、
早速、アロマ体験をすることになりました。

8個の香りの中から、自分の好きな香りを順番に決めていきます。それで、その日の体調やその人の思考や生活習慣など
判るのですって。不思議ですよね。興味津々、わたしもよう子ちゃんも真剣に挑戦しました(笑)



b0246693_02250107.jpg

で、結果ですが、わたしとよう子ちゃんは、一番好きな香りが一緒でした。
二人はお互いに似ていて、ずっと一緒にいても疲れないのだそうです。そうですね、そうかも知れないです。
ようこちゃんは、気配りの人でお話も聞き上手です。そして、とっても柔らかな素敵な笑顔の持ち主です。
お逢いする度に、ホッとするような気持ちにさせてくれ癒されます。

そして、わたしは、物事をじっくり思考して決めるタイプなんですって。そうかなぁ~?
好奇心旺盛で、あまり先々の事は良く考えず直ぐに飛び込んでしまうタイプなんですけど…?
『でも、夜とか、その日にあった出来事をいろいろ考えませんか?』とセラピストさん。
そう言えば、いろいろ考えますね。
『深層心理では、じっくり考えて行動するタイプと言う事なんですよ。
こういう人はボケません。痴ほう症にならないタイプですから大丈夫です。』とセラピストさん。
え~!!!ほんとうですか?最近忘れっぽいし、それが心配で…(笑)
と、こんな風に楽しい時間が過ぎました。

そして、アロマセラピーで判った体質改善ランチが運ばれてきます。
御粥に根菜の味噌和えが乗っています。とってのヘルシーなランチは体に良さそうです。
このほんのり優しくて温かいランチを作ってくださった方とは、以前、ティールームでもお逢いしたことがあって、
そんな出逢いや繋がりも、「カフェころん」ならではの繋がりで、なんだか嬉しいものでした(*^_^*)


体を温める根菜中心のヘルシーで優しいメニュー。おかゆはおふくろの味って感じで何だか懐かしいのでした(^^)

b0246693_02250666.jpg

そして、ランチの後は1時半からminamoさんでステンドグラスのレッスン日です。
よう子ちゃんとお話しも弾んでお名残惜しいのですがminamoさんに向かいます。

ステンドグラスに興味があるよう子ちゃんも少しの間見学されて帰って行かれました。
よう子ちゃん、今日はお逢い出来て嬉しかったです。どうもありがとう(*^_^*)
なんだか、最後は、慌ただしくってごめんなさいね。また、ゆっくりお話ししましょうね。


そして、そして、約3時間、先輩生徒のみなさんの楽しいお話を聞きつつ、まり子先生の的確なアドバイスや
手取り足取りのご指導を受けつつ、不器用な手つきですが、夢中で作品づくりです。

綺麗なガラス板に銅テープを巻いたあと、いよいよハンダで組み立てていきます。
平面的な一枚のガラスが立体的に組み立てられていく瞬間は、子どもの頃、厚紙で箱を作った事を思い出します。

銀色の棒ハンダを、ハンダゴテで溶かすとコロッとした銀色の玉が出来ます。ハンダの雫です。美しい!!!
そして、ハンダを銅テープに添って乗せていきますが、これがなかなか難しいのです。
ハンダゴテを当てすぎると、ガラスとガラスの隙間からハンダが裏に抜け落ちてしまうし…

先生のお手本は、表面張力でハンダはコロッとしたかまぼこ型になるのですが、わたしのは凸凹型でした(笑)
先生に手直ししていただきながら、出来ました!!!わたしの初ステンドグラス作品です。



b0246693_02260853.jpg

光の当たり具合で、色ガラスの色合いが変わり、何ともステキ!!!
ちょっと凸凹なのは置いといて、出来上がって凄く嬉しいです!!!

やさしい先生も先輩生徒のみなさんも、『綺麗に出来ましたね♪』と誉めてくださってありがとうございます。


出来上がった作品は、ハンダが銀色でピカピカです。
これはこれで綺麗なんですが、さらに加工します。
薬品でハンダを拭くと、あら~!!!不思議。化学反応を起こしてハンダの色が変わって行きます。
薬品によって、ピンクゴールドのような色合いと、いぶし銀のような色合いとの二種類に変えられるそうです。
わたしは、ピンクゴールドを選んでみました。作品によってはそのままの銀色のハンダの色を出すものもあるそうです。

このひと手間で、作品は見違えるような変貌をとげます。なんだか化学の実験みたいな要素もあって面白いです。
なんだか学生時代を思い出すなぁ…ステンドグラス、おもしろい!!!と実感しました。


b0246693_02262635.jpg

嬉しくって、あれこれ角度を変えて撮ってみました(笑)
自己満足の作品ですが、いかがですか~?



b0246693_02263832.jpg





[PR]

by kazematikado | 2016-01-23 11:00 | ステンドグラス | Comments(6)