カテゴリ:友( 8 )


2017年 02月 13日

さよならは言わない

先日、16年余り交流があった大切なお友達の訃報が入りました。
昨年、3月に一緒にハナネコノメの花を見に行き、陽光降り注ぐ林道を歩きながら楽しくおしゃべりしました。
今年ももうじき、ハナネコノメが咲きだすのに、友は待ちきれずに逝ってしまいました。
誰にもさよならを言わないままで…


b0246693_09075299.jpg



わたしが尾瀬に通っていた頃、尾瀬の写真や詩やエッセイを綴っていた拙いホームページを通じて
たくさんの尾瀬のお友達が出来ました。shinさんもそのお一人でした。
2002年を期に、わたしが尾瀬に行かなくなって、みなさん『どうして?』って心配してくれて…
shinさんもなにくれとなく気にかけてくださいましたね。
そう言えばshinさんとは、一緒に尾瀬を歩いたことがなかったですね。
その代り、奥多摩や、青梅や、高尾山や、秩父や、房総や、赤城や、新宿御苑など、ご一緒させてもらいました。
想い出は山ほどあって、記念の写真もたくさんあって、またこれからもそういう写真が増えていくと思っていたのに、
shinさんが旅立ってしまったなんて信じられません。


b0246693_09090818.jpg

昨年の奥多摩分校のプチ遠足の時、ちょっと辛そうだったshinさん、その後、体調を崩されて入院が決まった時、
『残された日々が短いと言うなら、その日々を大切に過ごせば良いだけの事と思っています。山道はキツイけれど、
平坦な道や車での移動なら大丈夫です。退院してきたらまた誘ってください。』と、メールをくださって…
わたしたち、若草女子会は、泣いてしまったけれど、shinさんは戻ってきてくれるものと信じていました。
でも、思っていた以上に入院が長引いてしまい、心配していました。

昨年の11月に退院された時も、『心身ともに元気です。』とメールをくださり、良かった!!と安心したけれど、
みんなを心配させまいとして、気遣ってくれての事だったのでしょうか?
今年のお正月にいただいた年賀状は、美しい尾瀬の風景写真が散りばめられていました。
あの年賀状は、shinさんの最後のメッセージだったのでしょうか?

わたしたちは、暖かくなったらShinさんを訪ねるつもりだったのです。節分草の咲く頃なら逢えるかなぁと…
そして、今年もハナネコノメの花を訪ねて一緒に歩けるかなぁと…
でも、送ったメールも遅かった… shinさんには届かなかったんですね。
shinさん、悲しくて、信じられなくて、思い出すのはshinさんの照れくさそうな笑顔ばかりでした。
今日、ようやく、ここに書くことで気持ちの整理がつきました。


b0246693_09094098.jpg


shinさんには、本当に良くしていただきました。
中でも、安曇野さんが、初めて尾瀬仲間さんのオフ会に仲間入りしたのは、shinさんが企画してくださった
宝登山の蝋梅オフでした。
当日の朝、急に、「安曇野さんも一緒に伺っても良いですか?」とメールした時、
『もちろんです!望むところです!!』と即答してくれ、暖かく迎え入れてくださった事、とても感謝しています。
shinさんが教えてくださったたくさんの事を忘れないようにします。
shinさん、いつも、いつも、優しくしてくださってありがとうございました。
でも、さよならは言いませんよ。だって、これからもshinさんは、ハナネコ女子会や若草女子会にちゃっかり
参加するつもりなんでしょ?
奥多摩分校の遠足にも、あの照れくさそうな笑顔で、きっと参加してくれるのだと思いますから。

そして、大好きだった尾瀬を、愛犬のしんのすけくんと、これからもずっと歩いているのでしょうから。
shinさん、春が来たら、また逢いましょうね。


b0246693_09172438.jpg

[PR]

by kazematikado | 2017-02-13 09:19 |
2015年 12月 26日

サンタの家


b0246693_01575912.jpg

久しぶりに故郷の友人が遊びに来てくれることになりました。
故郷といってもお隣の埼玉県なので、車で40分あれば行けるところです。
そんなに近くにありながら、父母の居なくなった実家にはお盆とお正月に帰るくらい。
第二の故郷、青梅に住んでからの年月の方が長くなりました。
“ふるさとは遠きにありて思うもの…” なのでしょうね。

友人とは、中学・高校と同じ学校に通い、多感な青春時代を共に過ごした親友です。
性格はだいぶ違うのですが、自然が好き、歩くのが好き、と言うところが気が合って
卒業後の進路は別々でしたけれども、長い休暇にはスリーピングシーツをザックに詰めては、
ユースホステルを渡り歩いて二人で旅したものです。

お互いに新たな家庭を持って、子育てや仕事に追われつつ、新しい人間関係も出来ましたけれど、
会わずにいる時間が長くとも、やはり一番、心にかかる親友の一人です。
息子さんが大変な病気をされ壮絶な闘病生活を必死に看病し支えながらも、愚痴一つこぼさない
頑張り屋の友は、いつも穏やかに家族を見守るご主人と暖かい家庭を築いています。

そんな友ですが、一昨年、長年の頑張りが疲れとなったのか、彼女自身も難病と言われる病気になってしまいました。
だけど辛い顏も見せずに『わたしね、見た目は健康そうだけど、無理できない体になっちゃって、
だからできることだけのんびりやっていくつもり。』と、いつもの穏やかな笑顔で話します。

今年は、彼女の体力に合わせ5月に御岳渓谷遊歩道をゆっくりと歩いて、お豆腐料理でランチしました。
7月には、中学校の同窓会で、中学時代と同様に、みんなの人気者だった彼女でした。
そして、急に一昨日、会うことが決まり青梅に来てくれる事になりました。

どこに行こうかな?とあれこれ考えましたが、クリスマス前だし、青梅にあるサンタの家に案内することにしました。
かわいい青い車でやって来た彼女に「今日は、サンタの家に連れて行くね。」と話すと、
『え~!!楽しみ~♪』と目を輝かせました。





More よろしければ続きをどうぞ(*^_^*)
[PR]

by kazematikado | 2015-12-26 03:02 | | Comments(2)
2015年 05月 16日

写真展のご案内

お友だちが2つの写真展に出展しています。

若草女子会のメンバーであり、隊長のよしころんちゃんです。
彼女の写真の腕前は、みなさんすでにご承知と思います。
ただでさえ、写真センス抜群で上手な彼女が、ニコンカレッジに通い始めました。
写真の腕前が、さらにアップしたのは言うまでもありませんが、講師の 山岳写真家 菊池哲男プロ の
主催するKTフォトクラブにも所属することになり、更に研鑽しているそうです。
今回はこの写真クラブの作品展があり、彼女の作品も出展するそうです。

b0246693_01201104.jpg


b0246693_01201650.jpg

そして、もう一つ、ニコンカレッジの卒業作品展もあるそうです。



b0246693_01202115.jpg

b0246693_01202553.jpg


いつもブログで拝見させていただいている美しい写真を生で、大きな写真で見せていただけるなんて
今から伺うのがとても楽しみです。みなさんも、よろしかったらぜひご覧ください。(*^_^*)

よしころんちゃんのブログ 季節の花と山を訪ねて



[PR]

by kazematikado | 2015-05-16 01:32 | | Comments(2)
2015年 02月 08日

再会 

月日は流れて…
毎年、年賀状でのやり取りで、『今年は逢いたいね。』と言っていた友人に再会できました。
彼女は高校時代の親友〈悪友)(笑) 1年生の時同じクラスになり、同じクラブに入部しました。
入学式の日、教室に入った時、偶然、隣りの席に座りました。
彼女は色白で肩までのセミロングの髪型が良く似合っていて、なんとなく印象に残った人でした。
入学間もない頃、放課後の裏庭は、それぞれの部が勧誘のためのデモンストレーションをしていて、
部活希望の新入生は、ドキドキしながら巡ったものでした。
わたしも、高校に入ったら何か打ち込めるものを持ちたいと思っていたので、興味津々で見に行きました。
山岳部のテントを見た時、山が好きだったので、入りたいと思いました。思い切って聞いてみました。
すると『部員は男子だけなんだよね。』という先輩の返事。当時、年上の男子とは口もきけないような…
そんな内気な娘だったわたしは、それじゃぁムリだ…と諦めました。(今と大違いなシャイな娘でした)^_^;


次に興味を持ったのは、弓道同好会。巻き藁と言う俵を蒔いたような的に向かって先輩が弓を引いていました。
確か男子の先輩が3人と女子の先輩が3人で、人数が足りないため部としては認められなくて今は同好会でした。
日本古来の武道の弓道と言うものに、凄く惹かれてしまって、迷わず入部を決意したのでした。
その弓道部に、同じクラスのあの彼女も入部したのでした。
彼女の名前はSちゃん。ケラケラ良く笑う子でした。わたしたちはすぐに仲良しになりました。
一緒に入部した新入生8人は、弓道に夢中になり、のめり込みました。次の年の春には関東大会で優勝し、
夏にはインターハイに出場しベスト8まで残り、ついには同好会を部に昇格させるまで登り詰めたのでした。
明けても暮れても弓道一筋のそんな青春物語もあるのですが、長くなるので、その話は今は置いときます(笑)



Sちゃんとは、すごく気が合って良く遊びました。時々、授業を抜け出して線路わきの土手に寝転んで
将来の夢や、いろんなことを話したりもしました。だから、悪友?でもあるのですが(笑)
抜け出すのに失敗して、先生に連れ戻されたこともあったけど。それでもケラケラ笑っていたな…
お箸が転がっても可笑しい年頃でした。
Sちゃんとは、2年生の時はクラスが別になりましたが、3年生でまた一緒になりました。
そして卒業旅行にと、二人で木曽路の旅に出ました。
その旅もまた忘れ得ぬ思い出で、いつかもう一度、二人で木曽路の旅に出ようと約束していたのでした。

それなのに、その後、3回逢っただけで、最後に逢ってからもう15年以上逢っていなかったのでした。
その間に、お互いの子どもたちの結婚や、わたしは父母と義母、彼女は父と義母を見送りました。
それぞれの人生を歩み、人生の哀歓を経験して、親友であり悪友同士だったわたしたちはどんなふうに変わったのでしょうか?


b0246693_09252500.jpg


前置きが長くなりましたけれど、急に本気で逢いたくなり、お正月にメールでやり取りして、
Sちゃんが青梅に逢いに来てくれる事になりました。
1月27日、青梅駅で、わたしはワクワクしながら彼女を待ったのでした(*^_^*)




More  よろしければ続きをどうぞ(*^_^*)
[PR]

by kazematikado | 2015-02-08 17:39 | | Comments(2)
2014年 12月 21日

奥多摩分校秋の遠足(2014)

b0246693_21344673.jpg
《Photo by こいちゃん》



12月7日(日)恒例の奥多摩分校秋の遠足を開催しました。
奥多摩分校というのは、架空の学校です。
古いお友達は良くご存知なのですが、新しいお友達のために、ちょっと紹介させていただきます。

奥多摩分校の発足は、2006年11月に遡ります。当時わたしは、sizuku ONLENE 風に吹かれて という
『こころのふるさと尾瀬』の写真やエッセイ・詩などを綴るホームページを持っていました。
わたしが写真を始めたきっかけは、尾瀬の美しい自然に魅せられたからでした。
ハンドルネームのsizukuも、真っ白な霧に包まれた尾瀬の朝に、草花に降りた雫の世界に感動したからでした。

そんな愛して止まない尾瀬に諸事情から出かけられなくなった時、身近な里山や奥多摩の山や森、そこに生きる
花や虫、木や鳥たちとの出逢いがあり、わたしの世界は少しづつ変わって行ったのでした。
でもホームページ上では、尾瀬関連で知り合った心優しい素晴らしいお友達との交流が続いていました。
そんなお友達のお一人にジークさんがいらっしゃいました。

ジークさんは、わたしの新しい世界の奥多摩にも興味を持ち、『行ってみたい』と言ってくださっていました。
けれど一人では、ちょっと無理かなぁとおっしゃるジークさんを奥多摩に連れて行ってあげたいと思いました。
やはり同じように、見守り応援してくださるこいちゃんに同行をお願いして実現したのが奥多摩遠足の始りでした。

その時の事は、この 秋の日に というエッセイに書いてあります。
まだオフ会と言う言葉も耳新しい頃、ネットで知り合った三人が実際に出逢った記念すべき日でした。
思わず懐かしさに読み始めれば、わたしも、ジークさんも、こいちゃんも若々しいこと。
流れた月日の長さを思いました。

今年、夏の終わりに、ジークさんは住み慣れた東京を離れ、娘さんご家族が住む奈良へと移られました。
『わたしは余生をひとり山で生きると決めました。いままでありがとう。さようなら。』
ジークさんから送られた来た最後のメールは、きっと奥多摩分校のみなさんへのお別れの言葉だと思いました。

娘さんは、『父は大和三山の一つ耳成山が見渡せるとても景色の良い施設で暮らしています。
きっと、山にいると勘違いしたのでしょう。東京を引き払う時、持ち帰ったたくさんのアルバムを開いて
スタッフの方々に楽しそうに話していますのでご安心ください。』とメールをくださいました。

とても悲しくてとても寂しいけれど、優しい娘さんのご家族に見守られてお幸せな事と思います。
穏やかで優しいジークさんの事ですから、きっと、スタッフのみなさんにも好かれ大切にしていただいていると思います。
新しい環境に馴染むためには、ひとつづつ、忘れて行く事も必要な事なのかも知れません。
思い出の中で、ずっとずっと、わたしたちが思い続ければ、形にならなくとも想いは届くと信じたいです。
センチメンタルになってしまいましたが、ジークさんの最後のメッセージをお伝えしたいと思いました。

話がそれてしまいましたね。本題に入ります<m(__)m>





More よろしければ続きをどうぞ(^^)
[PR]

by kazematikado | 2014-12-21 11:35 | | Comments(6)
2014年 02月 20日

若草女子会、三条の湯へ(後編)

            薄氷(うすらい)を浮かべるごとき明けの月

b0246693_10385016.jpg

青い水の中で溶けて、薄く小さな欠片になった氷みたいな下弦の月が、夜明けの空に浮かんでいました。
シルエットになった煙突から立ち昇る淡い煙、だんだんと明るさを増していくコバルトブルーの空が綺麗…
静かな山の夜明けです。すると、突如、けたたましく鳴るベルの音と、『火事です。火事です』と連呼する声

『う~ん??なんじゃらほい???』『何があったの~?』寝ぼけ眼で布団から起き出した若草女子会(笑)


よろしかったら続きをどうぞ(^o^)/
[PR]

by kazematikado | 2014-02-20 00:00 | | Comments(6)
2014年 02月 17日

若草女子会、三条の湯へ(前篇)

1月20~21日で、奥多摩のさらに奥の山梨県との境にある山間のいで湯“三条の湯”に行ってきました。
1月はいろいろあって、なかなか記事が書けず今頃のアップです。よろしければご覧ください。

b0246693_11334363.jpg

昨年も若草女子会で奥多摩オフをしました。1年ぶりの奥多摩です。
今回のメンバーは、若草4姉妹+わたしたちの娘のような存在のオジーの5名です。
このメンバーで昨年秋、会津駒に登りましたので久しぶりの再会となり、とっても楽しみにしていました。
どんなに楽しみにしていたかって、遠足の前夜、嬉しすぎて眠れなかった小学生と同じくらいでした(笑)




よろしければ続きをどうぞ(^^)v
[PR]

by kazematikado | 2014-02-17 23:18 | | Comments(8)
2014年 01月 04日

親友との語らい

冬枯れの御嶽渓谷

b0246693_17512746.jpg


中学、高校と、共に同じ学校で学んだ親友と一年ぶりに逢えました。
お互い忙しくしていてなかなか逢えないのですが、今年は新年早々に逢えて話せて楽しかったです。
親友の名は、Fちゃん、逢えばすぐに、逢えなかった日々は埋まります。

車で迎えに来てくれたFちゃんと積もる話をしながら奥多摩方面へと向かいます。
途中何度か、多摩川の川辺に降りたりしながら白丸へと向かいました。
話題は互いの子どもたちの近況など…
彼女の長男K君と、わたしの次女アイリスとは、同い年なのです。

K君は、野球少年で高校でも野球部で真摯に頑張っていたスポーツ少年でした。
あまり病気もしたこともなく、丈夫に産んでくれてありがとうと親に感謝するような素直な子でした。
そのK君が、5年前、慢性白血病を発病、骨髄移植を受け、壮絶な闘病生活を経て克服した事は
彼女から聞いていました。

K君の近況を聞くと、5年が経過し、やっと再発のリスクをクリア出来たとの事でした。
今、彼は理学療法士を志し、学校に通いながら日々頑張っているとの事でした。
本当に良く頑張ったよね。K君、偉かったよね…Fちゃんも良く頑張ったよ!!
そんなことを話しているうちに車は白丸に着きました。
わたしたちは、長閑な白丸の山村を散策することにしました。

よろしければ続きをどうぞ、
[PR]

by kazematikado | 2014-01-04 18:26 | | Comments(2)