「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:獅子舞( 3 )


2016年 09月 16日

夏を見送って

毎年、必ず駆け付ける2日間、奥武蔵下名栗諏訪神社の獅子舞はわたしのライフワークです。
初めて訪れたのは2006年の夏でした。早朝、緑陰の鎮守の森から流れてきた獅子舞の笛の音色に
魅かれて覗いてみたのがきっかけでした。
その素晴らしさに釘付けになり、遠い昔に知っていた懐かしさに思わず涙が零れました。
最初はだれも知り合いがいなかった下名栗の人々と回を重ねる度に親しくしていただけるようになりました。
それは、HPにアップした獅子舞の物語 獅子舞の夏 ー夏の終わりにー を読んでくださった
下名栗の獅子舞役者のお一人とHPのBBSでの交流が持てた事。
お友だちのこいちゃんが、この物語を本にして下名栗の獅子舞保存会のみなさんに届けてくださった事。
下名栗の笛のスペシャリストであり指導者でもあるmoriさんとお知り合いに慣れた事。
そして、誰よりも熱心に獅子舞を応援している獅子舞役者さんの奥さんのマロンさんと仲良くなれた事。
こんなことが重なって、いつの間にか少しづつ下名栗の獅子舞保存会のみなさんに受け入れていただきました。
今では、下名栗諏訪神社の獅子舞応援団を名乗るまでに(笑)→下名栗諏訪神社の獅子舞

あれから10年目の獅子舞、初めて行った頃、小学校入学前だった少女が高校1年生、美しいささらになりました。
あどけないささらの少女は、今はりっぱな笛方となりました。
今年、獅子舞役者を引退されたお二人のベテラン役者さんがいらっしゃいました。
毎年、獅子舞には、それぞれの素晴らしいドラマがあり、たくさんの感動をいただきます。
そして、獅子舞が終ると夏も行ってしまったなぁと思うのでした。
時間はかかりますが、今年も獅子舞のDBを残そうと思っています。

まだ、全く写真整理できていませんが、真剣を持って舞い、獅子頭の羽根を切るという
最後の芝、白刃のシーンから。

b0246693_02155259.jpg

真剣を持った太刀使いに、獅子は刀が欲しいと追いすがります。


b0246693_02160413.jpg

きびきびとした所作に、大きな掛け声、思わず引き込まれます。


b0246693_02161877.jpg

目にもとまらぬスピードで庭場をかける獅子と太刀使い


b0246693_02164575.jpg

ぴったりと意気が合っていないと大変な事になります。


b0246693_02171615.jpg


b0246693_02175076.jpg

太刀が刀を高く上げた懐に獅子が飛び込み、その頭上を刀がかすめます。


b0246693_02195686.jpg


その瞬間、獅子頭の羽根が切られ、宙を舞います。観客席からは大きなどよめきが上がります。



b0246693_02201027.jpg


b0246693_02202979.jpg

千秋楽を迎えます。

b0246693_02224829.jpg


先輩役者は、ガッツリと握手を交わします。


b0246693_02205447.jpg


良く頑張ったなぁ!!と、後輩の獅子をねぎらいます。
思わず抱き合って涙した姿にジーンときました。


b0246693_02212758.jpg

全てを終えて、みなさん、達成感と満足の笑顔です。


b0246693_02215588.jpg


獅子舞笛女子カルテット、若い女性が白刃の親笛を見事に演奏しました。


b0246693_02220003.jpg




[PR]

by kazematikado | 2016-09-16 00:38 | 獅子舞 | Comments(4)
2015年 09月 06日

御幣懸り (揃い)

b0246693_1731353.jpg


下名栗諏訪神社の獅子舞 2015 
前回の揃いのダイジェスト版、≪夏色の絆≫に続く第2弾です。


今年も夏をギュッと凝縮したような熱い二日間でした。
まずは22日(揃い)の御幣懸りの芝からお届けします。
この芝は三匹の獅子が次々と入れ替わり、絡み合いながら舞う躍動美と構成美が際立つ芝だそうです。
今年は下名栗きっての精鋭の獅子舞役者が舞いました。
三匹の獅子の呼吸はピッタリで、それは美しく、まるで本物の獅子のようでした。
早朝の杜に響く懐かしさの籠った美しい篠笛の音色は心の中まで清められるようでした。



Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2015-09-06 17:39 | 獅子舞 | Comments(0)
2014年 01月 14日

夏の記憶

大寒波到来で、寒い~冬ですが、真冬に真夏の記事で恐縮です^_^;
昨年も下名栗諏訪神社の獅子舞を見せていただきました。
わたしは、下名栗諏訪神社の獅子舞に出逢って以来、伝統芸能の獅子舞に魅せられ
以来、毎年通っています。
奥多摩・奥武蔵・秩父は、獅子舞の宝庫で、夏場は特に、毎週のようにどこかで
獅子舞が行われています。同日開催の場所も多いので、なかなか全てを見て歩くのは
難しいのですが、なるべくたくさんの獅子舞を見てみたいと思っています。

そして、そんな中でも、ここ、飯能市下名栗の獅子舞は素晴らしくわたしにとっては
最高の獅子舞で、ついにはお友達の一葉さんと、“下名栗諏訪神社の獅子舞”という
下名栗の獅子舞の応援サイトも立ち上げて、熱烈なファン&応援団です。
一昨年からは、安曇野さんも加わり、夫婦で獅子舞の追っかけをしています(笑)

毎回、膨大な写真を撮ってしまい、その写真の山に埋もれて整理がつかずにいますが、
遅まきながら、やっと、続きの編集に取り掛かりました。

獅子舞は、全部で6芝行われ、4芝までは終わっていましたが、続きの5芝目を
デジブックにしました。5芝目の演目は女獅子隠しといって、2時間の長丁場の芝です。
真夏の午後2時~4時、もっとも暑い時間に執り行なわれるので、獅子舞役者も、ささらと
呼ばれる楽器を奏でる少女たちも、とても過酷な状況で精一杯の演技を見せてくれます。
毎年、たくさんのドラマと大きな感動を与えてくれる芝でもあります。

デジブックにまとめてみましたので、よろしければご覧いただけると嬉しいです。





Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2014-01-14 11:36 | 獅子舞 | Comments(0)