<   2014年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2014年 01月 17日

冬の記憶2 山猫軒のお話し

 宮沢賢治は、「注文の多い料理店」の序文にこう記している。

     『わたしたちは、氷砂糖をほしいくらゐもたないでも、きれいにすきとほった風をたべ、
         桃いろのうつくしい朝の日光をのむことができます。

       またわたくしは、はたけや森の中で、ひどいぼろぼろのきものが、
         いちばんすばらしいびろうどや羅紗(らしゃ)や、宝石いりのきものに、
         かはってゐるのをたびたび見ました。

       わたしは、さういふきれいなたべものやきものをすきです。
       これらのわたくしのお話は、みんな林や野はらや鉄道線路やらで、
         虹や月あかりから、もらつてきたのです。

       ほんたうに、かしはばやしの青い夕方を、ひとりで通りかかつたり、
         十一月の山の嵐の中に、ふるえながら立つたりしますと、
         もうどうしてもこんな気がしてしかたないのです。

         ほんたうにもう、どうしてもこんなことがあるやうでしかたないといふことを、
         わたくしはそのとほり書いたまでです。

       ですから、これらのなかには、あなたのためになるところもあるでせうし、
         ただそれつきりのところもあるでせうが、わたくしには、そのみわけがよくつきません。
         なんのことだか、わけのわからないところもあるでせうが、そんなところは、
         わたくしにもまた、わけがわからないのです。

       けれども、わたくしは、これらのちひさなものがたりの幾いくきれかが、おしまひ、
         あなたのすきとおったほんたうのたべものになることを、どんなにねがふかわかりません。』


b0246693_16133348.jpg

そのお店は、越生の山の中にある。
越生の梅林を越えてさらに奥…春先は梅や桃の花が綺麗で、ちいさな小川の流れる桃源郷のような所。
わたしが、このカフェを知ったのは、古くからの友人のkanさんからだった。
自転車愛好家のkanさんが奥武蔵を流していた時に、気になっているお店だという。
暮れも押し迫ったある日、kanさんから、
「薪ストーブのある素敵なカフェで新年会をしませんか?」というお誘いがあった。 

b0246693_16135162.jpg



よろしければ続きをどうぞ
[PR]

by kazematikado | 2014-01-17 18:24 | お店 | Comments(4)
2014年 01月 15日

冬の記憶

数年ほど前の話になりますが、その頃、わたしは巨樹に魅せられていました。
人知れず深い森の奥に佇み、数百年もの人知を超える営みを続ける巨樹という存在に
崇高なものを感じて訪ね歩いていました。

身近な場所にある巨樹から探し始めて行くうちに奥多摩にはたくさんの巨樹があること
また、たくさんのバリエーションルートと呼ばれる山道があることを知りました。
それを知ってからというもの、毎週のように奥多摩の森を徘徊したものです。

しかし、一人では限度がありました。
そんな時、日原森林館を拠点にして森を歩く人たちと出逢いました。
日原の知られざる巨樹・巨木を探求しているスペシャリストたちです。

それからの2年間は、何度も巨樹探しに同行させていただきました。
“日原探検隊”と自らを名乗って、数々の巨樹に逢いに行った日々…
素晴らしい日々でした。今も、巨樹の姿と共に忘れることはありません。

いつの日か、あの巨樹たちにもう一度巡り合う日を願い、そして、まだ見ぬ巨樹たちに
逢いに行く日を今でも夢見ています。
そんな思い出の山行の中から、真冬の森に遊んだ記憶を写真と共に綴ってみたいと思います。

b0246693_15393512.jpg


よろしければ続きをどうぞ
[PR]

by kazematikado | 2014-01-15 17:37 | 山と森 | Comments(6)
2014年 01月 15日

DB “玄冬の森”


Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2014-01-15 17:29 | デジブック | Comments(0)
2014年 01月 14日

夏の記憶

大寒波到来で、寒い~冬ですが、真冬に真夏の記事で恐縮です^_^;
昨年も下名栗諏訪神社の獅子舞を見せていただきました。
わたしは、下名栗諏訪神社の獅子舞に出逢って以来、伝統芸能の獅子舞に魅せられ
以来、毎年通っています。
奥多摩・奥武蔵・秩父は、獅子舞の宝庫で、夏場は特に、毎週のようにどこかで
獅子舞が行われています。同日開催の場所も多いので、なかなか全てを見て歩くのは
難しいのですが、なるべくたくさんの獅子舞を見てみたいと思っています。

そして、そんな中でも、ここ、飯能市下名栗の獅子舞は素晴らしくわたしにとっては
最高の獅子舞で、ついにはお友達の一葉さんと、“下名栗諏訪神社の獅子舞”という
下名栗の獅子舞の応援サイトも立ち上げて、熱烈なファン&応援団です。
一昨年からは、安曇野さんも加わり、夫婦で獅子舞の追っかけをしています(笑)

毎回、膨大な写真を撮ってしまい、その写真の山に埋もれて整理がつかずにいますが、
遅まきながら、やっと、続きの編集に取り掛かりました。

獅子舞は、全部で6芝行われ、4芝までは終わっていましたが、続きの5芝目を
デジブックにしました。5芝目の演目は女獅子隠しといって、2時間の長丁場の芝です。
真夏の午後2時~4時、もっとも暑い時間に執り行なわれるので、獅子舞役者も、ささらと
呼ばれる楽器を奏でる少女たちも、とても過酷な状況で精一杯の演技を見せてくれます。
毎年、たくさんのドラマと大きな感動を与えてくれる芝でもあります。

デジブックにまとめてみましたので、よろしければご覧いただけると嬉しいです。





Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2014-01-14 11:36 | 獅子舞 | Comments(0)
2014年 01月 11日

冬日向(ふゆひなた)

b0246693_10531168.jpg
故里の里山を歩いた日のこと

武蔵野の低山は、冬の陽だまりが暖かくて、山茶花の花咲く野道です。
わたしにとって、山茶花の咲く道はふるさとの景色でもあります。
さざんか、さざんか、咲いた道 焚き火だ、焚き火だ、落ち葉焚き…
山茶花の小道に出逢うと、いつも、こんな童謡が頭をかすめます。
子どもの頃は、この歌のように、あちらこちらで落ち葉を焚く風景があったけれど
今は見かけなくなりました。落ち葉で焚いた焼き芋、おいしかったなぁ…(^^)








よろしければ続きをどうぞ
[PR]

by kazematikado | 2014-01-11 13:08 | 里山 | Comments(4)
2014年 01月 09日

冬の宝石

冬鳥に逢いたくて、里山を歩きました。
冬鳥には逢えなかったのですが、冬の宝石をたくさん見つけましたよ。

マユミ、サオトメカヅラ、ヒヨドリジョウゴ、ゴンズイ、コバノガマズミ
ウメモドキ、カラスウリ、ムラサキシキブ、ヤブコウジなど、など、

b0246693_09322212.jpg



よろしければ、続きをどうぞ
[PR]

by kazematikado | 2014-01-09 12:10 | 里山 | Comments(16)
2014年 01月 08日

冬の陽だまり

b0246693_10072785.jpg

これは、もう昨年の記事になりますが…
こどものころ、遠足でよく訪れた低山を登り、まだ歩いたことのなかった尾根伝いを歩いてみました。
とても静かな朝、柔らかな陽射しが降り注ぐ、小さな谷戸にでました。
背の高い萱原が続き、残り火のように色づく葉が残っていて、
ベージュ色になったススキの穂がふわふわと浮かんでいました。
カサコソと、どこかで萱原を渡る音が聞こえます。

「カヤクグリやアオジかな?」 か細く、チ、チ、チと鳴く声もします。
冬鳥に逢いたくてここまで来たけれど、気配だけでも嬉しいものです。
それよりも、なんて長閑で暖かな陽だまり…
こんな場所をそぞろ歩けるだけでしあわせです。



よろしければ続きをどうぞ
[PR]

by kazematikado | 2014-01-08 12:30 | 里山 | Comments(0)
2014年 01月 06日

初詣

1月5日、今年の初詣に家族で川越に出かけました。
年々、子どもたちは親と一緒に出掛けなくなり、昨年は夫と二人きりの初詣でしたが
なんと今年は、アイリス夫婦と、珍しく長男も一緒の初詣です。
我が家は、ずっと初詣は川越喜多院と決めています。
こちらのお寺は、初詣は大変混むので早朝7時半に家を出ました。

お蔭で、空いているうちに、家族みんなの護摩を焚いていただきました。
もちろん、一緒に来ることが出来なかった長女の所の護摩も焚いていただきました。
ぱちぱちと燃え盛る護摩壇の炎…打ち鳴らす太鼓の音…お坊さんの読経を聴きながら
家族の無病息災、子どもたちの幸せ、孫たちの健やかな成長をと祈りました。
なぜか、いつも自分の事は祈りません(^^)
お札をいただき、なんとなく穏やかな安堵感に包まれて新年の行事が終わります。

破魔矢やお守りを購入して、おみくじを引いたり、露店を覗いて、たこ焼きにジャガバタ、甘酒に大判焼きと、初詣の定番を食べ歩き…子どもたちが小さかったころを思い出します。

今日は来れなかった長女家族の破魔矢も、アイリスが選んでくれました。
b0246693_14323015.jpg


目のないだるまたちもスタンバイ(^^)
b0246693_14341257.jpg


よろしければ続きをどうぞ
[PR]

by kazematikado | 2014-01-06 22:25 | 日々の事 | Comments(8)
2014年 01月 04日

親友との語らい

冬枯れの御嶽渓谷

b0246693_17512746.jpg


中学、高校と、共に同じ学校で学んだ親友と一年ぶりに逢えました。
お互い忙しくしていてなかなか逢えないのですが、今年は新年早々に逢えて話せて楽しかったです。
親友の名は、Fちゃん、逢えばすぐに、逢えなかった日々は埋まります。

車で迎えに来てくれたFちゃんと積もる話をしながら奥多摩方面へと向かいます。
途中何度か、多摩川の川辺に降りたりしながら白丸へと向かいました。
話題は互いの子どもたちの近況など…
彼女の長男K君と、わたしの次女アイリスとは、同い年なのです。

K君は、野球少年で高校でも野球部で真摯に頑張っていたスポーツ少年でした。
あまり病気もしたこともなく、丈夫に産んでくれてありがとうと親に感謝するような素直な子でした。
そのK君が、5年前、慢性白血病を発病、骨髄移植を受け、壮絶な闘病生活を経て克服した事は
彼女から聞いていました。

K君の近況を聞くと、5年が経過し、やっと再発のリスクをクリア出来たとの事でした。
今、彼は理学療法士を志し、学校に通いながら日々頑張っているとの事でした。
本当に良く頑張ったよね。K君、偉かったよね…Fちゃんも良く頑張ったよ!!
そんなことを話しているうちに車は白丸に着きました。
わたしたちは、長閑な白丸の山村を散策することにしました。

よろしければ続きをどうぞ、
[PR]

by kazematikado | 2014-01-04 18:26 | | Comments(2)
2014年 01月 02日

新年事始めは…

2014年、新年の事始めは、1月2日に八王子にある富士美術館に行って来ました。
メンバーは次女アイリスとO君、O君のお母さんの梅ちゃんとわたしの4人です。
昨年、行くはずだったのですが、都合が付かず延び延びになってしまい、新年5日までの会期だったので
ぎりぎり駆け込みで行ってきました。新年ではありますが、終了間際だったので、さすがに混んでいました。

世界8か国、40美術館所蔵の水辺をテーマにした印象派絵画を集め展示されるもので、
印象派の巨匠、ルノワール、シスレー、モネ、ピサロ、ブーダンの作品が多数展示されます。
これはぜひ、見ておきたいねと言うことで、事始めとなりました。
わたしは絵画は詳しく無いのですが、梅ちゃんはとても興味があるようで楽しみにされていました。

わたしも、このポスターのルノワールや、モネの睡蓮ぐらいは知っていましたが。。。

b0246693_2142245.jpg


よろしければ続きをどうぞ
[PR]

by kazematikado | 2014-01-02 22:07 | 美術館 | Comments(6)