「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2014年 02月 27日

再生へのスタート

群馬県吾妻郡の中之条町、わたしがその地を初めて訪れたのは2005年の事でした。
ネットで知り合った里山仲間のひとり、エコファーマーさん(以下エコさん)の住む町でした。

エコさんは、中之条でイチゴ農家さんを、ご夫婦で営んでいました。
そして、農作業の傍ら、身近な里山の自然の素晴らしさをホームページで発信されていました。
ホームページのBBSで交流するうちに、同じような想いを持った人たちが意気投合して、オフ会をしょう
と言う話が持ち上がり、それならエコフィールドでとエコさんがホスト役を買って出てくださいました。

まだ、オフ会という言葉が耳新しかった頃だったと思います。わたしたちは、ネットの世界を飛び出して
現実の世界での出逢いを求め、友情の絆を深くしたのでした。
エコフィールドは、日本の原風景と言えるような、素晴らしい里山でした。
一晩の宿を提供してくださった、エコさんのご両親の住むお宅は、まるで田舎の家に帰ったような、
懐かしくも暖かい思い出をわたしたちの心に残してくださいました。

翌年の春、もう一度、わたしたちはエコフィールドでスミレオフ会をさせていただいたのでした。
エコさんは、この二つのオフ会を機に、以前から構想を温めてこられた、“山里体験テーマパーク”という
町ぐるみのプロジェクトを立ち上げられました。
この8年余り、スミレのワークショップなどを始め、中之条で山里を体験する様々な行事を計画され実行されて来ました。
わたしは、なかなか参加できずにいますが、いつかもう一度、中之条を訪れさせていただきたいと思っていました。

そんな中之条が、今回の2度の大雪で、1m30cmという積雪で孤立状態となり、多くの農業用ハウスが倒壊すると言う被害に見舞われました。
もちろんエコさんのお宅も例外ではなく、すべてのイチゴハウスが倒壊し、丹精込めた苺が全てダメになってしまったそうです。
Facebookで、その事を知った時、呆然としてしまいました。そして真っ先に脳裏に浮かんだのは
大切な友人ご夫妻の落胆し悲しみにくれただろう姿と、オフ会の時に見たあの美しい中之条の里山の風景でした。
大雪から10日以上経っても、いまだほとんど雪が融けず畑を掘り出す作業が続いているそうです。
何か微力でもいいからお手伝いしたいのに、身動きできない状況に申し訳ない気持ちで一杯になりました。
心が塞いで何も手につかず悶々としていた所に、エコさんのこんな書き込みがありました。

『Facebookから』
群馬吾妻の農家も再生に向けてスタートを始めました。
今度の大雪の被害の中でフェイスブックでお友達の農家の方4軒でこのピンチを乗り越えようとネットワークを組もうと言う話を進めています。
暗い話ばかりでなく、将来の希望や夢も持ちながら前に進もうと話をしています。

参加農家は
kさん 高山村の菊やスプレーギクなどの花農家さんです。
tさん 同じ中之条町の美味しい乾燥芋の農家です。
kmさん 東吾妻町でアスパラやタラの芽やコンニャクズッキーにを栽培しています。
yさん  中之条町のイチゴとナス、ズッキーニの農家です。
...

それぞれの農家と皆さんとの交流を礎に
花を摘んだり、アスパラ狩りや、乾燥芋づくり、イチゴ狩り巡りツアーなんて!
またみんなの詰め合わせのネット販売や直売
プロの農家ならでわのイベントなどを企画しようと!

夢物語のようなことですが現実になるように
今はこのマイナスからのスタートを頑張ろうとみんなで意気投合でしています。
皆さん応援の程よろしくお願いいたします。
参加していただく農家も増やしていく予定です。


この書き込みを読んだ時、さすがエコさんだと思いました。
新聞では、群馬、山梨、埼玉の農家では数百億単位の被害だと書かれていました。
本当に大変だけれど、頑張ってくださいと応援することしか出来ません。
微力ですが、ブログで紹介させていただく事にしました。エコさんたちの取り組み、ぜひ、実現させてください。
応援しています。そして、イチゴの栽培を始め、各農作物の栽培が早く軌道に乗りますよう祈っています。
今年1月に、届けていただいた、美味しい苺“章姫”また、注文出来る日が早く来ますように…

b0246693_01301745.jpg





よろしければ、懐かしいオフ会記事をどうぞ
[PR]

by kazematikado | 2014-02-27 01:30 | 里山 | Comments(4)
2014年 02月 21日

奥多摩三条の湯

若草女子会をデジブックにしてみました。
早春賦のメロディに載せて…よろしければご覧ください。




Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2014-02-21 00:53 | デジブック | Comments(2)
2014年 02月 20日

若草女子会、三条の湯へ(後編)

            薄氷(うすらい)を浮かべるごとき明けの月

b0246693_10385016.jpg

青い水の中で溶けて、薄く小さな欠片になった氷みたいな下弦の月が、夜明けの空に浮かんでいました。
シルエットになった煙突から立ち昇る淡い煙、だんだんと明るさを増していくコバルトブルーの空が綺麗…
静かな山の夜明けです。すると、突如、けたたましく鳴るベルの音と、『火事です。火事です』と連呼する声

『う~ん??なんじゃらほい???』『何があったの~?』寝ぼけ眼で布団から起き出した若草女子会(笑)


よろしかったら続きをどうぞ(^o^)/
[PR]

by kazematikado | 2014-02-20 00:00 | | Comments(6)
2014年 02月 17日

若草女子会、三条の湯へ(前篇)

1月20~21日で、奥多摩のさらに奥の山梨県との境にある山間のいで湯“三条の湯”に行ってきました。
1月はいろいろあって、なかなか記事が書けず今頃のアップです。よろしければご覧ください。

b0246693_11334363.jpg

昨年も若草女子会で奥多摩オフをしました。1年ぶりの奥多摩です。
今回のメンバーは、若草4姉妹+わたしたちの娘のような存在のオジーの5名です。
このメンバーで昨年秋、会津駒に登りましたので久しぶりの再会となり、とっても楽しみにしていました。
どんなに楽しみにしていたかって、遠足の前夜、嬉しすぎて眠れなかった小学生と同じくらいでした(笑)




よろしければ続きをどうぞ(^^)v
[PR]

by kazematikado | 2014-02-17 23:18 | | Comments(8)
2014年 02月 15日

また、また大雪

全国的な大寒波で、昨日は未明からまたまた雪、どんどん降り続き、午後には前回の積雪ぐらい積もってました。
長女は仕事を始めたばかりですが、同じ仕事仲間の方が、お一人は雪のため事故に遭い、もうお一人は
お子さんがインフルエンザにかかりお休みされているので出勤して欲しいと頼まれてしまったようで
『雪の事は心配なのだけれど、仕事に行かなければならないので、お母さん悪いけれど子どもたちをお願いします。』と、職場へ向かいました。
結局5時に仕事を終えた時には、恐ろしいくらいの降雪になっていて車を置いて歩いて帰る羽目になりました。
1時間近く歩いて帰宅しましたので、安曇野さんと娘の家まで送って行きました。
車窓は、まるで別世界のような雪景色、時折、枝からサッサーと雪が舞い降りてました。
夜になっても雪は止む気配もなく降り続きました。娘の夫は、午前2時過ぎにやっと帰り着いたそうです。

b0246693_13544385.jpg

ただ、しんしんと夜の雪…

b0246693_13543086.jpg



物語の中の景色みたい…

b0246693_13545201.jpg


連夜のオリンピック観戦で寝不足の頭でぼんやりと
男子フィギアスケート、とっても感動しました。羽生君、高橋君、町田君、みんな素晴らしかった。
感動をありがとう。そして、ジャンプのさらちゃん、健気で何度見ても泣いてしまいます。

b0246693_13550496.jpg

b0246693_14171512.jpg

今朝は霙交じりの雪、先日の大雪よりさらに積もった感じです。

b0246693_13552002.jpg

庭は、凄いことに…

b0246693_13553118.jpg
雪うさぎを作ってみました。

b0246693_13554188.jpg

奥多摩の雪うさぎだるまが、あまりにいいかげんだったので、リベンジです(笑)

b0246693_14202283.jpg
かわいいでしょう(^^)♪

今日はほぼ一日雪かきでした。夕方歩いてお買い物に行きましたけど、ほとんど車は通らず
っていうか、メインの2車線道路なのに車は行き来できない状態で大量の雪が道路に溢れています。
しーんとした道路が、とっても不思議な世界でした。こんな事って初めてな気がします。
月曜日からの生活、どうなってしまうんでしょう???



おまけ画像♪よかったらどうぞ(^^)
[PR]

by kazematikado | 2014-02-15 14:40 | 日々の事 | Comments(8)
2014年 02月 14日

雪景色が撮りたくて

何だか無性に雪景色が撮りたくなりました。
このところ、孫守りでぜんぜ~ん自分の時間がありません。
2月9日は、娘家族の引っ越し予定でしたが思わぬ大雪で中止となりました。
お陰で土・日・月と孫守りは無罪放免ということで、一息です。
土・日は雪かきを頑張りましたので、月曜日は何とか時間が取れそうです。
このところ疲れ切ってブログ更新が滞っていますし、山歩き里山歩きも出かけていませんでした。
どうもさぼり癖が付いてしまったようです。ここは思い切って出かけようと決心しました。


b0246693_08365601.jpg








よろしかったら続きをどうぞ
[PR]

by kazematikado | 2014-02-14 08:14 | 山と森 | Comments(13)
2014年 02月 11日

大雪!!!

2月8日、未明から降り始めた雪は小止みなく降り続き、みるみるうちに真っ白に降り積もります。
朝のうちはこんな感じだったのが、

b0246693_21550157.jpg
夕方には、こんな感じ

b0246693_21560175.jpg
植木鉢も、朝はこんな感じが

b0246693_21523767.jpg
夕方には、こんな感じ

b0246693_21531641.jpg
まるで、巨大ソフトクリームか、かき氷のよう

b0246693_21554043.jpg
木もたわわにしなって折れそうです。

b0246693_21543058.jpg
夕方、仕事から帰って来た長男が、家の周りで3台も車が立ち往生していたから押してあげた。
裏のお兄ちゃんの車も動かなくなってるから手伝ってくるよ。と言ってスコップを持って出かけて行きました。

b0246693_23212121.jpg
その後、ご近所の有志の方が出てきて、夜、9時過ぎまで私道や公道、駐車場などの雪かきをしました。
主人と息子が手伝っているので、申し訳ないけれど、わたしは家の中で待機してました。
夕ご飯も食べずに、全身びしょ濡れで、二人が戻ってきました。

夜遅くまで雪は降り続き、二階の窓から見ると真っ白な雪原が別世界のように見えました。

b0246693_20130465.jpg
b0246693_23194103.jpg
翌朝、雪は止みましたが、45年ぶりの降雪量だとかで、屋根などを見る限り50㎝は積もっていそうです。
誰も踏んでいない新雪を踏んで写真を撮りに行きたいと思いましたが、そんなことをしたらひんしゅくを買いそうです^_^;

b0246693_20133593.jpg
朝食の後、息子は歩きで仕事に向かい、主人と二人、家の周りや私道の雪かきを始めました。


b0246693_23195997.jpg

隣組の方たちも、みなさん、ほとんどの方が雪かきの道具を持参で集まりました。
日ごろ、ほとんど顔を合わせることがないのですが、こんな時は力を合わせて協力し合えるっていいですね。

b0246693_20140876.jpg
私道の雪かきが終ると、今度は公道に出て、車に圧縮された固い雪をスコップで砕いて運びます。
たちまち、路肩にはうず高く積まれた雪の山です。
我が家は坂の途中にあるのですが、見ると、坂の上から遥か坂の下まで、たくさんの人たちが作業してました。


b0246693_20143138.jpg
わたしたち親の世代もそうですが、その子供たちの世代が協力し合って雪かきをしてくれているのを見るのは
とても嬉しいものです。普段、おしゃべりすることも無かったのに話が弾むのも雪のお陰かも知れません。

お昼を食べた後も、午後、3時頃まで頑張りました。
太陽の暖かさも手伝って、大分溶け始めました。
いつもと違う大雪に見舞われましたけれど、何だか暖かな気持ちになれました。
一人では大変な作業ですが、何人か集まれば成し遂げられるし達成感で清々しい気持ちになれること
大切にしなければと思います。

b0246693_20145058.jpg





[PR]

by kazematikado | 2014-02-11 20:40 | 日々の事 | Comments(6)
2014年 02月 06日

怒涛のような2週間でした。

ブログにお越しいただいたみなさま、すっかりご無沙汰してしまいました<m(__)m>
あまりに更新がないので、何人かの方から、『どうかなさいましたか?案じています。』と
お気遣いのメールをいただきました。ご心配をお掛けして本当に申し訳ありませんでした。 

実は1月20日~21日で、奥多摩三条の湯に、若草女子会で行ってまいりました(*^_^*)
そして、楽しさも冷めやらぬ22日の夜、娘から孫のしょうちゃんが、40度の 高熱を出した
と電話が来ました。
翌日、23日は、娘の初出勤の日で、孫たちを預かってあげることになっていました。
朝、娘は孫たちを置いて、後ろ髪引かれる思いで出勤して行ました。 
しょうちゃんは、やはり熱が高くて、しかも右足が真っ赤に腫れています。
しょうちゃんはアトピーがあるのですが、掻き壊してしまい 病院に通っていました。
傷口に包帯を巻いて、毎日薬を塗っていたそうですが、痛そうに足を引きずっています。
一番気になったのは、食欲旺盛なしょうちゃんが、あまり食べないし、大好きなお菓子も
食べたがらず、抱っこしているうちに寝てしまいました。

やっぱり、これは病院に連れて行った方が良さそうだと言うことで、総合病院に 電話で
問い合わせている所に娘も帰って来ました。 子どもが熱があるのでと婦長さんにお願いして
午後は早退してきたそうです。
娘が連れて病院に行きましたが、検査をしているので時間がかかりそうと電話が 入ったきり、
連絡がありません。夕方、やっと電話が来たと思ったら 、足の傷からブドウ球菌が入り抗体を
持ってしまったので、飲み薬や 塗り薬では効かなくなってしまってるので点滴治療をする。
そのため入院しなければならないとのことでした。

「え~~~!!大丈夫なの??」と、わたしたち。
それからは、娘が家に着替えを取りに帰ったり、てっちゃんを 保育園に迎えに行ったり、
てんやわんやでした。 しょうちゃんが入院した病院は大きな病院でしたが、小さな子供の
場合は 24時間、親が付き添うことになっていて、娘が付き添うことになりました。
娘の夫は 仕事もあるので、てっちゃんとたくちゃんは、 我が家で預かることになりました。

慣れない育児で、身動きできないわたしに変わって、アイリスが買い物や夕食作りを手伝って
くれたり、息子がてっちゃんを寝かしてくれたりしてくれたので助かりました。
そんな中、息子と安曇野さんが熱を出してしまったり、付添いの娘が熱を出してしまったり、
娘は熱を押して付き添ったので、病院で40度の熱を出し内科に受診したりと、何が何だか
判らないような1週間が過ぎ、しょうちゃんは、すっかり元気になって無事退院できました。

その後、わたしも38度ほど熱を出し、息子も安曇野さんも娘も、何だか風邪が抜けきらず
寝込むほどではありませんでしたが、風邪が蔓延して大変でした。 
実は2月9日に、娘たちは引っ越しをすることになっており、この入院騒動があったので、
短い期間に家を探さなければならず、 引っ越しの準備やら、仕事やらと、娘も大忙しです。
しばらくは手伝ってやらなければなりませんので、わたしの子守りも続きました。
そんな怒涛の2週間でしたので、パソコンを開く余裕もありませんでした。

これからも、しばらく、ばあば業が続きますので、また更新が無くなってしまうかも
知れませんが、元気にやっておりますので、どうぞ安心してくださいね。
しょうちゃんが、入院している間、てっちゃんも一生懸命、寂しいのをこらえていました。
たくちゃんをあやしたり、お膝で抱っこしたり、長男って健気ですね。
ばあばは、毎晩、子どもたちに添い寝して、うん十年ぶりに、夜中の授乳も経験して、
3人の子育てをしている娘の大変さを実感しました。(自分もやってきたことなのですが)
それにしても、たくちゃんの無邪気な笑顔に癒されました(*^_^*)

b0246693_01271970.jpg
b0246693_01265324.jpg

b0246693_09465772.jpg


てっちゃん    たくちゃん     しょうちゃん

立春だと言うのに雪…(@_@;) 冷え冷えと冷蔵庫の中にいるような寒さですね。
我が家の大人たちはみんな、まだ、風邪の後遺症でだるさや咽喉の痛みが抜けません。
みなさまも。風邪を引かれませんように、暖かくしてお過ごしくださいね。




[PR]

by kazematikado | 2014-02-06 01:28 | 日々の事 | Comments(14)