風街角

sion920.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2014年 03月 24日

ひだまり工房 大盛況♪



人気ブロガー、"尾瀬のひだまり" のひだまりさんが、池袋の西口広場での手作り市に参加されることは
前回のお知らせで載せましたが、風も無く穏やかな日和の3月22日(土)に大盛況のうちに無事終了されました。

b0246693_10374456.jpg

出店ブースは、約100店舗ほど、みなさん、テーブル1枚の小さなスペースの我が店舗を思い思いに飾り付けていました。
手仕事の好きなみなさん、若い方もたくさんいて、それぞれにセンスと技術がきらりと光っています。
そして、みなさん和やかで、競争心とかより、お互いの健闘を祈り合う、そんな暖かさが終始感じられる手作り市でした。
わたしも微力ながらお手伝いに参加させていただいて楽しかったし、こういう雰囲気好きだなぁと思いました。


我らが、ひだまり工房のブースです。色とりどりで可愛い羊毛フェルトの作品や、滋味ある味わいの会津木綿のカメラストラップなどなど。
ひだまりちゃんのように、温もりあるグッツが、お日様がぽかぽかのひだまりブースに並びました。
「あ~!!これ欲しいナ~!!」と言うものばかりだけれど、売り物なので手は出しません(笑)


b0246693_10371340.jpg


ひだまりちゃんは、尾瀬で働いている女性です。尾瀬の自然を良く知っていて、尾瀬の全てと仲良し
彼女に言わせたら、『まだまだ、知らない事はいっぱいあるよ~』と明るく笑うでしょう。
でも、やっぱり、わたしたちの尾瀬仲間の中で、一番良く尾瀬を知っていて、一番愛している人だと思うのです。
そんな彼女が、豪雪地帯の会津の自宅で、冬の間に心を込めて一針、一針、手作りした作品たち。
どの作品にも、彼女の愛情と努力が込められているのです。だから、こんなにも温かい表情なんだと思います。

b0246693_10372864.jpg


彼女は、会津を夜中に出て、朝の7時には、池袋の駐車場に着いたそうです。
そんな疲れなど感じさせない元気な笑顔でわたしたちを迎えてくれました。
朝、10時の開店当初から、尾瀬仲間さんたちが続々登場。ブースは大賑わいです。
そして、プロ友や、"尾瀬のひだまり"のファンのみなさん。
嬉し恥ずかしで、はにかみながら『いつも、ブログ拝見しています。とってもファンです!!』と、ご挨拶する
始めましての人たちもたくさんいらっしゃって、ひだまりちゃんは嬉しそうにお一人お一人と言葉を交わしていました。
ひだまりちゃんの懐かしいお友達や、大切なお友達たちが、午後になっても絶え間なく訪れてくださいました。


b0246693_10380372.jpg



みなさん、彼女の人柄に惚れ込んだ人たちばかりです。
ひだまりちゃんに逢えて、言葉を交わし、彼女の笑顔に、みなさん晴れ晴れと嬉しそうなお顔になります。
ひだまりちゃんの人望の厚さを改めて感じました。


b0246693_10373504.jpg


懐かしいお友達は、こんなに可愛いお客さまを連れて来てくれました。
カラフルで可愛い小もの、やっぱり、小さな子も夢中になりますよね。



b0246693_10380983.jpg


みなさんと談笑したり、各ブースを回ったりで、あっという間に午後5時とななり閉店の時間です。
楽しかったお店を閉めて、ひだまりちゃんとひだまりちゃんの旧友さんと、とっても可愛いその娘ちゃん。
よしころんちゃんと安曇野さんとわたしの6人で、カフェでお茶で乾杯♪
ひだまりちゃんのお陰でとても素敵な体験が出来ました。ひだまりちゃん、ありがとう(^^)
その後、彼女は南房総への旅へと旅立って行きました。


わたしは、可愛いマンボーのキーケースを購入させていただきました。
とっても可愛くて、暖かい手触りに、思わず頬ずりしたくなります。

ザックのポケットから、こんにちは(^^)

b0246693_10381705.jpg

b0246693_10382253.jpg

わたしのお気に入りのブルーのバックの上を泳いでいます。


b0246693_10383596.jpg

口元の紐に付いている球体は、マンボーが吐く泡ぶくだそうです~♪かわいい~♡


b0246693_10384336.jpg


前から見たお顔もキュートです。ひだまりちゃん、大切に使わせて貰うね。ありがとう(^^)v

b0246693_10384876.jpg

[PR]

by kazematikado | 2014-03-24 17:25 | お店 | Comments(7)
2014年 03月 21日

ひだまり工房、東京進出!!

お友だちの、ひだまりさんが、会津で制作している手作り小物のひだまり工房が
この度、はじめての東京の手作り市に出店されます。

羊毛フェルトのキーケースや、会津木綿のパッチワークで作ったカメラベルト、
野鳥の可愛いブローチなどなど、可愛い小物が満載です。
場所と時間は下記の通りです。


<ひだまりさんのブログより掲載>


3月22日、土曜日
池袋西口広場で10時から16時まで行われる《もったいない手作り市》に初出店します。

100ブース以上あるので、とっても盛大な手作り市だと思うので、
お店巡りだけでも楽しそうです。

ひだまり工房は
とってもわかりやすい
サンキュー(39)番のブースで
皆さまのお越しをお待ちしています。


b0246693_00583667.jpg

わたしも、当日はお手伝いに(邪魔しに?)行ってきます。
みなさん、お近くの方や興味のある方がいらっしゃいましたら、ぜひ、お越しください。
彼女の作品はどれも、暖かみがあって癒される小物ばかりです。
手に取って、その温もりを感じてください。



[PR]

by kazematikado | 2014-03-21 00:59 | お店 | Comments(8)
2014年 03月 18日

風の谷に舞い降りた春

約1年ぶりに風の谷を訪れました。風の谷とは、わたしが付けた奥多摩のある渓谷の総称です。
奥多摩に咲くイワウチワを探して何度となく訪れた渓谷でした。
最初の年はイワウチワに逢えませんでしたが、何度も訪れるうちにとってもたくさんの感動を与えてくれる場所でした。
このハナネコノメもその一つです。それまで、ハナネコノメと言えば高尾山と思っていました。
奥多摩には咲かないものと思っていたのです。
ところが、そのハナネコノメの最初の1輪を、この渓谷の沢で見つけてしまいました。
その時の喜びと感動は計り知れません。
それからというもの、風の谷では、次々とハナネコノメの群生地が見つかりました。
そして、風の谷ばかりではなく、奥多摩のあちらこちらの渓谷でハナネコノメの姿をみつけました。
いままでは、気づこうとしていなかっただけなのだと思いました。
水温む早春の渓谷に、人知れず咲く白い小さなハナネコノメは、春の妖精のようでした。
毎年、こうして、咲き始めたかな?と期待に胸を弾ませて訪れるようになりました。

b0246693_21295407.jpg




よろしければ続きをどうぞ
[PR]

by kazematikado | 2014-03-18 22:23 | 山と森 | Comments(18)
2014年 03月 16日

リバイバル 1

2001年に開設したわたしのホームページは、尾瀬のページでした。
のちに、里山の自然と奥多摩の山行を綴るページになりましたけれど始まりは尾瀬でした。

ホームページの尾瀬の写真を眺めているうちに、あの頃の懐かしい想いが蘇りました。
2001年から2005年までの4年間、年に1~3回の尾瀬行でしたけれど、尾瀬に魅せられ続けていました。

あの頃は、あの頃なりに一生懸命でした。そして、今は今なりに一生懸命です。
どの時代が良かったとかは言えませんけれど、その時なりに、なんとか頑張っている
そんな姿が自分らしいと思います。

一昔前の古い写真ですけれど、リバイバルで載せてみます。


尾瀬沼の長蔵小屋売店の裏手にある桟橋です。
季節ごとに、この桟橋に佇むのが大好きでした。あの頃は、この桟橋に立ち入ることも出来ました。
今は、大分朽ちかけてしまっていると誰かに聞いた記憶があります。ちょっと寂しいです。
沼明けの頃、初夏のさざ波、夏の夕暮れの夕涼み、晩秋の星月夜、月影の橋…なんて名付けた頃が思い出されて。


b0246693_01480166.jpg


                 桟橋



           桟橋に つながれた 小舟に乗って
           夏の陽射しまぶしい
           沼のほとりを 漕ぎだそう…

           水面を渡る そよ風に身を任せ
           木の葉のように浮かんでいよう…
                               
           光が遊ぶ緑の岸辺をめぐり                               
           このまま ずっと 日暮れまで
           夕映えに 抱かれるまで…
                      



尾瀬の風景とpoemよろしかったらどうぞ
[PR]

by kazematikado | 2014-03-16 08:17 | 山と森 | Comments(4)
2014年 03月 15日

こころのなかの尾瀬は…?

お友だちのひだまりちゃんから、『おねえちゃんの心のなかにある尾瀬の写真を探してみて…』と声をかけていただいて
久しぶりに、古い尾瀬の写真を振り返るチャンスを貰いました。
ずっと、ずっと、心の奥にしまっておいた写真たち、懐かしい写真たち…
実は、いろんなことがあり、もう失くしてしまった写真もあります。でも、その失くしてしまった写真の中にも
自分が好きだった場面が、今も鮮明に浮かんできます。

尾瀬沼の長蔵小屋のそばにある桟橋、ある秋の日の朝、水色の湖面をすーっと横切って流れて行った一羽の水鳥の軌跡

晩秋の夕暮れ、沼畔のナナカマドの木に夕陽の柔らかな光が降り注ぎ、枝先に残った赤い実をほんのりと染めていた寂寞の一瞬

荒涼とした大清水平の朽ちた木道と、オオバギボウシの紫の花房、真夏の乾いた風の匂い

残雪の尾瀬ヶ原で、ホロホロと鳴くカエルの声と雪解け水で出来た尾瀬ヶ原湖

上田代に入る辺りのズミの花が両脇に咲き誇る木道、甘い花の香りとミツバチの羽音とハラハラと散る白い花びらと

朝靄が晴れて生まれたての朝日に照らされた尾瀬ヶ原、雫に濡れた一面のワタスゲが、ほわほわといっせいに金色に輝いた

雨に濡れた竜宮十字路で、小さな白樺の黄葉と草紅葉の色が、少し赤みを帯びていたしっとりとした秋の朝

急に立ち込めた夕霧に、景鶴山と六兵衛掘りの拠水林が見る見るうちに隠されていった6月の尾瀬ヶ原

沈む夕日を追いかけるように急いだ下田代の木道、荒涼とした湿原に、真っ赤な夕陽が沈んで行った晩秋の夕暮れ

思いがけず、9月に大霜の朝を迎えた。真っ白になった草紅葉、凍えたエゾリンドウ、朝日が射しこむと7色の光が宝石箱のようだった。


いつか、再び、尾瀬に行く事があったなら、心の中に生き続ける景色をもう一度撮りたいです。

b0246693_01470057.jpg
                    
                    竜宮十字路

                       雪の橋を 越えて行こう
                       はやる心を 抑えながら・・・

                       雪の原を 歩いていこう
                       竜宮は まだ深い雪のしたに
                       木道さえも まだ雪のしたに

                      どこまでも 続く 雪原のむこうに
                      遠く 燧ケ岳が 笑っている・・・

                      竜宮十字路

                      ああ、やっと
                      やっと あなたに 逢えた・・・

                        <竜宮十字路は大好きな場所>


[PR]

by kazematikado | 2014-03-15 01:55 | 山と森 | Comments(6)
2014年 03月 12日

就活^_^;

b0246693_20552314.jpg


       
秩父堂上の節分草園地、昨年の今頃は満開でした。今年はまだ雪に埋もれているそうです。




昨年の3月に、まる25年間働いた会社を退職しました。
自分としては、まだまだ働きたかったのですが、業績不振と言うことで契約の更新はありませんでした。
契約社員はすべて解雇という不本意ではありましたけれど、考えてみたら女性の契約社員としては最後の一人でした。
こんなに長く続けることが出来たなんて、わたしとしては良く頑張ったものだと変な感慨も(笑)
そんな訳で、毎日が日曜日な生活にどっぷり浸かって(といっても、やたら忙しい一年でしたが)いましたが、
1年経って、やっぱり働いていたい気持ちが湧いてきました。そうなるとやる気がふつふつと湧いてきて、本気に火が付きました。


b0246693_20522692.jpg



就職活動を開始して3週間、すでに8社に履歴書を提出、書類選考で落ちた会社、3社
面接で落ちた会社、1社。今週面接1社、来週面接1社、書類選考待ち2社とこんな感じです。
この中で、とてもやってみたかった仕事が1つだけありました。
フルタイムでしたけれど、もし、この仕事に従事できたなら、わたしの人生の最後の仕事として、
一生懸命取り組みたいと思ったくらいでしたけれど、結果としては面接にも至らない書類選考落ちでした。
これには、少なからずめげましたし、やはり就活は甘くないと実感しました。


b0246693_20540894.jpg

明日の面接は、今までの職歴が活かせないような、正反対の職種なので無理だろうなとは思いますが、
行くからには、苦手な自己PRですが、頑張ってみようと思います。
このブログで、朗報を流せるといいんですけれど、とにかく、やれることは頑張ってみたいと思っています。
だけど、天気が悪そう…(/_;) おかしいなぁ、晴れ女なんだけれど???


節分草の群生の上にはマンサクやダンコウバイが咲いてしました。
 
b0246693_20541980.jpg

マンサクの花


b0246693_20541636.jpg
 
ダンコウバイの花


b0246693_20552895.jpg
アブラチャンの花




[PR]

by kazematikado | 2014-03-12 21:04 | 日々の事 | Comments(8)
2014年 03月 11日

3.11

東日本大震災から今日で3年…長かったような短かったような気がします。
被災地の方々の悲しみを乗り越えて必死に生きようとする姿や、復興に懸ける取り組みや、
まだまだ、復興には辿り着けずにいる原発やその周辺の立ち入り禁止地区の様子や、
いまだ仮設住宅に暮らさなければならない方たちや、他県での避難生活を余儀なくされている人々、
家族が離れ離れになって、住む土地を追われなければならなかった人々の苦しみや悲しみの姿など
連日、テレビや新聞で報道されていますね。

まだまだ、癒えない深い傷跡を、わたしは、日々の生活の中で忘れ去っていた事を痛感しました。
あの当時、夜遅く電気を付けていることさえはばかられた…
毎日、テレビを見ては涙を流し、本気でボランティアに行きたいとさえ思ったこと…
自分には何が出来るのかと自問自答した日々、どこかに遊びに行くなんてこと到底できないと思えた…
時が経つと、そういう気持ちさえ、薄れ、忘れてしまいがちになるんだと恥ずかしく思いました。
そして、心の中にはあるのだけれど、日々の暮らしの中で置き去りになっていました。

被災地の人々と、被災していない土地の人々とは、どうしても温度差があると、語り部となった10代の
少女や、原発の街から、疎開しなければならなかった少女が話していました。本当に涙が零れました。
わたしは自分が恥ずかしかったし、苦しみを乗り越えてこんなにもしっかりと前を見据えて歩いている姿に
若い力の素晴らしさ、純粋さ、健気さを垣間見せてもらいました。
震災だけでなく、その後の豪雨や台風被害、土砂崩れ、先日の大雪被害など、自然災害が多発しています。
自分自身の中で、けして、忘れてはいけない事、風化させてはいけない事なのだと思いました。
そして、いつ、災害が自分たちの身に降りかかるかも知れないのだから、他人事ではないのだと思います。

夕刊に、「92歳の子育て」という記事が載っていました。震災孤児となった2人の孫を、亡くなった
両親に変わり、92歳の祖父が、育てていると言う記事でした。
『孫が、大きくなるまで、あと10年は生きないとと思う。』という、祖父の言葉が載っていました。
わたしは、元気な今ですら、孫を育てると言うことを考えたら、その責任の大きさに不安になるだろうと
思いました。それを、92歳のおじいちゃんが一人でお世話しているのですからどんなに大変でしょう。

3年経っても遅々としてなかなか進まない復興。土地や産業の復興はもちろんですが、このような、
心の痛手や、精神的な疲労など、本当の意味での復興は、まだまだずっとかかるのだと言うことを
再認識した3.11でした。なにも出来ないかもしれないけれど、せめて、忘れずにいようと、自分の心に
言い聞かせました。

なんだか、上手く言えませんが、3.11に寄せたわたしの雑感です。
あの大雪の後、我が家の福寿草が美しい金色の花を咲かせました。
まるで、太陽の陽射しを呑んで、大きくなっているような、そんな気がしました。

b0246693_01010378.jpg
b0246693_01015399.jpg
雪をどかしてあげたら、嬉しそう、小さな蕾もありました。

b0246693_01022790.jpg
大雪で、今年は草花の開花が遅れ気味なのでしょうね。そろそろ渓谷に咲くあのお花は目覚めたでしょうか?
どんなことが起ころうとも、季節は、必ず、巡って往きますね。


[PR]

by kazematikado | 2014-03-11 01:06 | 日々の事 | Comments(0)
2014年 03月 06日

ちーむおぜ写真展

3月2日から9日までの期間で、尾瀬を愛する尾瀬仲間さんの写真展が秩父で開催されています。
場所は、秩父電鉄の秩父駅から徒歩5分の所にある"かみいしぎゃらりー"という蔵造りのギャラリーです。  

    "かみいしぎゃらりー" 秩父市宮側町18‐7   [電話] 0494-23-7666  
 

    3月2日(日)~3月9日(日) 10:00~16:00

    表通りのレストラン・トラゲットの脇に案内板があります。

b0246693_23591339.jpg
細い路地を入って行くとその途中に木造の蔵があります。

b0246693_00334665.jpg

この蔵を改造して、静かで落ち着いた空間のギャラリーが作られています。
くぐり戸を抜け、中庭に入ります。
b0246693_23593851.jpg

重厚な土蔵の扉が開かれていて、柔らかな白色灯の光に包まれた何とも不思議な空間です。

b0246693_00002917.jpg
わたしが、伺った3月2日は、初日と言うこともあって、たたくさんの尾瀬仲間さんが集まりました。

b0246693_00015608.jpg

1F ギャラリー

b0246693_00032651.jpg

b0246693_23595228.jpg


そして、急な階段を上ると

b0246693_00010619.jpg

2F ギャラリーとなります。

b0246693_00031326.jpg
b0246693_00014813.jpg

b0246693_00035038.jpg

写真を展示された7人の尾瀬仲間さんは、長年尾瀬に通い詰め、四季折々の尾瀬を知り尽くしています。
そんな尾瀬のスペシャリストたちが切り取った、それぞれの尾瀬の姿が写真の中に描き出されていて、
一枚一枚、見入ってしまいました。

わたしにとって、尾瀬は追憶の場所だと思っていましたが、こうして、懐かしい写真の数々を拝見していたら
みんな、わたしの知っている尾瀬でした。そして鮮明にその景色の中に溶け込むことが出来る自分が居ました。
わたしが歩いていたのは、まるでつい昨日のことと思えたのが嬉しかったです。
尾瀬は今も色褪せることなく、わたしのこころの中に生きていると温もりと共に実感することが出来ました。

b0246693_00045283.jpg

b0246693_00235552.jpg


b0246693_00234478.jpg


b0246693_00232123.jpg


b0246693_00231725.jpg


b0246693_00231104.jpg


b0246693_00230864.jpg


b0246693_00225893.jpg


b0246693_00221891.jpg


b0246693_00220726.jpg


b0246693_00215610.jpg


b0246693_00213032.jpg


b0246693_00214766.jpg


b0246693_00213897.jpg


b0246693_00212288.jpg
まだまだ、たくさん素晴らしい作品があります。
9日(日)まで開催されていますので、お近くの方は是非お出かけください。

ギャラリーのお隣には、古い劇場跡を改造して作った"レストラン・トラゲット"もあります。
高い拭き抜けに、広々と開放感のある店内、どこかレトロな感じが醸し出されていてなかなか
素敵なお店でした。イタリアンも美味しかったです。

b0246693_00393324.jpg

b0246693_00393850.jpg
全てが尾瀬の写真が飾られた、素晴らしい写真展を拝見で来てしあわせでした。
ちーむおぜのみなさん、とっても楽しかったです。ご案内いただきありがとうございました。
遠く、京都から駆けつけたちかちゃん、会津から駆けつけたひだまりちゃん、ozebakaさん、
そして、始めましての尾瀬ブロガーさん、お逢い出来て嬉しかったです。

もうじき3月が終れば今年の尾瀬シーズンですね。今年も素晴らしい尾瀬との出逢いを楽しんでくださいね。






[PR]

by kazematikado | 2014-03-06 00:59 | 写真展 | Comments(6)
2014年 03月 01日

わたしのクレッタル~♪

b0246693_17411255.jpg
先日の女子会で、よしころん隊長とオジーのかっこいいザックのお話しをしましたよね。
これです、これ、KLATTERMUSEN(クレッタルムーセン)スエーデン製のザックなんです。
生地は、漁師が使う帆布などをリサイクルしたもので、丈夫&防水効果に優れているそうです。
形状は、少し下がすぼまった封筒型で仕切りはなく、このザックにはファスナーと言うものがありません。
上部の袋の口をくるくると丸めて、付いているベルトと金具で止めます。
ウェストベルトのバックルは金具で、胸のベルトの留め金だけはプラスチックですが、それ以外他には
プラスチックは使われていません。
なぜかと言うと、寒さの厳しい北欧ではプラスチックは割れてしまうからだそうです。(ここまでは、オジーの受け売りです。)

b0246693_00444252.jpg
     オジーのは、落ち着いた赤のクレッタル、隊長のはナチュラルカラーのクレッタル

そして、普通、他のザックに付いているような上蓋のポケットとか、脇やザックの表面に付いているような物入れもありません。
いたってシンプルなのです。では、どのように小物を収納するかというと、ザック表面に付いているループに金具をくっつけて
オプションのポーチやネットなどを、自分の好きなようにカスタマイズできるのだそうです。
これがなかなかお洒落なのです。
肩にかける背負いベルトの部分やウエストベルトは、取り外し可能で、自分の幅に調整できるので、
背中にフィットするようになっているのだとか

オジー愛用のクレッタルを見て、よしころん隊長も即購入、とってもカッコよくて、
わたしたちも欲しいねと、みんなで話していました。
でも、お値段が高くて、やっぱりわたしには、とても買えないなぁと半ば諦めていました。
そんなある日、よしこちゃんから、電話が…
『行きつけのクレッタルのお店が店じまいで半額セールやっているの。良かったらお姉ちゃまも買う?』
聞けば、はるかちゃんもひだまりちゃんも即決で購入したらしい、またと無いチャンスだし…
ちょっと迷ったけれど、わたしも買うことにしました。

よしこちゃんが、みんなの分を立て替えてくれて、女子会の時、渡してくれることになっていました。
そんな訳で、ついに手に入れました、わたしのクレッタルです。

b0246693_01204720.jpg

パッキングが下手なわたし、オプションのウェストポーチも購入しました。
このポーチだけでも使えそうだし、なかなかカッコイイです。

b0246693_01205217.jpg
わたしと、はるかちゃんは、30リットル  ひだまりちゃんのは40リットル
若草女子会、全員、クレッタル背負って山歩きしたいねぇ(^^)なんて話も飛び出します。

KLATTERMUSEN のロゴもかっこいい


b0246693_01205789.jpg


とっても小さなスエーデンの国旗もかわいい♡

b0246693_01205542.jpg

何だか、嬉しくて、もったいなくて、眺めてはニンマリ(^^) 早く、このザックを背負って山に行きたいなぁ。
よしこちゃん、本当にありがとう~♪

話は変わりますが、わたしもいよいよ仕事を再開したいと思っています。
毎日が日曜日も悪くないけど、やっぱり働きたい。働かないと遊びの軍資金がないと言うのが本音かな(笑)
孫たちも4月からは、保育園に入れるだろうと思うので、臨時のベビーシッターは卒業できると思います。
孫守りの合間を縫って、せっせと就活始めました。
履歴書に職務経歴書に、自己PR…書くものがいっぱいあって就活も楽じゃないです(ー_ー)!!

b0246693_01210476.jpg

[PR]

by kazematikado | 2014-03-01 01:41 | お気に入り | Comments(16)