風街角

sion920.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2015年 01月 24日

当季雑詠

もう、6年以上前になりますが、わたしが勝手に"風の谷"と名付けた鳩ノ巣の渓谷でハナネコノメや、早春のスミレや、イワウチワを探して遊んでいた頃の事です。

奥多摩分校の仲間のこいちゃんが、『sizukuさん、風の谷の仙人に会いましたよ!』と報告してくれました。
こいちゃんは、スミレを探しながら山の懐深く歩いていたら、山中に1軒の古いお宅を見つけました。
そこは、"天目指庵"という、築300年の旧家で、Kさんご夫妻が農作業をするために昼間だけ住んでおられました。

こいちゃんに案内されて、初めて天目指庵を訪れさせていただいてから、気さくなKさんご夫妻との交流が始まりました。
特に天目指庵の裏山に、新春に咲く福寿草はとても可愛くて、毎年お邪魔させて写真を撮らせていただくようになりました。



b0246693_16173830.jpg




ある日、kさんの奥様のかつよさんが、『良かったら俳句の会に入っていただけないでしょうか?』とおっしゃいました。
鳩ノ巣好吟社と言う句会は、もう、40年以上も続いている句会なのだそうです。
一頃は大変盛んで、会員もたくさんいたのですが、現在は5名になってしまい細々と続いているのだそうです。
かつよさんは、最高齢のSさんががんばっておられる間は、何とか続けて行きたいと考えていらっしゃいました。

『マンネリ化した句会に新風を吹き込んでください。』そんな風に熱心に頼まれて
月に6句なら何とか作れるかな?と、軽い気持ちでお引き受けしたのですが、これがどうして難しいのです。
毎月、締め切り間際にやっとこ絞り出して6句送っていました。
みなさんが詠んだ俳句を、かつよさんが集め編集して俳句誌を月一で発行してくださっていました。
ところが、昨年末、かつよさんのPCが壊れてしまい、代わってわたしが俳句誌を作成することになったのです。




b0246693_16195950.jpg




最初はPCが直るまでと言う事だったのですが、民生委員などでお忙しいかつよさんに代わって引き続きお受けすることになりました。
またまた、新しいことを始めてしまって…ちゃんと責任もってやらなければと思います。
そこで自分へのエールにもなるかなと考え、ブログにも毎月『当季雑詠』を載せる事にしました。
途中で投げ出すことがないように、有言実行で行きます。!(^^)!

そして、ネットでも、『当季雑詠』が出来ないかな?と思いました。
みなさまも、もし良ければ、俳句の投稿をお願いできないでしょうか?

参加ご希望の方は、コメント欄に投句お願いします<m(__)m>


12月の『当季雑詠』

しめやかに 軒打つ音や 小夜時雨
雨に落ち ふたたび燃ゆる 散紅葉
さざ波に 奏でる光 星月夜
古き路地 曲がりし先の 冬桜
水底に 沈むと見ゆる 照葉舟
夕月の 冴ゆる空見ゆ 家路かな


1月の『当季雑詠』

蠟梅の 香り定かや 袋小路
金色に 映る冬日の まろげなり
石垣の 木立の影や 冬日向
凍て蝶や 林の影の 陽は温し
山中を 澄ませし流れ 凍てし滝
冴ゆる夜 灯り燈らぬ 窓侘し


b0246693_16173206.jpg


[PR]

by kazematikado | 2015-01-24 16:20 | 俳句 | Comments(8)
2015年 01月 24日

鎌倉物語 12月 その3

今年も江ノ電、極楽寺の駅で降りました。
極楽寺駅は、わたしたちにとって江ノ島、長谷、に継ぐ三本の指に入る昇降駅です(*^_^*)

昨年の12月散策の時は、成就院方面から長谷へ、そして由比ヶ浜まで歩きましたけれど、
今年は極楽寺から稲村ケ崎を目指しました。


海に沈む夕日と江ノ島と富士山をゲットしようという訳です。
12月は1年のうちでもっとも空気が澄んでいて富士山が見える確率が多いのだそうです。
冬至間近ですから、日も一番短い季節、日没を見てから帰れるという目論みです。




b0246693_00385628.jpg
  撮影に余念がない母(笑)   アイリス:撮影


More 海って素敵です。良かったら続きをどうぞ♪
[PR]

by kazematikado | 2015-01-24 02:01 | | Comments(2)
2015年 01月 22日

鎌倉物語 12月 その2

次に向かった東慶寺は、梅が有名なお寺ですが、まだ12月ですから、固い蕾です。
梅の古木に、秋の名残りの楓の紅葉が映えるこんな景色です。


b0246693_00144157.jpg



美しい曲線の独特の屋根に、楓が輝いていました。


b0246693_00152925.jpg



何気なく訪れたこのお寺で、とっても素敵な出逢いがあったんです。





More よろしければ続きをどうぞ(^^)
[PR]

by kazematikado | 2015-01-22 22:07 | | Comments(4)
2015年 01月 19日

鎌倉物語 12月  その1

娘と出かけた鎌倉。またまた、12月の記事になります^_^;
いままで、1ヶ月遅れの記事はざらにあるわたしですが、新年だけは、12月の記事は昨年の記事。
なんとなく抵抗を感じてしまいますが、今書かないと没になってしまいますので、書かせていただきます。<m(__)m>

12月の鎌倉は、わたしと娘のなかで、定番となりつつあります。
なにより人が少ないのが良いです。湘南・江ノ島・鎌倉といえば、人気の観光地ですから、一年を通じて人が多いです。
けれど、紅葉シーズンが過ぎた12月は、人出が落ち着いていて場所に寄ってはひっそり閑散としているのです。
なんとなく、鎌倉本来の姿が感じられて、のんびりと散策するのが好きな母娘にとって穴場なんですよね。
今回は、久々に北鎌倉をそぞろ歩き、大好きな江ノ電に揺られ、極楽寺へ。
そして、江ノ電の線路伝いに歩いて七里ヶ浜まで…そんなコースを辿ります。
最後は、冬の海岸通りを散策して、海に沈む夕陽と、江ノ島と富士山を眺めようと考えました。
目論みは全て成功!!思わぬ出逢いもあって、今回も最高なプチ・トラベルになりました。
思い出と再会して、ちょっぴり涙したり…笑ったり…のそんな旅でした。


b0246693_09231337.jpg


More よろしければ、大好きな鎌倉をご覧ください。
[PR]

by kazematikado | 2015-01-19 13:36 | | Comments(6)
2015年 01月 14日

初雪月






上の画像から入れない方は、こちらからどうぞ♪→  初雪月


1月は初雪月
北国の豪雪地帯の方々は、本当に大雪でご苦労をされていらっしゃることと思います。
豪雪の被害や、怪我をされたり亡くなられた方もいらっしゃっる地域の事を思えば、申し訳ないと思うのですが、
ほとんど雪の降らない関東地方のわたしたちにとっては、子どもの頃から雪にはとても憧れがあります。
凍てつくような山を歩いていて、風に乗り、どこからか風花が舞う…
ただ、それだけで北の国からの使者が舞い降りたような、そんな気持ちになってときめいてしまいます。

山道や木々の葉を、淡く縁どる初雪の美しさに、幼い子どものようにはしゃぐ心がありました。
でも、淡雪はすぐに時雨へと変わり、時雨が止むと、やがて山々は霧に包まれました。
霧の中に佇む冬木立の向こうにぼんやりと浮かんでは消える稜線を眺めていました。
馴染みの山の、そんな風景と心模様をデジブックにしてみましたので、よろしければどうぞ。

[PR]

by kazematikado | 2015-01-14 10:07 | デジブック | Comments(0)
2015年 01月 13日

冬の幻燈会 青梅プロジェクションマッピング

昨年の12月の記事になります^_^;記事が前後して恐縮ですが…アップさせていただきます。

2014年12月19日~21日の三日間、青梅商店街企画のプロジェクションマッピングが開催されました。


b0246693_11104611.jpg
地元の西多摩経済新聞にも掲載されたようです。

《記事抜粋》
青梅織物工業協同組合の織物工場跡「さくらファクトリー」(青梅市西分町)で
12月19日~21日、西多摩初となる「プロジェクションマッピング」が行われる。

 プロジェクトマッピングはCG映像などを特殊な映写機器で建物や空間などに映し出すもの。
今回、「OME TOEIKAI PROJECTION MAPPING 2014」と題し同市の老舗商店街
「協同組合東栄会」が主催。織物産業が盛んだった同市に今も残る工場跡の空間を使い、
若手クリエーターが担当した映像を和太鼓のリズムに乗せ、「町の歴史に思いをはせる織物パート」
と「老舗商店街の家紋がアップテンポな和太鼓の音で飛び交う家紋パート」で構成する。


映像は18時から30分ごとに4回上映されましたが、わたしは最終日の21日に仕事帰りに駆け付けたので
最終回の7時30分からの上映にやっと間に合いました。

町内では甘酒やトン汁などのナイトマーケットも開催されたようですが、そちらは終了してました。
青梅の街中散策の時、いつも気になる"青梅織物協同組合"という敷地内にある歴史を感じさせる建物と、
三角屋根の織物工場の建物、今回初めて中に入ることになり、ワクワクです(^^)

入り口からは、行燈が灯され、会場の織物工場へと導いてくれます。
休憩所には喫茶室などもあり、案内などに携わっている若者たちの姿が目立ちました。
今回のプロジェクションマッピングは、もちろん青梅で初の取り組みですが、なんと西多摩地区でも
トップを切っての催しだそうです。老舗店主さんたちと若手クリエーターとのタイアップで実現した
そうですが、こうした地元の若者たちが元気な街って素晴らしいですね。
青梅の街がますます好きになりました(^^)


b0246693_11104392.jpg

はじめての織物工場の内部は、思っていたよりも広く感じました。
高い天井は、木造の柱がむき出しで、裸電球が照らし出す、仄々とした光とほの暗い薄暗がりとの対比が
何とも言えないノスタルジックな空間を醸し出していました。

そして、工場の片隅にうずくまっているような大きな織物機械群…
かつて織物の街だった青梅では、日夜この機会たちが機を織っていたことでしょう。
織物機械が、ガチャンと一織りすれば、萬のお金が入ったと言われた“ガチャ萬景気”に青梅の商店街は潤った事でしょう。
高度成長期、新しい繊維や機械など、いつしか昔ながらの織物はすたれて行ったのでしょうけれど、
今もこうしてその当時の機械たちが残されていたことが素晴らしいと思いました。
しんしんと冷え込む夜の工場の中で、古い機械たちは何かを語りかけているようでした。



b0246693_11104921.jpg
上映前には、青梅出身のけん玉名人の若者が、世界3位の腕前を披露してくれました。
小さな手作りのスクリーンに映し出された、青梅の歴史と、昭和の面影映像と、現在の映像。
全てが手探りで始まったのでしょうけれど、上手にまとめられていて楽しめました。
これから、さらに完成度の高い物へと進化していくのではないかと、次回への期待が膨らみました。
そして、この織物工場や、古い機械にも、新たな光が当てられる日も近いのではと思えました。
何だか、心にぽっかりと灯が点ったような、素朴で暖かいイベントでした。
今度はぜひ、昼間の織物工場にも見学に行ってみたいと思いました。

何よりも、夜の工場の雰囲気や、織物機械たちをしっかり撮りたい衝動に駆られましたが、
手持ちの撮影ですので、なんとも…^_^;な画像ですが、デジブックにまとめてみました。
よろしければ、雰囲気だけでもお楽しみいただければ嬉しいです。


冬の幻燈会 青梅プロジェクションマッピング





Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2015-01-13 11:09 | デジブック | Comments(4)
2015年 01月 09日

新年、初登山(本仁田山)

新年、初歩きは1月6日の倉沢谷周遊でしたが、初登山は、翌7日の本仁田山(1224m)でした。
昨年から研修を積んだ大多摩観光ガイド。いよいよ、今年3月よりデビューします。
1月から3月までは、その実地研修があります。最初のイベントは1月24日の本仁田山登山になります。
その下見登山ということで、先輩ガイドさんに教えていただきながらの初登山でした。

朝、8時30分、奥多摩駅集合。先輩ガイド4名、新人ガイド5名の参加でした。
今日も晴れ~☀ 天気予報は大寒波で強風が吹いて寒くなるとのことでしたが、意外に暖かく穏やかな朝でした。

昨日の雨の影響で、凍結も心配されます。
先輩ガイドのみなさんは、まず、奥多摩ビジターセンターに立ち寄り情報収集です。(さすがですね)
今回のコースは登りは南斜面ですので、凍結の心配は大丈夫だろうとの事でしたが、北側下山道の情報収集です。
その結果、凍結の心配は無いとの事でしたが、もし、イベント当日に凍結がある場合は、南斜面のピストンもあり得ます。
なるほど、いろいろな場合を想定しての地形の下見(コースタイムの把握)は必要ですね。


b0246693_12180948.jpg


More よろしければ続きをどうぞ(^^)
[PR]

by kazematikado | 2015-01-09 15:52 | ガイド | Comments(6)
2015年 01月 09日

新年初歩き

わたしの新年初歩きは、奥多摩の日原にある倉沢谷でした(^^)

新調した登山靴の初おろしと言うこともあり、新年早々のデビュー山行となったわけです。
どこにしよう?と考えた時、真っ先に浮かんだのが倉沢谷でした。
ずっと行っていなかった奥倉沢のあの美しい渓谷と棒杭尾根のブナに逢いたくなってしまったからでした。
その日の天気予報は、午後から雨と報じられていましたから、無理はせずに行ける所までで帰ってくるつもりでしたけれど、
朝のうちは真っ青な青空が覗き、風も無く穏やかな陽気となりました。
倉沢谷林道を、渓谷を望みながら歩きながら、冬の渓と冬木立の美しさに心を奪われていました。
「ああ、やっぱり、冬の森って好きだなぁ…」とひとり言。
冬木立は、寒風に裸の幹をさらしているのに、少しも寒そうに見えないのです。
それどころか、生き生きと、本来の美しさに輝いているように見えるのでした。


b0246693_10182354.jpg


b0246693_10175160.jpg
そして、冬の渓は、美しい氷の世界を見せてくれているのでした。

b0246693_10185355.jpg


b0246693_10221437.jpg



More よろしければ続きをどうぞ(^^)
[PR]

by kazematikado | 2015-01-09 02:09 | 山と森 | Comments(4)
2015年 01月 04日

青梅散策(12月)

青梅は、わたしにとって、いろいろな顔を見せてくれる不思議な街です。
今も昭和のままの駅舎と、駅前の旧青梅街道沿いの商店街は、昭和初期の建物や、古くは江戸時代や
明治・大正に建てられた歴史ある古い建物が今でも商いをしていたり、見学施設として残っていたりします。

街角には、昭和の香り漂う、ノスタルジックな映画看板がいたるところに飾られていて、初めて訪れた人は
一体この街は、どうなっているのだろうと不思議に思うことと思います。
わたしも最初、この映画看板と、蔵が残る古い建物に心を大きく動かされたものでした。

それから足繁く訪れる度に、新しい発見があり、また、街が、どんどん進化していることに気が付いたのでした。
青梅には芸術家と呼ばれる人々が多く、街そのものがアートだったり、古民家を利用した新しいお店が出来たりしています。
かと思えば、昔からの人が住み、温かみのある人情に包まれた安らぎのある街でもあるのです。


そんな青梅の魅力を時々ブログで書くうちに、行ってみたいと興味を持たれる方もいらっしゃるようになりました。
平成生まれのSちゃんもまた、そんなお一人、12月10日に青梅を訪ねてくださいました。
昭和を知らないSちゃんに、ノスタルジックな昭和レトロを楽しんでもらえるのか、ちょっと心配でしたが、
大丈夫でした。Sちゃんは懐かしさを共有してくれ、十分に楽しんでくれたのでした。

Sちゃんは新年より、ふるさとに戻られましたが、青梅での一日が東京暮らしの思い出の一つになれたら良いなぁと思います。
Sちゃんは、ふるさとに戻り、新しい夢を見つけて頑張って行きたいと言っていました。
素直でがんばり屋のあなたなら、きっと素敵な何かを見つけられることでしょう。

わたしは、東京の外れの青梅の空の下から、Sちゃんのしあわせを祈っていたいと思います。
またいつか逢える日を楽しみに、新年早々ですが、その時の事をデジブックでまとめてみましたので、よろしければ、ご覧ください。

青梅散策(デジブック)





[PR]

by kazematikado | 2015-01-04 01:41 | | Comments(0)
2015年 01月 01日

あけましておめでとうございます(*^_^*)

みなさま、あけましておめでとうございます(*^_^*)
わたしにとっては、素敵な出逢いがたくさんあった2014年でしたけれど、大きな自然災害の多い年でしたね。
あの3.11以来、少しづつ地球規模で自然が狂い始めているような、そんな不安を覚えます。
どうか、2015年は、自然災害の起こらない年になってほしいものです。
わたしの新年の抱負は、今年も身近な自然を愛し、家族を愛し、知り合えたたくさんのお友だちを大切にしていきたいと思います。
できればブログもまめに更新出来たら良いなぁと思っています。かなり難しいけど、頑張ります^_^;
当、ブログにお越しくださったみなさま、どうぞ今年もよろしくお付き合いのほどお願いいたします。

今年のお正月は、花に囲まれた嬉しいお正月になりました。
この胡蝶蘭は、11月から近くに開店したケーキ屋さんでアルバイトすることになった長女が、店長さんから
置き場所がないからと、いただいたもので『両親が花が好きだから』と我が家に届けてくれたのでした。
我が家には不釣り合いなほど立派なお花ですが、こうして元気に咲いて目を楽しませてくれています。


b0246693_14301856.jpg



そして、もう一つ、今年は清楚で美しい菖蒲の花が、咲いてくれました。
このお花は、昨年、花菖蒲のご縁で知り合った利ちゃんからいただいたお花です。
ふつう6月に開花する菖蒲をお正月に咲かせることを、促成栽培と言うそうです。


出羽の里
b0246693_15431818.jpg




春の灯

b0246693_15441370.jpg


利ちゃんのブログ そまのほ によると、
『3月16日に植え替えて9ヶ月、10月2日葉刈入室後、居間で家族とテレビを観たり、語らうこと80日余で開花しました。
咲いてくれたことに感謝しながら楽しんでいます。』との事でした。

こんなに丹精込めてお世話したお花を『良かったらお正月に菖蒲を咲かせてみませんか』と譲ってくださったのです。
12月26日、安曇野さんと二人で利ちゃんのお宅に訪問しました。
午後の陽射しが射しむ春のように暖かいリビングに招かれると、鉢植えの菖蒲が迎えてくれました。



b0246693_15430759.jpg





気品ある深みのある紫の花は、"棚田の夜"という品種だそうです。
もう一つ、柔らかく愛らしいピンク色の花は、"春の灯"という品種だそうです。
どちらの花も慎ましやかで、健やかで、利ちゃんの愛情を一身に受けて咲いているようでした。

花菖蒲が咲くお部屋で、利ちゃんと奥さまの心尽くしのおもてなしに、しあわせなひと時を過ごさせていただきました。
日も暮れかかりおいとまする時、庭の蠟梅の一枝と一緒に
『同じ部屋で生活しながら、お水をあげるだけで咲くと思いますのでぜひ、花を咲かせてみてください』
と、"出羽の里"と"春の灯"二鉢を持たせていただきました。
ピンクの菖蒲の花が好きと言っていたわたしの言葉を、きっと利ちゃんは覚えていてくれたのですね。




b0246693_15435750.jpg



蠟梅の馥郁とした香りと、ほんのりと花色が滲むように膨らんだ蕾が愛おしく
一足早く春の息吹が、わたしのこころを温めてくれたのでした。


利ちゃんのお宅のようには陽が当たらない我が家ですが、一番陽射しが入る出窓に鉢を並べ、
毎日、お水をあげながら春を待つ気持ちで話しかけてました。




b0246693_15412991.jpg

だんだんと色が差し、蕾も膨らんで行き、31日には今にも咲きそうなほどでした。
ぷっくりと弾けそうな出羽の里の蕾の愛らしいこと。
西日をまとって、本当に灯りが点っているような春の灯は胸の奥がほんのり温まるようでした。



出羽の里の蕾(30日)

b0246693_15423089.jpg





出羽の里の蕾(31日)

b0246693_15392102.jpg



   花開きました(元旦 朝)
b0246693_15410084.jpg





白い花びらに清々しい青紫の筋が入った気品ある花です。

b0246693_15422167.jpg






光りをまとって、まるで灯りが点ったみたい

b0246693_15393486.jpg




春の灯の蕾(31日)

b0246693_15530044.jpg





元旦、花開きました。柔らかなピンク色の花びらがほどけて行きました。

b0246693_15440805.jpg



そして、元旦。利ちゃんの言葉通り、利ちゃんの育てた菖蒲たちは花開きました。
まるで、利ちゃんの愛情に応えているかのように、可憐な花姿でした。
お正月に咲いてくれた花菖蒲は、利ちゃんの友情の印。
わたしのこころに、消えない明かりが灯りました。
そして、今まで以上に、菖蒲の花が好きになりました。

きっと、今年、わたしは菖蒲ボランティアとして、
利ちゃんと一緒に吹上菖蒲園に立っている…そんな気がしました。




[PR]

by kazematikado | 2015-01-01 16:00 | 日々の事 | Comments(10)