風街角

sion920.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2015年 03月 25日

星の花

もう一つのスプリングエフェメラルのセリバオウレンが咲き出したと聞いて、山を越えて逢いに行きました。

生憎の鉛色の曇り空、冷たい風に乗って今にも風花が舞いそうな寒い日でした。2月末の事です。



b0246693_10155070.jpg

去年、新潟の山で終わりかけたミツバオウレンを初めて見ました。白くて小さくて可愛い花でした。
こちらの里山にも同種のセリバオウレンが咲く事を知り、いつかは訪ねてみたいと思っていました。

セツブンソウが、雪の妖精なら、セリバオウレンは、星の妖精…
わたしには、春の野原を飾る小さな、小さな、星の花に見えました。





b0246693_10162804.jpg


b0246693_10162244.jpg


b0246693_10145385.jpg


More  よろしければ、続きをどうぞ(^^)
[PR]

by kazematikado | 2015-03-25 12:01 | | Comments(4)
2015年 03月 24日

雨上りの朝

このところ、ネットから遠ざかっておりました。
けれど、活動していない訳ではなく、足繁く、青梅の街歩きや、里山を歩き回っていましたが…
写真もいっぱい撮っていて、その整理にも時間を割かれておりました。
もう通り過ぎた季節。冬から春への境目は、行ったり来たり。
そして、春が近づけば、次から次へと移り変わって、一ヵ月前はもう過去の事です。

そんな過去の記事ですが、駆け足でアップしておきたいなと思います。


2月に入ってから、わたしは何度となく青梅の街を歩いていました。
今年は何だか梅の花の開花が遅いのです。
昨春、大規模に伐採されてしまった梅郷の梅の木たちの無念をおもんばかっているように、
青梅の街中の梅たちは、固い蕾のままなのでした。
2月24日、今季、4度目の臨川庭園を訪れました。
数本の紅梅と、一本の白梅が、やっと花を開き始めてくれました。
ダウンを着ていてもしんしんと冷え込むけれど
雨の雫を宿した梅の花や蕾たち、わたしの好きな被写体でした(*^_^*)


b0246693_15512661.jpg


More よろしければ続きをどうぞ(*^_^*)
[PR]

by kazematikado | 2015-03-24 16:41 | | Comments(4)
2015年 03月 05日

渓流の天使が目覚める頃

弥生、3月花祭り…
まだまだ、コートの襟を立てるほど寒い日もありますが、春めいた日が多くなりました。
三寒四温、3日寒い日があったら、4日暖かい日が続く、そんな往ったり来たりを繰り返しながら
いつの間にか光長閑けし春の日になっている。言い得ています。昔の人は素晴らしいですね。

何日か暖かな日が続き、光の色が変わりました。(ありがたくない花粉も飛び始めましたけれどね)
きっと、あの渓谷には、天使のようなあの花が目覚めているに違いない。
日に日にそんな想いが膨らんで、雨上がりのある日、ついに出かけてみました。


b0246693_09202928.jpg


More よろしかったら続きをどうぞ(*^_^*)
[PR]

by kazematikado | 2015-03-05 10:25 | | Comments(4)
2015年 03月 04日

青梅の隠れ里、栗平へ

少し前のレポです。2月20日、今年も、青梅の隠れ里、栗平へ、青梅草に逢いに行って来ました。
メンバーは前回もご一緒していただいたこいちゃんと安曇野さん。今回初めて行かれるshinさんとモナスマさんの5名です。
出発は、青梅線のローカルなこの駅

b0246693_15385628.jpg

b0246693_15385959.jpg


そして、前回、秋のプチ遠足で彼岸花が群生していたこのお寺にも、春を探しに寄ってみました。


b0246693_15422689.jpg

最近、モノクロに凝っているわたし、またまたモノクロで遊んでみました^_^;


b0246693_15423807.jpg


b0246693_15424534.jpg


ま、モノクロは置いといて…(笑)
山門には梅が綺麗に咲いていました。



b0246693_15425491.jpg


まだ、梅の花はどこもかたい蕾でしたが、こちらは紅梅が見頃でした。


b0246693_15430850.jpg


今日は抜けるような青空に、暖かな陽射しで春を思わせる穏やかな日です。
だけど、なんか、この雲がひっかるなぁ…?と感じていました。
今までに見たことがないような、さざ波があとからあとから寄せるような雲。
これって地震雲みたいだなぁ…と漠然と思っていたのでしたが、なんと翌朝、
ニュースでは東北地方の地震を報じていました。やっぱり地震雲だったの???


b0246693_15431506.jpg





More 続きをどうぞ(^^)
[PR]

by kazematikado | 2015-03-04 10:25 | 里山 | Comments(6)
2015年 03月 02日

モノクローム 青梅宿

モノクロームの世界は魅力的です。
なんとなく、物の本質が見えてくるような…
古いものと新しいものが混在する街、青梅宿にはモノクロームが良く似合う街
街角を曲がると、ハッとするような景色に出逢ったり
小さな路地裏に迷い込めば、まるで時が止まったかのように
古い物たちが語りかけてくるのです。

不思議の国のアリスになった気分で、モノクロームの世界を彷徨ってみました。



青梅駅


b0246693_00202263.jpg



More よろしければ続きをどうぞ(^^)
[PR]

by kazematikado | 2015-03-02 01:03 | | Comments(0)
2015年 03月 01日

当季雑詠 (如月)

2月にアップできませんでしたが、如月の当季雑詠です。
如月とは気更に来るとか、生更ぎとか、草木が更生し、万物が萌え動き出す頃という意があるそうです。
春と言ってもまだまだ寒い季節、着物を更に重ねて着る衣更着という意もあるようです。


b0246693_17343828.jpg


二十四節季では、立春と雨水があり、春立つ頃、一雨ごとに春に近づく頃、
暦の上では春です。



b0246693_17310540.jpg

    漣(さざなみ)に奏でる光 如月の月

    初凪や宇宙(そら)のしじまに瞬間(とき)澄みて

    あるがまま 野辺の梢や 寒すずめ

    深緑に 紅灯したる 寒椿

    緩やかに 丘を登れば 待春(たいしゅん)の海

    鈴の音が 聴こえしと見ゆ 水仙花

    幾千の 星を宿せし 冬木立

    薄氷(うすらい)を 浮かべるごとし 明けの月

    重き荷を 背負いし我に 冬菫

    日暮るるに 空青く澄む 春隣(はるとなり)


今回は、字余りな句もあるのですが、良いのかどうか判りません…
でも、自分的には、やっぱりこれで良いかなと。^_^;

山頭火の句は、俳句の、5・7・5にもとらわれないし季語もあったりなかったり

    山から 白い花を 机に     山頭火


b0246693_17345411.jpg


[PR]

by kazematikado | 2015-03-01 17:35 | 俳句 | Comments(2)