<   2016年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2016年 03月 16日

光の花

3月8日、眩しいくらいに陽射しが降り注ぐ朝、もう、いてもたってもいられなくなり(笑)
翌週の13日に開催するハナネコ女子会に先駆けて、ハナネコノメの咲き具合を偵察に行って来ました。

風の谷に向う途中の林道沿いに、数年前に見つけた秘密基地“日影谷”を覗くと、あります!!あります!!
ちっちゃなハナネコノメの葉っぱが、急峻な岩場の上の方までびっしりです~!!
ここは、日陰なので風の谷のハナネコよりも少しばかり遅れて開花するのです。
最近、ネットの拡散なのか秘密の谷だった風の谷のハナネコは、訪ねる人がちらほら増えてきましたが、
日影谷の方はたぶんまだ誰も知らないはずです。
日影谷のハナネコは、わたしのお友だち限定です~(笑)

b0246693_11113247.jpg


b0246693_22155125.jpg




Moreよろしければ続きをどうぞ(*^_^*)
[PR]

by kazematikado | 2016-03-16 01:29 | | Comments(6)
2016年 03月 11日

5年の歳月

3月11日を前にして、テレビではたくさんの特集が組まれています。
昨夜、福島原発であの時、何が起こっていたのかを特集していました。
食い入るように見てしまいました。
あの時の恐ろしさ、得体のしれないものへの恐怖を思い出しました。
国民には知らされなかった真実。閉ざされた空間で必死に作業した人々がいたこと。
現場で指示した人々も、必死にメルトダウンを回避しようと模索した技術者たちも、
実際に最前線で作業した人々も、何とか日本を守らなければという使命感だけで頑張ってくださったのだと思います。
どんなに大変だった事か…どんなに恐ろしかった事か…想像しても余りあります。
言葉がありませんでした。
防ぎようのない自然災害の大地震、大津波の未曾有の大災害に襲われ成す術のない人間。
福島は更に原発という人間が造り出したもののために、二次、三次災害が襲ったのだと思いました。
原発は要らない。。。そう思います。


今日、ニュース番組で津波の現場から掘り起こされたレコードがかけられていました。
Over The Rainbow 心を打ちました。
当時、レコード バーを開いていた女性オーナーのお話しでした。
この女性は地元でレコードバーを再開し、津波で潰れたお店の中から救出したレコードを大切に保管し今もお店で流しているそうです。
当時、ボランティアでレコード救出を手伝った人の言葉がジーンと胸に響きました。
『被災地の人の5年と、東京でわたしたちが過ごした5年とは、全く違った5年間だったと思う。』
全く、その通りなんだろうなと思いました。

あの時、自分がどんな思いだったのか、もう一度振り返りたくなり、昨夜は5年前の3月のブログを読んでいました。
大切な事をいっぱい気付かされたあの時の事を、忘れてはいけないなぁと思いました。
そして、わたしなりの、3月11日を過ごそうと思いました。
忘れないように…URLを記しておきます。
よろしかったら、↓のURLから、さかのぼって読んで見てください。
http://sion920.blog74.fc2.com/blog-date-201103.html

[PR]

by kazematikado | 2016-03-11 10:35 | 日々の事 | Comments(4)
2016年 03月 10日

春の妖精(星の花)

今年もまた、春の妖精たちとの再会を求めての花めぐりが始まりました。

わたしにとって、早春の樹林帯の林床にひそやかに咲くセリバオウレンとの出逢いは、
待ち焦がれた季節との再会と呼ぶのに、ふさわしいと思っています。
清楚な星形の白い花に、「今年も逢えたね」とささやきながら、まだ肌寒い林の中でひざまずきました。
薄っすらと弱い陽射しが木立の間から差し込むと、小さな白い花たちは小首を傾げるように顔を上げるのでした。

b0246693_00173999.jpg




b0246693_00210660.jpg




b0246693_00205364.jpg




落ち葉のマントをまとっているみたいね(^^)



b0246693_00285689.jpg




枯れ葉の中から目覚めたばかりの花は、ほんのりと薄紅の差色



b0246693_00213122.jpg





ほら、花びらの形、星の花だと思いませんか?
夜空を流れたお星さまが野原に落ちて花になったような…




b0246693_00294544.jpg




さんざめく星の花はミルキーウェイを恋しがっているのかな?



b0246693_00291476.jpg


More よろしければ続きをどうぞ(^^)
[PR]

by kazematikado | 2016-03-10 10:28 | | Comments(0)
2016年 03月 05日

ちょっとワイルドな花旅(笑)

少し前の記事になります。
数日春のような陽気が続いたと思ったら、真冬のような寒い日に逆戻り。
三寒四温というけれど、今年はあまりに極端です。そんなジェットコースターのような日々の中、
わたしたちが選んだ2月16日は、雨上がりの快晴の青空が広がりました。

青梅の駅で待ち合わせして久しぶりの再会を喜び合って、石神前の駅に向かいました。
前日の雨は青梅駅より奥多摩寄りでは雪になったらしく、車窓からは薄っすらと雪化粧した山々が見渡せます。
石神駅で降りると紅梅が見事に咲き誇っていましたが、その花びら一枚一枚が氷花と化して朝日にキラキラ輝いていました。

b0246693_11133056.jpg

全体の写真では、氷花って感じがありませんが、本当は逆光で見ると氷がキラキラして綺麗だったのですが上手く撮れませんでした。
仕方ないので花をアップにしてみました。あちこちに氷の塊が付いているのが判りますか?




b0246693_11133768.jpg

落ちた花びらも氷雫です。


b0246693_11134299.jpg


地面も霜柱と淡雪で真っ白


b0246693_11145888.jpg


パンジーの花も咲いたまま、氷の花になっていました。
触ったらパキっと折れてしまうんじゃないかと思われて痛々しく感じ触るのもはばかられましたが、
午後、この駅に戻ってみたら解凍された花は少しも痛んだ様子もなく健やかに綺麗に咲いていました。
自然って見た目よりもずっと強いんだなぁと感心したのでした。


b0246693_11141447.jpg


b0246693_11141897.jpg


落ち葉も、馬酔木も、忍冬の葉っぱも凍てついてます。


b0246693_11142231.jpg

b0246693_11142778.jpg


b0246693_11144741.jpg

民家の屋根も、駅名の看板も、凍てついてます。


b0246693_11145438.jpg

b0246693_11140699.jpg

石神神社の銀杏の巨樹も、ベンチも、楓の木も凍てついてました。


b0246693_11240819.jpg

b0246693_11242183.jpg

楓の枝先が、氷の雫でキラキラ輝いているんですが、うまく撮れません。望遠レンズを付けておけば良かったのだけれど…


b0246693_11250914.jpg

青空を映した浅い川を傍らに眺めながら、わたしたちは林道を詰めていきます。
本当は、何ってことはなく、たやすく尾根に出るはずだったのですが…

b0246693_11251584.jpg
はるかちゃんと、あっちゃんは楽しそうにおしゃべりしてしながら歩いています(*^_^*)

b0246693_11251869.jpg


More よろしければ続きをどうぞ!(^^)!
[PR]

by kazematikado | 2016-03-05 18:06 | 女子会 | Comments(6)