風街角

sion920.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2016年 11月 19日

会津駒慕情 その2

駒の小屋での楽しみの一つは、満天の星空です。
真夜中に起き出して小屋の外に出れば、漆黒の夜空に無数の星が散りばめられています。
山頂から眺める星空は天空から自分の足下の大地の遙か下まで大パノラマで広がっているのです。
じっと見上げ、そして見下ろしていると無窮の天空が弧を描いているように感じます。
吸い込まれるような星明りは、瞬きながら、チラチラとさんざめく…
無音のはずなのに、星々のささやく声が聞こえるような気がするんです。

時おり長い尾を引いて流星が流れていきます。
“あっ…” 思わず吐息のようにつぶやいてしあわせな気持ちが胸いっぱいに広がります。
星降る夜に願いを込めて…闘病中の友がどうか、どうか、回復しますように。



b0246693_11350973.jpg

この星空を見ていると、いつもこの歌を口づさみたくなるんです。

https://youtu.be/he6uTLQQkFc

冬の星座

木枯らし途絶えて さゆる空より
地上に降り敷く くすしき光よ
ものみないこえる しじまの中に
きらめき揺れつつ 星座はめぐる

ほのぼの明かりて 流るる銀河
オリオン舞いたち スバルはさざめく
無窮をゆびさす 北斗の針と
きらめき揺れつつ 星座はめぐる


https://youtu.be/HHNEhT2Ckck

星めぐりの歌

あかいめだまの さそり
ひろげた鷲の  つばさ
あをいめだまの 小いぬ、
ひかりのへびの とぐろ。

オリオンは高く うたひ
つゆとしもとを おとす、
アンドロメダの くもは
さかなのくちの かたち。

大ぐまのあしを きたに
五つのばした  ところ。
小熊のひたいの うへは
そらのめぐりの めあて。



More よろしければ、続きをどうぞ (*^_^*)
[PR]

by kazematikado | 2016-11-19 22:50 | 女子会 | Comments(10)
2016年 11月 16日

会津駒慕情 その1

三年前の秋、若草女子会で登った会津駒ヶ岳、念願だった錦秋の山に登ることが出来ました。
ひとりでは、恐らく無理だろうと諦めていた山に登れたのは若草女子会のみんなの友情のお蔭でした。
ランプの灯影が優しく灯る山小屋の夜「本当に来れた。みんな、ありがとう。」
ひしひしと感動が湧き上がり、涙したのがついこの間のような気がします。

『大丈夫、また来れるよ!!来年はハクサンコザクラが咲く頃に登ってきてね。』そう言ってくれた
駒の姉さまの言葉どおり、昨年も一昨年も、わたしたち若草女子会の娘のような存在のオジーと、
かなちゃんのサポートで可憐な花咲く稜線へと行けました。
ひだまりちゃん、よしころんちゃん、はるかちゃん、おじー、かなちゃん、わたしの山行は、
いつも仲間に見守られていました。

そして、今年も…
『ねえちゃま、今年も会駒に行くよ!!』と、頼もしいはるかちゃんの言葉が背中を押してくれました。
本当はハクサンコザクラ咲く季節に登る予定でしたが、わたしのガイド山行が重なったため行けませんでした。
そこで、9月27日~28日で登ることになりました。季節は初めて訪れた日と同じ秋です。
また、あの稜線に立てる。また、あの懐かしい駒の小屋の兄さま姉さまに逢える。そう思っただけで
わたしのこころは、喜びに震えるのでした。年に一度の駒詣、夢じゃないんだ~♪

前日南会津のひだまりちゃん宅に泊めていただき、美味しい夕食に、温かいお布団でゆっくりと
休ませていただき、翌朝は朝食を用意してもらい、一緒にお昼のおにぎりも握って出発です。
今回は3人での挑戦ですが、合言葉は“会駒いくよ!”ホントに素敵な妹たち、こころからありがとう。

随分、時季を外してしまいましたが、錦秋一歩手前の会津駒ケ岳から…
わたしたちの友情の物語を綴らせていただきます。よろしければ、お付き合いください。

b0246693_23175240.jpg



More よろしければ、続きをどうぞ。
[PR]

by kazematikado | 2016-11-16 02:23 | 女子会 | Comments(2)
2016年 11月 08日

郷愁のモノクローム


Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2016-11-08 00:10 | デジブック | Comments(0)
2016年 11月 07日

青梅宿  レトロな街角と津雲邸


Published by デジブック
[PR]

by kazematikado | 2016-11-07 22:22 | デジブック | Comments(0)
2016年 11月 07日

モノクロへの憧れ三度目の出逢い

昨年、ツリーハウス作りで知り合ったアマチュアカメラマンのTさんは、青梅をモノクロで撮り続けていらっしゃいます。
Tさんのカメラは銀塩カメラ、フィルムの現像もご自分で手掛けられます。
青梅の街をポタリングしていると、カメラを持って歩いているTさんと時々遭遇するのでした。


b0246693_11463913.jpg


                 時々、Tさんと出逢う駅前

ある日、青梅のギャラリーカフェはこ哉さんで、Tさんの写真展に出逢えました。
Tさんがモノクロで描く青梅の街とそこに暮らす人々の姿がとても温かくてわたしに何かを思い起こさせました。
それは、三度目のモノクロ写真家との出逢いだったのです。

        



昔、まだ、わたしが写真の事を何にも知らなかった頃、何故か本屋の店先で手に取った写真集
薗部澄さんという写真家のものでした。
東北の小さな漁村を撮影したもので、そこに暮らす人々の生活感と何とも言えない郷愁の世界観に魅了されました。

特にイカ釣り漁船の漁火の瞬くくらい海、そして、昼間の浜辺に繋がれた漁船の空に透ける裸電球の侘しさ
魚網を作ろう年老いた漁師の節くれだった手や、顏に刻まれた深いしわ…
モノクロだからこそ生きる郷愁の世界にぐっと心を掴まれたのでした。

そして、19歳で訪れた初めての残雪の尾瀬、その時同行した仲間の中に、アマチュアカメラマンの方がいました。
重い機材を担いで、いつも後ろを歩きながら、熱心にカメラを構えていました。
どんな写真が撮れたんだろうと楽しみにしていた数日後、送られてきた写真を見てあっと驚きました。
すべて、モノクロで撮られた写真だったのです。最初は少しがっかりしたのだけれど、見れば見るほど
その味わい深さと、時を超越したような存在感に魅了されました。
その時の事を書いたHPの古い記事です。「思い出の尾瀬」よろしければ下のリンクからどうぞ(^^)
(文字が重なって表示された場合は、文字のサイズを表示→小でご覧ください<m(__)m>)

それから十数年後、尾瀬を訪れたわたしは、迷わず一眼レフカメラを購入し、試行錯誤で写真を撮り始めました。
尾瀬の美しい四季に魅せられ、どうやったら美しい空と水と緑の尾瀬を表現できるかに夢中になりました。
でも、心のどこかでは、若き日に見たモノクロの尾瀬への憧れがありました。
もっと写真が上手くなったら、いつかモノクロで撮りたいと、まだ、フィルムカメラでしたからモノクロ用のフィルムを冷蔵庫の中に保管していました。
それが、今やデジタルカメラで、簡単にモノクロ撮影が出来るようになったのです。
ふたたび、わたしがモノクロへと心惹かれるきっかけと共に…


b0246693_11450938.jpg


b0246693_11474723.jpg


わたしにはまだ、モノクロで季節の空気感や陽射しを表現できません。
写っている人物の服装でしか、“真夏” を表現出来ていませんね。
でも、モノクロで撮ると、何故かシンプルにストレートに伝わってくるものがあるように思います。
それは色と言うフィルターを通さない本質なのでしょうか?まだ、良く判りません。
それとも、モノクロの中にこそ、色を表現出来るのかも?
いつか、その何かが判るような写真を撮ってみたいです。
これからも、時々、モノクロームの世界に挑戦してみたいです。

きっかけをくださったTさん、ありがとうございました(^^)





[PR]

by kazematikado | 2016-11-07 12:00 | 日々の事 | Comments(4)
2016年 11月 07日

ある夏の思い出 3

夏の思い出と題して、アップしそびれてる写真を今頃…です^_^;

今年の夏は、いがり先生のワークショップが高尾山の日影沢で開催されました。
植生も豊かで有名な高尾山ですが、一年のうち、春と秋のせいぜい2回ぐらいしか訪れないわたしです。
どうも人が多いのが苦手で敬遠してしまうのでした。


b0246693_23591959.jpg

この日は7月11日、真夏の日差しと木陰の光と影が眩しい日でした。
林道をそぞろ歩きつつ、難しいコントラストの強い夏の日の撮影術など教えていただきました。
花影も少ない端境期、何もないような林道でも、先生と一緒なら被写体は無限にあるのでした。
誰も見向きもしないような花や草や、小さな虫たちでさえ美しく、生を謳歌しているように見えます。
参加者の誰もが先生のカメラを覗いては感嘆の声を上げていました。



ハエドクソウ…とっても小さくて目立たなくて、絶対撮らなかったと思うお花です。
でも、マクロで撮ったら、こんなにかわいいお花でした。


b0246693_00002399.jpg

木洩れ日の中のマムシグサ…コントラストが難しいです。葉っぱが白飛びしてしまいました。


b0246693_00002971.jpg


何もない…はずの林道。でも先生の目には木立ちの影がドラマチックに見えるのですね。


b0246693_00003582.jpg


流れの中の光と影…わたしは緑に染まった水面に目が行ってました。


b0246693_00012048.jpg

流れの中の黄色い葉っぱ…光の網が泡のようにゆらゆらと消えてはまた現れるのが好きです。



b0246693_00012539.jpg


先生の見つけた被写体を撮るだけではなく、自分でも探して見るのも大切と教えていただきました。
クモの巣を見つけたので、バックを暗い木の幹にして撮ってみました。
周りの緑も入れて見たかったので少し引き気味に撮りました。


b0246693_00013590.jpg

先生は何か被写体を見つけられたようです。


b0246693_00030089.jpg

『何を撮られたんですか?』と、みなさん覗きこみます。


b0246693_00035755.jpg


二つ並んだ草の両方にピントの合う場所を見つけて撮るというアドバイス。



b0246693_00060749.jpg

わたしは、こんなのを撮ってみました。


b0246693_00020510.jpg


倒木に生えた草が、まるで寄せ植えのようだと撮られていました。


b0246693_00020943.jpg


ツル植物の後ろが抜けて、バックに暗い森を持っていきます。


b0246693_00025566.jpg

わたしは、緑の木漏れ日を持ってきてしまいました。



b0246693_00023560.jpg


ハエドクソウに止まった蛾を撮ってみました。たぶん、スカシバかな?
もう少しローアングルで蛾のバックを暗くして撮れば良かったです。


b0246693_00032381.jpg

木洩れ日のスポットライト…でもピントがいまいち



b0246693_00033005.jpg


緑の苔の中に生えたキノコを撮ってみました。



b0246693_00035005.jpg


みなさんの質問に、丁寧に答えてくださいます。それを聞くのも勉強になりますね。


b0246693_00040431.jpg

木洩れ日の中で撮影する人…コントラストのお勉強


b0246693_00014610.jpg

b0246693_00015111.jpg


モンキアゲハが吸水に訪れました。


b0246693_00044224.jpg

小さなクモが空中浮遊で歩いて行きます。


b0246693_00044678.jpg


こちらも小さな昆虫



b0246693_00050603.jpg

ナナフシ、擬態で見分けがつかないくらい。


b0246693_00052259.jpg

花とクモもいい感じだけど、キミは花にやってくる蝶をガシッとわしづかみにしてしまうんだよね。


b0246693_00051687.jpg

せっせと、巣作り中かしら?


b0246693_00053166.jpg

キツネノボタンでいいのでしょうか?


b0246693_00045445.jpg


葉影のヒメコウゾの実



b0246693_00053605.jpg



後のタマボケは、水面の上で遊ぶ光のチラチラです。




b0246693_00060188.jpg


ノラ君にしては、おっとりとしてるけど…


b0246693_00140302.jpg

うん、いい顏してる(^^)


b0246693_00140944.jpg

草むらから、大きく口を開けて襲いかかろうとしている緑のヘビに見えませんか?(笑)



b0246693_00141774.jpg


楽しい夏の高尾山ワークショップでした。いがり先生、参加者のみなさん、ありがとうございました。



[PR]

by kazematikado | 2016-11-07 00:57 | 写真展&写真教室 | Comments(0)
2016年 11月 02日

ある夏の思い出 2

久々に、浅見茶屋さんに行きたいと思って出かけたらお休みでした。
もう、1年ぶりぐらいかなぁ?随分ご無沙汰してしまいました。
オーナーさんや、営業部長(笑)のお父さんにお逢いしたかったのだけれどね。
そして、夏の定番のぶっかけうどんと、エスプレッソがけの白玉ぜんざいアイス
頂きたかったのですけれどね。
お店の裏手の秋海棠はきっと満開の頃だったことでしょう。


b0246693_14071249.jpg


b0246693_14072387.jpg

お店を通過して子の権現へと登りました。この山域はわたしが17歳の頃から足繁く通った場所でした。
その頃、浅見茶屋さんは、いまのオーナーさんのおばあちゃんが細々と営んでいるうどん屋さんでした。
確か、古民家の自宅の庭先を利用していたように記憶しています。
そのうどんは、とても腰があって美味しかったです。わたしの父母も好きで時々通っていました。
今のオーナーさんは、お孫さんで会社員をしていたそうですが、おばあちゃんが亡くなった時、
『おばあちゃんのうどんを失くしてはならない。』と、会社員を辞め修業をしたそうです。

そして、彼の独特のセンスで、古民家を生かしつつ再リメークして今日の浅見茶屋を作りました。
わたしが、浅見茶屋に再会した当時は、まだ、常連さんが訪れるくらいだったけれど、今やいつ行っても
たくさんのお客さんで賑わっていますが、これもひとえにオーナーさんとそのご家族の温かなお人柄と
真心のこもった「おもてなし」の心の賜物なのだと思っています。

たまにしか訪れないお客なのに、覚えていてくださって、どんなに忙しくても、厨房から顏を見せてくれ
『いつも来てくださって、ありがとうございます。』と必ず挨拶をしてくださいます。
そして、帰る時は店先まで見送って、見えなくなるまで手を振ってくれます。
だから、時々、お元気かしら?と思い出してしまうのです。

この浅見茶屋を越えて、さらに登って行けば表参道を通って子の権現へと登れます。
木洩れ日の中に見覚えのある山門が現れました。


b0246693_13245439.jpg

あら?郵便やさんが、反対側にある車道から登って来ました。そして山門をくぐって行きます。
なんだか、宮崎アニメの世界みたい(^^)


b0246693_13350770.jpg

門前にはすっかり寂れてしまったお土産物屋さんが一軒だけ店を開けていました。
ひとりのおじさんが、ラジオを聞きながら店番をしていました。

b0246693_13340857.jpg


b0246693_13335477.jpg

いつ売れるとも知れない鄙びたお土産物たち、いつからそこにあるのだろう?


b0246693_14253004.jpg

そんな事を考えていたら、ふと、古い記憶が蘇って来ました。

b0246693_13332798.jpg


それは、17歳の冬のことです。翌年の5月に初めての小屋泊まりで登る雲取山の足慣らしのため、
一緒に登る友人と子の権現に登ったことがありました。
凄く寒い日で、チラチラと小雪が舞っていました。門前にあるお土産物屋のおばあちゃんが、
『寒いから暖まって行きなよ』と、お店の中に上げてくれて、掘りごたつにあたらせて貰ったことがありました。
おばあちゃんは熱いお茶を入れてくれ、毎日、麓の家からここまで上がってくると言っていたことを、
こんな真夏に思い出しました。登って来た一番角にあったから、きっと今開いているこの店がそうだと
思いましたが、もう記憶を辿ることが出来ないほど面影は失せていました。


そんな思い出に浸りつつ参道を登ると、何だか不思議な物体を見つけました。
何か光るものがあると近寄ると、透明なビー玉が転がっています。

b0246693_13241630.jpg

あっ、あっちにもこっちにも、今度は緑色で綺麗だなと、拾い上げてみてびっくりしました。


b0246693_13242482.jpg

まるでグミのように弾力があって軟らかいんです。なにこれ?と思わず手を引込めました。
そう言えば昔、不思議な球体が空から降ってきたというのをテレビで見た事がありました。
たしか捨てられた防湿材などが、水に溶け蒸発し、雨粒のように結晶化して降って来る
とかだったような?そうなのかな?違うのかな?それにしても真ん丸でまるでビー玉でした。


b0246693_13243502.jpg


坂の上に茅葺屋根の社務所が見えてきました。美しい屋根です。



b0246693_13251531.jpg



社務所の前の石垣に紫色の花が目に飛び込んできます。もう、桔梗が咲いてると思いました。
コントラストが強すぎて、失敗写真ですね^_^;


b0246693_13254301.jpg

素晴らしい彫刻を施した手水舎があって、ゆらゆらと風に揺れる手ぬぐいが涼しげでした。


b0246693_13264857.jpg


b0246693_13281048.jpg



b0246693_13280455.jpg



b0246693_13284471.jpg



b0246693_13284912.jpg

手水舎の柱の彫刻が綺麗でした。


b0246693_13291391.jpg

内側にはいろいろな護符が貼ってありました。


b0246693_13293371.jpg

野の花々を描いた絵天井


b0246693_13292547.jpg

木立ちの影を落とす社務所


b0246693_13295369.jpg

青空に映えますね。


b0246693_13303450.jpg

b0246693_13312650.jpg




b0246693_13304288.jpg

ここは宿坊になっていて、夏の朝など武道のクラブなどが良く合宿していたことを思い出します。


b0246693_13305136.jpg


b0246693_13313607.jpg

b0246693_13314165.jpg


風が吹き抜けていきそうな広々とした建物です。


b0246693_13321642.jpg


b0246693_13315266.jpg


ここは、足の神様なので、願をかけたたくさんのわらじが奉納されていました。



b0246693_13324467.jpg

わたしも願をかけました。「いつまでも健脚でいられますように」
良く考えたら、今も健脚じゃありませんでしたね。
「いつまでも、健康で山が歩けますように」と言うことで(*^_^*)



b0246693_13330242.jpg


緑の木陰がいよいよ濃くなってきた昼下がり、子の権現を後にしました。


b0246693_13331321.jpg

登山道のシダに光があたって綺麗でした。


b0246693_13344005.jpg

お土産物屋の箱にふわりと舞い降りたスミナガシ、青味がかった美しい蝶です。


b0246693_13332032.jpg


輝く緑のしっぽを持ったトカゲ君、思わず撮ってました。でもピントが全然合っていませんでした。


b0246693_13234719.jpg

[PR]

by kazematikado | 2016-11-02 00:22 | 里山 | Comments(2)
2016年 11月 01日

ある夏の思い出 1

奥武蔵のとある山里。虎秀(こしゅう)と風影(ふかげ) なんて素敵な響きなんでしょう。
そのふたつの集落を結ぶ山中の奥深くに、たった2軒だけの集落ユガテがあります。
ふるさとの山の地図を眺めつつ、なぜかしら心惹かれるこの3つの地名に
若い頃から、ずっと魅かれ続けてきたけれど、やっと訪れたのは10年ほど前の初冬でした。
それからは、年に数回ですが足を運びます。でも、秋や春で夏に来たことはありませんでした。

木洩れ日が眩しい、草いきれの夏、山里の畑にはひっそりと晩夏の花が咲いていました。
いつも思うのは、この場所に晩夏の夕暮れ時に来てみたいということ。
四方を山に囲まれた畑の小道で、どことなく物悲しいヒグラシの声を聴いてみたいんです。
仄かな茜色に染まる夕空と、ほっと暑さも和らぐ風に吹かれ、山々から降る蝉時雨
憧れだけど、やっぱり今年もその時間帯は無理でした。
そんな郷愁の世界を妄想しつつ…(笑) 暑い陽射しの中を彷徨いながら撮った写真です。
季節はずれですが、よろしければご覧ください^_^;



夏草の小道を辿って…

b0246693_10223903.jpg


b0246693_10153333.jpg



綺麗に刈り込まれた小さな石段を辿ります。ここがユガテへの入り口

b0246693_10160134.jpg



樹皮が見えないくらいツタの絡まる大きな樹、夏の象徴のような緑の塊


b0246693_10162531.jpg




緑の森の縁に立つ作業小屋が、いい味を醸し出していて好きな風景



b0246693_10215830.jpg



夏の野菜が育つ畑、小さな畑を耕し、慎ましく暮らす生き方がいいなぁと…



b0246693_10170038.jpg




秋には、ジョビ子《ジョウビタキの雌》の縄ばりだった。



b0246693_10170704.jpg


b0246693_10171559.jpg




手づくりの掲示板のある作業小屋、小さな広場にはトイレとベンチがあり、
訪れたハイカーたちが休憩することができる場所がある。




b0246693_10172197.jpg



真っ赤な唐辛子が緑に映える


b0246693_10175198.jpg


トマトの花



b0246693_10175676.jpg



ゴマの花


b0246693_10181629.jpg



まだ色を残す、枯れ色の紫陽花



b0246693_10185338.jpg



ダリアの花を最近、美しいと思う



b0246693_10192665.jpg






b0246693_10194119.jpg





b0246693_10194822.jpg



キクイモの花かなぁ?



b0246693_10200056.jpg



菊の花も綺麗!


b0246693_10200532.jpg



葛の花が咲いていました。



b0246693_10212038.jpg



ツルボの花が群れて咲く


b0246693_10212533.jpg



不思議な花…


b0246693_10214427.jpg





b0246693_10213447.jpg



ここもご多分に漏れずイノシシよけの鉄柵で囲まれているけれど美しい里山
いつ訪れても、心温まるユガテの里、次に訪れるのは晩秋だろうか?


b0246693_10221034.jpg


照りつける午後の陽射しを受けながらユガテを後にした。


b0246693_10221519.jpg


夏草生う、草いきれの小道を辿って…


b0246693_10222841.jpg



番外: 風影の集落、顏振峠の茶店で一休み、こんな綺麗な色のサイダーがあったので(*^_^*)


b0246693_12410390.jpg




メロン色で、シュワシュワシュワ―っと喉にきて、おいしかったぁ~♪
やっぱり、夏だね!!


b0246693_12413311.jpg

[PR]

by kazematikado | 2016-11-01 12:44 | 里山 | Comments(2)
2016年 11月 01日

工房&カフェ巡り番外 真夏の工房

そう言えば、まだ、最初に訪ねた時のAkai factory を載せていなかったので番外編で登場です。
毎日30度以上の猛暑の中の訪問でした。暑くて暑くて、工房の中は40度ぐらいあったんじゃないかな?
とにかく、眩暈を感じるほどの熱さだった…

だけど、昔の工場はこんな過酷な中でみなさん、お仕事をされていたんだろうな~大変だったろうな~とただただ想いを馳せました。

そして、その工場跡のスペースに繰り広げられているシェア工房が、なんだか夢に満ちているようで素敵でした。
この活気にあふれた佇まいを、やっぱり見て欲しいなぁと思い、しつこいかもですが再度登場です。すみません<m(__)m>


入り口はこんな感じで、扉を開くとまず最初に、フリースペースのようになっています。

b0246693_01491281.jpg

b0246693_01491736.jpg


この日は、手づくりペイントT シャツの作家さんが作品を展示販売されていました。
ここは、良く冷房が効いていて涼しいです。

b0246693_01482649.jpg

そして、第2の赤い扉は、工場(工房)へと続いています。


b0246693_01454416.jpg


扉を開けてみてびっくり!!!灼熱地獄のような熱気に当てられました((+_+))
その暑さに圧倒されつつも、工場内のいたるところに、いろんな工房があって興味津々です。

入り口には、飯能内外の工房やカフェなどのパンフレットが置かれています。
行ってみたいお店や工房ばかりです。なんとその中に、
青梅のちゃんちき堂さんのパンフレットも置かれてました(*^_^*)v


b0246693_01454927.jpg

ここは、何の工房かしら?作業テーブルも広くて素敵です。



b0246693_01461537.jpg

デザートローズ、ジュエリーやアクセサリーの工房だそうです。


b0246693_01465237.jpg


こちらは、昔の工場のスペースをそのまま利用している感じ。
開け放たれた窓からは、少しも風が入って来ない様子^_^;


b0246693_01462138.jpg

b0246693_01463165.jpg

こちらは陶芸工房かしら?


b0246693_01465888.jpg
工場の片隅にバイク、アメリカンな感じ。


b0246693_01470352.jpg
なんか、カッコいいなぁ!

b0246693_01471470.jpg

天井部にはいくつもの滑車が残されていて、アンティークな感じが素敵です。


b0246693_01472663.jpg

これも昔の工場の面影、始業・終業のベルかなぁ?


b0246693_01473484.jpg

こちらも古いものですね。


b0246693_01474065.jpg

こちらは、和紙のアトリエ工房のようです。
大きな繭玉のような作品、素晴らしいです。


b0246693_01475476.jpg

こちらは、明かりをデザインしているようです。
やわらかな和紙を通して、温もりを感じます。


b0246693_01475846.jpg


真綿のような風合い


b0246693_01481283.jpg

こちらのしわ加工も素晴らしい


b0246693_01480791.jpg


明かり取りの屋根も、真夏には厳しいかもだけれど、ノスタルジーを感じます。


b0246693_01480392.jpg


暑い暑い工房を脱出して、カフェの扉、ブルーの扉を開けました。
こちらが、mokumokucafeです。


b0246693_01494932.jpg

cafeから工場内も見えます。


b0246693_01504045.jpg

作品や雑貨、素材にこだわった食品なども販売されていました。


b0246693_01500947.jpg


b0246693_01505719.jpg


目を引いたのが、壁に飾られたヘラジカ(たぶん)の角


b0246693_01511949.jpg

こちらは、トナカイかしら?


b0246693_01512531.jpg

そして、この明かりが素敵。裸電球と銅版の傘
mokumokucafeのオーナーさんの作品だそうです。


b0246693_01520941.jpg

ボックス棚には、皮製品やジュエリーなど、素敵な作品が並んでいます。


b0246693_01523546.jpg

各テーブルに置かれたお花や緑が嬉しいです。


b0246693_01523013.jpg


b0246693_02442675.jpg


b0246693_02443143.jpg
それぞれ、形や色の違うソファーも手作りのテーブルも素敵。


b0246693_01523940.jpg

ここにいるだけで、時が経つのを忘れてワクワクしてしまいます。


b0246693_01534411.jpg

窓辺のサンキャッチャ―


b0246693_02444451.jpg

ハンドドリップ珈琲も薫り高くて深い味わい。
マグカップもとっても素敵。


b0246693_01525378.jpg

マフィンがとっても美味しかったです♪


b0246693_01533538.jpg

カフェでゆったりと涼んで、満足して外に出ました。
今度来た時は、皮製品が何か欲しいなぁ!


b0246693_01524973.jpg

直ぐ傍を西武線が走って行きます。
もう少し、飯能の街歩きをしてみたくなりました。


b0246693_01492389.jpg


[PR]

by kazematikado | 2016-11-01 02:51 | お店 工房 | Comments(0)