<   2017年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2017年 04月 27日

花吹雪が風に還る

満ちて行く春… 週末の森の桜並木を見に行きました。
森の土手を埋めて、今年もタチツボスミレが群落を作っているのかな?と思いつつ

青空に映える満開となった桜はハラハラと散り始めていました。



b0246693_22530941.jpg



b0246693_22541677.jpg



桜の並木越しに、朱色と白の青梅タワーが覗いています。
きっと、青梅タワー?そんなのあったけ?と思われてしまいますね。
はい、どこにでもあるただの鉄塔です。わたしが勝手に付けた名前です。(^^)
でも、桜の花越しに見る鉄塔も、素敵でしょ?だから青梅タワーなんです。



b0246693_22551282.jpg



雑木林越しに遠くの奥多摩の山並みが青くたなびいて、ああ、好きだなぁと撮りました。
子どもの頃から、春の青い奥秩父の山並みを見て育ったんです。
奥秩父に続く奥多摩の山並み。 知っていますか?冬は薄紫に煙るように見えることを…



b0246693_22570594.jpg


武蔵野の面影が残る雑木林の中に続く微かな踏み後を歩く時、こころが穏やかになります。
冬は木枯らしが吹き抜ける道、そして冬鳥の愛らしい姿が梢を渡る道。



b0246693_22580828.jpg


朽ちかけた切り株の上に落ちた花房、ヒヨドリたちの悪戯かしら?
それとも春の妖精の髪飾りだったのかな?桜吹雪の中、去っていく春の妖精が見えたような気がしました。


b0246693_22594356.jpg


スポットライトのように柔らかな木漏れ日が射して、タチツボスミレがほほ笑んでいました。


b0246693_23005934.jpg

一際、濃いすみれ色、あなたは誰かしら?


b0246693_23013073.jpg


桜の花びらに埋もれて、美しいタチツボスミレが咲いていました。



b0246693_22562947.jpg


こちらは、キランソウ。地獄の釜の蓋なんて恐ろしい名前を誰が付けたのでしょうね?
わたしなら、野辺の紫って名前にしてあげる。


b0246693_22583798.jpg



クサイチゴの白い花が咲き始めました。



b0246693_23050537.jpg


園芸品種のムスカリだけれど、こうして野原に咲いていると野草に見えます。



b0246693_23040538.jpg


こちらも、どこからやってきたの?白い水仙が一株だけ咲いていました。



b0246693_23053405.jpg



静かに佇む、そんな言葉が浮かびました。




b0246693_23023068.jpg




b0246693_23085762.jpg



b0246693_23081936.jpg



桜の樹皮って横の縞々なんですよ。そして、意外と色黒なんです。
花が咲く前の、桜の枝で草木染をすると、桜色の仄かなピンク色に染まるんですって
自然は豊かでそして不思議です。踏青の頃…




b0246693_23043543.jpg


やっぱり気になる椿です。とっても良い樹形の樹でした。地面には一面のたんぽぽの花です。



b0246693_23093484.jpg



真紅の一重の椿に魅かれますが、こんな夢見るような優しい色の椿も良いですね。



b0246693_23112081.jpg


想いを大切に抱くように、重ねた花びらの愛しさよ。


b0246693_23103455.jpg





b0246693_23164090.jpg


八重咲きの真紅の椿



b0246693_23144374.jpg



枯れた色の花もシックで美しいです。



b0246693_23135973.jpg


やっぱり一重の椿が好きです。でも、やっぱり上手く撮れません。


b0246693_23192850.jpg



b0246693_23200412.jpg


一面のたんぽぽの野辺、思わず寝転んでフアインダーを覗きます。



b0246693_23121606.jpg
 


いいなぁ。。。きっと今頃は綿毛の海だろうな。また寝転んで写真を撮りたいと思う。



b0246693_23124878.jpg


山桜が咲き始めました。控えめな花数、レンガ色の若葉が上品で好きです。



b0246693_23203580.jpg



おや、春爛漫の桜の枝で、仲睦まじいカラスのペア
桜色の中で、漆黒の翼を悲しんでいるだろうか?
いいえ、それは人間の勝手な感傷。きっとカラスはそんなことを思ってはいないだろうなと思います。



b0246693_23171272.jpg

きっと二人でお花見を楽しんでいるのでしょう。
だって、ほら、こんなにLOVE LOVE❤なんですもの(^^)v



b0246693_23181763.jpg


桜吹雪が 風に


b0246693_23072847.jpg

風に還る



b0246693_16470188.jpg


幾千万の花びらが、はらはらと散っていく。 美しいまま…


b0246693_23060523.jpg

[PR]

by kazematikado | 2017-04-27 17:38 | 山と森 | Comments(1)
2017年 04月 26日

春は往く

ああ、なかなかブログ更新が出来ぬまま、春が往きます。

早春のハナネコ女子会から写真が溜まってしまっています。もう、今さらなんですが、
順不同で写真だけでもアップして行きたいなぁと思っていますので、みなさんお付き合いくださいネ。
過去の記事を綴る前に、最新の記事を少し。


思い立って沢井へ足を伸ばしました。
高台にある沢井駅から、多摩川へと坂道を降りて行く道。
片側は造り酒屋の板塀、遠くに青い山、小鳥の囀りを聞きながら。



b0246693_21015005.jpg

この道が好きで、30代の頃から時々訪れていました。
寂しくなった時、ちょっと疲れた時、この道を辿ると癒されるのでした。
ちょうど今頃の季節から初夏にかけて、新緑の木々の葉を透けるように木漏れ日が指し込んで眩しくて
いつもこの歌を口ずさんでいました。

坂道 ひとりで歩き 静かに目を閉じる…
ああ いまは誰も来ない 木洩れ日の降る季節








b0246693_21020608.jpg


そして緑なす多摩川の畔に辿り着くのでした。昔はここにプロムナードさわのいという喫茶店があって
岩清水珈琲という名前の美味しい珈琲がありました。窓辺の席でいただくのが好きでした。



b0246693_21021725.jpg


光る川面、シルエットになった幼子とお父さん。


b0246693_21022153.jpg


どこかでカワセミが鳴いています。ヤマセミやカワガラスも住む渓流です。



b0246693_21022929.jpg

楓橋… なんて美しい名前の橋かしらと、あの頃からずっと思っています。


b0246693_21023400.jpg


遠目にも美しい吊り橋です。


b0246693_21024582.jpg


櫛かんざし美術館からは絶好のロケーションです。


b0246693_21025497.jpg




b0246693_21031077.jpg




b0246693_21031561.jpg


木立ちの間から


b0246693_21032226.jpg



今日はもう一つの目的があって、櫛かんざし美術館に立ち寄りました。
4月から、写真家 前島宏氏の写真展が開催されているのでした。
富嶽一途 光 空気 魂の瞬間 というサブタイトル
富士山に魅せられて54年、作者が撮り溜めた8000点の中から選りすぐられた作品の展示会です。



b0246693_21032916.jpg

青梅の街で知り合ったアマチュア写真家の高山さんのお友だちだそうで、今回の写真展も病に倒れた前島さんのために、写真選考のお手伝いから写真展開催の手配など奔放されました。

なんとか前島さんにお見せしたいと頑張られたそうですが、4月の開催を待たずに三月に他界されたのだそうです。

前島さんは、若い頃から風景写真を撮っておられましたが、人生の中盤はお仕事が多忙で
海外で活躍されていたこともあり長い事写真を封印されていたそうです。


b0246693_21033425.jpg


60歳で定年退職されたのち、再びカメラを手にします。
いままで封印していた時間を取り戻すかのように、年間300日以上、富士山を撮りに出かけていたそうです。
「そんなに通うなら、いっそのこと山梨に住んでしまえば。」と言うと
「青梅から通うからこそ、良いんだ。」と言っていらしたそうです。

高山さんから、そんなお話を伺いながら、一枚一枚の作品と向き合いました。
どの写真にも富士山への憧れや、厳しい自然への畏敬の念を抱きつつシャッターを押したであろう写真家の飽くなき想いを感じました。

また、カラーでありながら色を抑えて二色で表現するという手法にも、驚きを感じました。
とても良い時間を過ごせました。高山さんありがとうございました。




b0246693_21034249.jpg



b0246693_21040292.jpg


ピンク色のヒマラヤユキノシタの花が逆光で美しかったです。


b0246693_21041107.jpg


苔生すお庭


b0246693_21041612.jpg




b0246693_21043904.jpg


b0246693_21044540.jpg


中洲の白砂に映えるエメラルドグリーンの川面が美しい。


b0246693_21045242.jpg



ヤマブキの花も咲き出しました。


b0246693_21052477.jpg

b0246693_21051281.jpg


b0246693_21050641.jpg


b0246693_21053025.jpg


b0246693_21054040.jpg


バス通りを30分ほど歩いて、オープンガーデンをしているお宅を探しました。



b0246693_21054504.jpg


見付けました、このお宅です。今度改めて伺う事にします。



b0246693_21065040.jpg


b0246693_21065675.jpg


今日はこれで帰ります。



b0246693_21071204.jpg



b0246693_21071825.jpg

黄昏が迫った楓橋を渡り家に帰りましょう。


b0246693_21072235.jpg

b0246693_21072745.jpg


この坂道を一人で辿り駅へと…


b0246693_21074045.jpg

[PR]

by kazematikado | 2017-04-26 02:20 | 山と森 | Comments(2)
2017年 04月 14日

清明の頃

二十四節気の清明の頃  天地がすがすがしく明るい空気に満ちると言われています。
清く明らかで、草木も生き生きと輝き始める頃との意味にも使われます。
春分から数えて十五日目ごろ、ちょうど桜が咲き誇るころを言います。

雨の風情も良いですが、風光る四月、青空に咲き競う桜は格別ですね・




染井吉野



b0246693_16411249.jpg


紅枝垂桜



b0246693_16410806.jpg

花すだれ


b0246693_16421372.jpg


桜って全てを包み込む様な優しさがあるなぁと思います。



b0246693_16413143.jpg



b0246693_16422424.jpg

樹の内側に入ると、陽射しに透けた花びらが輝くようでした。


b0246693_16440392.jpg

花の一つ一つが小さな蝶のようです。


b0246693_16430578.jpg

境内には二本の紅枝垂桜の巨木があります。手前の枝垂桜の枝越しに奥の木を臨みます。


b0246693_16582607.jpg



b0246693_16583874.jpg

枝垂桜の花影に、お洒落をした車いすのおばあちゃまが…
車いすを押してきた娘さんは、傍らに寄り添ってしゃがみ、同じ目線で枝垂桜を眺めています。
『きれいねぇ』とおばあちゃま、『本当に綺麗で良い時に来たわね』と娘さんは優しく声をかけていらっしゃいました。
ほのぼのと、いい光景でした。桜が大好きで「今年も、お花見に行けるかしら?」と言いながら、
桜を待たずに、三月の終わりに旅立ってしまった母を連れてきてあげたくなりました。



b0246693_16421838.jpg


本当に可愛らしくて、青空に映えるピンクの花が、陽の光にふんわりと優しくて



b0246693_16585519.jpg



b0246693_16590063.jpg

枝先には、メジロやシジュウカラがやって来ます。


b0246693_16594715.jpg



b0246693_17004170.jpg


まだ、蕾もたくさんあります。どれだけたくさんの花が一本の桜の木を飾るのでしょうね。



b0246693_16591205.jpg


枝垂れた枝が風にゆらゆらと揺れています。



b0246693_17000770.jpg



b0246693_17011069.jpg



b0246693_17014808.jpg



b0246693_16595844.jpg




b0246693_17023247.jpg




b0246693_17020969.jpg




b0246693_17030401.jpg


ああ、何て美しいのでしょう。なんとなく母がそこにいるような気がしました。今年も逢えて嬉しいです。



b0246693_17055764.jpg



b0246693_17030791.jpg



b0246693_17031608.jpg


染井吉野の老木は、真っ白な花をたくさん付けました。



b0246693_17033628.jpg



b0246693_17034816.jpg


金剛寺の枝垂桜を見て帰りました。



b0246693_17035734.jpg


風に舞う白い花びら…はらはらと美しいです。



b0246693_17042922.jpg


お寺の池には大きな錦鯉が悠然と泳いでいました。



b0246693_17044274.jpg


石垣に咲いた、ジロボウエンゴサク



b0246693_17051037.jpg


たんぽぽも寄り添いながら石垣から覗いています。



b0246693_17052836.jpg


ホトケノザ、春の野の花も癒されます。



b0246693_17053513.jpg


カラスノエンドウの花も可愛いです。



b0246693_17055290.jpg


鈴のような水仙



b0246693_17062631.jpg


スノードロップの清楚な白い花



b0246693_17065432.jpg


綺麗なビオラも春の色ですね。清明のころ、全てが生き生きと再生する季節です。



b0246693_17065814.jpg


[PR]

by kazematikado | 2017-04-14 18:10 | 写真&写真教室 | Comments(4)
2017年 04月 13日

桜雨

椿に続いて桜です。
生憎、雨の桜巡りとなりました。

花散らしの雨 花時雨 桜雨 
雨の桜はどこか物憂げで、ひっそりとしています。
雨傘を打つ雨音を聞きながら、雫を宿した花びらを見上げれば、それもまた美しく
老樹の枝垂れた枝が花笠のようにわたしを包んでくれたようでもありました。

雨には雨の良さがある…
そんな想いで撮った桜の写真です。


b0246693_20280132.jpg


b0246693_20283116.jpg
 

雫を宿した満開の枝垂桜



b0246693_20290162.jpg


b0246693_20293683.jpg


雨に濡れて透き通るような花びらが美しくて


b0246693_20302385.jpg


こちらは、ソメイヨシノでしょうか?淡いピンク色だから違う種類かもしれません。


b0246693_20305395.jpg


少しプラス補正して、明るく撮りました。曇り空に溶け込むようで好きな写真です。


b0246693_20312356.jpg



b0246693_20315369.jpg


バックを濡れた黒い幹にしたら、映えますね。


b0246693_20322756.jpg



枝垂れ桜の花色と、背景の常緑樹の緑が、100mmマクロだと淡くボケてくれました。


b0246693_20330898.jpg



b0246693_20453940.jpg


お寺の屋根の裏の暗い部分をは背景に


b0246693_20333924.jpg




b0246693_20340975.jpg


どの木も老木ですが、見事に花を付けていました。


b0246693_20343856.jpg




b0246693_20350957.jpg


かわいいブーケが、幹の苔に映えます。


b0246693_20353986.jpg




b0246693_20360990.jpg


坂道を登って、“カフェ 夏への扉” の前を通って、青梅駅の裏手に出ます。
しっとりと雨に濡れたアスファルト…青梅丘陵は霞み、遠くの山々は淡い色調に滲んで行きます。
そして、ところどころに、桜色の雲がたなびいています。


b0246693_20383909.jpg


梅岩寺の、紅枝垂桜は一際、美しく咲き誇っていました。


b0246693_20363905.jpg




b0246693_20370929.jpg


花の中に入ると、しっぽりと包み込んでくれたような気がしました。


b0246693_20373957.jpg


訪れる人もない雨の午後、ただ、曇り空を覆うような花の下に佇めば枝垂れた枝が微かに揺れて、
桜の老樹が何かを語りかけてくれたような気がしました。


b0246693_20380999.jpg


[PR]

by kazematikado | 2017-04-13 21:13 | 写真&写真教室 | Comments(0)
2017年 04月 08日

椿想い

椿という花を、いつのころからか愛でる気持ちになりました。
それはたぶん、星野富弘さんの書かれた椿の絵に出会ってからかもしれません。


b0246693_02020928.jpg


星野富弘さんは、中学校の教諭になりますが、クラブ活動の指導中、不慮の事故で頸髄を損傷され
手足の自由を失ってしまいます。前途有望な24歳の時でした。
全てに絶望され打ちのめされた入院生活の中で、やがて不屈の強い精神力とお母様の献身的な支えの元、
絵筆を口にくわえて字や絵を描き始められました。
そして9年後に退院され最初の作品展を開催されました。
富弘さんは、絵に詩を添えた詩画集、想い深いエッセイなどを出版され、群馬県みどり市の草木湖の畔りに
富広美術館を開館、作品を展示されています。

富弘さんの作品は、慈愛に満ちた美しく素晴らしいものです。わたしは最初、詩画集に出会い感動し、
美術館にも2度ほど足を運びました。
どの作品も素晴らしいのですが、特に落ち椿の絵に心惹かれたのでした。
落ちてもなお、美しい椿の花…いつか自分もこんなにも美しい落ち椿を写真に撮ってみたいと強く思いました。
ところが、写真となると、とても難しいのです。(わたしの腕が未熟という事もありますが…)


b0246693_02024186.jpg


もう一つの椿の思い出は、今から10年近く前の事、友人たちと高尾山にスミレを撮りに行った時の事です。
あまりのたくさんのスミレに夢中になり、足元ばかりを眺めつつ、何度もしゃがみこんでは写真を撮る。
そんなことを繰り返しながら山道を歩いていました。
ふと、落ち椿に気が付き見上げると、とても大きな椿の樹がたくさんの花をつけていて、しなやかに垂れ下がった枝には、
美しい真紅の花が揺れていました。
「ああ、撮りたい!」と強く思い数枚撮りましたが、望遠レンズに付け替える手間を惜しみました。
それまで、あまりにマイペースでスミレの写真を撮っていたので、仲間から大きく遅れてしまっていたのでした。
焦っていたわたしは、椿ならいつでも撮れるだろうと後ろ髪惹かれつつ、その場を後にしました。



b0246693_02000842.jpg


その時、撮りそこなった椿の花が、ずっと心から離れず、いつも椿を見ると探すのですが、あの時の印象に出会えずにいました。
ところがです。昨年発行された、いがりまさし先生の写真集の中の藪椿の写真に出会ったとたんに、ビビビときました。
「ああ、これだ!!」と全ての記憶が甦ったのでした。

それからというもの、いがり先生のような椿の写真が撮りたいと、わたしの椿想いが続いているのです。
前置きが長くなりましたが、少しだけ想い出の中の椿に近づけたような気がしたので写真を載せてみます。


b0246693_02002590.jpg


b0246693_02002263.jpg

b0246693_02015492.jpg



b0246693_02023332.jpg

そして、落ち椿。こちらもなかなか美しい花に出会えないのです。


b0246693_01595624.jpg


b0246693_02000119.jpg


でも、この日は、今ぽとりと落ちたばかりのような美しい落ち椿に出逢えました。


b0246693_01583635.jpg


b0246693_01592041.jpg


そして、池の中に落ちた椿の花が、微かな風に、ゆっくりと回りながら流されていくのを目の当たりにしました。

ああ、いいなぁ…と思いつつ何枚も。(似たような写真の羅列で恐縮です)


b0246693_02032624.jpg


b0246693_02033764.jpg


b0246693_02040097.jpg


b0246693_02054321.jpg


b0246693_02050088.jpg


b0246693_02040496.jpg


b0246693_02055088.jpg


そして、一番気に入ったのが、この一枚でした。


b0246693_02035362.jpg


でも、まだまだ、いがり先生の藪椿の一枝の写真には、到底及びません。
だから、これからもわたしの椿想いは続くと思います。


[PR]

by kazematikado | 2017-04-08 12:09 | 写真&写真教室 | Comments(2)