風街角

sion920.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 08日

ハナネコ女子会partⅠ 古里編 (前編)

GW最終日、新緑が美しい季節になりましたが、遅れに遅れたハナネコ女子会シリーズをやっとUPです。
まずは、一回目の女子会です。古里の集落を巡り、渓谷のハナネコノメを訪ねるいつものコースです。


集合は長閑な山間の駅、古里駅です。

b0246693_12083975.jpg


車を持たないわたしは、青梅線の青梅駅から奥多摩駅までの間の各駅からの散策を楽しんでいます。
どの駅からも魅力的な道があり、長閑で癒される山里や町の風景があり、まだまだ歩いた事のない道がたくさんあります。
あんまり知られていないけれど、とても素敵な場所を、お友だちに案内したくて女子会やってます。
同じように、青梅や奥多摩が好きだと言ってくれる気の合う仲間と歩けば楽しみも倍増します。
ハナネコ女子会のお友だちは、結構、青梅通、奥多摩通なのが嬉しいです。
このコースは、「ハナネコノメに逢いたい!」と集まった初めましての女子会の時に案内した
第一回目の記念すべきコースとほぼ同じですが、ちょっぴり内緒のサプライズも用意しています。(^^)


b0246693_12084553.jpg


今回のメンバーは、ハナネコ女子会初回からのメンバーのはなはなちゃん。
そして、昨年からメンバーになってくださった、まめ吉さん、とらねこさん、ずーたさんの4名です。
早速、朝の里道を歩き出します。路傍には真新しい帽子とよだれかけ(で、いいのかな?)を付けた六地蔵様



b0246693_12085295.jpg




坂道を上ったところにあるお寺、丹叟院さんに寄らせていただきます。
こちらの枝垂桜は、京都から移植されたされたそうで、見事な枝ぶりで花の時期は大変美しいのですが、
この日はまだ固い蕾を少し膨らめた感じでした。


b0246693_12085620.jpg

小丹波の集落を見渡せる見晴らしのいい小高い場所にあるので、素晴らしいロケーションです。
枝垂桜の咲く頃に、みなさんを連れてきてあげたいです。


b0246693_12090104.jpg


丹叟院の前の道を進むと、小丹波熊野神社の特徴ある山門が見えてきます。
改築されたようで、真新しい板壁になり、萱と杉の樹皮の二重構造の杮葺きの屋根も新しくなっていました。


b0246693_12090553.jpg


以前は風雨にさらされた板壁が年月を感じさせて風情があったのですが、新築のようになってしまいました。
でも、良い形で後世に残して行くには修復して行かなければならないのでしょうね。



b0246693_12110419.jpg


この山門は舞台作りとなっていて、舞台の下の石段を通って境内に入るようになっています。


b0246693_12110836.jpg

奥多摩にはこのような造りの神社がいくつかあるようで、江戸から明治にかけて盛んに農村舞台が
行われていたのだそうです。この小丹波熊野神社の舞台はもっとも良く保存されているのだそうです。



b0246693_12092757.jpg



b0246693_12091056.jpg


石段脇には、道具置き場や、役者の控室などがあるそうです。
わたしが、10年ぐらい前に初めて訪れた時は、もっと古めかしい大きな錠前でした。


b0246693_12091753.jpg


入り口や、横から見ると2階建てに見えるのですが、境内から見ると平屋に見える不思議な造りです。
10年前は、舞台には扉は無く、開いたままだったのが印象的でした。座敷童が居そうな雰囲気でしたよ。


b0246693_12111587.jpg



b0246693_12112026.jpg


境内側から、舞台の下をくぐる抜けて外にでると、こんな風景が広がっています。



b0246693_12092117.jpg

ミモザとミツマタが毎年咲くお宅、お花を愛でつつ坂道を降りて行きます。


b0246693_12105782.jpg



b0246693_12104923.jpg

b0246693_12103224.jpg


多分、手前の尖がった山は城山(じょうやま)ではないかと思われます。


b0246693_12112460.jpg

梅が満開でした。



b0246693_12112936.jpg


何の芽だろう?と思いましたが、まだ枝先に残っている果実がカリン見えるとはなはなちゃん。
なるほど、そうかも知れません。とっても綺麗な新芽でした。


b0246693_12113209.jpg


シロバナタイプのたんぽぽ発見!


b0246693_12120584.jpg


象形文字みたいで難しくて読めません^_^;民俗資料館のようですが、今はやっていないようです。



b0246693_12115905.jpg




b0246693_12115573.jpg


イヌグス(タブの樹)の巨樹です。下の民家の屋敷林だそうです。
どこも痛んだところのないすくすくと育った樹なのが判ります。
青空にこんもりと茂った常緑樹、トトロの楠木みたいだと、初めて来た時思ったものでした。


b0246693_12095975.jpg
b0246693_12121472.jpg

b0246693_12121799.jpg

みなさん熱心に撮影中、光の悪戯か、白い球体が写ってます。オーブみたい(^^)


b0246693_12123183.jpg



この巨樹も長い年月をここに立ち、この風景を見ながら、小丹波の集落と
先祖代々、この家に暮らす人々を見守り続けて来たのでしょう。



b0246693_12123501.jpg


b0246693_12123912.jpg




少し離れた場所から見ると、この樹の大きさが判ります。
手前の藪椿の樹も立派です。


b0246693_12124906.jpg



シデコブシの純白の花も咲き出しました。


b0246693_12124243.jpg

この木瓜の花色は、とても美しいです。


b0246693_12125642.jpg

たった今しがた、開いたばかりかも知れません。


b0246693_12130184.jpg

みなさん、野の花や、木の花を撮影中です。


b0246693_12130444.jpg


細い路地裏を抜けていくと、いい感じの古民家が点在しています。


b0246693_12094019.jpg

架線橋が見えてきました。


b0246693_12100491.jpg



b0246693_12100872.jpg


b0246693_12101274.jpg


b0246693_12101598.jpg


この架線橋を渡って、ひとまず小丹波の集落に別れを告げます。


b0246693_12101865.jpg

そして、道路の反対側を、今度は川に向かって降りて行きます。
こちらは寸庭の集落になります。


b0246693_12131735.jpg

古めかしい納屋も良い感じだし、丸い石を積み上げた石垣も良い感じ、
古民家や、畑に咲いた草花や、辻辻にある石仏や道祖神も温かみがあって和みます。



b0246693_12132254.jpg


それでは、ちょこっと、ここで今日のサプライズです。
この立派な門構えのお宅の前の坂道を上がって行きます。


b0246693_12132659.jpg


この場所で、カヌー工房を開いていらっしゃる山崎さんを訪ねました。


b0246693_12133561.jpg


当日はお忙しかったにもかかわらず、丁寧に応対してくださいました。
秋の女子会で白丸湖とも馴染み深いハナネコ女子会のメンバーたちは、
興味深く熱心に、山崎さんのカヌーのお話を伺っていました。


b0246693_12133167.jpg


それにしても、流線型の美しい木製カヌーですね。


b0246693_12134127.jpg


b0246693_12134587.jpg


ご親切に、工房内もご案内いただき、メンバーは大満足でした。
山崎さん、本当にありがとうございました。
お仕事の手を止めさせてしまい申し訳ありませんでした。
お陰様で、サプライズ大成功でした(*^_^*)



b0246693_12134970.jpg


わたしたちは、山崎さんが管理されているログハウスのパンフレットをいただき
外から拝見させていただく許可をいただき、カヌー工房を後にしました。


b0246693_12135458.jpg


こちらが一棟貸しのログハウスです。
青梅の杉を利用した立派なログハウスに、メンバーは興味津々です。



b0246693_12135783.jpg


まるで外国にいるような錯覚に落ちますが、ここを利用される外国の方が多いそうです。


b0246693_12140214.jpg


本格的な暖炉のあるログハウス、こちらでいつか一泊のイベントが出来たら良いなぁ!!
と、構想を温めているわたし。いつの日か、叶えたいものです。



b0246693_12140579.jpg


b0246693_12141006.jpg


カヌー工房とログハウスのオーナーさんのお宅の枝垂れ梅が今年も綺麗に咲いていました。
毎年、この道を通る度に楽しみにしている梅の木でもあります。


b0246693_12141309.jpg


五右衛門風呂だったのかなぁ?道路わきに置かれた不思議な大釜です。


b0246693_12141722.jpg


川に向かって覗きこめば、ワサビ田が青々と美しいです。


b0246693_12142037.jpg


味わい深い古民家の立ち並ぶ集落は山里の雰囲気です。



b0246693_12142440.jpg


集落の中に、こつ然と現れる滝です。


b0246693_12142979.jpg

大正ガラスの窓が美しい古民家です。


b0246693_12143485.jpg


歪みのある窓ガラスが、いつも曇りひとつなくピカピカに磨き込まれています。



b0246693_12143819.jpg


さぁ、いよいよです!!どこか懐かしい鄙びた風景の集落を抜けると多摩川に出ます。
しばらくぶりで、ハナネコ女子会に参加してくれたはなはなちゃん。
懐かしそうに多摩川の風景を見下ろしていました。



b0246693_12144621.jpg



雄大な眺めです。



b0246693_12145309.jpg

長くなりましたので、後半に続きます。


b0246693_12145725.jpg



[PR]

# by kazematikado | 2017-05-08 00:31 | 女子会 | Comments(0)
2017年 05月 05日

早春賦

水温む季節、三月中旬の渓谷に春を探しに行きました。
まだ、ハナネコノメは固い蕾だったけれど、光を取りこんだ渓谷の水面は美しく輝いていました。
ほんの少し前まで氷に閉ざされていた水面は、春の訪れを敏感に伝えてくれているような気がします。

ちょっと時期を遡りますが、この連休の最後に海沢渓谷に行く予定なのでアップしてみました。
日一日と、緑が濃くなっていく山萌える季節、新緑の渓を訪ねるのが楽しみです。
時季外れなDBですが、よろしかったらどうぞ




Published by デジブック

[PR]

# by kazematikado | 2017-05-05 02:29 | デジブック | Comments(2)
2017年 04月 27日

花吹雪が風に還る

満ちて行く春… 週末の森の桜並木を見に行きました。
森の土手を埋めて、今年もタチツボスミレが群落を作っているのかな?と思いつつ

青空に映える満開となった桜はハラハラと散り始めていました。



b0246693_22530941.jpg



b0246693_22541677.jpg



桜の並木越しに、朱色と白の青梅タワーが覗いています。
きっと、青梅タワー?そんなのあったけ?と思われてしまいますね。
はい、どこにでもあるただの鉄塔です。わたしが勝手に付けた名前です。(^^)
でも、桜の花越しに見る鉄塔も、素敵でしょ?だから青梅タワーなんです。



b0246693_22551282.jpg



雑木林越しに遠くの奥多摩の山並みが青くたなびいて、ああ、好きだなぁと撮りました。
子どもの頃から、春の青い奥秩父の山並みを見て育ったんです。
奥秩父に続く奥多摩の山並み。 知っていますか?冬は薄紫に煙るように見えることを…



b0246693_22570594.jpg


武蔵野の面影が残る雑木林の中に続く微かな踏み後を歩く時、こころが穏やかになります。
冬は木枯らしが吹き抜ける道、そして冬鳥の愛らしい姿が梢を渡る道。



b0246693_22580828.jpg


朽ちかけた切り株の上に落ちた花房、ヒヨドリたちの悪戯かしら?
それとも春の妖精の髪飾りだったのかな?桜吹雪の中、去っていく春の妖精が見えたような気がしました。


b0246693_22594356.jpg


スポットライトのように柔らかな木漏れ日が射して、タチツボスミレがほほ笑んでいました。


b0246693_23005934.jpg

一際、濃いすみれ色、あなたは誰かしら?


b0246693_23013073.jpg


桜の花びらに埋もれて、美しいタチツボスミレが咲いていました。



b0246693_22562947.jpg


こちらは、キランソウ。地獄の釜の蓋なんて恐ろしい名前を誰が付けたのでしょうね?
わたしなら、野辺の紫って名前にしてあげる。


b0246693_22583798.jpg



クサイチゴの白い花が咲き始めました。



b0246693_23050537.jpg


園芸品種のムスカリだけれど、こうして野原に咲いていると野草に見えます。



b0246693_23040538.jpg


こちらも、どこからやってきたの?白い水仙が一株だけ咲いていました。



b0246693_23053405.jpg



静かに佇む、そんな言葉が浮かびました。




b0246693_23023068.jpg




b0246693_23085762.jpg



b0246693_23081936.jpg



桜の樹皮って横の縞々なんですよ。そして、意外と色黒なんです。
花が咲く前の、桜の枝で草木染をすると、桜色の仄かなピンク色に染まるんですって
自然は豊かでそして不思議です。踏青の頃…




b0246693_23043543.jpg


やっぱり気になる椿です。とっても良い樹形の樹でした。地面には一面のたんぽぽの花です。



b0246693_23093484.jpg



真紅の一重の椿に魅かれますが、こんな夢見るような優しい色の椿も良いですね。



b0246693_23112081.jpg


想いを大切に抱くように、重ねた花びらの愛しさよ。


b0246693_23103455.jpg





b0246693_23164090.jpg


八重咲きの真紅の椿



b0246693_23144374.jpg



枯れた色の花もシックで美しいです。



b0246693_23135973.jpg


やっぱり一重の椿が好きです。でも、やっぱり上手く撮れません。


b0246693_23192850.jpg



b0246693_23200412.jpg


一面のたんぽぽの野辺、思わず寝転んでフアインダーを覗きます。



b0246693_23121606.jpg
 


いいなぁ。。。きっと今頃は綿毛の海だろうな。また寝転んで写真を撮りたいと思う。



b0246693_23124878.jpg


山桜が咲き始めました。控えめな花数、レンガ色の若葉が上品で好きです。



b0246693_23203580.jpg



おや、春爛漫の桜の枝で、仲睦まじいカラスのペア
桜色の中で、漆黒の翼を悲しんでいるだろうか?
いいえ、それは人間の勝手な感傷。きっとカラスはそんなことを思ってはいないだろうなと思います。



b0246693_23171272.jpg

きっと二人でお花見を楽しんでいるのでしょう。
だって、ほら、こんなにLOVE LOVE❤なんですもの(^^)v



b0246693_23181763.jpg


桜吹雪が 風に


b0246693_23072847.jpg

風に還る



b0246693_16470188.jpg


幾千万の花びらが、はらはらと散っていく。 美しいまま…


b0246693_23060523.jpg

[PR]

# by kazematikado | 2017-04-27 17:38 | 山と森 | Comments(2)
2017年 04月 26日

春は往く

ああ、なかなかブログ更新が出来ぬまま、春が往きます。

早春のハナネコ女子会から写真が溜まってしまっています。もう、今さらなんですが、
順不同で写真だけでもアップして行きたいなぁと思っていますので、みなさんお付き合いくださいネ。
過去の記事を綴る前に、最新の記事を少し。


思い立って沢井へ足を伸ばしました。
高台にある沢井駅から、多摩川へと坂道を降りて行く道。
片側は造り酒屋の板塀、遠くに青い山、小鳥の囀りを聞きながら。



b0246693_21015005.jpg

この道が好きで、30代の頃から時々訪れていました。
寂しくなった時、ちょっと疲れた時、この道を辿ると癒されるのでした。
ちょうど今頃の季節から初夏にかけて、新緑の木々の葉を透けるように木漏れ日が指し込んで眩しくて
いつもこの歌を口ずさんでいました。

坂道 ひとりで歩き 静かに目を閉じる…
ああ いまは誰も来ない 木洩れ日の降る季節








b0246693_21020608.jpg


そして緑なす多摩川の畔に辿り着くのでした。昔はここにプロムナードさわのいという喫茶店があって
岩清水珈琲という名前の美味しい珈琲がありました。窓辺の席でいただくのが好きでした。



b0246693_21021725.jpg


光る川面、シルエットになった幼子とお父さん。


b0246693_21022153.jpg


どこかでカワセミが鳴いています。ヤマセミやカワガラスも住む渓流です。



b0246693_21022929.jpg

楓橋… なんて美しい名前の橋かしらと、あの頃からずっと思っています。


b0246693_21023400.jpg


遠目にも美しい吊り橋です。


b0246693_21024582.jpg


櫛かんざし美術館からは絶好のロケーションです。


b0246693_21025497.jpg




b0246693_21031077.jpg




b0246693_21031561.jpg


木立ちの間から


b0246693_21032226.jpg



今日はもう一つの目的があって、櫛かんざし美術館に立ち寄りました。
4月から、写真家 前島宏氏の写真展が開催されているのでした。
富嶽一途 光 空気 魂の瞬間 というサブタイトル
富士山に魅せられて54年、作者が撮り溜めた8000点の中から選りすぐられた作品の展示会です。



b0246693_21032916.jpg

青梅の街で知り合ったアマチュア写真家の高山さんのお友だちだそうで、今回の写真展も病に倒れた前島さんのために、写真選考のお手伝いから写真展開催の手配など奔放されました。

なんとか前島さんにお見せしたいと頑張られたそうですが、4月の開催を待たずに三月に他界されたのだそうです。

前島さんは、若い頃から風景写真を撮っておられましたが、人生の中盤はお仕事が多忙で
海外で活躍されていたこともあり長い事写真を封印されていたそうです。


b0246693_21033425.jpg


60歳で定年退職されたのち、再びカメラを手にします。
いままで封印していた時間を取り戻すかのように、年間300日以上、富士山を撮りに出かけていたそうです。
「そんなに通うなら、いっそのこと山梨に住んでしまえば。」と言うと
「青梅から通うからこそ、良いんだ。」と言っていらしたそうです。

高山さんから、そんなお話を伺いながら、一枚一枚の作品と向き合いました。
どの写真にも富士山への憧れや、厳しい自然への畏敬の念を抱きつつシャッターを押したであろう写真家の飽くなき想いを感じました。

また、カラーでありながら色を抑えて二色で表現するという手法にも、驚きを感じました。
とても良い時間を過ごせました。高山さんありがとうございました。




b0246693_21034249.jpg



b0246693_21040292.jpg


ピンク色のヒマラヤユキノシタの花が逆光で美しかったです。


b0246693_21041107.jpg


苔生すお庭


b0246693_21041612.jpg




b0246693_21043904.jpg


b0246693_21044540.jpg


中洲の白砂に映えるエメラルドグリーンの川面が美しい。


b0246693_21045242.jpg



ヤマブキの花も咲き出しました。


b0246693_21052477.jpg

b0246693_21051281.jpg


b0246693_21050641.jpg


b0246693_21053025.jpg


b0246693_21054040.jpg


バス通りを30分ほど歩いて、オープンガーデンをしているお宅を探しました。



b0246693_21054504.jpg


見付けました、このお宅です。今度改めて伺う事にします。



b0246693_21065040.jpg


b0246693_21065675.jpg


今日はこれで帰ります。



b0246693_21071204.jpg



b0246693_21071825.jpg

黄昏が迫った楓橋を渡り家に帰りましょう。


b0246693_21072235.jpg

b0246693_21072745.jpg


この坂道を一人で辿り駅へと…


b0246693_21074045.jpg

[PR]

# by kazematikado | 2017-04-26 02:20 | 山と森 | Comments(2)
2017年 04月 14日

清明の頃

二十四節気の清明の頃  天地がすがすがしく明るい空気に満ちると言われています。
清く明らかで、草木も生き生きと輝き始める頃との意味にも使われます。
春分から数えて十五日目ごろ、ちょうど桜が咲き誇るころを言います。

雨の風情も良いですが、風光る四月、青空に咲き競う桜は格別ですね・




染井吉野



b0246693_16411249.jpg


紅枝垂桜



b0246693_16410806.jpg

花すだれ


b0246693_16421372.jpg


桜って全てを包み込む様な優しさがあるなぁと思います。



b0246693_16413143.jpg



b0246693_16422424.jpg

樹の内側に入ると、陽射しに透けた花びらが輝くようでした。


b0246693_16440392.jpg

花の一つ一つが小さな蝶のようです。


b0246693_16430578.jpg

境内には二本の紅枝垂桜の巨木があります。手前の枝垂桜の枝越しに奥の木を臨みます。


b0246693_16582607.jpg



b0246693_16583874.jpg

枝垂桜の花影に、お洒落をした車いすのおばあちゃまが…
車いすを押してきた娘さんは、傍らに寄り添ってしゃがみ、同じ目線で枝垂桜を眺めています。
『きれいねぇ』とおばあちゃま、『本当に綺麗で良い時に来たわね』と娘さんは優しく声をかけていらっしゃいました。
ほのぼのと、いい光景でした。桜が大好きで「今年も、お花見に行けるかしら?」と言いながら、
桜を待たずに、三月の終わりに旅立ってしまった母を連れてきてあげたくなりました。



b0246693_16421838.jpg


本当に可愛らしくて、青空に映えるピンクの花が、陽の光にふんわりと優しくて



b0246693_16585519.jpg



b0246693_16590063.jpg

枝先には、メジロやシジュウカラがやって来ます。


b0246693_16594715.jpg



b0246693_17004170.jpg


まだ、蕾もたくさんあります。どれだけたくさんの花が一本の桜の木を飾るのでしょうね。



b0246693_16591205.jpg


枝垂れた枝が風にゆらゆらと揺れています。



b0246693_17000770.jpg



b0246693_17011069.jpg



b0246693_17014808.jpg



b0246693_16595844.jpg




b0246693_17023247.jpg




b0246693_17020969.jpg




b0246693_17030401.jpg


ああ、何て美しいのでしょう。なんとなく母がそこにいるような気がしました。今年も逢えて嬉しいです。



b0246693_17055764.jpg



b0246693_17030791.jpg



b0246693_17031608.jpg


染井吉野の老木は、真っ白な花をたくさん付けました。



b0246693_17033628.jpg



b0246693_17034816.jpg


金剛寺の枝垂桜を見て帰りました。



b0246693_17035734.jpg


風に舞う白い花びら…はらはらと美しいです。



b0246693_17042922.jpg


お寺の池には大きな錦鯉が悠然と泳いでいました。



b0246693_17044274.jpg


石垣に咲いた、ジロボウエンゴサク



b0246693_17051037.jpg


たんぽぽも寄り添いながら石垣から覗いています。



b0246693_17052836.jpg


ホトケノザ、春の野の花も癒されます。



b0246693_17053513.jpg


カラスノエンドウの花も可愛いです。



b0246693_17055290.jpg


鈴のような水仙



b0246693_17062631.jpg


スノードロップの清楚な白い花



b0246693_17065432.jpg


綺麗なビオラも春の色ですね。清明のころ、全てが生き生きと再生する季節です。



b0246693_17065814.jpg


[PR]

# by kazematikado | 2017-04-14 18:10 | 写真&写真教室 | Comments(4)