2017年 03月 06日

我が家のお雛様

今更なんですけれど、3月は一日置きにイベントが入っていてなかなか更新できませんでしたので載せちゃいます。
2月中に飾ろうと思っていたひな人形が忙しくて飾れずじまいでした。3月1日は、登山研修がありましたが、
帰ってきたら必ず飾ろうと心に決めていましたが、想像以上にハードな研修となり、疲れ果てて飾れず…
翌、2日こそ!と心に誓うも、翌日のWSで秩父の奥地まで行かなければならない事を考えて早めに就寝。
そして、3月3日、秩父から帰ってから意を決して(大袈裟)お雛様を飾りました!!

b0246693_12200235.jpg


わたしの手がやっと届く高い棚にしまってあった、お雛様の入った段ボール箱を下します。
箱の埃を綺麗に払ってから、段ボール箱を開きます。おびただしい和紙の緩衝材に包まれたひな人形たちが並んでいます。
「お雛様、遅くなってごめんなさいね。」と独り言を言いながら、和紙の包を解いて、お顔を覆った和紙をそっと外せば、
ほんのりと微笑んだ女雛のお顔が覗きます。そして、その途端に、まるで息をし始めたような気がしました。
わたしは、心の中で会話しながら、ときめきながら、全てのひな人形を箱の外に出しました。




b0246693_12210352.jpg

本当は段飾りのお雛様だけれど、場所を取るので近年は、床の間に緋毛氈を敷き、簡易的にお人形だけを飾っています。
それでも、質素な床の間がぱっと華やぎ、桜の花が描かれたぼんぼりに灯りを点せば春の息吹を感じます。
ああ、もっと早く飾ってあげれば良かったと、いつも後悔するのです。
「やっと、飾ったから見においで!」とラインに写真を送ったら、娘たちから『いつみても綺麗なお雛様だね』と返事がきました。




b0246693_12211831.jpg



我が家のお雛様は、亡くなった父母が、孫の誕生を祝って、初節句に贈ってくれたのでした。
お顔のやさしいお雛様を求めて、あちこち探し歩いてくれたのだそうです。
このお雛様を眺める度に、デパートのひな人形を見て歩いている亡き父母の姿が目に浮かびます。
どんなに月日が流れても、慈しみ育ててくれた父母の面影を忘れることはありません。
孫たちを、こころから愛おしんでくれた父母でした。
わたしもそんな母であり、祖母でありたいと思うのでした。


b0246693_12212703.jpg


b0246693_12213707.jpg



b0246693_12214481.jpg



お雛様って、やっぱりいいなぁと心から思うのでした。
もう、娘たちは二人ともお嫁に行ったので、お雛様をしまうのはもう少し先に延ばしましょう。(笑)




b0246693_12201063.jpg

[PR]

# by kazematikado | 2017-03-06 18:15 | 日々の事 | Comments(4)
2017年 03月 05日

ネイチャーフォト&ミュージックライブ in 青梅 繭蔵

写真家、いがりまさし先生の青梅でのNature Photo & Music Live まで、いよいよ、本日です!
写真家でもあり、音楽家でもあるいがり先生は、写真のワークショップなどと並行して、全国各地でミュージックライブなどを開催されています。

そのライブが青梅で初めて開催されることになりました。
会場となる繭蔵は、多摩地区のライブハウスとしても先駆け的存在であり、オーナーさんご夫妻は多摩地区の自然情報誌を発行されていたナチュラリストでもあります。

青梅は、東京の端っこですが、昔ながらの風情の街並みが残るいい町です。
繭蔵は、青梅線の東青梅駅と青梅駅のほぼ中間にあり、どちらの駅からも徒歩10分~15分ほどです。
東青梅駅南口から、NTTビルの上に建つ、一際大きな紅白の鉄塔を目指して、裏路地をいらっしゃるのが近いですが、
次の青梅駅で下車して、ロータリーを抜け左折し、青梅街道を東青梅駅に向かって歩き、昭和レトロな街並みや商店、
古い映画看板や、ユニークなパロディ看板などを眺めながら、西分一丁目の信号を右折するのがお薦めです。
繭蔵は、NTTビルと青梅織物会館の向かいにある瀟洒な石造りの蔵を利用したレストランで駐車場も並びにあります。

みなさん、いがり先生のネイチャーワールドの調べを聴きに、ぜひぜひお越しください<(_ _)>
同時に写真展も開催されています。


b0246693_22575506.jpg




[PR]

# by kazematikado | 2017-03-05 08:45 | 音楽 | Comments(0)
2017年 02月 28日

いがりまさし先生の写真講座

2月25日、楽しみにしていたいがりまさし先生の写真講座に行って来ました。
机上講座は、これで3度目の受講です。初心者のためのセミナーで写真の基礎を教えていただけます。

わたしは、カメラ歴は長いのですが、ほとんど独学で勘みたいなもので撮っているので初心者と同じです。
隣にいたまめちゃんが、『え~!違うでしょう。』と言ってくださいましたが、いえいえ初心者です(笑)

最初、カメラの事も全く判らないのに、その頃使っていた、“バカチョンカメラ”と言われていたカメラでは
高山植物が小さくしか撮れない事、一番、美しいと思った花びらや葉に降りた朝露の雫や、クモの巣の雫が
全く綺麗に撮れなかった事がきっかけで、衝動買いで一眼レフカメラを購入したのでした。

けれど、逆光だと顔が真っ黒に映るから、逆光はダメぐらいの知識しか無くて、判らないことだらけです。
(今なら、写真は逆光です。といういがり先生の教えが理解できるんですけれどね。)
本屋で探した花の撮り方という基本が書かれた本を買って、一生懸命読みました。
「被写界深度」? 「露出」? 「シャッタースビード」?と言う感じ(笑)
撮影の基礎が書かれたその本と、カメラの操作方法を何度も読み返し、なんとか専門用語を理解したのでした。

でも、実際に撮ってみると、なかなか思うような写真は撮れません。
と言うのは、わたしが撮りたかった写真って、早朝の朝靄とか、草花に降りた朝露とか、朝日の当たる山肌とか、
夏の陽射しにキラキラと輝く池塘とか、青空に聳えた木々のそよぎとか、夕暮れ時の空の茜色とかだったから。
要するに、露出が絡む難しい撮影だったからです。全くの素人のわたしは、暗い夕空を撮るにははマイナス補正、
明るい空をバックにした木々を撮るにはプラス補正っていう原理がなかなか理解できなかったのでした。
頭の中が大混乱になりながら、その時、その本に書いてあった言葉に励まされたのでした。
『数を撮っているうちに、被写体を見て、どんな露出補正をするか判るようになれば一人前です。』
根が素直(単純ともいう)なものですから(笑)「そうか~!!やってみよう!!」と思いました。

わたしにしては、思い切って買ったキャノンのIOSKiss を使いこなすべく、頑張りました。
今のデジカメと違い、銀塩と呼ばれたフィルムカメラですから、その場で撮った写真を確認することは出来ず
フィルムを現像に出して数週間後、出来上がった写真を見て初めて、結果が判るという具合でした。
写真が出来上るのを待つ時間は、それは楽しみで、出来上った写真を見る瞬間は珠玉の時でした。
カメラって撮る楽しみがあり、その写真を見る楽しみがあり、二度も楽しめるのだから素晴らしいと思ったのでした。

とは言え、出来上った写真を見ても、その時どんな設定で撮ったかなんて判らなくなっています。
そこで、時間はかかるのですが、一枚撮るごとに、その時のカメラの設定や露出補正などをメモって、
あとで現像した写真と照らし合わせるという地道な作業をしました。
今考えると、随分まめな事をしていたんだなぁと感心します。まだ、39歳のわたしでした^_^;

ちょっと古い話をして脱線してしまいました。そんな独学ですから、本当の基礎とか基本とか判っていないのです。
今、こうして、いがり先生の判りやすい講座で教えていただけるのは、とても勉強になるのです。
今回は永らく判っていなかった、測光モードについて、やっと理解できました。
今まで評価測光と部分測光を判らないままに使ってました。で、最近はほとんどが部分測光で撮っていました。
スポット測光と中央重点測光についても判りましたけれど、実際の違いがまだよく判らないので、今度撮り比べてみたいと思いました。

午前の基礎講座に続き、お昼を挟んで、午後は各自が持ち寄った20点の写真を先生に講評していただけるアドバイス講座です。
今週に入ってから、どの写真を持っていこうか悩みに悩んで、夕べも遅くまで迷って、結局なにがなんだか判らなくなり
やっと選んだ20点を提出しました。比べて教えていただきたい写真があったので厳密には21点でした^_^;


前置きが長くなりましたが、忘備録として、とりあえず自分が選んだ写真を載せておこうと思います。

まずは、毎回出させていただく、会津駒ケ岳の写真4点です。

この写真は、撮った時には、青空がとても美しかったので空を多く取ったアングルで撮ったのですが、
何だか2分割な写真になってしまったかな?と思ったので先生に伺ってみました。
『これは広がりがある景色なのでこれでも良いと思いますが、もう少しどちらかの比率を多くしても良いですね。
空がドラマチックなら空を多く入れるのが良いですね。この場合は池塘をもう少し入れた方が良いでしょう』
とアドバイスしていただきました。


b0246693_09575088.jpg


こちらは中門岳へ続く稜線。草紅葉のキツネ色と朽ちかけた木道のカーブがとても気に入って撮った写真です。



b0246693_09582753.jpg



こちらは、今年の会津駒ケ岳の写真。夕霧に霞む駒の大池とそこに続く木道が幻想的でいいなぁと撮りました。
わたしは、風雨にさらされ自然の風景と一体となった木道が好きなのでした。


b0246693_09585785.jpg



こちらも昨年の初秋の写真です。森林限界を飛び出した所で、目に飛び込んでくるのは一面のクマザサの緑と
コミネカエデやドウダンの織りなすパッチワークとダケカンバの黄葉と武骨で美しい白い幹です。
写真の時は、紅葉一歩手前で色彩には欠けましたがダケカンバの幹が素晴らしかったです。
初めてLOWで撮った一枚です。(まだLOWは良く理解できてません。今後の課題です)



b0246693_09592632.jpg


こちらも昨年新宿御苑で撮った写真です。ちょっと外国みたいに撮りたかったのでお気に入りです。
自分では、木立ちの影を意識して撮りました。



b0246693_09595707.jpg



こちらは、太陽のノギを入れたくて、アンダー気味の露出で、何枚か絞りを変えて撮りました。
少し絞りが足りなかったみたいで、ノギが綺麗に入りませんでしたが、手ブレを抑えるには限界かも知れません。
かえってフレアが出るよりはいいのかな?と思いました。




b0246693_10002614.jpg


春夏秋冬の写真を提出しようと冬や夏の写真もピックアップしたのですが、結局今回は春の写真を多く選んでました。


まずは早春のハナネコノメ、地面に這うようなローアングルでファインダーを覗くのが大変でした。
何枚か撮ったのですが、花の蕊のピントがどれも甘くて残念でした。



b0246693_10005740.jpg


花に残る前夜の雨の雫を撮りたくて、そちらに集中するあまりアングルがいまいちでした。


b0246693_10012733.jpg



コチャルメラは、毎回挑戦しますが難しい被写体です。これは綺麗なグリーンが気に入って撮りました。
根元が写っていないのでダメかなと思ったのですが、先生は、花の形が面白いのでこれで良いと言っていただきました。
もう少し、バックの処理をぼかしても良いとのアドバイスでした。



b0246693_10015828.jpg



スミレの写真がたくさんあって、なかなか選べませんでしたが、この3点になりました。
フモトスミレ、 小さくて本当にかわいくて、その小ささを出すのが難しいと思いました。



b0246693_10023910.jpg



エイザンスミレ 木の根元に咲いているのを見つけたので、向こうの林を入れて撮ろうと思いました。
いつも、いがり先生の写真を拝見しているので、先生ならきっとこう撮られるのでは?と意識しつつ(^^)
そして、『この写真はなかなか良いですね。』と誉めていただきました。わぁ、嬉しいです~!!!




b0246693_10031061.jpg



ナガバノアケボノスミレ このスミレが咲くと聞いて、麓から車道を歩いて登って来ました。
どこかなぁと探しながら、でも、森床に咲き出した可憐な他のスミレたちに魅かれてしまって、
あちこちで、枯葉の中に埋まるようにして撮りながらなので、なかなか進みません(笑)
すると、車で通りかかった妙齢の女性が、車を止めて声をかけてくれました。
なんと、この少し先のカーブになった辺りの斜面に、目指すスミレの群落があると教えてくださいました。
ラッキーでした。お陰で初めて出逢う事が出来た交雑種の憧れのスミレです。
シャープな印象のナガバノスミレとふくよかなアケボノスミレを掛け合わせて生まれたナガバノアケボノスミレです。
それは美しいスミレでした。何枚も何枚も、夢中で撮ったうちの一枚ですが、なかなか上手く写せませんでした。


b0246693_10033902.jpg



ハナネコノメも大好きなんですが、コガネネコノメに出逢うと本当に嬉しくなります。
とっても小さくて、とっても可愛い花冠のようなお花です。奥多摩ではなかなか会えないのでレアなお花です。
写真はなかなか上手く撮れません。



b0246693_10040993.jpg


今回の提出写真の中では、自分では好きな写真なのですが、果たして、どうなのだろう?と迷いつつ選んだ2枚です。
萌葱色の芽吹きの森がとても好きですが、写真にするのは難しい被写体です。露出を変えながら何枚か撮った中の一枚です。
先生に、フォトショップで色々雰囲気を変えながらアドバイスしていただきました。



b0246693_10043995.jpg


この写真も自分で気に入っている写真のひとつなんですが、春霞みたいに、ぼんやりした感じかなぁ?
アングルは、もう少し手前の道の部分を入れるべきだったと思っています。
ドキドキでしたが、みなさんが、「わぁ、きれい!」と言ってくださり良かったとほっとしました。




b0246693_10051061.jpg



大好きな桜です。そして被写体にはとっても難しい桜です。毎年、うっとりしながら撮ってます。
若い時は、そんなに美しいとは気づかなかったのに、歳と共に桜の魅力にはまりつつあるのが不思議です。
いつもどこを撮ったらいいのか判らなくなります。毎年の課題ですね。



b0246693_10054067.jpg


桜と言えば、菜の花かなぁ。奥多摩に続く単線の線路の構内に土手からのこぼれ種か菜の花がたくさん咲いています。
黄色い菜の花の波、波、波… 子どものころ、こんな菜の花畑に埋もれるようにして遊んだ日々が甦ります。
風に揺れる花の波を表現したかったけれど、一面の黄色になってしまいました。
この辺の撮り方もお聞きすれば良かったなぁと後から思いました。



b0246693_10061083.jpg



これは、前ボケと後ボケに挑戦した写真2枚です。わたしとしては後者のが好きな写真なのですが、
やっぱりインパクトないかなぁと、もう一枚とで、先生にアドバイスいただこうと思って持ってきました。



b0246693_10063915.jpg



そしたら、先生が、『こちらのほうが、sizukuさんらしいと思いますよ。』と言ってくださいました。
わたしらしい写真と言っていただけたことが嬉しかったです。
「真ん中の2輪のカタクリの色が白っぽくなってしまったんですけれど?」気になることをお聞きしました。
『そうですね、この場合は、春の明るさを表現しているので、その雰囲気を重視してこのままでも良いと思います。』
これでいいんだ、これが自分の個性なんだと思えて、目から鱗でした。

今回の写真講座のテーマは「露出」です。
先生は『適正露出はひとつではなくて、自分が何を撮りたいかで決めるものです。』とおっしゃいました。
受講者一人一人の写真に丁寧に向き合ってくださり、個性を大切にしてくださる先生なのです。
わたしが、先生の写真に惹かれるのは、こういうお人柄も含めてなんだなぁと思いました。
そして、今回の講座で、『自分らしい写真』を大切にしたいと思ったのでした。




b0246693_10070931.jpg



大きなシデコブシの木に、一面に真っ白な花が咲いていました。アップで切り取ったり、全体を撮ったりしました。
その中で、この一枚を選んだのですが、



b0246693_10073925.jpg


自分では、こちらの撮り方が気に入っていました。下の方の花が中途半端なボケなのでボツにしましたが、
構図はこちらの方が好きなのです。一番てっぺんに咲く花を表現したいと思いました。
もっと絞った方が良かったのかな?どう撮れば良かったのか判らないのですが、
自分が好きだと思える写真を大切にしたいなと思ったので、ボツ写真ですが載せてみました。



b0246693_10113073.jpg



最後は大好きなチゴユリの花を選びました。そよ風に微妙に揺れていて風が止むのを待つのが大変でした。
まめちゃん、風が一瞬、止む時があるよ。(*^_^*)




b0246693_10080860.jpg



これは、おまけです。奥多摩の森で出会ったかわいいお猿さんです。ピントは甘いですけれど(^_^;)



b0246693_10083811.jpg



[PR]

# by kazematikado | 2017-02-28 04:17 | 写真展&写真教室 | Comments(8)
2017年 02月 19日

鳥たちに逢いに

鳥に逢いたくなって、久々の週末の森に

b0246693_23412886.jpg

川沿いの休耕田を歩けば、野生化した三色スミレたちがにぎやかにお喋りをしている。


b0246693_23402683.jpg


b0246693_23404156.jpg


そんな畑の片隅に佇む、ツグミさん。


b0246693_23405645.jpg

キミはいつも背伸びをして遠くを見ているよね。


b0246693_23431422.jpg


なにかいつも考え事をしている哲学者みたい。いつかじっと夕日を見つめていたことがあったよね。
夕日に染まった横顔が、ちょっぴり憂いを含んでいたね。
あの写真、気にいっていたんだけれど、どこかに埋もれちゃった…


b0246693_23430274.jpg


急に騒がしく雀たちがやって来て、キミは困った顔していたね。ちょっと、笑っちゃったよ(^^)


b0246693_23413314.jpg


ゆうゆうと、アオサギが渡って行った。


b0246693_23395033.jpg



おや?川沿いに巡らしたフェンスの向こうに舞い降りたのは?恥ずかしがり屋のモズリンかな?



b0246693_23401799.jpg


いや、違ったね。いたずら好きのモズ吉だったね。



b0246693_23415107.jpg


小さくても猛禽、ちいさな狩人なんだよね。


b0246693_23453383.jpg


ちょこまかと歩き回っているセキレイ君


b0246693_23451749.jpg



b0246693_23450194.jpg


そして川の中でも^_^;忙しそうだコト。


b0246693_23411670.jpg



川の中の枯草に止まっているのはカワセミさん。翡翠色が美しいね。



b0246693_23445510.jpg


下のくちばしがオレンジ色をしているのは女の子



b0246693_23434958.jpg


こんな写真が好きだなぁ


b0246693_23423990.jpg


こちらはトリミング無し。


b0246693_23423293.jpg


週末の森に着くと、いつものヤマガラ達がやってきた。


b0246693_23441125.jpg

枝から枝へ、そしてわたしの掌にも舞い降りてくれたのはいつの事だったろうね。
もう、あの時の子はいないのだろうね。


b0246693_23441884.jpg


こちらにはシジュウカラさん
半月みたいなほっぺの白がかわいいな。


b0246693_23444700.jpg


背中の黄緑色がとっても好きなんだよね。



b0246693_23444183.jpg


b0246693_23443775.jpg


おや、ジョビ太くんが舞い降りた。すましてるね。


b0246693_23390893.jpg


b0246693_23394289.jpg


ジョビ子ちゃんもやってきた。可愛いね!逢いに来てくれたの?



b0246693_23435567.jpg


b0246693_23440044.jpg


足元には零れるように星の瞳が咲き出していた。


b0246693_23462032.jpg


たまには、こんな散歩も良いね。また逢いに来るね。



b0246693_23455500.jpg





[PR]

# by kazematikado | 2017-02-19 00:31 | | Comments(0)
2017年 02月 14日

春を探して


小高い場所にある軍畑駅、この駅は奥多摩の人気の山、高水山への登山口でもあります。
今日はこの界隈を散策してみようかなと小さな無人駅に降り立ちました。
駅前には素晴らしく美しい茅葺屋根の民家があります。

b0246693_09503518.jpg

駅の前の坂道を降りて行きます。
ここからは茅葺屋根の母屋は見えませんが、美しい石垣はまるでお城のようです。


b0246693_09504382.jpg

線路も見えます。電車が通ればいいなぁ…なんて^_^; テツコの血が騒ぎます。


b0246693_09505414.jpg

山に囲まれた畑、昔からの暮らしが息づいています。


b0246693_09513496.jpg

畑仕事をしている人も見かけました。長閑な風景に足を止めました。いいなぁ…


b0246693_09515036.jpg

日本水仙の鈴のような花が咲き始めました。ほんのりと良い香り。


b0246693_09522640.jpg

陽射しが燦々と降り注ぎ、ちいさな春の息吹がそこかしこ。
空色の春の使者、星の瞳が目を覚ましました。


b0246693_09525160.jpg

たんぽぽも一つだけ咲いていました。暖かな黄色にほっこりします(^^)


b0246693_09524667.jpg

瑞々しい大根、しんなりと霜げた葉の緑が目にやわらかい。
春の兆しにこころは解けて行きます。


b0246693_09530572.jpg

タラの芽の冬芽、ニッっと笑った棘棘のピエロさんに見えるでしょ?(^^)


b0246693_09523114.jpg

ヒッ、ヒッ、パタパタ、おや?ジョビ太くん。ほら、中央の枝の中にいるオレンジ色の野鳥が見えますか?

望遠レンズを持ってこなかったので小さい画像です。


b0246693_09532630.jpg

軍畑大橋から眺めると、枯れ色の木々が内面からの生命の息吹で、ほんのりと輝いて見えます。
多摩川はゆったりと流れていきます。


b0246693_09535031.jpg

水面がキラキラと目映い冬の川、どことなく温もって春の気配を感じます。


b0246693_09535673.jpg

道沿いに、毎年ミモザが咲く場所があります。今年はまだでしたがエリカが咲いていました。
ちいさな鈴のようなお花、とってもかわいくて~♡


b0246693_09543133.jpg

多肉植物ってかわいいですよね。芽生えているのは何の芽かなぁ?


b0246693_09541567.jpg

柊の花?でいいのかしら?可愛いクリーム色!たわわだね(*^_^*)


b0246693_09543921.jpg

まだ、行ったことがないのですが、ミニホースがいるお店です。なんだかいい感じでしょ?


b0246693_09544626.jpg

とっても高い石垣が続く道です。


b0246693_09545478.jpg

なんだか、好きなんですよね。この石垣(^^)

b0246693_09545986.jpg

ここから、御岳の遊歩道が始まっているのです。


b0246693_09550668.jpg

ちょっとだけ、歩いてみましょう。鳥さんがいるかも。(*^_^*)


b0246693_09551031.jpg


b0246693_09552971.jpg

川沿いの道は陽射しがたっぷり、風も無くてあたたかいね。


b0246693_09555082.jpg

眩しい竹の小道、何年か前、ここでルリビタキに出逢ったけれど、今日は鳥影無しでした。


b0246693_09561004.jpg

ヤブコウジの赤い実が可愛いです。


b0246693_09561406.jpg

御岳渓谷は冬と春の境目でした。

b0246693_09562169.jpg

次に向かったのは、ハナネコノメが咲く風の谷へと足を伸ばしました。
まだ、早いのは判っているのですが、渓谷に目覚めた姿に逢いたくて(^^)

二十三夜塔のある辻、二十三夜って何だろうと思って調べたら、十五夜、十六夜、十九夜、二十二夜、二十三夜
などの特定の月齢の夜に、「講」として集まり飲食を共にしながら、経を読み月を拝む、月待ちの行事の事で
江戸時代に庶民の間で盛んに行われ、特に普及したのが二十三夜講で、この講に集まった人々が経てた二十三夜塔は全国各地の路傍に見られるのだそうです。


b0246693_01553491.jpg



水神様が祀られている小滝のある場所、ここはまだ、ハナネコノメの葉っぱも出ていませんでした。



b0246693_01560479.jpg



そして、こんな小さな橋を渡り、風の谷にと降りて行きます。



b0246693_01563411.jpg


午後の陽射しが、杉林の中を縫うように降りてきますが、渓谷までは届かないようです。



b0246693_01570585.jpg


この光が、もっと強く入ってくるようになれば、きっとこの谷のハナネコノメも目を覚ますことでしょう。



b0246693_01573841.jpg


わたしは、いつも真っ先に咲く場所をそっと覗いてみました。
わぁ~♪ まだまだ小さい可愛い緑の葉っぱが、苔の中に目覚めていました。


b0246693_01580890.jpg


よーく、目を凝らして見れば、小さな小さな蕾が、ほらこんなにびっしりと付いています。
こんにちは、ごきげんよう。ハナネコちゃん(^^) 思わず語りかけてしまいます。
この小さな緑に、毎年最初に逢えた時、嬉しさにじーんとします。
今年は、毎年楽しみにしていてくれたshinさんが、いらっしゃらないのだと思うとなお更感無量です。


b0246693_01583844.jpg


まるで、涙のように、緑の雫がほろほろと零れ落ちていました。



b0246693_01591882.jpg



上滝(うわったき)と下滝(したったき)


b0246693_02000092.jpg


b0246693_02003189.jpg


多摩川沿いの遊歩道を抜けて行くと、だんだんと光が戻って来ました。


b0246693_02010115.jpg


b0246693_02013125.jpg



こんな山里の佇まいがとても好きです。今年もハナネコの目覚めに立ち会えたことが嬉しくて(^^)



b0246693_02020013.jpg



帰りに、青梅の桜見本園に寄ってみたら、河津桜の蕾が膨らんでいました。
もう、春はそこまで来ています。
きっとまた今年も、何度も風の谷に訪れることでしょう。



b0246693_02023156.jpg

[PR]

# by kazematikado | 2017-02-14 22:23 | 里山 | Comments(2)