風街角

sion920.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 01日

淡く滲んで

季節は運んでく 時の彼方
六月は蒼く煙ってなにもかもにじませている

ユーミンのこんな歌詞をいつも思い出す、6月の雨の朝です。

昨日で6月もお終いです。
緑陰の田圃、早苗風、カエルの鳴き声、蛍舞う夜のとばり…
蒼く煙る6月の里山をアップしておこうかなと思います。
今年は、季節ごとに通うと決めた、横沢入から…


b0246693_00431601.jpg


通いなれた駅からの裏道をいそいそと歩き、緩やかな坂道を登れば小さな踏切を渡る、
大悲願寺を通り抜けて、林の中の道を進んで行けば、一気に視界が開けて行きます。



b0246693_00384171.jpg





先ほど上がったばかりの雨の雫が残る葛の葉


b0246693_00431488.jpg



b0246693_00384124.jpg





桜の葉っぱの先のひとしずく



b0246693_00431506.jpg





ミツデカエデ


b0246693_21444498.jpg



つんつん笹の葉


b0246693_00431486.jpg





行儀よく並んだ雫たち


b0246693_00451778.jpg



雫に映りこむ逆さまの景色




b0246693_19383231.jpg


ナズナに似てるけど、ナズナじゃない?
判らない花の種???


b0246693_00431532.jpg





何の木だろう?と悩んで家で調べたらアズキナシらしい。と思ったけれど。
どうも違うそうです。何だろう?宿題です。



b0246693_19301759.jpg



b0246693_00431419.jpg





大木に絡み付き咲くテイカカズラ、大きな繁りでした。


b0246693_19300852.jpg


b0246693_21471901.jpg



b0246693_19300376.jpg



ヒメジオンと

b0246693_21492077.jpg


シロツメクサは田んぼの畦に



b0246693_21453451.jpg

早苗が風に揺れます。

b0246693_21465007.jpg

b0246693_19284533.jpg

b0246693_00431617.jpg


夏草越しの田の風景…
とても好きです。


b0246693_00431540.jpg


田の水草、この影にメダカやゲンゴロウやヤゴなんかがいたっけ


b0246693_19282086.jpg
 

湿地の奥にはヤマグワの木があります。


b0246693_19291477.jpg

 

たわわに実ったヤマグワの実
黒いのが甘いんです。


b0246693_00451712.jpg


b0246693_00451649.jpg

更にその奥は草深くって「マムシに注意」の看板も


b0246693_00451861.jpg
 

水辺の影がやっぱり気になります。


b0246693_19271859.jpg


b0246693_19273273.jpg


いがり先生のWSを思い出して被写体を見つけて撮ってる…



b0246693_23461606.jpg



綺麗なヒメアカタテハさんが翅を休めていました。


b0246693_00431629.jpg

ミズイロオナガシジミさんも


b0246693_00451764.jpg


そして大好きなベニシジミちゃん。


b0246693_00451667.jpg


b0246693_00451709.jpg



背中にハート形のマークを背負ってるカメムシさん。


b0246693_00451852.jpg



やっぱりドクダミを撮ってしまいます(*^_^*)



b0246693_19381861.jpg
 


セリバヒエンソウ


b0246693_19382521.jpg



ヘビイチゴ



b0246693_19384018.jpg


アカツメクサ


b0246693_19283236.jpg
  


アカツメクサのある風景


b0246693_23464274.jpg
仲睦まじいオシドリのカップルがいました。
この日はヒナの姿が見えませんでした…


b0246693_19285833.jpg


チダケサシが揺れていました。


b0246693_19385260.jpg


次に訪れる時には柔らかな綿あめみたいな合歓の花が見たいなぁ…




[PR]

# by kazematikado | 2017-07-01 23:53 | 里山 | Comments(0)
2017年 06月 30日

ハナネコ女子会、6月

ハナネコ女子会、恒例の花菖蒲&紫陽花を楽しむ女子会を開催しました。
今回、参加くださったのは、いくさん、あっこさん、はんちゃん、おくちゃん、せっつさんでした。
まずは東青梅に集合し、吹上菖蒲園まで歩きます。今年は日にちを6月10日に設定しましたが、
いつもならちょうど良いはずが、少し花が遅くて先週はまだほとんど咲いていなくて心配していました。
でも、何とか早生のお花が最盛期となったようです。
30分ほど霞川沿いの長閑な小路を歩き菖蒲園に着きました。
入り口の池には睡蓮の花が綺麗に咲いていました。



b0246693_01021576.jpg



b0246693_01040017.jpg

b0246693_01142379.jpg

入り口の通路の紫陽花も色付きはじめました。やはり今年は少し遅めです。



b0246693_01023487.jpg


b0246693_01025076.jpg


b0246693_01030243.jpg

一輪、コスモスの花が風に揺れていました。もう、そんな季節なの?って思ったり。
お花によって、いつもより早かったり、遅かったりする感じですよね。
この頃、なんだか季節感がなくなっているような、そんな気がしたりします。


b0246693_01031647.jpg

早生の菖蒲が満開でした。まだ、中生、晩生のお花はこれからなので全体的には少し寂しいです。


b0246693_01032481.jpg


b0246693_01033017.jpg


b0246693_01042358.jpg


b0246693_01044085.jpg


菖蒲って日本らしいお花ですね。和の心。白い菖蒲が今年はとっても美しく感じました。


b0246693_01045166.jpg

ちょっとベンチでおやつタイムです(*^_^*)


b0246693_01045787.jpg


絵手紙が趣味のいくさんは、さらさらさらっとスケッチしています。素敵ですね(*^_^*)


b0246693_01050419.jpg


b0246693_01051170.jpg


b0246693_01053691.jpg


b0246693_01063326.jpg


b0246693_01063757.jpg




タチアオイがつんつんと蕾をたくさんつけました。父が好きだった花…
タチアオイは下から順番に花開き、一番てっぺんの花が咲くと梅雨が終わると父に教わりました。
今年は、梅雨入りしたものの、あまり梅雨らしい日はまだありません。


b0246693_01054198.jpg




夏を感じるそんな花です。


b0246693_01073389.jpg




桔梗の花を見ると、いつか行きたいと思っていた秩父の桔梗寺の事を思い出します。
今は亡き、やさしいお友達が、遊びにおいでと言ってくれていたのに…
もうじき蓮の季節だし、お友達を偲びつつ、今年は出かけてみようかな?って思ったりしました。



b0246693_01072918.jpg




みんなのザックがなんだかかわいいね!!って写真を撮りました^m^



b0246693_01054816.jpg


あら!コシアキトンボさん。
尻尾の所が一部白いから、胴体が開いているように見えるからコシアキトンボっていう名前。
透明人間的な、面白い発想だと思いませんか?(笑)


b0246693_01080212.jpg




名前の判らない水草の緑がすがすがしいです。ここにトンボさんが止まれば、なお涼しそう!


b0246693_01081458.jpg




水面をスィースィーっと滑ってるアメンボたち。写真に撮ってよくよく見たら、全部がカップルでした。
昆虫の世界ってメスが大きいことが多いから、下のアメンボがメスなのかな?なんて勝手に思ってます。
カップルでスーイスィって、恋の季節なのかしらね?さざ波も二重で、ついにっこりしてしまいました。


b0246693_01094777.jpg




睡蓮に寄せるさざ波も静かで、見つめていると和みます。


b0246693_01095753.jpg






時間が少しあるので、塩船観音に行きましょうか?って事で歩き始めました。
ここから、30分くらいの所にあって裏道の観音通りを歩きます。
道すがら、紫陽花のお花が綺麗に咲いています。


b0246693_01101394.jpg




やっぱり紫陽花が咲いてると、パチリって撮ってしまいますね。塩船は紫陽花が綺麗なんですよね。


b0246693_01103432.jpg




b0246693_01103927.jpg




コウゾのオレンジの実がなってました。「おいしいかな?」ってつまんで食べました。
食べれなくはないけど、ちょっと青臭いね。この前食べたモミジイチゴほど美味しくなかったです。


b0246693_01142999.jpg




観音通りをゆっくり上っていくと竹林の緑のトンネル。そして青紅葉が綺麗です~♪
木洩れ日の降る小道、道路に落ちた影もチラチラ揺れてる… 好きな小道です。


b0246693_01143839.jpg




塩船観音寺に着きました。アナベルがいっぱい!!でも、少し早かったですね。
まだ、花房は小さくて、淡い緑色のお花が多かったです。


b0246693_01145151.jpg




b0246693_01110313.jpg




塩船の森の中も紫陽花がいっぱいです。森の中がアジサイブルーに染まっていました。



b0246693_01171257.jpg



林床の草陰には、赤い実がたくさん(^_-)



b0246693_01173377.jpg



写真に撮るのは、やはり、紫陽花ばかりになりますね~(^_^;)
でも、思うような絵にはならないです。もっと、柔らかで淡い雰囲気に撮りたいのだけれど…


b0246693_01175074.jpg



b0246693_01180009.jpg



b0246693_01184025.jpg




純白のアナベルは美しいです。


b0246693_01184928.jpg




手で触れると、ポワンとした感じがまた良いです。


b0246693_01184911.jpg



そして、塩船観音寺を後にして、ちゃんちき堂に寄ろうと思ったら、今日はクローズでした。残念(/_;)
バスにて、青梅に戻ります。ちょっと電車の待ち時間を利用してミナモさんに寄らせていただきました。
ワンコのパネルが出来上がっていました。木製の額に収まって、なおさら美しいです。

写真から起こす先生の作図、写真のワンちゃんにそっくりなのはさすがです!!!
ステンドグラスでここまで表現できるとは!先生のクオリティーの高さを感じます。
小指の爪の先ほどの細かいパーツを丁寧に切り出し磨いていく、そしてそれらがピッタリとはまっていく
気の遠くなるような根気のいる作業工程を目の当たりにしているから
どれだけ、繊細な作業の積み重ねなのか、生徒のわたしたちには判ります。

完成した作品を見せていただけてとっても嬉しいです。みなさんも驚いていました。
きっとオーダーされたお客様は、とっても喜ばれていることでしょう。




b0246693_01195447.jpg



素敵なステンドグラスの花瓶に活けてもらったドクダミたち
とっても美しいです。
みなさん、アクセサリーなどに見入っているうちに時間になりました。
先生、突然の訪問に快く対応していただきありがとうございました。


b0246693_01200030.jpg



さてさて、本日のランチは郷土料理のお店“さわい”さんです。
御岳渓谷を望む小高い場所に全面ガラス張りの窓と、吹き抜けのある素敵なお店です。

沢井駅で電車を降りると、山を背にして茅葺屋根の鄙びたお寺があります。



b0246693_00042407.jpg



b0246693_01201102.jpg


草生したお庭には、古びた石仏たちが座していました。
山寺の風情に惹かれてしまうそんなお寺です。


b0246693_01200626.jpg




このお寺の脇を通り抜け、ほんのちょっと坂道をあがったら、“さわい”さんです。
高知出身の女将さんが、厳選された高知の食材で心を込めて作ってくださるお料理と
逢う人を惹きつけて止まない包み込むような笑顔と楽しいお話がおもてなしです。




b0246693_00043032.jpg


窓から吹き抜ける涼やかな川風、差し込む日差しに、みなさんすっかり寛いでしまいました。

今日のお任せ料理は、錦糸卵の鰻蒸し寿司、カツオのたたき、高知野菜の煮物、お味噌汁です。
体に良い物だけにこだわり健康を気遣った体に優しいヘルシーメニューでもあります。
とっても美味しくてみなさんにも喜んでいただきました。


お食事後、女将さんの楽しく豪快な体験談や、健康で過ごせることの喜び、ありがたさを
痛感出来るような人生経験から滲み出るようなお話に耳を傾けました。
何気なく和やかに暮らしているように見えて、人それぞれ抱えているものがあったり、
そんなしみじみとした時間もあったりで今回も意味深い時間を過ごしました。



b0246693_01201906.jpg




さわいさんを後にして、御岳渓谷へと降りて行きました。
線路の側でガビチョウが大きな声で囀っていました。
みなさん、姿を見るのは初めてだったそうです。


b0246693_01204955.jpg



御嶽渓谷に降りてくると、ちょうどラフティングのボートがやってきました。
手を振ると手を振りかえしてくれました。外人さんの多いクルーでした。


b0246693_01210160.jpg



そして、美しい川面を眺められるカフェAunさんに寄りました。

b0246693_01212763.jpg



陶芸家のご主人がいらっしゃって、素晴らしい作品を拝見しながらいろいろなお話を伺うことが出来ました。
美しい多摩川の流れを望みながらいただくコーヒーのお味は最高なのですが、わたしは奥様が入れてくださる
チャイが大好きになってしまったので、今日もチャイを注文しました。心がほっこり温まる優しい香りに包まれました。




b0246693_00314718.jpg



今回、店内の写真を撮らなかったので古い写真を3枚載せました。



b0246693_00363732.jpg
(2015年撮影)





b0246693_00342307.jpg
(2015年撮影)




b0246693_00345015.jpg
(2015年撮影)





b0246693_01213200.jpg



阿吽さんで、ゆっくり寛いだティータイムのあと、御嶽駅まで、川沿いの遊歩道を歩きます。



b0246693_01215559.jpg



もう、キツリフネが咲いていました。

b0246693_01222229.jpg




b0246693_01215911.jpg



緑深い渓谷沿いの道を川風に吹かれながらそぞろ歩きます。

b0246693_01224747.jpg



b0246693_01233178.jpg


 
一日の終わり、良い時間ですね。
6月は薄暮月、そんな優しい夕暮れ時でした。


b0246693_01234069.jpg
 


御嶽大橋の上から多摩川を見下ろして


b0246693_01234769.jpg
 

みなさん、今日は遠いところ集まってくださってありがとうございました。
花菖蒲と御岳渓谷、心地よい風に吹かれながら長閑な時間を楽しんでいただけたでしょうか?

次回のハナネコ女子会はレンゲショウマの咲く頃になるでしょうか?
よろしかったらまたぜひお越しくださいね。
もしかしたら、今度は新しい場所にお連れ出来るかもしれません。
楽しみにしていてくださいね(^_-)



b0246693_01240542.jpg




[PR]

# by kazematikado | 2017-06-30 00:50 | 女子会 | Comments(2)
2017年 06月 25日

御岳渓谷お散歩

一番大好きな初夏、こんな季節を孫たちにも好きになってもらいたいなぁと思って
4孫、2娘、1ばあば(笑)で、バス・電車を乗り継いで御岳渓谷散策に繰り出しました。
長女の所は、てっちゃん(小2)しょうちゃん(6歳)たくちゃん〈4歳)次女の所はゆうちゃん〈1歳9か月)
歩くテンポが全然違うので、ばあばは追いかけるのが大変。走り回ってました(笑)
でも、しっかり写真は撮りましたよ。ばあば馬鹿写真で恐縮ですが、こんなに大きくなりましたと言う事でお付き合いくださいネ^_^;


緑眩しい川沿いの道、お兄ちゃんたちは追いかけっこしながら走り抜けていきました。
ゆうちゃんは、ご機嫌でママとお散歩を楽しんでます。


b0246693_11563558.jpg




川沿いの道には黄菖蒲の花が咲いていました。


b0246693_11574671.jpg



スポットライトのドクダミもキラキラ♪


b0246693_12021726.jpg


ホタルブクロ


b0246693_13390572.jpg



わぁ、琵琶の実がいっぱいなっているね。



b0246693_13383529.jpg



蒼い水面は涼やかです。


b0246693_12024708.jpg


岩の上に一羽のアオサギがいます。
頭の黒い冠毛も見えますよ。
おや?こちらに気が付いたらしい、落ち着かない様子です。


b0246693_12031627.jpg


ほら、飛び立った!アオサギって人の気配を感じると直ぐに飛んで行っちゃうんですよね。


b0246693_12035159.jpg




おお~!!って、ゆうちゃんも気が付いた見たいです。


b0246693_11591589.jpg



うふふ、ひょうきんな顏(^^)



b0246693_11584624.jpg




拾った葉っぱを大切そうに眺めてます。


b0246693_12001684.jpg




嬉しそう♪


b0246693_12004667.jpg


青紅葉キラキラだね。


b0246693_11594623.jpg



b0246693_11552407.jpg


あっ!!カワトンボさんだよ(^^)



b0246693_11560546.jpg


遊歩道の途中のお蕎麦屋さんで、お昼を食べました。
木洩れ日のお庭で食べると美味しいよね~♪

その後、川原に下りて水遊びをしました。


b0246693_13355693.jpg



b0246693_13350920.jpg


b0246693_13343960.jpg



石きり遊び、野球を始めたてっちゃんは、なかなか上手いです。
しょうちゃんもお兄ちゃんを真似て、石を投げますがまだちょっとむりかな?


b0246693_13370071.jpg




b0246693_15402530.jpg


川の中の石が綺麗だね。



b0246693_12045547.jpg




ゆうちゃんもママと水遊びです。


b0246693_12042456.jpg



b0246693_16144916.jpg


お兄ちゃんたちは水遊びに夢中です。


b0246693_13373545.jpg



鮎釣りのおじさんもたくさんいます。



b0246693_14480119.jpg


遊んでいる姿を眺めていると、

b0246693_13395628.jpg




兄弟ってなんかいいなぁと思う、


b0246693_13402683.jpg




しみじみと、そんな瞬間です。


b0246693_13412689.jpg



b0246693_13424514.jpg


たくちゃんは石拾い。お兄ちゃんたちには追いつけないと判ってる。
一人遊びする、たくちゃんの成長にもびっくりしました。




b0246693_13405614.jpg




お兄ちゃんたちを真似て石投げです。


b0246693_13380591.jpg



キセキレイも追いかけっこしていました。



b0246693_13421544.jpg




吊り橋を渡ったり…


b0246693_13431648.jpg




こんな川を眺めながらおやつを食べたりで楽しかったね。


b0246693_12053188.jpg




帰りの電車を待つ駅のホームで撮った燕です。
まだ、幼鳥のように見えますが、どうでしょうね?


b0246693_12060105.jpg




孫たちの成長を垣間見た、楽しい一日でした(^^)
あっと言う間に大きくなってしまうから、
こんな一時を大切にしたいと思いました。

『ばあば、また来ようね。』
わたしの手を握りしめてたくちゃんがそう言いました(^^)



[PR]

# by kazematikado | 2017-06-25 16:00 | 日々の事 | Comments(0)
2017年 06月 24日

初夏の横沢入

6月に入ったばかりの晴れた朝、横沢入を訪ねました。
田植え時期の田圃が見たかったのと、小さな池で見かけたオシドリのカップルに逢いたかったのと、
一段と濃くなったであろう森の木々と、もしかしたらゼフィルスたちに逢えるかもしれないという思いから…


b0246693_01255505.jpg


b0246693_01261684.jpg



ゼフィルス(西風の妖精)と呼ばれる、美しく光る青緑色の翅を持った蝶との出会いは随分前の事。
奥多摩のブナ林の登山道を喘ぎながら登っていた、わたしの目の前に舞い降りてくれたのでした。
「わぁ!!ジョウザンミドリシジミ!!」ずっと逢いたいと願っていたその蝶が目の前にいるなんて…
蝶はその美しい表翅を見せながら、ゆっくりと3度ほど翅を開閉したあと、中空へと飛び去りました。
ほんの数秒の事だったのでしょうけれど、わたしにはもっと長く感じました。
息を止めて、じっと見入っていた気がします。まるでビロードのような質感と光沢を良く覚えています。
飛び立った時、光をまき散らすかのようにキラキラと煌めいていたように思っています。
本当はそんなに良く見れてはいなかったのだと思うけれど、鮮やかな記憶となって脳裏に刻まれました。

その時以来、再会はないのだけれど、この時期になるといつもあの一瞬の逢瀬を思い出してしまうのです。
今回もまた出逢いは叶いませんでしたけれどもね。

代わりに出会えたのは、ハルジオンの花で吸蜜するモンシロチョウと

b0246693_01300145.jpg

b0246693_01301660.jpg


ウツギの花で吸蜜するキタテハでした。


b0246693_01311226.jpg

b0246693_01311786.jpg

この日は、初夏を思わせるような真っ青な空でした。


b0246693_01345908.jpg



ミズキの白い花房が散った森の上に出ている雲は夏、そのものでした。



b0246693_01502196.jpg




小さな流れも、ほら、夏空を捕まえました。


b0246693_01354633.jpg


小さな棚田は水が張られ、田植が終ったばかりのようです。


b0246693_01362292.jpg


b0246693_01363121.jpg


心地よい風が稲を揺らし、草はらを吹き抜けて行きました。


b0246693_01352619.jpg


雑草と呼ばれているけれど、木漏れ日の中、美しいと思います。


b0246693_01355868.jpg


ヤブジラミだなんて、可哀想な名前


b0246693_01355362.jpg

b0246693_01440155.jpg

b0246693_01433233.jpg

b0246693_01434186.jpg

b0246693_01442347.jpg

草いきれの夏が来ます。

b0246693_01451034.jpg

b0246693_01453212.jpg

こんな景色が好きです。


b0246693_01500258.jpg

b0246693_01522666.jpg

b0246693_01540535.jpg


b0246693_02041999.jpg

突然、大きな羽音がして、オシドリのオスが飛んできました。

b0246693_02034080.jpg


直ぐ頭上を通り、少し先の畑に降り立ちました。

b0246693_02034634.jpg

いつも一緒にいるはずのメスは?と探して見たけれどいません。
その先の池の中を覗いたら、可愛いヒナたちがいました(^^)もう、卵から孵っていたのですね。
それで、お父さん鳥は気を引くように、わざとわたしの頭上を通って、反対側へと降り立ったのですね。


b0246693_02004229.jpg

かわいい(^^) ちびちゃんたちです。


b0246693_01531728.jpg


お母さんに連れられて一斉に葦の中へと身を隠してしまいました。7羽もいましたよ(^^)



b0246693_01535080.jpg



シオカラトンボが日向ぼっこしていました。


b0246693_01550531.jpg


そして、わたしは一番奥にあるこのねむの木が好きです。


b0246693_01554611.jpg



この時期になると青々と茂ります。
この葉っぱの形が好きです。


b0246693_01560068.jpg




風の行方が判ります。


b0246693_01564060.jpg




空に透けて、ああ綺麗だなぁって思います。


b0246693_01570487.jpg




この樹にいっぱいの花をつけるのが楽しみです。
ふわふわのピンク色のお花です。


b0246693_01560557.jpg




手招きしているようなねむの木


b0246693_02001893.jpg




木下闇

b0246693_02002208.jpg



コゴメウツギの星のような花が咲いて、どこからか鶯の声が聴こえます。
するとしばらくして、今度はホトトギスが力いっぱい鳴きました。
わたしにとっては、今年初めて聞く声、初音でした。


b0246693_02004912.jpg




ガマズミの花


b0246693_02010422.jpg




草むらにはヘビイチゴの真っ赤な実


b0246693_02012528.jpg


b0246693_02263062.jpg




早苗が風に揺れ、青空が映りこむ田圃っていいなぁって思います。
もう少したったら、また来てみたいです。
そう、近くの沢で、カジカガエルが鳴き、蛍が飛び交う季節に。


b0246693_01275855.jpg

[PR]

# by kazematikado | 2017-06-24 02:31 | 里山 | Comments(0)
2017年 06月 20日

緑の森の小さな美術館


武蔵五日市の駅から40分ほど長閑な山里を歩くと自然豊かな深沢地区に出ます。
美しい秋川渓谷が流れ、キャンプ場などもあり、岩抱きの樫や千年の契り杉、五日市憲法発祥の地、
南沢あじさい山など見所もたくさんあります。ここに深沢小さな美術館があります。
美術館までは、角々に立つのっぽの木の人形、森の精霊ZiZiに導かれて訪ねることができるんです。


b0246693_11573791.jpg



深沢小さな美術館は、昭和54年からNHKで放送された人形劇「プリンプリン物語」の人形美術を担当した造形作家、友永詔三氏の作品が展示されている美術館です。

友永詔三氏のHP

b0246693_12053184.jpg



かわいい木の人形ZiZiは「きっぽ爺さん」とも呼ばれ、友永氏が作成されています。
「きっぽ爺さん」は、友永氏が創造した樹の精霊、森の番人なのだそうです。

樹の精霊に導かれて行くなんて、なんだかメルヘンの世界ですね。

b0246693_11580910.jpg

隣接している南沢あじさい山に寄ってみましたが、この時は、まだまだ咲き初め、
やっと色が付き始めたくらいでした。この山にもZiZiはたくさんいるんですよ。

クレマチスの影でかくれんぼしているけれど、とんがり帽子でZiZiと判ります(^^)

b0246693_11562199.jpg

b0246693_11561384.jpg




まだ、紫陽花は色づき始めたばかり、訪れる人もいませんでした。


b0246693_11564102.jpg



b0246693_11571719.jpg




真っ白な紫陽花も可憐で素敵です。

b0246693_11572195.jpg




ガクアジサイの一花(ガク)が色づきました。美しい青紫色です。


b0246693_11572640.jpg




こちらも柔らかなパステルカラーが優しいです。


b0246693_11573099.jpg




ZiZiがこちらだよと微笑みました。

b0246693_11564688.jpg



小さな坂道を登ったら、小さな美術館の入り口です。すごくワクワク(^^)


b0246693_11574413.jpg




美術館へのアプローチも緑のトンネルになっていました。


b0246693_11580164.jpg




わぁ~♪石造りの建物が素敵!物語の中の小人の家みたい(^^)


b0246693_11583364.jpg


ピンクのバラと、オレンジ色のお花が目を引きます。大きな「きっぽ爺さん」がお出迎えしてくれます。


b0246693_11583748.jpg




美術館への入り口です。


b0246693_11584251.jpg




こちらは併設されている喫茶室への入り口


b0246693_11584704.jpg


古民家の梁と骨組みだけを残して友永氏と奥様とで改装され、コツコツと石を積み上げて、
8年の歳月を費やされたそうです。
ここを作るにあたって、尊敬する建築家ガウディの建築を見るためにバルセロナまで足を運んだそうです。


b0246693_11590344.jpg



サグラダ・ファミリアのように、今後も進化し続けるのでしょうか?


b0246693_11591240.jpg



入り口から振り返った風景


b0246693_11592806.jpg



窓からの風景、楓の青紅葉が美しい


b0246693_11593345.jpg




そしていよいよ、美術館の内部に…
うわぁ~!!なんてメルヘンチックで不思議な世界観なんでしょう!!

こちらを管理されている奥様に撮影についてと伺ったら、
なんと、許可してくださいました。ありがたいことです。
大切に一枚一枚シャッターを押させていただきました。


b0246693_11593953.jpg

b0246693_12022498.jpg
b0246693_11595789.jpg


b0246693_12000106.jpg

b0246693_12002384.jpg


しなやかな肢体の木彫たち


b0246693_12002757.jpg


b0246693_12003178.jpg


b0246693_12004882.jpg


まるでオリンピアの神々のようでもあり
マザー・イヴのようでもあり
とても神々しく美しいです。


b0246693_12012290.jpg

b0246693_12022015.jpg


ユーモラスで不思議なお魚


b0246693_12022933.jpg


ランプも素敵

b0246693_12014624.jpg

b0246693_12020208.jpg


木の枠が美しく調和する窓


b0246693_12020896.jpg


b0246693_12025512.jpg


そして、プリン・プリン!!
なんて愛らしくて神秘的で美しいんだろう


b0246693_12025135.jpg


窓辺から木洩れ日が薄っすらと注がれて、この眼差しに見入ってしまいました。

b0246693_12024635.jpg

b0246693_12010427.jpg
プリンプリン物語のキャラクターたち!!
6月から再放送されるそうです。


b0246693_12000636.jpg


家具も美しくて。。。


b0246693_12030001.jpg

窓辺の緑も


b0246693_12045165.jpg

窓辺の水面も


b0246693_12044246.jpg


素敵なんです。


b0246693_12031977.jpg


b0246693_12050433.jpg

この絵に魅かれました。


b0246693_12032582.jpg


お天気が良いので、ウッドデッキでお茶することにしました。


b0246693_12032998.jpg


バラソルの影絵


b0246693_12042146.jpg


気さくな奥様がいろいろお話ししてくださいました。
薫り高い珈琲をいただきながら、緑の木漏れ日に浸る一時、
とっても楽しい時間でした。ありがとうございました<m(__)m>


b0246693_12041426.jpg
 

池には鯉がたくさんいて、とっても涼しげでした。


b0246693_12034951.jpg


b0246693_12040932.jpg


窓辺と水辺、そして木と石の調和が見事です。


b0246693_12040449.jpg

そして植物もいっぱい
雪ノ下の清楚な花がたくさん咲いていました。


b0246693_12051631.jpg
 

黄菖蒲の花が水辺にはお似合いですね。


b0246693_12052128.jpg

真ん中の鯉、尾びれや脇びれがレースのようにしなやかで美しかったです。
写真では良く判らないですよね^_^; 

とても心地よくて長居をさせていただきました。いい時間でした。
今度は、大切なお友だちを案内して来たいなぁ…なんて思ったのでした。
メルヘンチックな世界観、女子会にはもってこいでしょう。ネ!(^_-)


b0246693_12052676.jpg


帰り道、ガレージの屋根の下で、たくさんの新しいZiZiたちがスタンバイしていました。
そして、その側で作業をしていらした方がこちらに気付かれて挨拶してくださいました。
『ありがとうございました』と丁寧に頭を下げられ、顏をあげられました。
優しい笑顔のそのお顔は、紛れもなく友永さんその人でした。

とても腰が低くて、有名な芸術家さんとは思えないほど身近に感じられる方でした。
奥さまもまた、優しくて、すこしも偉ぶらない気さくな方でした。
こんなお二人がいらっしゃる深沢小さな美術館、素敵です。

ZiZiさん、また来るね。わたしはその素敵な場所を後にしました。


b0246693_12054208.jpg


[PR]

# by kazematikado | 2017-06-20 12:35 | お店 工房 | Comments(0)