人気ブログランキング |

風街角

sion920.exblog.jp
ブログトップ
2014年 11月 08日

いがりまさし先生の里山ワークショップ

ちょっと前の記事になります。
日本全国を、キャンピングカーを駆使して巡る撮影ツアーのような、いがり先生のワークショップ。
北から南へと先生のフットワークには感心させられます。
今年の春、エコフィールドで行われたスミレワークショップに初めて参加して以来
いがり先生のフアンになりました。わたしも全国を追っかけ出来たらいいのだけれど
身近で開催されるワークショップに参加することしか出来ません。

6月に開催された、東京都武蔵村山市にある六道山公園で開かれたワークショップに参加させていただきました。
その時、『秋にまた、こちらで開催する予定です。』という先生の言葉を信じて待っていました。
そして、とうとう、10月14日に開催が決定しました。わたしはすぐさま申し込んだのですが、
なんと、大型台風の直撃で、中止となってしまいました。
ですが、26日にリベンジでの開催が決まり嬉しくて、仕事をやりくりして参加申し込みをしました。

さて、当日前夜、またまた、天候が悪くなる予報・・・
先生からは、『参加者が一人でもいらっしゃれば、ワークショップを行いたいと思います。
わたしはとりあえず、現地に行きますがそれまでに参加不参加をご連絡ください。』
とのメールが届きました。
一人ではさすがに申し訳ないと思いましたが、わたしも現地に行く予定ですとメールしました。

でも、内心、ぜったい雨はあがるという、根拠のない確信はあったのですけれどね(笑)

そして当日、夜半まで降っていた雨は上がったのでした。(やったね♪)
集合場所の駐車場に着くと、いがり先生が笑顔で迎えてくださいました。
『さすが、晴れ女、雨が上がりましたね。』

今日の参加者は6名だそうです。こんな少人数のツアーでも、丁寧な指導をしてくださるのですから、ありがたいです。
誰にでも分け隔てなくフレンドリーに接してくださる先生の飾らない人柄は、みなさんから慕われるのも当然ですね(*^_^*)

それに、なんといっても永遠の青年のような素敵な先生ですもの(^^)



b0246693_17065435.jpg


(先生のお写真は、ご了承を得て載せさせていただいています)






有名な観光地や遠くへいかなくても、身近なフィールドに素敵な被写体はたくさんあります。
そんな被写体を、宝探しをするように見つけましょう。

確か、こんなコンセプトだったと思います。
わたしも、とっても同感です。どんな宝物を先生が見付けてくださるのか楽しみにしていました。


b0246693_17122110.jpg


時折り小雨が降ってくる天候ですが、それはそれで素敵なシーンが見つかります。
早速、先生はススキにカメラを向けます。

『この時期の薄は、逆光で撮るのが美しいのですが、今日のような日には、バックに暗い森を持ってきましょう。』

b0246693_17123455.jpg


わたしは、エノコロ草で、試してみました。細かな雨粒も映って、わたし的にはお気に入りです。


b0246693_17132364.jpg



次に、先生は、チカラシバに着目、『チカラシバに付いた雨の雫が面白いですよ。』


b0246693_17132196.jpg



b0246693_17131417.jpg



ほんと、玉のようにキラキラと付いて、何て魅力的なのでしょう!!


b0246693_17134134.jpg




こんなのは、どうでしょうか?


b0246693_17133594.jpg



カントウヨメナの清楚な花に、雨の雫が降りて、さらに清楚さが際立っている気がします。


b0246693_17135652.jpg




アキノウナギツカミも、こんなに可愛かったんですね。
中望遠で捉えるので、バックのボケが綺麗です。



b0246693_17140196.jpg



バックに黄葉した葉っぱを持ってくると、より秋らしい印象に


b0246693_17143343.jpg




この小さな花は初めて見ました、名前はヤノネグサと言うそうです。
同じタデ科のアキノウナギツカミやミゾソバと似た花を付けますが、これはまだ蕾です。

b0246693_17143649.jpg



イヌタデ  どこにもある花だけれど、雰囲気を感じる写真を撮ってみましょう。
草はらに群れて咲いている雰囲気を出すには、バックを緑にぼかして、
いくつもの花にピントが合うような被写体を探します。
あるいは自分が動いて位置を決めるのが大事です。と、先生のご指導です。


b0246693_17174687.jpg




雨の雫が綺麗です。



b0246693_18134771.jpg

クサコアカソ


b0246693_17150300.jpg


わたしは、クモの巣と一緒に撮りたくて、あれこれと・・・
もう少し絞れば良かったかな?蜘蛛の巣に、もっと水滴が付いてたらなお良かったなぁ

b0246693_01413118.jpg



名前を忘れました^_^;
何でもない草なんですけれど、小ぬか雨に煙る姿がなんとなく晩秋の風情あるなぁなんて

b0246693_17152659.jpg



ヌカキビ、疎らな種がアンバランスで面白いですね。


b0246693_17155714.jpg


いがり先生が注射針のような花と表現されていました。確かに!!
面白い被写体です。チジミザサの花です。


b0246693_17155384.jpg


いがり先生の目線で探せば、宝物をまき散らしたような草原です。


b0246693_17212176.jpg



『雨の日には絶好の餌食です。』と、笑いながらおっしゃったメナモミ
本当だ!!ファインダーを覗けば、眼からうろこの造形美!!


b0246693_17153462.jpg


ヒッツキムシは、こんな風に吸盤みたいな触手を持っていたんだと知りました。
その吸盤?に細かな粒子になった水滴が付いて美しい!!

花も意外とかわいいんですね♪

b0246693_01420343.jpg


同じくひっつきむしのアメリカセンダングサ
以前から、被写体として好きでしたけれど、やっぱりいいなぁ…

先生は、『あまり難しく考えず、たまにはカメラ任せで神さまの御心のままに撮らせていただくと、意外と良かったりしますよ。』などとおっしゃいます(^^)
本当に気負いとかなくて、自然体の先生です。

それにしても、神様に撮らせていただくって、何て素敵な言葉。
わたしも、神様の御心のままに撮らせていただこう…


b0246693_01550019.jpg


キンミズヒキの実だそうです。キンミズヒキも引っ付き虫だったんですね!!意外です。


b0246693_01552899.jpg



b0246693_02070842.jpg


雨に濡れた木橋の上に落ちたミズキの葉を、先生が撮っています。
先生のカメラを覗かせていただくと、抒情詩のような画像が・・・さすがです。
真似して撮ってみたけれど…

b0246693_17163656.jpg



小ぬか雨降る里山を、カメラ片手に宝物探し中(^^)



b0246693_02063934.jpg


里曲の小道も秋雨に煙る

b0246693_17213219.jpg



小川の縁にススキ揺れ、稲刈りの終わった田んぼに稲木に掛けられたハサガケのある風景が懐かしいです。

b0246693_02075232.jpg



天日干しのはさがけも雨模様


b0246693_02080151.jpg



次は実ものです(^^)
遠目にも、びっしりと実が付いているのが判ります。
まるで花が咲いているみたいです。


b0246693_18083965.jpg



星形の濃い桃色のガクに黒や青い実、エキゾチックな色合いのクサギの実です。


b0246693_18084599.jpg




『今の時期、クサギが綺麗ですね。木の実を撮る時、木の下に入って裏側から撮ると逆光になって面白いですよ。
今日のように、雨模様の日でも空を見上げれば、必ず光があります。光は空から降りてくるのです。』

またまた、名言です。光は空から~♪



b0246693_18102016.jpg




羽子板の追羽根みたいな実♪とっても綺麗です。
緑の葉の間から覗いている実を捉えます。
空が明るいので、かなりプラス補正です。



b0246693_18094773.jpg




先生のお手本は、被写体の構図も光もバックもやはり美しいです。



b0246693_18103580.jpg




忠実にお手本をなぞって撮りました。
やっぱりまだまだですね~^_^;でも、凄く勉強になります。


b0246693_18104041.jpg



木々の中から田んぼの風景を望む
こんな撮り方も素敵かも!もう少し構図を考えてみようと思いました。


b0246693_18104754.jpg




やはりエキゾチックなゴンズイの実です。



b0246693_18111097.jpg




ムラサキシキブの実は、とっても好きです。
小さくて綺麗でお菓子のような実(^^)
いつも必ず撮ってしまいます。



b0246693_18112217.jpg



めいっぱいプラス補正にして遊んでみました。
かろうじて実の色が見えるかしら?




b0246693_18112794.jpg




この実は何の実でしょう?

ウドだそうです。むじなさん、ありがとうございました。

b0246693_18125019.jpg

この黒い実が落ちた後みたいですが


b0246693_00114337.jpg

星のようで綺麗です。


b0246693_18121457.jpg




コバノガマズミのつぶらな紅い実



b0246693_18133187.jpg



同じく紅い実、オトコヨウゾメ



b0246693_00111613.jpg



こちらはウメモドキの真っ赤な実、紅い実は可愛いですね。



b0246693_00112468.jpg


ヤブマオ



b0246693_18154768.jpg



シラヤマギクの花穂



b0246693_18154370.jpg


コウゾリナの花穂



b0246693_18153940.jpg


b0246693_18134331.jpg

ナギナタコウジュ


b0246693_18160820.jpg


イヌコウジュ



b0246693_18133912.jpg






森影にはノハラアザミが咲いていました。



b0246693_18173276.jpg

ノハラアザミは一つの茎に雄花と雌花が付くそうです。
雄花と雌花は開花時期が違い、同じ茎の中で受粉しないようになっているそうです。
そこまで考えたメカニズムが出来ているなんて…ノハラアザミは凄いです。



こちらが雄花


b0246693_18172641.jpg


こちらが雌花



b0246693_18181358.jpg


カントウヨメナも花盛りでした。



b0246693_18182574.jpg

紫のカントウヨメナも綺麗です。


b0246693_18191341.jpg



こちらはノコンギク



b0246693_18194239.jpg


この実は何の実でしょう?

センニンソウだそうです。むじなさん、ありがとうございました(^^)v

b0246693_18194566.jpg



タラノキ


b0246693_18183766.jpg


アキノキリンソウ


b0246693_00584914.jpg


ヤブマメ  種が透けて綺麗です。



b0246693_00591880.jpg


ノササゲ  ピントがボケてますが、こんなに綺麗な紫色にびっくりでした。
この種がはじけてくるんとなったところを見たいなと思うのです。



b0246693_00594032.jpg

今回も里山民家に立ち寄らせていただきました。
茅葺屋根から薄く煙が上がっていていい感じ。


b0246693_01012261.jpg



畑越しに見る茅葺屋根もいい感じ。


b0246693_01004518.jpg


ススキで作ったトトロが迎えてくれました。



b0246693_01004860.jpg


井戸も良いですね。



b0246693_01010306.jpg


今回も、管理人のおじさんが座敷に上げてくださいました。


大黒柱に板張りの室内

b0246693_18204204.jpg


柱時計が時を刻んでいます。

b0246693_18212802.jpg


囲炉裏にも火が焚かれていました。



b0246693_18210524.jpg

秋の実りが良いですね。

b0246693_18210978.jpg


帰り際、庭の楓の木にオオミズアオの幼虫がいるよと教えていただきました。
眼を凝らして探していると、いました!!
幼虫も何となく透明に透き通っている感じ、食欲旺盛です。


b0246693_01150363.jpg


そうそう、虫と言えば、ワークショップが終ってからみんなで駐車場にいると
どこからともなくカマキリがふらふらとした足取りで現れました。
もう、弱っていてもうじき役目を終えて逝くのでしょう。
いがり先生は、そっと手を差し伸べて、カマキリを林辺の草地へと移しました。

さりげない優しさに、こころ打たれたのでした。
心から自然を愛するナチュラリストなのだと感じたのでした。

いがり先生、今回も大変お世話になりありがとうございました。
また次回、お近くで開催される折には馳せ参じます(^^)v




by kazematikado | 2014-11-08 01:22 | 里山


<< 奥多摩三頭山ハイク      巨樹の里へ 初めての友を案内して2 >>