風街角

sion920.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 02日

過ぎし日の秋に (アケボノソウ)

早くも12月になりました。相変わらず、ブログの記事は進みません。
時季外れの記事ばかりで申し訳ありませんが、今年の記事は今年の内に…(笑)
ピッチを上げて書きますので、もう少しお付き合いください。

今年も、奥多摩のアケボノソウに逢いに行きたいと思いつつ、なかなか出かけられません。
ちょっと足を伸ばせば行ける場所なのに…もう、タイムリミットだなぁ。
今日を逃せば、もう、花期を逃してしまうと思い、仕事が終わった午後2時、行って来ました。
最寄りの駅より、川沿いの道を辿ります。
ススキの若い穂が、手招きするように揺れています。
多摩川の水面はきらきらと午後の日差しを浮かべて流れていきます。


b0246693_12005917.jpg




森陰の小径を辿れば、夏草は翳りを見せ始めていました。


b0246693_11423206.jpg


咲き残ったツリフネソウやヤマゼリの花


b0246693_11592034.jpg


イヌタデの紅い花を見ると幼いころのままごと遊びを思い出し、
つい懐かしさに足を止めます。あかまんまって呼んでいたっけ。


b0246693_11584785.jpg




ゲンノショウコはそろそろ実を結び始めていました。
秋も深まれば赤く色付き、くるんと反り返って種を飛ばします。
反り返った種の形がお神輿の様だとミコシグサの異名もあります。


b0246693_11581777.jpg




初秋の花もチラホラと、ヤマハッカの薄紫を見つけるとなぜか嬉しいのです。
この花を覚えた頃が思い出されて…この花の名前を教えてくれた人の事も。


b0246693_12002032.jpg




こぼれるように咲きだした野菊たち、楚々とした佇まいが好きです。



b0246693_11540482.jpg




カラスウリの朱い実を見つけると、やっぱり子供心を思い出す…
こんなのをいっぱいぶら下げて遊んでいたっけ(^^)


b0246693_11543495.jpg




野ばらの紅い実が川のブルーに映えていましたが、上手く撮れません。



b0246693_12004794.jpg





ガマズミの紅い実も、目を引きます。川面の光も憂いを含み
もう、ひそやかに秋が寄り添っているみたい。



b0246693_12000508.jpg





森陰に、クリーム色のキバナアキギリの花を見つけました。
わたしには可愛い黄色いヘビに見える。もう、最後の花かな…



b0246693_11452896.jpg





このあたりだと、川辺に降りて、岩陰に目を凝らします。
草陰を分けると…あっ!!今年も咲いていてくれました。



b0246693_11433924.jpg


何とも風情のある花です。花びらには黄色い月と紫の星
アケボノソウと名付けた人の想いが伝わるような気がします。



b0246693_11441295.jpg


五弁の花びらが普通だけれど、四弁の物も結構あります。



b0246693_11434816.jpg


今年も、群生していてくれました。こんな川原にひっそりと毎年咲いてくれます。
まだ、きっと、他の場所にも咲いているんだろうなと思います。



b0246693_11440684.jpg


アリたちも、ほかの昆虫たちも蜜を求めて集まっていました。



b0246693_11442055.jpg


いつの間にか夕暮れ時、花を撮るには暗くなりました。
ノギクかほの白く浮かぶ道を通り川原へと降りてみました。


b0246693_11461014.jpg



夕暮れの川原で愛犬と遊ぶ人がいました。



b0246693_11464311.jpg


川の浅瀬に渡された木橋を渡ります。



b0246693_11465497.jpg



おや、岩の上にいるのはキセキレイ、200mmじゃ、こんなに小さくしか撮れません。



b0246693_11472600.jpg



大きな翼をはためかせ、まるでプテラノドンみたいにアオサギが舞い降りました。
降りたものの、わたしに気が付いて、横目で見ながら警戒していました。



b0246693_11595015.jpg


結構流れが速くて、川床の小石が歪んで見えました。



b0246693_11474975.jpg


とろりとした流れと、飛沫を飛ばして泡立つ流れと対照的だなぁなんて思いつつ。



b0246693_11473098.jpg



あまり、焼けるでもなく、ほんの一瞬の暮れ色に、川面が虹色に染まりました。



b0246693_11481165.jpg


空を見上げれば、山の端をシルエットに浮かび上がらせて、
ほんのりとした黄昏時でした。さぁ、暗くならないうちに急ぎましょう。
午後の2時間余りの短い散策の締めくくりは、どこか懐かしい夕暮れでした。



b0246693_11480712.jpg

[PR]

by kazematikado | 2016-12-02 00:29 | 里山


<< 過ぎし日の秋に (御岳渓谷花逍遥)      会津駒慕情 その2 >>